箕面市役所 新人奮闘記!

箕面市役所の新人職員が、奮闘の日々をブログにします。
新人職員だから語れる率直で元気あふれる内容です。

徘徊ほっとメール

2011年07月25日 | 健康福祉部

こんにちは。高齢福祉課の濱口 浩平です。

 ジメジメした梅雨も終わり、これから「暑い」夏に入ります。熱中症には十分に気をつけて、「暑い」夏を「楽しい」夏にしていきましょう。


 今回、ご紹介したいことは「徘徊ほっとメール」です。私は箕面市に住んで約5年になりますが、高齢福祉課に配属されて初めて知りました。とても大切な事ですので、これを機に知っておいてください。
  

 それでは、「徘徊ほっとメール」の説明をしましょう。高齢者の方が行方不明になった場合、従来からの協力体制として行方不明者の早期発見・安全確保を図るため、市、箕面警察署、みのおFMタッキー816及び市内の各公共交通事業者(電車・バス・タクシー)が協力して行方不明者の捜索活動を行う「みのお行方不明者SOSネット」により、捜索活動を実施してきました。

 さらに平成23年の4月からは、「箕面市市民安全メール」を活用し、パソコンや携帯電話にインターネットメールで情報を配信し、徘徊高齢者の捜索活動の中で、市民のみなさまにも捜索のご協力をお願いすることになりました。これが「徘徊ほっとメール」です。こうすることによって、「みのお行方不明者SOSネット」と「徘徊ほっとメール」の2つの手法で、今までよりも素早く効果的な捜索活動を行うことが可能となります。

 

長々と堅苦しい説明をしましたが、その内容を図で書くと下のようになります。

  

 

市民安全メールの登録は携帯電話やパソコンからhttp://anzen.minoh.netにアクセスして、空メールを送信するだけです。

 

QRコードでも市民安全メール(徘徊ほっとメール)への登録が可能です。

 徘徊ほっとメールでは、行方不明になられたかたの外見上の特徴や行方不明になった時間、場所などを送信しますので、心当たりのかたを発見された時は、速やかに高齢福祉課にご連絡いただきますようお願いいたします。

 

 連絡が入る高齢福祉課です。

 

なお、ご家族やケアマネジャーから認知症があり徘徊する恐れのある高齢者の情報を事前に高齢福祉課にご連絡・登録していただきますと、行方不明になられた際に、初期手続きに要する時間の短縮を図ることができ、「徘徊ほっとメール」、「みのお行方不明者SOSネット」の早期捜索活動と早期発見につなげることが期待できます。 

市ホームページ「徘徊ほっとメール」と事前の届出票様式は以下をクリックしてください。http://www.city.minoh.lg.jp/kaigo/ninnchishou.html

 

これをお読みになった方はぜひ、「市民安全メール」(徘徊ほっとメール)への登録をお願いいたします。

  

では、また2ヶ月後にお会いしましょう。

 

箕面市では、7月から9月まで「市内の移動はおまかせ!みんなで乗れば、より便利に!オレンジゆずるバス」統一キャンペーンを実施中です。


この記事をはてなブックマークに追加

研修、研修、研修。

2011年07月22日 | 総務部

こんにちは。サッカー三昧の東(職員課)です。

 

みなさん、女子サッカーワールドカップの決勝戦はご覧になりましたか?
私は、早起きして、テレビの前でしっかり応援しました。

部長ブログで、詳しく書かれているように、日本女子代表は歴史的な快挙を成し遂げてくれましたね☆

決勝戦では、対戦相手のアメリカのプレーに、相当強い精神力を感じましたが、1点を先取されてもなお、最後まで諦めない日本代表に、心の底から感動しました。

 

 

なでしこジャパン優勝の余韻に浸りながら・・・

3連休明けの今週は、3日間連続研修でした!!

今回の研修は、新規採用職員前期研修の第三弾「庶務能力強化研修」です。

前の新人ブログで、松尾さんが紹介してくれましたが、庶務は、日常業務で非常に重要です。

その基礎を理解するため、会計・財政・文書・人事など、各課の担当職員が講師となり、3日で9科目の庶務研修が行われました。

 

このような講義を受けるのは久しぶりで、研修内容が理解できるかどうか心配でした。

しかし、研修では基礎を理解できるように説明してくださったので、事前配布された資料で分かりにくかったところや、意味が分からないまま行ってきた庶務も、「ああ、こういう意味だったのか」と理解できたように思います。

 

通常の業務に、密接にかかわることばかりで、講師の話を聞き逃さないよう集中していたので、振り返ってみるとあっという間の3日間でした。

 

庶務能力を向上させるため先輩職員のかたも多く受講されていました。みんな真剣です!


 

 

 

では次に、採用試験のお知らせです。

☆箕面市では、918日(日曜日)に採用試験を実施します☆

(募集案内及び申込書は8月11日(木曜日)から配布されます。職種や受験資格など、詳しくは、 箕面市ホームページ  をご覧ください。)


箕面市単独試験として事務職【大学卒】の試験も行われるのですが、6月の試験と比べて受験資格の年齢要件が緩和されています!

 

同じような年齢要件の緩和のおかげで、私も受験できたわけですが、

6月の試験では年齢制限のため受験できず悔しい思いをしたオーバーエイジ()のみなさんも、受験資格(大学卒:昭和51年4月2日以降に生まれたかた)に該当するかたは、是非受験してください!!!

 

また、短大・高校卒(平成24年3月卒業見込み含む)のかたで事務職を志望されるかたを対象に、市役所訪問を実施しま~す♪

 

申込締切は、8月10日(水曜日)必着ですので、詳しくは「箕面市役所」を訪問しませんか!(短大・高校卒対象) を確認してください。

 

 

1年前、私は公務員試験の受験生でした。

 

男子サッカー、ワールドカップでの日本代表(SAMURAI BLUE)の活躍に勇気付けられたことを、昨日のことのように思い出します。

 

サッカーは、後半ロスタイムまで、何が起こるかわかりません。

 

採用試験は、暑い時期に進んでいくので、体力的にも大変だと思います。

 

受験生のみなさん!

最後の最後、試合終了のホイッスルが吹かれるまで、全力を尽くして頑張ってください

 

 

箕面市では、7月から9月まで「市内の移動はおまかせ!みんなで乗れば、より便利に!オレンジゆずるバス」統一キャンペーンを実施中です。


この記事をはてなブックマークに追加

「メキシコ人と家族になりませんか?ホストファミリー大募集!」

2011年07月19日 | 人権文化部

本格的な夏に突入してきましたね!人権国際課の上野です。

ブログを始めてから、何度か「ブログ見たよ」と声を掛けられるようになりました。ありがとうございます。m(_  _)m
 私は去年、真夏に臨月の妊婦で大変だったので、今年は暑くても、まだ耐えられる日々を過ごしています!最近箕面市内で、妊婦のかたをよく目にします。妊婦さんを見ると、とても幸せな気分になります♪ 子育てしやすさ日本一宣言!箕面市に子どもがもっともっと増えるのも、そう遠くないかもしれませんね!!!市役所に勤めてから過ぎれば早いもので、約3ヵ月半が経ちました。今回のブログも仕事の中で日々感じたことをお伝えできたらと思っています。

まず、広報から!ホストファミリーを大募集しています!9月に箕面市の国際友好都市、メキシコ、クエルナバカ市より、男子大学生4人が箕面にやってきます。箕面市滞在期間中は2週間ホストファミリーと生活をともにします!私自身ホストファミリーになったことはないのですが、大学生時代、スペインに約1年間留学し、ホームステイした経験があります。お互いの国の話をしたり、スペインの文化を教えてもらったり、とても有意義な生活を送ることができました。異文化交流は人生を豊かにする、経験の1つだと思います。自分の視野が広がると思います。興味のあるかたは、ぜひお申し込みください!4世帯限定です!!!

(昨年度もメキシコ人4人が箕面市内で日本語・日本文化を学びました☆)


先日箕面市国際交流協会にて、ボランティア活動情報誌「めろん」(名前の由来:メロン、丸い形は地球に見える?メロンのように美味しく、その表面の網目のように緻密なネットワークを広げるボランティア活動情報誌をめざします!)の発送作業をお手伝いさせていただきました。当日は1200部の折り込み作業があり、約2時間かけて、ボランティアさんと一緒に指先が真っ黒になるまで、作業がんばりました!市の公共施設等で「めろん」を見かけたら、ぜひ一度手にとってご覧ください。ボランティアさんが取材から原稿作成、印刷作業まで行う、手作り情報誌です。


今月は箕面市役所前にて、2つの団体が平和行進を行いました。人権国際課は平和施策も担当しており、式に参加させていただきました。
(1)7月7日七夕の朝、2011年原水爆禁止国民平和大行進の開会式が行われました。この平和大行進は5月9日に和歌山県をスタートし、駅伝方式で8月4日広島のゴールまで、核兵器禁止のスローガンを掲げて行進します。当日は雨にもかかわらず、参加者のかたは、担当コースの箕面市役所から池田市役所まで、行進されました。


(2)7月15日の朝、もう1つの団体が、2011年「非核・平和行進」を行いました。「核も戦争もない平和な21世紀に!」をスローガンに、この日はとても晴れていて、朝から暑かったのですが、こちらの団体も担当の箕面市役所から池田市役所まで、頑張って、行進されました。

何か思いをもって、それを行動する。とても素晴らしいことだなと思いました。

行進の開会式を通して、考えさせられることがありました。日本に住む人なら、夏が来れば、平和を考えると思います。世界中で、核兵器廃絶・恒久平和実現に向けて、まず私の周りが平和になるような(例えば、周りの人に親切心や思いやりを持って接するなど。)自分が良ければいいという考えではなく、世のため、人のために役立つ人になれるように、より努力しなければならないと、感じました。

ブログ後記
私が知人に何回か聞かれた質問があります。「市役所に行くと、みんなパソコンに向かって一体何の仕事をしているの?」その質問をされたとき、私個人の意見ですが、市役所の仕事は主婦(主夫)の仕事とすごく似ている!と思いました。
市役所は「縁の下の力もち」だと思います。当たり前のように、蛇口をひねると水が出たり、夜防犯灯があって道が明るかったり、図書館で好きな本を借りられたり、公園のすべり台がきれいにペンキ塗りされていたり、ごみをわざわざ焼却場にもっていかなくても、家の前に出すだけで回収してくれるなどなど、日々の生活を、当然に過ごせるようにしているのが、市役所の仕事の1つだと感じています。
そして主婦も、家族が当たり前のように、毎日ご飯を食べたり、あったかいお風呂に入ったり、洋服にアイロンがけがされていたり、などなど、家族の毎日をサポートして、当たり前に毎日生活できるようにするエキスパートです。
どちらもなかなか、やっていて当然と思われがちですが、(主婦のみなさんそう感じることありますよね?!)実はすごく重要な任務です!そんな主婦の仕事と似ている市役所の仕事が楽しいなと思っている今日この頃です!

 

箕面市では、7月から9月まで「市内の移動はおまかせ!みんなで乗れば、より便利に!オレンジゆずるバス」統一キャンペーンを実施中です。


この記事をはてなブックマークに追加

箕面100円商店街!!

2011年07月15日 | 地域創造部

みなさん、こんにちは。
商工観光課の水戸部です。

この新人ブログに登場するのも2回目となり、あっという間の2ヶ月間だったなぁ…と実感しています。
これからますます暑い日々が続きますが、みなさん熱中症にはくれぐれもご注意ください。

さて、今回は商工観光課の中でも商工ラインが担っている、商業振興に関する取組みを紹介します。商工観光課では、様々な組織と協働して施策を行うことで、地域商業活性化を目指しています。
その取組みの一環で先週末に開催された、箕面商工会議所主催の「箕面100円商店街」に私も行ってきましたので、レポートしたいと思います!


【箕面100円商店街とは?】

商店街全体を100円ショップと見立て、各店舗が工夫を凝らした目玉商品を100円で提供することで、地元商店街の良さを再認識していただくというイベントです。
昨年は桜井・粟生・箕面地区で開催され、3つの地区で12,000人以上の来場者があり、大盛況でした。今年は新たに小野原地区でも実施され、箕面市内のほぼ全域で開催されました!


今年の「箕面100円商店街」は、桜井・粟生・小野原地区で7月9日(土曜日)に、箕面地区で7月10日(日曜日)に開催されました。
両日とも晴天に恵まれ、日差しが痛いほど強烈でしたが、商店街は午前中からにぎわいがあり活気に溢れていました!

 

【7月9日(土曜日)桜井・粟生・小野原地区】


100円とんかつ大人気!ものすごい行列でした。


箕面グッズの販売も行いました!


100円商品売り切れのお店も…買えませんでした。残念!!

 

【7月10日(日曜日)箕面地区】


日差しと活気でみのお本通り商店街がHOTな一日に!


目玉商品が盛りだくさん!


ユニークなサービス内容のお店もたくさんあり、来場者を楽しませてくれます♪

 

★告知★

第3回「箕面100円商店街」が11月6日(日曜日)に開催されます!
箕面・桜井・粟生・小野原地区の箕面市全域で一斉に行われます。市内全域で開催されるのは全国的に珍しい取組みです。みなさん是非お越しください!
詳しくは「箕面商工会議所」まで。

 

★イベント情報①★

箕面川床

夏の箕面川床がオープンします!

営業時間:7月16日(土曜日)~8月28日(日曜日)のうち
       金・土・日曜日、祝日、お盆(8/11~8/15)
営業時間:午後5時~午後9時
※ただし、雨天等によるキャンセルのみ、他の日に振替営業

 

★イベント情報②★

サマーフェスタ箕面公園2011 火と水と光の祭典

期間中は箕面大滝・瀧安寺などをライトアップします。

 

期間:7月16日(土曜日)~8月31日(水曜日)
7月31日(日曜日)は、午後7時から午後9時まで箕面大滝、滝道沿道に4,500本のろうそくが灯火され、幻想的な箕面公園を体験できます!
箕面温泉スパーガーデン大駐車場では、ジャズ演奏や芸人さんによるショータイム、そして楽しい夜店の出店があります!
さあ、みんな集まって夏の夜のフェスティバル!!

箕面市では、節電対策の一環で、滝道のライトアップで使われるすべての提灯にLEDを導入しました

 

 

箕面市では、7月から9月まで「市内の移動はおまかせ!みんなで乗れば、より便利に!オレンジゆずるバス」統一キャンペーンを実施中です。


この記事をはてなブックマークに追加

国保からのお知らせと節電報告!

2011年07月11日 | 市民部

お久しぶりです!

国保年金課の鳥居です。

前回このブログを担当させていただいてから2ヶ月経ちました。

前回は課に配属されたばかりで、業務のことはほとんど書けなかったのですが

今回は、お知らせも兼ねて少し紹介したいと思います。

 

私は課に配属されるまで、保険とは「加入していれば病院で看てもらったとき

自己負担が3割になるもの」ぐらいの認識しかなかったのですが、

それだけではなく、いろいろな給付の形があります。

例えば、「限度額適用認定証」。

こちらは国民健康保険の加入者で70歳未満のかたに事前に申請していただくことにより交付するもので、

入院された際この認定証を医療機関の窓口に提示することにより、1ヶ月毎の医療費が高額になった場合でも、

窓口でお支払いいただく金額が世帯毎の

所得区分に応じた自己負担限度額までとなるものです。

(所得区分が「一般」の場合で医療費が267,000円以下であれば80,100円)


ここでお知らせですが、

この限度額適用認定証は、毎年所得の判定が必要となるため有効期限が7月末となっています。

これから入院されるかた、または、すでに交付されているかたで引き続き入院加療中のかたは申請してください。

8月からご使用いただく認定証の申請は7月19日から受付開始です!

もみじだより8月号にも掲載しますので、よろしくお願いします。

 

ところで最近の箕面市役所では全庁を挙げて節電に取り組んでいます。

6月以降に市役所にいらした事のある方ならお気づきかもしれませんが

蛍光灯や電球の約3分の1が間引きされています。

ちなみにこれは国保年金課の天井です。

お昼休みには窓側の電気も消され、さらに節電です。

 

お手洗いまで!!!

初めは「薄暗い…」と違和感を感じていましたが、

慣れるとむしろ落ち着いた雰囲気な気がしないでもないです。

 

他にも、お昼休みを電力消費がピークとなると言われる午後1時にずらす「ランチシフト」や、

エレベーターの一部休止、エアコンの温度や稼働時間の徹底管理など

多様な取り組みがされています。

 

来庁される市民のみなさんにはご不便をおかけすることもあるかもしれませんが、

ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

 

そんなこんなで、節電節電と一生懸命になっていると

光の美しさとか改めて感じますよね!!

そんなかたにオススメなイベントがあります☆

7月31日(日)の午後7時から箕面公園一帯で開催される『箕面キャンドルロード2011』です。

滝道一帯から箕面大滝にかけてたくさんのろうそくがともされ、幻想的な雰囲気を楽しむことができます。

涼しげな水音と美しいろうそくの光…

耳と目、両方から癒してもらえそう。

 

また、滝道からの帰り道に注目していただきたいのがこのアーケードです!

写真を撮りに行ったのが七夕前だったので、たくさんの短冊が付けられた笹が飾られていました。

夜は更にキレイです☆

電車やバスに乗る前にぜひ足を止めてみてください。

 

 

 

 箕面市では、7月から9月まで「市内の移動はおまかせ!みんなで乗れば、より便利に!オレンジゆずるバス」統一キャンペーンを実施中です


この記事をはてなブックマークに追加

箕面の歴史

2011年07月08日 | 総務部

不安定な天気が続いていますが、みなさんいががお過ごしでしょうか。
税務課固定資産税グループの鷹野です。

税務課の業務に就き2ヶ月が過ぎましたが、まだまだ勉強の毎日です。固定資産税の評価額は3年に一度評価替えが行われますが、つぎの評価替えが平成24年度にあたるため現在着々と準備を進めています。 

今回は税から少し離れまして、箕面市内のある施設のご紹介をします。

この写真をみて、箕面市内のどこの施設かおわかりでしょうか。

みのおサンプラザ1号館地下1階にあります
箕面市立郷土資料館』 です。

郷土資料館では市内の皆さまから寄贈された生活用品、農機具類を展示しています。
常設の考古や農業に関する展示のほかに、企画展示コーナーでは年に5,6回ほど内容を入れ替えて展示しており、市内だけではなく市外の小学生の課外学習にも利用していただいています。

 館内に入る前にぜひご覧いただきたいのが、資料館入口付近の床です。一見大きな地図が描かれているようにみえますが、実は箕面市全体の航空写真となっています。普段見ることのできない大きさで箕面市を見渡すのはいかがでしょうか。

それでは館内をご覧ください。

資料館入口を入ってすぐ、まず目に入るのが下の写真の絵ではないでしょうか。
 

こちらはガラスアートで縄文時代から今までの市域の歴史を表現している年表になります。全部で9枚ものガラスアートが壁面に並び、とても見ごたえがあります。

よくみると、上の写真ように遊びのある表現も。
見るたびに新しい発見があり、この場所からなかなか離れられません。

すぐ近くの農家の居間コーナーでは市民の皆様から寄贈された展示資料で大正から昭和初期のころの農家の居間と台所を復元しています。

このほか、8月1日までの企画展示として「ないと困る 道具の名脇役『箱』展」の開催など見所満載です。

また、展示だけでなく講座も行っています。

こちらは6月25日土曜日に開催しました「むかし体験講座『組みひもでオリジナル・ストラップをつくろう!』」の様子です。はじめは緊張した雰囲気でしたが、オリジナルの組みひもが出来上がるにつれ笑顔が増え楽しい講座になりました。
むかし体験講座」は年に7,8回開催していますので、興味ある講座があれば郷土資料館までお申込みのうえご参加ください。

まだまだ、紹介したりないところはたくさんありますが、このように郷土資料館では、展示や講座を通じて郷土の理解を深めていただけるよう様々な工夫を凝らしています。
今まで知らなかった箕面を発見することができると思いますので、歴史に興味のある方もない方も、ぜひ郷土資料館にお立ち寄りください。
 

 

 箕面市では、7月から9月まで「市内の移動はおまかせ!みんなで乗れば、より便利に!オレンジゆずるバス」統一キャンペーンを実施中です


この記事をはてなブックマークに追加

ライプラはとっても魅力的です☆

2011年07月04日 | 健康福祉部

みなさんこんにちは!
健康福祉部の竹田です。

最近は本当に暑いですね・・・。「暑い!」がすでに口癖になりつつあります。笑
みなさんもこまめに水分補給し、熱中症対策に取り組んでくださいね☆

さて!
私は現在、健康福祉部に所属しており、みのおライフプラザ内の総合保健福祉センターの1階で働いています。
私の他に1年目の職員が2人いるのですが、もうそちらのブログは読んでいただけましたか?(⇒ 乾さん 総合保健福祉センターへようこそ!! 浜口さん 総合保健福祉センター)

みのおライフプラザって何??という方のために、改めて説明します!
みのおライフプラザ(通称:ライプラ)とは、

☆市立病院
☆総合保健福祉センター (保健福祉に関するあらゆる相談を受け付けています。)
☆医療保健センター   (病気の予防、早期発見のための健康診断、検査を行っています。)
☆市立介護老人保健施設 (短期療養、通所リハビリなどを行っています。)
☆あいあい園・発達相談ゆう (障害をもつ子どもや発達上支援が必要な子どもと保護者に対しての援助活動を行っています。)

以上を含む、とても大きな複合施設です。
箕面市の福祉と医療の拠点であり、箕面市民のみなさまにはぜひ活用してほしい施設なのです☆

今回はまだまだ紹介しきれていないライプラの魅力をみなさんに紹介したいと思います。
                                             
                                 
広々とした中庭です。

 

総合保健福祉センター1階のアトリウムにてお昼休憩をとっていると、
「人参のカップケーキおいしいよ!いかがですか?」と声を掛けられました。
1個50円という激安さと、明るい店員さんの声に惹かれて思わず買ってしまいました。
中途障害者の方たちが働く「いきがいワーク」の方たちです。

カップケーキの他にも手作りのさまざまな商品が販売されていました。                            


                  とっても良い香りがする匂い袋です。

毎週火曜日のお昼頃からライフプラザにて販売しているそうです。

他にも、お昼休みのライプラは、障害者の方々が働く様々なお店が立ち並び、そこで焼きたてパンや、お弁当を購入し、ランチを楽しむ市民の方も多く見られます。

もう1つ!お昼休みにとても賑わいを見せているのが「喫茶るうぷ」。

箕面市の障害者事業団が経営している喫茶店です。
店長さんに少しお話をうかがいました。

「喫茶るうぷは、障害者とともに働くお店として、常時2名の障害者の方が働いています。
そして、従業員1人1人が社会人として、自分の役割を責任を担っています。お皿洗いや片づけだけでなく、接客まですべてやってもらうことが大事!
市民の方とできるだけ触れ合ってもらい、市民の方にも障害者との関わりを増やしてほしい。」

と話してくれました。「いつも吉本新喜劇♪」をモットーに、楽しいお店をめざしているそうです。本当に素敵なお店だと改めて思いました☆ 


           
車いすの方の高さに合わせたテーブルを使用。

 

 

とってもおいしそうなメニューです。箕面市は子育てにも力を入れているということで、喫茶るうぷでも4月から赤ちゃんの離乳食も販売を始めました。

赤ちゃん連れのお母さんたちも、気軽にお食事できますよ♪

このようにライフプラザではたくさんの障害者の方々が生き生きと働く姿を見ることができます。障害の有無に関わらず人はみな、活動の場さえあれば、自分の能力を生かすことができると思います。また、活動の場を広げていくことで、人々のつながり、そして地域のつながりが作られていくのではないかなぁと感じます。

ライプラってとっても温かくて良い所だと思いませんか?!
少しでも興味があれば、ぜひ一度立ち寄ってみて下さい。

 

 箕面市では、7月から9月まで「市内の移動はおまかせ!みんなで乗れば、より便利に!オレンジゆずるバス」統一キャンペーンを実施中です。


この記事をはてなブックマークに追加

庶務な日々

2011年07月01日 | 子ども未来創造局

お久しぶりです!というべきか、もうひと回りしたんだなぁというべきか…。
暑さに負けず、2巡目もがんばります。教育推進部教育政策課の松尾です。

                               この奥には教育長室が…

 
教育委員会に来てはや2ヶ月。実は私が主にしているのは、公務員としての事務の基本でありながら、「どんな仕事をしてるの?」と聞かれると一言ではかなり答えにくい仕事―ひとはそれを “庶務” と呼びます。
今回はこのごく一部について、若干地味なテーマであることを自覚しつつも、めげずに書いていきます。
先に言いますが、今日は文字だらけです!

 

まず、どのような流れで仕事をしているのかをごく簡単にご説明。

1 文書が届く
 さて、各部署には毎日いくつもの「これ教えてほしい!」「これ知っといてほしい!」「これ調べてほしい!」「これお知らせしてほしい!」といった文書が届きます。それはメールであったり、郵便であったり…。依頼元も、箕面市役所の他の部署だったり、大阪府など他の行政機関からだったりとさまざまです。

2 文書の内容確認
 文書を受け取ると、その情報をいったん組織的に共有します。具体的にはそれぞれの課において、担当者が受付した文書に押印欄を作り、順に上司にまわして、内容を確認し押印していきます。これを「供覧」と呼びます。回覧板をイメージしてもらうと分かりやすいかと思います。届いた文書が「これ知っといてほしい!」という内容のものであれば、供覧終了後ファイリングして処理は終わります。

3 回答(案)作成
 届いた文書が回答が必要なものの場合、供覧している間に担当者は依頼に対する回答(案)を作ります。

4 起案
 回答(案)ができあがったら、今度は「この回答を提出していいかどうか」の確認のための文書を作成します。(起案)
2と同じように、また一人ずつ順に確認・審査して押印し、回します。確認していく中で疑問があれば逐一担当者に確認し、内容はもちろん、言葉の表現も適宜修正していきます。

5 決裁
 最終確認者のチェックが終わると、最終的なゴーが出たことになります。これを「決裁」といいます。案件によって課長まで、部長まで、教育長までというように決裁区分が規定で決まっています。

6 回答
 決裁後、もともとの依頼者に回答します。


このような過程を経て、案件は無事に回答されるというわけです。
なお、これは1つの流れなので、実際には同時並行でたくさんの案件と回答案がぐるぐると回っています。


さて、これを知って、率直にどう感じられましたでしょうか?

「一つの依頼に答えるために、ひとりひとり順番に書類を確認し、押印していく」

私はこの流れを知ったときに、「意外にアナログ!」とまず思いました。
そして「時間かかるなぁ」とも思いました。

「役所のすることは時間がかかる」といったイメージは、このシステムからもきているのかもしれません。


でもいい面も確かにあります。

それは、すべての回答に多くの人の責任とチェックが入っていることです。
その場しのぎではなく、確実な回答をすることを第一に考えているのだなと思いました。
(もちろん確実に、と同時に「迅速に」ということも常に目指しています)


私の所属する教育政策課は、教育推進部の「政策調整課」と呼ばれ、部内の各課からの回答を部としてとりまとめる役割も担っています。なので、私がしているのはまず1の受付のあと、部内の各課に回答を依頼して、それをとりまとめる、といったこともしています。
もちろん、各課からの回答も、それぞれの課内で何重にも確認されてから提出されたものです。
ただし、部内の各課に回答を依頼する際には、できるだけ迅速に回答できるよう、文書の内容を確認した時点で、担当課に回答を依頼するよう心がけています。


あぁ、文にしたらさらに分かりにくかったですね。すみません。
とりあえず回答が出るまで、何重にもチェックされているということは1ミリぐらい伝わったでしょうか。

そしてこんなに文字ばかりの記事をここまで読んだかたに感謝。

 

さて、今日は7月1日ということで、もうひとつ話題を。
そうです、今日から全国的に節電モードですね~
箕面市役所でも色々やっています。


蛍光灯を抜いたり…(心なしかこの写真もなんだか暗いですね)



お昼休憩を1時からにしたり…朝ごはんいっぱい食べないとなぁ。
ところでこの写真もなんだか(略)

節電ももちろん大事ですが、体調管理はもっと大事!
暑いと思ったら無理をしすぎないようにしてくださいね。 

ではではまた次回お会いしましょう!
昨年よりは涼しい夏になることを(切実に)願って…

 

箕面市では、7月から9月まで「市内の移動はおまかせ!みんなで乗れば、より便利に!オレンジゆずるバス」統一キャンペーンを実施中です。


この記事をはてなブックマークに追加