箕面市役所 新人奮闘記!

箕面市役所の新人職員が、奮闘の日々をブログにします。
新人職員だから語れる率直で元気あふれる内容です。

研修三昧な毎日☆

2011年10月31日 | 健康福祉部

 

みなさん、こんにちは!!

健康福祉部 竹田です。

朝晩はずいぶん冷え込むようになり、私の周りでもちらほらマスクをしている人も。みなさんも風邪予防のための手荒い、うがいを欠かさず、体調管理に気をつけましょう☆


ブログもついに4週目に突入しましたね。そろそろ書くのも慣れてきたかなと思いきや、いつもブログをアップするのは不安でしょうがないです。たくさんのかたに見て頂けるようなブログが書けているのだろうか・・・。面白い記事ってどんなだろうか・・・。

 

今回は悩んだあげく久々に研修について書いてみようかなと思っていたら、松尾さんと思いっきりかぶってしまいました!笑

私たち新人のための研修は、本当にたくさんあります。4月の体験研修や7月の庶務能力研修、そして10月のインタビュー研修(山本さんのブログ→こちら  松尾さんのブログ→こちら)などなど・・・。

やはり新人が学ばなければならないことってすごく多いんだな~とつくづく思います。

 

しかし!これだけではありません。今日ブログで取り上げるのは『人権研修』です。インタビュー研修と同じ日に行われました。

 

みなさんは人権について考えたことはありますか??
自分にはどんな権利があるのでしょうか?あまり、深く考えたことはないと思います。
実は4月にも人権研修は行われました。そのときは身近にある人権問題を皆で探すというものでした。日常生活を送る中の様々なところに人権が存在し、気づかないところで人権が侵害されていることがわかりました。

 

今回の人権研修では4つのグループに分かれ、私たちがそれぞれ人権に関して事前に提出したテーマについて、自分なりに考え、グループで意見を出し合って人権問題について考えました。アドバイザーとして、人権国際課と男女協同参画課の先輩職員のかたにも入っていただき、様々な意見をいただきました。

どのグループもとても熱い議論が行われていたようです。


私たちのグループでは、労働者の人権、虐待、部落差別問題、いじめ、貧困とテーマは様々でしたが、みんなでたくさんの意見が出し合えて、とても有意義な意見交換ができました。


一言で人権といってもとても奥の深いもので、人権問題を解決するのはかなり難しいことだと思います。
しかし、このように人権について真剣に語り合うことが、人権問題の解決にもつながる大切なことなのだと感じました。

私たち一人一人に人権は平等に与えられています。お互いの人権を尊重しあえる関係を築いていくことが大切です。
私も日々の業務で様々な相談を受けることがあります。その際に、相手が今おかれている立場を考え、気持ちに寄り添って理解するということが、相手を尊重するうえでも必要だと改めて感じました。

 

今回の研修では、普段あまり意識していなかった人権について身近に感じることができ、とても良い機会になりました。
みなさんも普段あまり考えることのない人権について、一度考えてみませんか。

箕面市では毎年、市民の方にも人権について一緒に考えられる場として、「みのお市民人権フォーラム」を開催しています。
今年も12月3日(土曜日)と4日(日曜日)に5つの会場で開催される予定です。

(詳しいお問い合わせ先:みのお市民人権フォーラム26th実行委員会 事務局)
〒562-0014  箕面市萱野1-19-4 らいとぴあ21内
TEL 072-722-5838
FAX 072-722-8042
MAIL jfm@hcn.zaq.ne.jp


一人でも多くの市民のかたに人権についての理解を深めていただけたらいいなと思います。


次回の私のブログは年明けの予定です!本当に1年もあっという間ですね・・・。
ではみなさん、早すぎますが、良いお年を☆ 笑


HAPPY HALLOWEEN♪♪

 


箕面市では、10月から12月まで「子どもたちに残したい箕面の山なみ! みのお山麓保全ファンドに寄附をお願いします!」統一キャンペーンを実施中です。


この記事をはてなブックマークに追加

JKKの大事なK

2011年10月28日 | 子ども未来創造局

こんにちは!教育推進部教育政策課の松尾です。
税務課の山本さんが書いていましたが、われわれ新規採用者は普段それぞれの業務に加えて、色々な研修をさせてもらっています。その中のインタビュー研修について、もう少しだけお付き合いください。

私たちのグループが選択したテーマは、「防災」。今年は東日本大震災が起こり、特に防災意識が高まっていると思われる中でのタイムリーな話題です。

まずはどのようなインタビューにするかを会議…
アドバイザーである中谷危機管理監の意見も参考にしながら考えます。

聞きたいことはたくさんありますが、足を止めていただけるかたのお時間をあまり取らせないために、ポイントを押さえつつも、答えやすい質問を考えます。

 

そして、いざ出陣!!(写真はありません)

 

&インタビュー!!(やっぱり写真はありません)

 

私たちのグループは約3時間で合計66名の皆さまからご回答いただきました。
ありがとうございました!!

この結果を踏まえて発表するのが2週間後…。業務の合間に打ち合わせを行い、データを整理するなどの準備を行いました。

そして26日水曜日。
ここでは発表の段取りやスライドの手直しが主な作業となりました。

ほぼ一人でスライドの微調整をやってくれた某いのせくん。
彼は今、箕面営業課でゆずるのランキングを上げるために頑張っています
彼のためにもぜひゆずるに一票を!!!!!

そしてできあがったスライドがこちら…

あっ、出てきましたね!JKK!!
さて、JKKとはなんでしょうか?わかりませんよね?
これだけ引っ張っておいて、まさかの造語です。

とは言っても、もとの言葉は自助、共助、公助という、防災に関する大事な考え方です。
(その頭文字をとって「JKK」と簡単に略しているだけです)

自助とは…自分で自分の身を守ること。
共助とは…自分の周りの人に助けてもらうこと。
公助とは…消防、自衛隊などの公的機関によって助けてもらうこと。

公助はとてもイメージしやすいと思います。
救急隊員によって助けられる、などはこれにあたります。
自助も比較的わかりやすいです。
災害に備えて家に水をストックしておく、などはこれです。

では、存在感のなさそうな共助とはどういったものなのでしょうか。
結論から言うと、実は共助こそが、防災を考える上で一番大切な考え方なのです。
たとえば阪神大震災において、助かった人のおよそ8割が、「家族や近所の人に助けてもらった」と回答しているそうです。救急や自衛隊などの公的機関に助けられた人はわずか2割以下ということになります。道路が寸断されて救急車が通れないといった事例は、今回の東日本大震災でも聞かれました。災害のときに本当に機能するのは共助といえるかもしれません。
特に単身で住まれている場合など、なかなか近所の人のことを知る機会は少ないかもしれませんが、ちらっとでも意識してもらえたらと思います。

さて、私たちは避難所についても質問しました。
「自分の家から最寄りの避難所を知っていますか。」
その結果は…


見えますでしょうか。
インタビューをしたうちの85パーセントのかたがたがご存知という結果となりました。
(もちろん知らなかったかたにはその場で地図を示し、ご理解いただきました。)
ただ、本当は100パーセントのかたが自信を持って「知っている」と答えていただけるようにしたい質問でもあります。

ただし、知っているかたの中からも、避難所に関する要望やご意見をたくさんいただきました。
写真にも少し見えていますが、「絶対みんな入りきらない」「あまり歩いて移動しないので、避難ルートがわからない」「もっと周知を!」などです。これらのご意見はとりまとめて所管課にお伝えします。

また、個人的にはここからもう一歩進んで、「日中自分が良くいる・出かける場所」の近くの避難所も各自が知っておく必要があるのではないかと思います。
本当に災害はいつ、どこで起こるかわかりません。

 

 

インタビューをさせていただいたうちのお一人から、すてきな言葉をいただきました。


「一日一日が何事もなく終わることに感謝」


毎日は一瞬で過ぎ去っていきますが、無事にすごせることは本当に「有り難い」ですね。

 

 

もし何かあってもすぐに対応できるよう、われわれも頑張ります。
なお、右上の彼は消防士!まさに防災の最前線で日々活動しています。
最後になりましたが、インタビューにご協力いただいた皆様、本当に本当にありがとうございました。

 

ちなみに他のグループのテーマは、

「箕面駅前商店街 活性化計画」

「接遇力向上計画」

「子どもの安全について」

でした。
どれも興味深いプレゼンで、勉強になりました。


次回の私は年末予定です。早いなぁー…ちょっとびっくりします。
寒がりにはつらい季節になってきましたが頑張ります。
ではでは!

 


箕面市では、10月から12月まで「子どもたちに残したい箕面の山なみ! みのお山麓保全ファンドに寄附をお願いします!」統一キャンペーンを実施中です。


この記事をはてなブックマークに追加

○○の秋

2011年10月21日 | 議会事務局

議会事務局 議事課の吉田一規です。

食欲の秋。運動の秋。読書の秋。
みなさんは何の秋を楽しんでいますでしょうか?

私は柿をたくさん食べて食欲の秋を満喫し、趣味のソフトボールでは負けはしましたが、いつもどおりのハッスルプレーで運動の秋を楽しみ、好きな作家の小説を大人買いして読書の秋を満喫しました。

結局、全部の秋を満喫していました(笑)

しかし、箕面市議会ではもう1つの秋があります。

それが、決算審査の秋役員選出の秋です!!

平成23年第3回定例会が43日間の日程で10月17日に閉会しました。
通常の定例会の会期日程がおおよそ20日弱であるのに対し、今回の第3回定例会は43日間と、およそ倍の期間でした。

なぜ、これだけ長いのか。
それは、今定例会では、通常の定例会で審議される条例や補正予算などに加え、平成22年度の決算審査や議長や副議長、常任委員会委員などを選出する役員選出が行われたためです。

決算審査とは昨年度の予算が適正に執行されたかどうかを審査するものです。
会計管理者が作成した決算書は監査委員の監査を受け、それを市長が議会に提出します。

議会で決算の認定を受けるために行われる審査がこの第3回定例会に行われます。

決算は議会に上程された後、4つの委員会(総務常任委員会、文教常任委員会、民生常任委員会、建設水道常任委員会)それぞれに付託され、審査されます。
そして、本会議にて認定or不認定の議決を行います。
この決算認定の常任委員会は、条例や補正予算などを審査する常任委員会とは別の日程に開催されるため、その分、会期日程が長くなるのです。

決算審査が第3回定例会で議決されるようになったのは、実は昨年からです。
それまでは、第3回定例会で議会に上程し、いったん閉会した後、10月下旬に委員会審査を行い、第4回定例会(12月)で議決を行っていました。

これを平成22年第3定例会から、会期中に上程、委員会審査、議決のすべてを行うことになりました。

この変更は議決結果や委員会審査における要望・指摘事項を10月からの新年度予算編成に、これまで以上に反映させることを目的としています。

決算審査が始まる前にまず決算書類の多さに驚きました。
一般会計の決算書、特別会計の決算書、事業成果説明書などなど、積み上げると一式で10センチメートル以上になります。
力持ちの私でも、決算書を運ぶのはひと苦労です。
これだけの内容が審査されるわけですから決算審査は大変なものです。

 

また、第3回定例会のもう1つの特色が、役員選出です。

毎年、第3回定例会では、規定や申し合わせにより議長、副議長、各常任委員会委員などの任期が終了するため、新役員の選出を行っています。
役員選出のための本会議の開催時間は変則的です。
今年は10月13日から、連日休憩を挟みながら断続的に本会議が開催され、10月17日に役員選出が全て終了しました。

今回の役員選出で西田隆一議員が議長に選出され、印藤文雄議員が副議長に選出されました。
また、監査委員、常任委員会委員などその他の新役員についてはホームページの役員名簿をご覧下さい。

最終日には、新体制で臨む箕面市議会としての決意が、新議長・副議長の就任あいさつの中で述べられました。
私も、議会メンバーが新体制となったことを機に、改めて気持ちを切り替えて仕事に取り組んでいこうと思いました。

今定例会は私にとって2回目の定例会であり、前回の経験を生かし、足を引っ張らぬよう頑張ろうと意気込んでいましたが、なかなかうまく行かず、反省材料も多々ありました。
もっと勉強して、次回こそは悔いのない議会運営をめざして頑張ろうと思います。

今定例会が終わり、ほっとしたのもつかの間、会議録・委員会記録の作成や12月1日発行予定の議会だよりの作成、私も随行する常任委員会の行政視察の準備、新人研修に追われています。そんなこんなで、気がついたら11月30日からの第4回定例会が始まっているのではないかと思います。

会議録というのは、本会議での発言内容や経過を記録したものであり、委員会記録は、常任委員会での発言内容や経過を記録したものです。

議会事務局議事課では定例会終了後にすぐに会議録や委員会記録の作成にとりかかります。

会議録や委員会記録は録音された音声データをもとに、まずは業者が文章に直す作業をし、原稿を作成します。
次に、その原稿を議事課職員で分担して、音声データを聞きながら、漏れはないか、表記が正しいかなどをチェックしていきます。
そうして、会議録や委員会記録は完成します。

常任委員会は1日がかりで行われ、それに加えて今定例会では本会議が7日間行われたため、分担しているとはいえ、音声を全て聞くだけでも一苦労です。

そして、この会議録や委員会記録を作成する上で特に注意することが、漢字と平仮名の表記です。

会議録も委員会記録も公用文ですので、漢字は常用漢字表に掲げられたものを用いることが原則です。
しかし、例外もあり、辞典を見ながら、にらめっこすることも多いです。

例えば、「すべて」という言葉は、「全て」と表記せずに、平仮名で「すべて」と表記します。
その他、「従って」ではなくて「したがって」、「~と共に」ではなくて「~とともに」、「あり方」ではなくて「在り方」、「今日」ではなくて「きょう」と表記するといった具合であり、なかなか複雑で、迷ったら調べるといったことを繰り返しながら作成しています。

この会議録、委員会記録は市議会のホームページ中の「会議録検索システム」でご覧いただけます。
会議録検索システムで、会議録は平成8年第1回定例会の分から、委員会記録は平成16年第2回定例会の分からご覧いただけます。
この会議録検索システムは高度な検索機能を持っており、知りたい箇所をすぐに調べることができます。
ぜひぜひ、積極的に活用してください。

慣れないことが続きますが、そこは新人。分からないことは調べたり、先輩方に聞きまくって、たくさんの経験を積みたいと思います。

議会事務局の議事課に配属となった時に、課長から議会でしか経験出来ないことを多く学んで欲しいと言われました。

まさに今の日々の業務が議会事務局でしか経験できないことではないかと思います。

大関に昇進した琴将菊関の言葉をお借りして、万理一空の境地を求めて、日々努力、精進しようと思います。


箕面市では、10月から12月まで「子どもたちに残したい箕面の山なみ! みのお山麓保全ファンドに寄附をお願いします!」統一キャンペーンを実施中です。


この記事をはてなブックマークに追加

インタビュー研修

2011年10月17日 | 総務部

みなさん、お久しぶりです。
総務部税務室税務課の山本です。
近頃急に冷え込み、最近まで夏服を着ていたことを何だか不思議に感じます。
どうかお体にはお気を付けください。

前回までのブログでは主に税務課の業務内容の紹介でしたが、
今回は業務内容とは少し離れ、新規採用職員研修について紹介したいと思います。

新人にはさまざまな研修があります。
研修で学んだことを業務に生かし、職員としての心構えを身につけるためには研修が必要不可欠なのです。

他の人のブログで紹介があったものもありますが、
4月は毎日が研修でした。
初日はフィールドワークで市内の各地に行き、箕面市がいかに景観を大切にしているかということを学びました。

小野原の町並みです。とてもきれいです。



他にも郷土資料館で箕面の歴史について学び、
特別講師のかたに来ていただき、社会人としてのマナーも学びました。

清掃体験研修や、小学校での調理現場体験研修庶務能力研修など、

それに加えて自分の配属先の仕事など
勉強の日々です。

10月12日にはインタビュー研修がありました。
新規採用職員がグループに分かれ、各グループごとに与えられたテーマをもとに、
市民のみなさんや観光で訪れているかたがたに直接インタビューをします。
直接生の声を聞くことで、これからのまちづくりに必要な視点や職員の役割などを考えることを研修の到達目標としています。

私のグループは滝道と商店街に行ってきました。


グループで事前打ち合わせをしてからの出発です。


お忙しい中、インタビューに協力してくださったかたがたに厚くお礼申し上げます。
頂戴した意見を真摯に受け止め、これからのまちづくりに生かしていきたいと思います。

このように箕面市の新人研修では、
様々な体験を通し、職員としての心構えや公務員としての自覚を身につけることができます。
まだまだこれからもたくさんの研修が待ってます。
学ばなければいけないことが多く、大変だと思う時もありますが、貴重な体験ばかりで毎日がとても新鮮です。

それではまた2カ月後にお会いしましょう。

 


箕面市では、10月から12月まで「子どもたちに残したい箕面の山なみ! みのお山麓保全ファンドに寄附をお願いします!」統一キャンペーンを実施中です。


この記事をはてなブックマークに追加

秋到来!季節の変わり目にご注意ください。

2011年10月14日 | 健康福祉部

こんにちは。
健康福祉部の乾です。

課での業務に携わるようになって約半年、5月にスタートしたこの新規採用職員ブログも早いものでもう約半年が経ちました。

あっという間の半年間……

まだまだ毎日が勉強の日々ですが、日々の学びを実際の業務の中で活かしながらこれからも業務に励みたいと思います。

 

さて、10月に入り、朝晩は随分冷え込むようになってきましたが、みなさん体調は崩されていないでしょうか。

前回のブログでは暑い日々が続く中で熱中症にお気をつけください!といったような内容を書いていましたが、

今回は…

これから一層寒くなり、湿度が低く、空気が乾燥すると、流行する「インフルエンザ」についてです。


「インフルエンザ」について、日常生活を送る中で充分な栄養と睡眠休息をしっかりと取り、

体力をつけ抵抗力を高めること、可能な限り人混みを避けること、

手洗いうがいの励行などにより予防することが可能ですが、

さらに予防対策として有効性のあるインフルエンザ予防のためのワクチン接種を行うことをオススメします!

 

箕面市では、下記のかたを対象に1000円の接種費用でインフルエンザ予防のためのワクチン接種を行っています。 


◇対象

接種日において満65歳以上の市民のかた

接種日において満60歳以上65歳未満のかたであって、

心臓・じん臓もしくは呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活活動が極度に制限される程度の障がいを有する市民のかた、

またはヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障がいを有する市民のかた


◇接種回数

1回接種


◇接種期間

平成23年10月1日(日曜日)~平成23年12月28日(水曜日)まで


◇接種費用

1000円

接種費用については

平成23年度市民税非課税世帯のかた

生活保護受給者のかた

中国残留邦人等の円滑な帰国の促進及び永住帰国後の自立の支援に関する法律による支援給付受給者


以上のかたは接種費用が免除されます。

担当課である健康増進課に免除申請書を郵送または持参によって事前申請を行ってください。


上記対象外のかたについては、各インフルエンザ予防接種実施医療機関でご予約の上、ワクチン接種を行うようにしてください。

接種費用については各医療機関にお問い合わせください。


早めの予防接種をオススメいたします!


※ワクチン接種について、詳しくは 健康福祉部 健康増進課(電話番号:072-727-9507)にお問い合わせください。

 


さてさて…

季節は秋!

秋といえば紅葉!

箕面がより一層賑わう季節の到来です☆

様々な名所で紅葉を楽しむことが出来ます。

 


上の写真は昨年10月の勝尾寺の様子です。

少し色付いてきている様子が見られます。

今年はどんな景色を見ることが出来るのか今からとても楽しみです!


箕面の紅葉の見頃は例年11月中旬~12月初旬頃となっています。

 

是非、箕面にお越しいただき、関西随一の名所と言われる箕面の紅葉をご堪能ください!

 


箕面市では、10月から12月まで「子どもたちに残したい箕面の山なみ! みのお山麓保全ファンドに寄附をお願いします!」統一キャンペーンを実施中です。


この記事をはてなブックマークに追加

【注目!!】滝ノ道ゆずるがゆるキャラ(R)グランプリで奮闘中!!!

2011年10月11日 | 地域創造部

どうもみなさんお久しぶりです!!

名前の読み方、覚えていただけましたでしょうか?

箕面営業課(兼)箕面広報課の豕瀬(いのせ)です!

 

さて、久々の新人ブログで色々と書きたいことはあるのですが、

もう今はこれしかないでしょう!!

 

 

 

はいっ!

本日の内容はこれにて終了です!!
ここまでお読みいただきましてありがとうございました!!!

 

と、これで終わりますと何だか手を抜いているようになってしまいますので、
以下補足していきます

これをお読みいただいているかたの中で、
ゆるキャラ(R)グランプリ2011って何ぞ?というかた!
知ってるけど特に何もしてないや~、というかた!

とりあえず、スマートフォンでも、携帯電話でも、パソコンでも、なんでも構いません!
メール画面がそこにあれば良いんです!

1.まずはメール画面を開いてください!

2.以下のとおり空メールを作成してください!

宛先:req@yurugp.jp
件名:87    (←半角数字で入力してください)
本文:無記入

3.空メールを送信してください!!

4.ありがとうございます!

5.日付が変われば、
返信メール内にある以下のようなURL
http://yurugp.jp/?uk=(たくさん並んだ英数字)

からゆるキャラ(R)グランプリ2011のトップページにアクセスし、

6.滝ノ道ゆずるのページへアクセス!(すかさずブックマーク!)

7.11月26日まで、日付が変わるたびにコレ↓をポチポチしてください!

8.ありがとうございます!!!!

 

以上がゆるキャラ(R)グランプリでの「滝ノ道ゆずる」応援方法となります!

おっと、色々と書き忘れがありましたね 少し補足します!

今、箕面のPRキャラクター「滝ノ道ゆずる」がゆるキャラ(R)グランプリ2011に参加しています。
どんな企画かというと、要はインターネット上で行われるゆるキャラ(R)達の人気投票大会です。
この大会の中で、滝ノ道ゆずるが現在奮闘中なんです!
200超のゆるキャラ(R)達がエントリーする中、ゆずるは何と10月11日現在9位

上位入賞するとゆずるが取材を受けます!さらに有名になります!
何よりも、箕面市のキャラが上位入賞すると、単純になんだか嬉しい!!

これをお読みになっているみなさん!ゆるキャラ(R)グランプリ2011をきっかけに、
一緒に箕面を盛り上げていきませんか!?
周りのかたにもぜひ「こんな企画やってるんやって~!」と広めていただけると幸いです!

11月26日まで、毎日投票が可能です!
ゆるキャラ(R)グランプリが、箕面が一つになるキッカケになるといいなと思っています(´-`*)

ではまた2カ月後!

<モミジーヌも、もう何もいわずゆずるを応援するモミ…!

 

 


箕面市では、10月から12月まで「子どもたちに残したい箕面の山なみ! みのお山麓保全ファンドに寄附をお願いします!」統一キャンペーンを実施中です。


この記事をはてなブックマークに追加

エルダーという制度

2011年10月07日 | 市民部

 

 

こんにちは。市民部介護・福祉医療課、吉岡です。

なんだかブログ更新の順番が来るたびに、もう前回から2カ月も経ったのかと毎回思います。


そして、この時期になるとブログの内容を悩み、タイトルを悩み、書き始めの言葉を悩み…
もう悩みっぱなしです!(笑)
また、イベント事の多い課はおもしろそうな
ネタがあっていいな。とか
休みの日どこか散策してみようかな。とか色々考えてしまう時期でもあります。(笑)

 

そんな2カ月毎の間隔でブログと同時に「あっ!あれやらなきゃ!!」と思い出すもうひとつの仕事があります。

 

 

それは… 
エルダーシート!!です。

 

エルダー!?
シートはいいとして、まずエルダーって何だ!?って思いますよね?
私も始めはそう思いました。

 

ということで!!
今回はエルダー制度についてご紹介しようと思います。
まず、職場研修の一環としてエルダー制という制度が存在します。
私たち新規採用職員の配属先では新規採用職員指導員(エルダー)という肩書きのついた職員が1名指名されています。
そのエルダーに指名された先輩職員のかたが約1年間、指導員としてマン・ツー・マンで職員として必要な基本的な態度や知識、技能を身につけるための指導、助言をしてくれるという制度です。


これは、私たち新規採用職員の能力開発だけでなくエルダーである先輩職員の成長にもつながり、また、組織の活性化にも一役かってるという一石三鳥くらいの効果を期待できる素晴らしい制度ですよね!
しかも、基本的には同一グループで、できるだけ年齢の近い人が指名されるようなので、質問しやすいし安心!

 


ちなみに、私のエルダーの先輩も私と年齢の近い職員さんで、これは、たまたまなんですが、小、中、高と同じ学校だったりするんです。
こういう確率の低い奇跡が起きたりなんかもします。(笑)


 

 ↑教えてもらってるイメージ写真
※ちなみにこのかたはエルダーではありません!!(笑)
エルダーさんには何回も写真をとってもらえるようお願いしたのですが、断られました(泣) 

 

 

そして、始めにもお話したこの時期にブログとともに思い出すエルダーシートとは…



↑このような紙媒体の報告書のようなものです。

 

このシートは年度当初の目標を記入し、その後、採用から2カ月後、4カ月、7カ月後、12カ月後で能力面、態度面、自己啓発、その他職務全般の達成度や、反省点と今後の課題を記入し、エルダーと所属長にそれらに対するコメントを記入してもらうというシートです。

 

エルダーからのコメントは
「用語や制度など、分からないことがあるたびに資料等で調べ、自分なりにまとめておくと後々、役に立つ」
「介護保険担当全員で使っているスケジュールとは別に、<自分の担当業務だけ>のスケジュールを作ると自分の1カ月の仕事の流れを理解しやすい」
など自身の経験から的確にアドバイスを記入していただいているので仕事を能率よくこなす上で、すごく参考になります。 

 

実際にアドバイスを基に<自分の担当業務だけ>のスケジュールを作ってみて、理解しきれていなかった担当業務の1カ月ごとの流れが理解できたりもしているので、その度に、さすがエルダー!と毎回関心させられてばかりです。

 

また、改めてエルダーからのコメントを読み返してみると、
「窓口に出ることによって、市民のかたから色々なことを教わることができる」
「本や資料で勉強することも大切だが、他の職員の窓口での説明や実際している事務から吸収できる知識もたくさんある」
など、そのときには実感が湧かなかったことも、本当にその通りだなと今は思えたりもするので、成長を少し実感することもできます。
ですから、この時期になると、自分がどれくらい成長できたのかなど再認識できると同時に、アドバイスを自身の業務に活かして、もっと成長したい!!と思えます。
そして、新たな目標を設定することもできるので身も引き締まり、単純ですが、頑張ろう!と改めて思えます。
 
 

 

まだまだ暑い日が続きますが…
なんて前回更新のブログでは言ってましたが、もはや寒いですね。
季節の変わり目は体調を崩しやすいので、お気をつけください。
次回の更新はクリスマスがある12月!!!
私の家ではハロウィーン同様にパーティが行われる時期ですねー楽しみです♪
ではでは!2カ月後にお会いしましょー 

 

箕面市では、10月から12月まで「子どもたちに残したい箕面の山なみ! みのお山麓保全ファンドに寄附をお願いします!」統一キャンペーンを実施中です。


この記事をはてなブックマークに追加

市税もコンビニで

2011年10月03日 | 総務部

みなさまこんにちは!税務課の吉永です。

 

この新人奮闘記も、この回を入れると、私の番は残すところ後3回です。少しでもみなさまに税務課のこと、市税に関することを知っていただけたら良いなと思います。

 

今回は「市税のコンビニ納付」についてご説明したいと思います。

 

市税を納めていただく方法は色々あります。銀行等や郵便局の窓口で納付されているかた、定期的に口座から引き落とされるように手続きされているかたも多いと思います。そんな中、箕面市では、平成22年度から軽自動車税、平成23年度からは軽自動車税に加え、市・府民税(普通徴収分)、固定資産税・都市計画税がコンビニエンスストアで納めていただけるようになりました。

 

市税の納付ができるコンビニエンスストアは、次のとおりです。

 

 

こんなにたくさんのコンビニエンスストアで市税を納めていただけます!

 

平日は仕事で銀行や郵便局の窓口へ行く時間が無いというかたも多いと思いますが、仕事帰りに気軽に利用することができます。また、土日や休日、銀行や郵便局等の窓口が閉まっている時間帯でも納めていただくこともできます。コンビニエンスストアは様々な年代のかたに広く利用されていますので、このような納付の方法があるということと一緒に、市税を身近に感じていただければ嬉しく思います。

 

話は一週間ほど遡りますが、先日、職員課の東さんと「メキシコ文化の夕べ」に参加してきました。とてもたくさんのかたが参加されており、楽しい時間を過ごすことができました。

下の写真は、人権国際課の上野さんのブログで紹介されていたメキシコからの研修生たちが剣を持って踊っている写真です。

 

  

この剣は蛮刀という剣で、とても重たそうでしたが会場の手拍子に合わせ、4人とも息ピッタリでとても軽やかに踊られていました。

 

 

もう一つ印象に残ったのが、メキシカンマリンバの演奏です(上の写真にある楽器です)。マリンバは初めて見たのですが、とても綺麗な音色が心地よかったです。こういったイベントに参加するのもリフレッシュになり、癒しの時間をいただけて嬉しかったです。

 

今年で19回目になるこのイベントは、箕面メキシコ友の会のかたが主催してくださっています。今回のイベント会場では、東日本大震災救援募金の呼びかけもされていて9,021円の義援金が集まったそうです!

 

だんだんと涼しくなってきたので、体調を崩さないようにこれからも気をつけていきましょう。それではまた2ヶ月後のブログを楽しみにしていてください!

 

箕面市では、10月から12月まで「子どもたちに残したい箕面の山なみ! みのお山麓保全ファンドに寄附をお願いします!」統一キャンペーンを実施中です。


この記事をはてなブックマークに追加