箕面市役所 新人奮闘記!

箕面市役所の新人職員が、奮闘の日々をブログにします。
新人職員だから語れる率直で元気あふれる内容です。

学校芝生成長記3!

2011年11月28日 | 子ども未来創造局

皆さんお久しぶりです。 

学校管理課の後藤です。

最近、急に寒くなりましたが皆さんお体のほうは大丈夫でしょうか?

ついにこの芝生成長記も第3弾を向かえることになりました。

すっかり芝生も学校生活の一部となり、子どもたちが元気に遊びまわる姿が見受けられます。

元気いっぱいに遊んでいる姿を見るとこちらも元気がもらえます!

しかし現在植えられている芝生は夏に強い夏芝だったのですが、最近皆さんが感じられているように

 夏芝もその役目を一旦終えようとしています。

今まで植えられていた「夏芝」は暑さや乾燥に強く、30度以上の気温になっても成長しますが、晩秋に気温が低くなると生育が止まり、葉が枯れて休眠します。そして、春になると、新芽を出して生育を再開します。

(このように少しずつ茶色なり始めています。)

ここで学校管理課は手を緩めません!

ここで「冬芝」とも呼ばれる「寒地型芝」を植えます。この冬芝は寒冷地に適し、冬場にも緑色の葉を保ちます。生育適温は15度から20度ですが、さらに低温になっても、葉が枯れることはありません。しかし、暑さに弱く、夏場には枯れてしまうので、この特性を利用して、冬場のオーバーシーディング(夏芝の枯れた時期に、その上から冬芝を植え付けること)を行います。

 オーバーシーディングとは・・・・

夏芝は、冬になると一旦枯れたように、うす茶色く染まります。この上で子どもたちが走り回ると夏芝のつるが切れ、本当に枯れてしまい、春になっても生育しません。

このため、冬場でも子どもたちがグラウンドを元気よく走り回り、併せて、夏芝を保護するため、秋に冬芝の種を播き、生育させます。

 

さあ、ここからは冬芝の植え方の手順をご説明いたします。

 

まず冬芝を植えるには種まきから始めなければなりません。

種を攪拌機(かくはんき)に入れ、

 

種まきスタートです!

 

 

種を撒いた後は種が飛ばないように目土をかけて均等になるようにトンボをかけて土をならします。

 

どうですか?

以外に簡単な方法で、季節を問わずにグラウンドで芝生のうえで遊ぶことができます!

 

また、2カ月後元気に生えた冬芝の成長報告をしたいと思います。 

 

箕面市では、10月から12月まで「子どもたちに残したい箕面の山なみ! みのお山麓保全ファンドに寄附をお願いします!」統一キャンペーンを実施中です。


この記事をはてなブックマークに追加

市民の味方 地域包括支援センター!!

2011年11月21日 | 健康福祉部

高齢福祉課の濱口です。

 

11月上旬は体を動かすと汗が出るぐらいの気温が続いていましたが、めっきり寒くなり「冬が近づいてきたなぁ」と感じているこの頃です。テレビではクリスマスイベントを紹介したり、チラシでは忘年会を紹介したりと、様々なところで年末商戦が加熱し始めています。それにつられて、私の小遣いもあっという間になくなる時期がやってきそうです。

また、この時期は日中と朝晩の気温の差が大きく体調管理が難しい時期ですので、風邪等を引かないようにしましょう。

 

前回のブログでは「地区敬老会」というイベントがあり、苦もなくブログを作成することができました。今回のブログは、業務において多大なご協力を頂いている「地域包括支援センター」について、感謝の気持ちを込めて掲載したいと思います。

 

まず、「地域包括支援センター」とは何かのご説明をしたいと思います。

「地域包括支援センター」は高齢者のみなさんが住み慣れた地域で自立して生活を送ることができるように、介護保険、介護予防のサービスをはじめ、福祉、医療、権利擁護などさまざまな支援を行うために、全国の市町村に設置されています。


主な役割として、


1.介護予防ケアマネジメント

介護保険で要支援1及び要支援2の認定を受けたかたが、介護保険のサービスを利用するとき、介護予防サービス計画の立案やその他利用に関する手続きを行うなど、ケアマネジャーの役割を担います。


2.総合相談支援

高齢者や家族からのさまざまな相談を電話や来所、訪問で受けています。介護に関する相談や悩み以外にも、保健・医療・福祉の各種サービスが適切に受けられるよう必要な支援を行います。


3.権利擁護

将来認知症になったときなどに心配される財産管理や重要な各種契約などの支援を行う「成年後見制度」の利用に当たる相談をうけます。高齢者の虐待防止・早期発見・早期対応の他、高齢者に多い消費者被害の相談も受けています。


4.包括的・継続的ケアマネジメント支援

介護保険を利用しているかたが地域で安心して暮らしていけるよう、さまざまな職種や機関と連携・協力を行います。介護保険に携わるケアマネジャーに対し、地域で活用できる社会資源の紹介やケアプランの作成指導等、後方支援を行っています。

 

箕面市内に「地域包括支援センター」は以下の4カ所に設置しています。

A)箕面市西部地域包括支援センター 

B)箕面市北部・西南地域包括支援センター 

C)箕面市中央地域包括支援センター 

D)箕面市東部地域包括支援センター

 

(表) 4地域包括支援センターへの年間相談件数と箕面市内の高齢者(65歳以上)人口

 

H19

H20

H21

H22

65歳以上人口(人)

23,107

24,379

25,633

26,414

相談件数(件)

3,193

5,847

7,454

8,970

 

上記のように、包括支援センターへの相談件数は年々増加しています。今後は高齢者人口の増加に伴い、さらに相談件数は増えていくことが見込まれ、地域包括支援センターの役割は重要になっていくと思います。

各地域包括支援センターは、お住まいの地域で担当を分けています。詳しくは各地域包括支援センターの紹介欄に記載しております。

 

A)箕面市西部地域包括支援センター

担当エリア:箕面、箕面公園、温泉町、西小路、牧落、新稲

場所:箕面6-3-1(みのおサンプラザ1号館2階)

電話番号:720-5592

営業時間:9:00から18:00

営業日:月曜日から金曜日(年末年始、5・11月の第3木曜日を除く)

運営:社会福祉法人 暁光会

 

 

みのおサンプラザ1号館の入口(阪急箕面駅側の建物は2号館です。お間違えないように!)

 

 

エスカレーターをあがり、正面にスポーツ用品店があり、そこを右折したらすぐ

  

 

少し手狭な感じがあります。

 

 

相談室(プライバシー保護の観点から、パーテーションで仕切られています。)

 


B
)北部・西南地域包括支援センター

担当エリア:上止々呂美、下止々呂美、百楽荘、桜井、桜、半町、瀬川、桜ヶ丘、森町北、森町中

場所:桜井1-13-22

電話番号:725-7029

営業時間:8:45から17:15

営業日:月曜日から金曜日(祝日、年末年始を除く)

運営:社会福祉法人 翠明社

 

 

 

瀬川牧落線の若葉幼稚園斜め前、りそな銀行ATMの隣にあります。

 

 

狭い感じですが・・・。

 

 

 

 しかし、ここには2階があります。

 

 

 

なんと!2階に相談室があります。(気兼ねなく相談できると思います)


 

C)中央地域包括支援センター

担当エリア:稲、萱野、西宿、今宮、外院、石丸、白島、坊島、如意谷、船場西、船場東

場所:萱野5-8-1(総合保健福祉センター内)

電話番号:727-9511

営業時間:8:45から17:15

営業日:月曜日から金曜日(祝日、年末年始を除く)

運営:社会福祉法人 箕面市社会福祉協議会

 

 

入口です。(みのおライフプラザの中にあります。)  

 

  

事務所風景です。(このフロアは健康福祉部や市社会福祉協議会も入っています。)

 

 

相談室(ライフプラザ総合窓口にあります。 

 

D)東部地域包括支援センター

担当エリア:大字粟生間谷、粟生間谷東、粟生間谷西、粟生外院、粟生新家、小野原東、小野原西、彩都粟生南、彩都粟生北

場所:粟生間谷西6-15-2

電話番号:729-1711

営業時間:8:45から17:15

営業日:月曜日から金曜日(祝日、年末年始を除く)

運営:医療法人 ガラシア会

 

 

ガラシア病院の前の通りを挟んで向い側にあります。

 

 

この看板があります。(初めて行きましたが、この看板のおかげで迷わずに入れました。)

 

 

中は非常に広く、開放的です。

 

 

相談場所(全体的に広く、開放感があります。)

 

 

 

地域包括支援センターの場所が分かりにくい、知らない等の場合はこのブログを見て、現地のイメージをして行っていただくと迷わずに行けると思います。ご活用ください。

 

よろしくお願いいたします。

 

最後に各地域包括支援センターの職員の皆様、お忙しい中ご協力頂き、ありがとうございました。

 

 


箕面市では、10月から12月まで「子どもたちに残したい箕面の山なみ! みのお山麓保全ファンドに寄附をお願いします!」統一キャンペーンを実施中です。


この記事をはてなブックマークに追加

職員課の仕事

2011年11月18日 | 総務部

こんにちは。職員課の東です。
2カ月ぶりに順番が回ってきました。
確か、前にブログを書いたときは暑かったと思うのですが、最近、自転車で通勤していると少し寒くて、手袋が欲しいと思うようになってきました。

撮れたて箕面ブログで紹介されていましたが、
職員課のお隣の総務課にも、「職場体験学習」で中学生がやって来ました!

11月15日(火曜日)から17日(木曜日)の3日間、製本・印刷業務や文書整理といった業務をテキパキとこなされていました。
最終日の17日には、平成24年度の当初予算について各担当部署が財政経営課に説明する予算ヒアリングにも同席されました。

 
       (箕面第一中学校2年生 赤塚さんです)

職場での学生服姿が新鮮で、赤塚さんにお話を聞いてみました!
「職場体験学習」は、行きたい職場を探すところから始まるそうです。
赤塚さんは、公務員志望なので市役所を希望し、市役所の中でも様々な部署と関わる総務課を選んだということでした。

「職場体験のために、事前に箕面市のホームページを見てきました」と言われたので、この新人ブログも見てもらえるようにアピールしておきました(笑)

3日間の職場体験を終えて、赤塚さんは、「緊張した空気があるなあと思いました。疲れました」と感想を述べられました。お疲れ様でした。


さて、今回は、私が担当している職員課の業務をご紹介したいと思います!

まずは、貸与被服に関することです。

毎年、衣替えの時期に合わせて、夏用被服と冬用被服を貸与しています。
冬用作業服の納品・貸与は10月に終わりましたが、今月に入って防災訓練用の作業服が納品され、防災訓練に参加する職員に貸与されました。

先日、新潟県と岩手県の被災地に派遣されている職員に、冬用作業服を送りました。
この作業服を着て、被災地で頑張って働いている職員がいることを考えると、微力ながら、私も少しは役に立ったのかなぁと思いました。


次に、社会保険に関することです。

常勤職員以外の職員は、厚生年金や雇用保険に加入するのですが、その社会保険の手続きのため、豊中年金事務所ハローワーク池田に行く機会が増えました。

申請書類が何種類もあり、どういう場合に何をどこに提出するのか、最初はあまり分からなかったのですが、社会保険手続きの流れが分かってきたので、段々と申請書類の意味が理解できるようになってきました。

ちなみに、写真に撮った書類は、左から
○育児休業給付手続きに関するパンフレット(ハローワーク)
○離職する際に、離職票とともに渡される雇用保険の基本給付(いわゆる失業保険)についてのお知らせ(ハローワーク)
○健康保険の扶養家族異動届(年金事務所に提出)
です。


また、常勤職員は、大阪府市町村職員共済組合に加入していて、私は共済組合に関する事務を担当しています。
共済組合への入会・退会、扶養家族増減の届出、傷病手当・育児休業手当の請求、職員の年金に関する手続きなどが主な業務です。

このたび、再任用制度の説明会にて、年金制度の説明をさせていただきました。

新たに再任用を希望される職員だけでなく、現在再任用されている職員も出席されていました。
ベテラン職員を前に話をさせてもらうのは初めてで、緊張のあまり喉がカラカラに渇きました。

今回、勉強させてもらったことを、次の機会に活かして頑張ります!

 


箕面市では、10月から12月まで「子どもたちに残したい箕面の山なみ! みのお山麓保全ファンドに寄附をお願いします!」統一キャンペーンを実施中です。


この記事をはてなブックマークに追加

Welcome to Minoh from New Zealand! もみじだより心の樹-そして食欲の秋-

2011年11月14日 | 人権文化部

皆さまこんにちは。人権国際課の上野です。

箕面で1番の観光のシーズンがやってきました!!私は、毎年家族で滝道を歩いて秋を満喫しています!前回のブログからあっという間に2カ月が経ち、その間色々な業務やイベントがありましたのでご紹介いたします。

1.元気いっぱい!国際交流都市ニュージーランド、ハット市より中学生12人が来ました!
 10月28日(金曜日)から11月2日(水曜日)までの6日間、箕面市の国際協力都市(ニュージーランド・ハット市)にあるハット・インターメディエイト・スクールの中学生12人が箕面市に滞在しました

私は10月28日の滝道観光に同行しました。みんなとにかく元気いっぱいでした!自動販売機を見て「COOL!(かっこいい!)ニュージーランドにはスナック菓子の自動販売機はあるけど、飲み物は売ってないからすごい!」と感動していました。そして数分後にはほとんどの生徒の手には炭酸飲料グレープ味の缶が。「どうしてグレープ味をみんな飲んでいるの?」と聞くと、「グレープ味はニュージーランドにないから!オレンジ味しかない!ガムの味がしておいしい!」と言っていました。

あと大好評だったのが、もみじの天ぷらでした!「こっちに試食あるよ~」と言ってみんなで試食し、「かりかりしていておいしい!」と喜んでいました。たくさんの生徒が、その後もみじの天ぷらを買って食べながら滝道を歩いていました。そして、箕面の滝を見たときは、みんなとても感動していました。随行の先生も「ニュージーランドも自然が豊かだけど、箕面はまた自然のタイプが違って感動しました。自分の家族ともぜひ来たい」と言ってくれました。

  
滝の道ゆずるは侍キャラクターなので、外国のかたにとても人気があります。先生は大きいぬいぐるみを2つ買って帰りました!ゆずるもとうとう海外進出!学校に飾ってくれるそうです!6日間という短い箕面滞在でしたが、箕面を満喫した様子でした。

 


2.もみじだより12月号「心の樹」編集

もみじだよりの中に「心の樹」というページがあります。「心の樹」は「みんなで心の中にある小さな人権の芽を、箕面の地で大きな樹に育てて欲しい」をテーマに3カ月に1度もみじだよりに掲載しています。毎回、市民活動の紹介や取材を通して、平和・国際・文化・環境・福祉など市民の皆さまに関心を持ってもらえる記事作りに取り組んでいます。

私は、その「心の樹」12月号の担当をすることになりました。今回はJICA(独立行政法人国際協力機構)青年海外協力隊としてアフリカ、ウガンダにて理数科教師として2年間ボランティア活動をされた、市消防本部の藤田消防士にお話を聞き、記事にしました。私は市役所に勤務する以前、約2年間JICAの大阪センターで仕事をしていた経験がありますが、違う事業を担当していたので、青年海外協力隊についてはあまり知りませんでした。このインタビューを通じて現地の状況などを知ることができ、とても勉強になりました。

この編集作業を通じて、限られたスペースでいかに分かりやすく、読みやすい記事にするか、そのためにはどうしたらいいのかなど、試行錯誤して原稿を仕上げました。ぜひ、もみじだより12月号が手元に届きましたら、10ページの「心の樹」を読んでいただけたらと思います。

人権関連でお知らせです。12月3日(土)、4日(日)みのお市民人権フォーラムが開催されます。ぜひたくさんのかたのご参加お待ちしております。

 

 

ブログ後記~食欲の秋~
 多民族フェスティバル
11月3日(木・祝)に東生涯学習センターで「多民族フェスティバル」が開催されました。当日はたくさん屋台が出店されていて、9月のブログで紹介したメキシコ、モレロス大学研修生が箕面に滞在した際にお世話になった、箕面メキシコ友の会さんも出店していて、タコスを食べました。とてもおいしかったです!

 (メキシコ定番料理「タコス」)   

(メキシコならではのテキーラも売っていました~)

フィリピンのバナナ春巻きも食べました。これもかりかりしていておいしかったです!

 

あと、キムチチヂミも食べました。全部とてもおいしかったです!!

100円商店街
11月6日(日曜日)は箕面駅前商店街の100円商店街に家族で行きました。喫茶店でクレープを食べたり、くじ引きをしたり、全部100円!なので、すごくお得な気分になった1日でした!

(クレープ3人前食べても300円!お得!)

(おもちゃを真剣に見つめる娘)

 

 


箕面市では、10月から12月まで「子どもたちに残したい箕面の山なみ! みのお山麓保全ファンドに寄附をお願いします!」統一キャンペーンを実施中です。


この記事をはてなブックマークに追加

箕面の紅葉名所巡り

2011年11月11日 | 地域創造部

みなさん、こんにちは!

早くも第4回目の出番となります、商工観光課 水戸部です。

季節は秋本番という様相で、最近では昼でも肌寒い日々となってきています。
来週からはグッと冷え込み、最低気温が10度を下回る予報となっており、早くも冬が顔を覗かせそうです。

箕面には、この季節の寒さに反比例して、暖色に染まるものがあります。
そう!いわずもがな、もみじの紅葉です!


11月に入り、紅葉に関するお問い合わせも増えてきています。

もみじの紅葉は、「11月中旬から12月初旬が見頃」とご案内していますが、その期間中も様々な表情を見せてくれる箕面の紅葉。
みなさんそれぞれ一番好きな紅葉の表情があると思います。

そこで今回の水戸部ブログでは、選りすぐりの珠玉の紅葉写真とともに、紅葉の名所の紹介をします!

撮影場所、時期を併せて紹介しますので、紅葉の名所巡りや写真撮影の参考にしていただきたく思います。

 

ちなみに・・・現在の紅葉の様子はこんな感じです。

(西江寺・平成23年11月8日撮影)

少々色付いてきた頃でしょうか?見頃はまだ少し先のようです。
紅葉の移り変わりの速報は、コチラをcheck!

 

それではお待ちかねの紅葉名所巡りを始めたいと思います!
最後のマップで撮影場所がわかるようになっていますので、参考にしてください。

 

1.西江寺

鳥居の奥に真っ赤な紅葉が続いています。
この奥行き感が気に入りました!鳥居の奥からの撮影もオススメです!

 

2.橋本亭

橋本亭は約100年前に建てられた風情ある建物です。
紅葉との相性バッチリで、レトロ感を醸し出しています。

 

3.瀧安寺

瀧安寺鳳凰閣もまた、紅葉との相性は最高です!
今回写っていませんが、手前にかかる赤い瑞雲橋や燈籠を入れると、絵ハガキのような一枚になります!

 

4.一目千本

箕面大滝からドライブウェイへの遊歩道にある一目千本は、一目で千本もの紅葉を見ることができるほど多いことが、その名の由来です。
紅葉期には、真っ赤なトンネルとなり、オススメの撮影スポットです。

 

5.箕面大滝

言わずと知れた、箕面のシンボル。
ベンチの置かれた真正面ではなく、赤い滝見橋を渡った対岸が絶好のポイントです。箕面市の観光ポスターでも、このカットが多く使われています。
そして、もう一つは滝見橋手前から、橋ごと撮影するスポット。観光客が見上げる滝を、まるごとパチリ!滝の大きさが分かる一枚です。

 

6.勝尾寺

ドライブウェイをさらに北上すると、勝尾寺にたどり着きます。
8万坪の広い境内には、撮影スポット盛りだくさん!赤や黄など自然が織りなす紅葉は絶景の一言!
この時期、夜間ライトアップを行っています。

 

<全体マップ>

(クリックで拡大)

 

いかがでしたでしょうか?

真っ赤に燃えるような紅葉はもちろんのこと、深緑から朱赤へ移り行く色合いも大変美しいと思います。

みなさん、カメラ、ケータイでお気に入りの一枚を箕面観光の思い出にしてください。

毎週違った表情を見せる箕面の紅葉、あなたの一番の紅葉を見つけてみませんか?

 

 

★コンクール情報★

【明治の森箕面国定公園もみじまつり 写真コンクール2011】

紅葉をはじめ、四季を通じて箕面公園の魅力が感じられる写真を募集!

入賞された作品は、広報素材として、各方面で使用させていただく場合があります。

<金賞>1名 賞金2万円、記念品(箕面市長賞)
<銀賞>1名 賞金1万円、記念品(箕面市議会議長賞)
<銅賞>1名 賞金5千円、記念品(箕面市観光協会会長賞)
<入選>若干名 記念品(箕面市観光協会賞)

みなさん奮ってご応募ください。詳しくはコチラ

 

 


箕面市では、10月から12月まで「子どもたちに残したい箕面の山なみ! みのお山麓保全ファンドに寄附をお願いします!」統一キャンペーンを実施中です。


この記事をはてなブックマークに追加

受付窓口の総合化

2011年11月07日 | 市民部

こんにちは!

国保年金課の鳥居です。

朝晩の冷え込みも厳しくなり、いよいよ秋本番という雰囲気ですね。

箕面の秋と言えば、やっぱりもみじ☆

市役所内の廊下には現在このような飾り付けがされています。


 


今年も早くキレイなもみじを見に行きたいなぁという気持ちにさせてくれます。

ちなみに、現在の紅葉はこんな感じです。


見頃になるにはもう少し時間がかかりそうです。 

 

ところで、話は変わりますが前回のブログで鷹野さんが紹介してくれているとおり、それぞれの窓口の場所が分かりやすいように市役所内の床にカラフルなラインが引かれました。


私が所属している国保年金課はオレンジ色にゾウさんのマークです。



このラインが引かれるのに合わせて、国保年金課とお隣の介護・福祉医療課の受付窓口が総合化されました。

今までは、国民健康保険や年金、介護保険、福祉医療、後期高齢者医療など、それぞれの窓口が別々にあり、来庁者のかたがたに目的の窓口を探して来ていただいていました。

保険や医療に関することは名称やサービス内容に似ている部分があるため、どこの窓口へ行けばいいのか、分かりにくいことも多くあったかと思います。

実際、どの窓口へ行けばいいのか迷われて国民健康保険の窓口までいらっしゃるかたもしばしばお見かけしました。

でも!これからは、このゾウさんのマークの窓口まで来ていただければ、職員が担当にお繋ぎいたします。


 

ちなみに下の写真は、受付窓口の総合化に向けての準備の様子です。

みなさんからはあまり見えない場所ですが、カウンターの中でも大移動が行われていました。

 

もちろん、みなさんに使っていただいているカウンターや、天井にかかっている看板などもこのように変わっています。

以前の窓口の様子↓

現在の窓口の様子↓

市役所の窓口の場所というのは、あまり市役所にいらっしゃらないかたにとっては、特に分かりにくいものだったかと思います。

受付窓口の総合化や床のラインで、来庁者のかたが迷われることや、お待ちいただく時間がすこしでも減っていればと思います。

 


さて、私が次にこのブログを担当させていただくのは
年が明けた、来年1月上旬の予定です。

私たち1年生が企画立案の一部を担当させていただいている成人祭について、ちょうどお伝えできる頃かと思います。

ステキな成人祭になるよう新規採用職員一同がんばっておりますので、新成人の皆さん、ぜひご出席ください☆ 

 

 


箕面市では、10月から12月まで「子どもたちに残したい箕面の山なみ! みのお山麓保全ファンドに寄附をお願いします!」統一キャンペーンを実施中です。


この記事をはてなブックマークに追加

市役所内の標示

2011年11月04日 | 総務部

みなさま、こんにちは。税務課の鷹野です。

11月に入りましたが日中は暖かい日が続いていますね。
秋の行楽シーズン楽しんでおられますか?
市内を歩いていますと、木の葉がほのかに色づいているのを見かけます。
箕面市といえば紅葉!これからどんどん色づいていく紅葉が楽しみです。
箕面の紅葉の見頃は11月中旬から12月初旬頃になり、毎年多くのかたにお越しいただいています。お越しの際は公共交通機関のご利用をおすすめしますが、車や自転車をご利用のかたは11月中の土曜日、日曜日、祝日は交通規制を実施いたしますので、ご注意ください。


話はかわりまして、今回は最近の箕面市役所内のとある変化についてご紹介いたします。

こちらをご覧ください。


先月、10月11日から主な窓口への案内として箕面市役所内の床や壁に上の写真のような標示ができました。

たとえば私の所属する税務課にお越しいただく場合、「税金・ミニバイク」の黄緑色・サイのマークの標示にそって進んでいただくことになります。
税務課は別館1階ですので、本館の正面玄関から来られるかたにとっては、わかりにくい場所になっていたと思いますが、この標示ができたことでその問題が解消されました。 

実際に本館正面玄関から進んでみますと、まずは正面玄関入ってすぐ、標示のとおり黄緑色・サイのマークの線の続く方向へと進んでいただきます。

 
本館1階の廊下を通過し、

  

 
渡り廊下を渡り、

 

 
別館2階に到着します。

 
エレベータまたは階段で1階まで下りていただきますと、すぐに標示があらわれます。

 
標示のとおりまっすぐに進んでいただきますと税務課の証明発行窓口に到着します。


今回ご紹介しています標示は本館と別館合わせた3カ所の入口から、主な5カ所の窓口へのご案内になっています。


各階への移動はエレベータを基本とした標示ですが、階段を利用される際にも迷われることがないよう下の写真のような工夫をしています。


このほか、連絡通路では雨の日に足元が滑ることのないよう室内とは異なる素材で標示が貼られているなど、さまざまな工夫がほどこされています。

箕面市役所は本館と別館の接続など、はじめてこられるかたには分かりづらい部分がありましたが、標示ができたことで窓口へのご案内がとてもスムーズになりました。

今後もみなさまにとって利用のしやすい箕面市役所をめざしていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 


箕面市では、10月から12月まで「子どもたちに残したい箕面の山なみ! みのお山麓保全ファンドに寄附をお願いします!」統一キャンペーンを実施中です。


この記事をはてなブックマークに追加