箕面市役所 新人奮闘記!

箕面市役所の新人職員が、奮闘の日々をブログにします。
新人職員だから語れる率直で元気あふれる内容です。

幼稚園・保育所を訪ねて

2011年06月27日 | 子ども未来創造局
こんにちは。はじめまして。
教育委員会子ども部幼児育成課に配属となりました植村と申します。

私は技術職(機械)として採用されましたので、現職場に配属と決まったときには正直戸惑いを覚えました。しかし、日々経験する仕事のすべてはとても新鮮です。「事務職」「技術職」という枠で仕事を量るのではなく「職員一人ひとりが箕面市役所全体を背負っている」という自覚が必要だなと思う今日この頃です。

さて、私の所属課では幼稚園・保育所の入園・入所といった子育てに関する業務を行っています。私も保育所の入所業務等に携わっているのですが、実は私自身は箕面市内の幼稚園や保育所にこれまで一度も足を踏み入れたことがありませんでした。

幼児育成課で仕事をしているのに保育の現場も何も知らないのはまずい!と思い、今回幼稚園と保育所を実際に訪問し、保育の現場を体験することにしました。


というわけで、さっそくなか幼稚園にやってきました。

箕面市立なか幼稚園に到着!

なか幼稚園は箕面市役所からほど近い住宅街の一角にあります。私がお邪魔した日はちょうど「カレー会」が実施されるということで、子ども達が実際に調理したり、会の設営準備をしたりと、”自分達の力で会をつくりあげる”姿を見ることができました。

先生の説明を聞き、保護者のかたたちの協力も得ながら自分たちで野菜を切り、ルウを入れ、アクを取り、カレーを作り上げます。

カレーの作り方を聞いています
にんじんの皮をむいているところ

注目すべきは、このカレー会で使われる野菜は「子どもたち自身が育てた野菜」を使っているということです。

園庭の一角には野菜を育てるスペースが設けられています。

園庭には野菜も育っています

ふむふむなるほど・・・、と思っていたら、とある男の子が私に話しかけてきました。

「ねえねえ、こっち来て」

手を引かれるがままに進んだ先には植木鉢に育つトマトの姿がありました。


かわいらしく育つトマト

このように子どもたち一人ひとりがマイ・トマトを育てているのです。トマトを見つめる彼の目はまるで、わが子を見守る親のようなまなざしでありました。

さて、子どもたちが行うのは調理だけではありません。カレー会の会場設営も自分達で行うのです。自分達で机や椅子を並べ、お花を飾ったりするのです。

そうした長い道のりを経て、ついにカレーを食べるときがやってきました!


いただきます!

自分達で作り上げたカレー会。カレーの味もひと際おいしく感じます。

私も子どもたちと一緒にカレーを頂きながら色々話をしました。

私:「みんなカレーは好き?」

全員:「大好き!

子どもたちは皆笑顔です。そして自ら積極的に動こうとします。園長先生にお話を伺ったところ、この年頃の子ども達は積極性がとても強いので、そういった子どもたちの特性も生かしながら協調性等をはぐくむことがとても大切、とのこと。

午後2時半。「カレー会」というひとつの行事を成し遂げ帰ってゆく子どもたち。その後ろ姿は今朝見たときよりも少したくましく見えました。


つづいてやってきたのは箕面保育所です。

箕面市立箕面保育所に到着!

箕面保育所は先にお邪魔したなか幼稚園の近くにあります。

なか幼稚園は4歳児と5歳児の2学年構成ですが、箕面保育所は0歳から5歳まで6学年構成です。ですので年齢によって一日の過ごしかたは大きく異なります。私もそれぞれの年齢の子どもたちと一緒に庭で遊んだり、絵本を読んだり、みんなでリズム運動をしたりと、実に様々な体験をさせていただきました。

0歳児のお部屋
園庭で遊ぶ子どもたち
ピアノに合わせてリズム運動

先生の弾くピアノのリズムに合わせて子どもたちは実に楽しそうに動きます。途中から私も参加させてもらったのですが、リズム運動初参加の私が実は最もリズムが取れていなかったような気がします・・・

子どもたちは初めて見る私に対しても非常に寛容でした。興味津々な面持ちで私に話しかけてきてくれます。

「なあなあ、どこから来たん?」

「市役所っていうところから来たんやで」

「シヤクシヨ??なにそれ??」

また、絵本を一緒に読んだ際も「つぎこれ!」というように次々とせがまれました。

何に対しても好奇心旺盛な子どもたちの姿が非常に印象的でした。

 

ところで、幼稚園と保育所の違いって何なのでしょうか?私は「対象年齢が違う」あるいは「所管する省庁が違う」くらいしか知りませんでした。

この違いについて所長にお話を伺ったところ、やはり保育所は保育時間が長くなるので、子どもにとって”生活の場”である、というところが大きく異なる、とのこと。

幼稚園は基本的に午後の早い時間で終わります。子どもたちにとって幼稚園は「通う場所」であり「学ぶ場所」です。

一方保育所は夕方まで(場合によっては午後7時頃まで)過ごす、つまり子どもにとって保育所は「生活の場所」であり「自分の家の一部」であるというわけです。

給食の際、子どもたちと一緒に話をしていたのですが、その中でふと「今日は何時までいるん?」と聞かれました。私が「もうすぐシヤクシヨに戻らないとダメやねん」と答えると「えー。夕方までおってーな」と少し残念そうな顔をされました。

給食もいただきました

そのような会話も通じて、たしかに保育所の子どもたちは私のことを、あたかも「自分の家にやってきたお客さん」のような感覚で接してくれたような気がしました。


幼稚園という学びの場で様々な経験を通じ育まれる子どもたち、保育所という大きな家で様々な年齢の子どもたちと共に過ごし育まれる子どもたち。そこに色々な違いはあれど、決して変わらないのは『すべての子どもたちの目は純粋で好奇心に満ちている』ということだなと実感した幼稚園・保育所訪問でした。

 

今回私は公立の幼稚園・保育所を訪問しましたが、箕面市では平成23年度から「私立幼稚園児保護者への補助金」制度が新しくなりました。「子育て応援幼稚園保護者補助金」を新設することで、私立幼稚園と公立幼稚園の保護者負担の格差がほとんどなくなりました。

※詳しくはこちら(私立幼稚園児保護者への補助金について)にてご確認ください。

 

さて、今回でこの『箕面市役所 新人奮闘記!』は無事一周しました。次回以降も私たちの「奮闘ぶり」をお伝えいたしますので、引き続きよろしくお願いいたします。

 

箕面市では、4月から6月まで「かかりつけ医(ホームドクター)をもちましょう!」統一キャンペーンを実施中です。


この記事をはてなブックマークに追加

お待たせしました!!!

2011年06月24日 | 議会事務局

 はじめまして。ピカピカの1年生職員の吉田一規です。
 私は議会事務局の議事課に配属となりました。

 議会事務局での仕事をご紹介する前に、少し私の自己紹介をいたします。
 私は、箕面市で生まれ、箕面市で育ちました。

 幼少期は箕面の中で知らない場所は無いというくらい、箕面市中を遊びまわりました。
 思い出の多い箕面市のために働くことができ、日々、喜びをかみしめています。

 大学時代は化学を専攻しており、技術職(化学職)で箕面市役所に就職いたしました。

 専門知識を生かす場面は少ないかもしれませんが、議会事務局の業務を通して、視野を広げることができればと思います。

 心やさしい~♪ららら 化学の子~♪十万馬力だ 吉田一規♪

 テーマソングを作ってしまったところで、議会事務局での仕事をご紹介しますww

 

 市議会は、条例や予算などの市政運営に関する重要な事項を決定する機関で、現在、箕面市議会は、選挙で選ばれた25人の市議会議員で構成されています。
 そして、議会事務局では、議会の運営に関わることをはじめとし、市政全般の調査、議会だよりの発行など様々な業務を行います。
 1年目から市の重要な意志を決定する議会の運営に携わることができ、緊張感はありますが、日々やりがいを感じています。

 議会事務局は箕面市役所本館の3階にあります。本館の3階には議会事務局以外の部署は無く、議場や委員会室、会議室があり、普段は非常に静かなフロアーです。

 しかし、この3階が非常に賑やかになる期間があります。それが、年4回開催される定例会です。

 定例会の時期は市議会議員と市長や部長などの理事者が一同に会し、活発な議論が交わされるのです。

 そして、平成23年第2回定例会が5月30日から6月20日までの22日間の会期で開催され、様々な議案が審議されました。


 これが議場です。入った瞬間にキュッと身が締まるような非常に緊張感のある場所です。

 ここで、本会議が行われ、市議会議員と市長、部長など理事者との白熱した議論が繰り広げられました。
 私も初めての本会議を経験し、独特の緊張感を肌で感じました。
また、議会事務局として、準備の甲斐あって、滞りなく定例会が終了したことを嬉しく思いました。

 皆さまは議会についてどんなイメージをお持ちでしょうか?
堅い。よく分からない。興味がない。
ネガティブなイメージをお持ちの方が多いのではないでしょうか? 

 私自身、議会事務局に入る前は、箕面市に住みながら、市の重要な意思決定を行っている市議会について、ほぼ無知でした。

 しかし、議会事務局で議会の運営に携わり、「議会は面白い!!」と思いました。

 箕面市の様々な問題点に向かい合い、よりよい市政をめざして、議論される光景は、粛々としていますが、重要な議案が目の前で決定していると考えると非常に迫力があります。そして、箕面市が一歩一歩、前に進んでいることが実感できる場であると思います。  

 皆さまもぜひ、議会の臨場感を体感しに、傍聴に来られませんか?

 これが議場の傍聴席です。
 当日、議会事務局に申込みをしていただくと、どなたでも自由に傍聴することができます。(小学生以下の方の傍聴は議長の許可が必要となります。)


 議案書などの傍聴用資料もあります。(議案書は5部ご用意しております。)

 野球の観戦のように大声をあげることは、出来ませんが、時には、議案書を片手に議会の臨場感を肌で感じていただくのも、市議会がより身近な存在になり、面白いと思います。

 ちなみに、これが傍聴席から見た議場です。

 手前が市議会議員の座席で、奥が市長や部長などの理事者側の座席です。
そして理事者側の真ん中に議長席と質疑や答弁を行う演壇があります。

 これは、理事者側から見た議場です。

 また、箕面市議会では年に4回、定例会のことをまとめた、「市議会だより」という広報紙を発行しています。

 市議会だよりには、可決した議案や常任委員会で審査された内容、本会議で行われた討論、一般質問などを掲載しています。
 平成23年第2回定例会についての市議会だよりは8月15日に発行予定です。
 定例会で議論された内容を正確に伝え、なおかつ分かりやすく、見やすい紙面をめざして作成したいと思います。
 1人でも多くの方に読んでいただき、多くの方に議会について興味をもっていただけると大変嬉しいです。

 化学職で就職しましたが、議会事務局に配属となったことに、最初は、少し戸惑いがありましたが、この機会をチャンスと捉え、新しい自分の発見になるよう、チャレンジ精神をもって、頑張りたいと思います。

心やさしい~♪ららら 化学の子~♪十万馬力だ 吉田一規♪

 

箕面市では、4月から6月まで「かかりつけ医(ホームドクター)をもちましょう!」統一キャンペーンを実施中です。


この記事をはてなブックマークに追加

総合保健福祉センターへようこそ!

2011年06月20日 | 健康福祉部

はじめまして。
平成23年度新規採用職員 健康福祉部の乾と申します。

一ヶ月間の研修を経て、配属先での業務に携わるようになり 早一ヶ月半が過ぎました。

日々市民の皆さまとお話させていただく中で、まだまだ不慣れで未熟な点もあると思いますが
一日も早く迅速且つ丁寧で分かりやすい対応を行えるよう励んでいきたいと思っておりますのでどうぞよろしくお願い致します。

さて、話は変わりますが 皆さん この施設はもうご存知でしょうか?

そうです!
以前もこのブログでご紹介させていただきました「総合保健福祉センター(みのおライフプラザ内)」です。


私が所属している健康福祉部がセンター内一階にあります。

利用される機会の多い方にとってはお馴染みの「ライプラ」でしょうか。

しかし、健康診断等の機会でしか利用されることのない方にとってはあまり馴染みのある場所ではないかもしれません。


そこで今回はこの総合保健福祉センターの内部、一階フロアについてご紹介させていただきたいと思います。

一階は広く開放的なフロアです。

総合相談窓口では、原則として 月曜日から金曜日(祝日、年末年始(12月29日から1月3日まで)を除く。)の午前8時45分から午後5時15分まで、保健福祉に関する様々な相談を受け付けております。

 


また、お昼時になると フロア内の様々な場所でお弁当やパン、クッキー等の焼き菓子の販売が行われ、大変賑わいます。


そのうちの一つのお店がこちら。

 社会福祉法人息吹 精神障がい者小規模通所授産施設 シェスタ

 

 

こちらはスノーボール(クランベリー)です。

お昼の休憩時間にほっと落ち着くことの出来る優しい味わいです。


シェスタでは、この他にも様々な種類の焼き菓子を
月曜日と木曜日の12時~13時に出張販売しておられます。

今回はシェスタを取材させていただきましたが、まだまだ魅力的なお店が沢山あります!


どのお店においても皆さまのご来店を心待ちにされておりますので

是非一度足を運んで、ご賞味ください!

 



箕面市では、4月から6月まで「かかりつけ医(ホームドクター)をもちましょう!」統一キャンペーンを実施中です。


この記事をはてなブックマークに追加

箕面市のオリジナルナンバープレートをよろしく

2011年06月17日 | 総務部

はじめまして。

総務部税務室税務課に配属されました、

山本唯と申します。

 

一概に税金と言われても難しく考えてしまうと思います。

そんな少し難しいと思われている税金について少しでも

市民のみなさんにわかりやすく説明できるように

日々勉強中ですのでよろしくお願いします。

 

さっそくですが、

私の業務内容についてお話ししたいと思います。

私は税務課で軽自動車税を担当することとなりましたが、

みなさんは、箕面市のオリジナルナンバープレートについてご存知ですか?

 

箕面市では平成22年の4月1日から

オリジナルナンバープレートの交付・交換を開始しました。

◎原動機付自転車

(↓50cc以下↓)

  (↓90cc以下↓)

 (↓125cc以下↓)

 ◎ミニカー

 

◎農耕用作業車

 

デザインは、箕面市の自然を活かした滝と紅葉が描かれていています。

交付初日には、希望ナンバーの抽選会を庁内で開催し、

多くの市民の方に、お越しいただきました。

このイベントは、TV、新聞でも報道されました。

 

オリジナルナンバープレートは

『た 1』から交付を開始して、

現在、約3000枚が交付されています。

 

市民の方からは、「素敵なナンバープレートですね」と言っていただいたり

他にも他市から、箕面市のオリジナルナンバープレートについての

お問い合わせをいただくこともあり、とても評判が良いです。

 

まだ箕面市のナンバープレートを

お持ちでない方は、箕面市役所の別館1階で

交付・交換をしていますので、ぜひお越しください。

(※手続きの際の必要事項はこちらをご覧ください) 

 

箕面市ではこの他にも、他市にはない様々な取り組みを行っています。

このブログを通して皆様に箕面の魅力をどんどんお伝えしていきますので

よろしくお願いします。

 

 

箕面市では、4月から6月まで「かかりつけ医(ホームドクター)をもちましょう!」統一キャンペーンを実施中です。


この記事をはてなブックマークに追加

拝啓 新人ブログをご覧の皆々様

2011年06月13日 | 地域創造部

 梅雨の折から、皆様におかれましてはますますご健勝の事とお慶び申し上げます

 平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます

 

 

 …

 

 

 ……

 

 

 

 ………

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 はじめまして(*´ω`*)

 

 

 平成23年度新規採用、地域創造部 箕面営業課に配属されました、

 豕瀬 将秀(いのせ まさひで)です(゜∀゜)!!

 

 

 

 

 

 

 あ 失礼致しました

 名前を出すと個人特定される確率ナンバー1の(難しい名前の)豕瀬(いのせ)です(゜∀゜)!!!

 

 

  皆様 どうぞよろしくお願いいたします('∀')ノ

 

 

 

 

 

 …あれ、もしかして気になりましたか?

 

 やっぱり、どうにも気になってしまいましたか??

 

 この明らかに場違いな文体以上に気になってしまいましたか??

 気になりますよね!          コレ

 

 可愛いですねぇ(//ω//)

 皆さんご存知、ご存知じゃない方はこの瞬間からもうご存知!

 みんな大好き箕面の"ゆず"キャラ滝ノ道ゆずるのぬいぐるみストラップ(税込780円)です!

 この度、市役所本館入ってすぐの窓口課にて、

 箕面市のキャラクターグッズを販売することになりました!

 ストラップ以外にも色んなグッズが販売されます(´-`*)

 また、阪急箕面駅を降りて滝道を2・3分ほど進んだところにある、

 アンテナショップ『箕瀧案』(木曜日定休日)等でも販売されています!

 是非是非お買い求めくださいませ!

 

 ところで、今春オープンしたばかりの『スノーピーク箕面キャンプフィールド』、皆さんご存知でしょうか?

 箕面市北部に位置する止々呂美地区にあるキャンプ場なんですが、

 6月4・5日にここで『Snow Peak Way 2011 in 関西』というイベントがあり、僕もイベントスタッフとして参加してきましたヽ(=゜∀゜=)ノ

僕はどこにいるでしょう ||ω`*)

 

 そもそも『スノーピーク』って何ぞや? という人もおられるかと思います(僕もそうでした。。)

 スノーピークとは、アウトドア用品のトップメーカーです!

 で、そんな大企業がプロデュースする、『Snow Peak Way

 これは、スノーピークさんが毎年全国各地のキャンプ場で開く、ファンにとっては恒例のイベントなんですっ

 参加には抽選が行われ、今回は70組250名もの方が参加して下さいました(゜ロ゜*)!!

 お子さん連れの方も多く、

 我々の箕面市PRブースで行われたぬり絵コーナーは大人気!


 ゆずるは昼夜を問わず大人気!


 お子さんがまたお昼に一生懸命描いたぬり絵をゆずるに見せに来てくれるんです!

 もう可愛くてたまりません、きゅんきゅんします(´д`*)

 当日の夜は天候もよく、フィールド内の川辺では、沢山のホタルが見られました(*゜パ*)

 

 参加してくれた方はほとんどが市外の方で、中には四国や中部地方など遠方からお越しの方もおられました!

 このイベントを通じて、箕面市での楽しい思い出を持って帰って頂けたかなと思うと、

 やりがいもひとしおです (*゜ω゜)b

 


 「ゆくゆくは箕面市に住みたい!」と思って頂けたらな~っと、思います!

 

 

 


 あれ、

 …もしかして…

 

 …これをご覧の市外在住の皆様、もしかして…


 既に箕面市に興味がお有りですか???


 箕面に…住んでみますか!?

 



 ちょっとこちらのページ、覗いてみませんか?!

 箕面市はいま、子育てしやすさ日本一を目指して様々な施策を展開している真っ最中!

 子育て世代のご家族にとって最も住みよい街となりつつあります!!(`・ω・´)シャキーン

 こちらのページ『箕面に住む?』では、その詳細を紹介しています!

 ぜひぜひ、お住まいを選ぶ際の選択肢に箕面市を加えて頂きたく思います(*´ω`*)

 

 


 と、この様なテイストで、これからも箕面営業課の仕事(の一部)紹介を兼ねて、

 どんどん箕面市のPRをしていきますので、

 次回約2ヵ月後もまたよろしくお願いしますm(__)m

 

 最後に、妻夫木聡・松山ケンイチらが出演する絶賛公開中の映画『マイ・バック・ページ』に箕面市役所が撮影協力したことを記念しまして、コラボキャンペーンを実施中です!

 メールで簡単に応募でき、限定グッズが当たるチャンス!!皆様、どしどしご応募くださいd(゜∀゜)b! 詳しくはこちら

 最後に!本当に最後に!

 現在、箕面営業課ではtwitterをしています!役所っぽくないテイストで箕面市の情報をどんどん発信しておりますので、

 とりあえず、ふぉろーみー!

                                                                                    敬具
<新人ブログのせいでモミジーヌの影が薄くなってきても負けないもみ~。。

箕面市では、4月から6月まで「かかりつけ医(ホームドクター)をもちましょう!」統一キャンペーンを実施中です。


この記事をはてなブックマークに追加

介護保険もおもしろい!!

2011年06月10日 | 市民部

はじめまして。
市民部介護・福祉医療課の吉岡拓哉と申します。

介護・福祉医療課では福祉医療、後期高齢者医療、介護保険の3つの担当があり、私は介護保険を担当しています。

突然ですが税金や保険、年金といった言葉ってよく耳にする、すごく身近な言葉ですよね?
ですが、吉永さんもおっしゃっていましたが「詳しくは知らない」という方もいらっしゃるかと思います。

私は今年の2月に20歳になったばかりなのですが、今まで税金(消費税は除く)や年金も払ったことがなく、保険についても深く考えたことがありませんでした。
私自身もすごく難しそうなイメージがあって、これまで「理解しておいた方が良いのだろうけれど、あまり理解できていないな。」というのが恥ずかしながら現状でした。
ですから正直、介護保険のことも全然知らず、働き始めてから学ぶことばかりで本当に毎日が驚きと発見の日々です。

ですが知らないことを学ぶというのは、とてもおもしろいことで充実した毎日を送らせていただいている訳ですが、
そもそも、みなさんは介護保険をご存知でしょうか?
特に若い世代の方は関心がない方も多いのではないでしょうか?
実は税金だけでなく介護保険もなかなか奥が深くておもしろいんですよ?

そこで!介護保険について少しだけ説明させていただきます。
介護保険とは40歳以上のみなさんが加入者となって保険料を納め、介護が必要な状態になっても自立した生活が出来るよう、高齢者の介護を社会全体で支えあう!という制度です。
住み慣れた地域でいつまでも安心して暮らせるように、みなさんの住む市区町村が運営しています。

また、以前ブログを書いていた濱口さんが所属する高齢福祉課では介護保険の認定などを行っていますが、介護保険といっても業務は多岐にわたっていて一方で私が所属する介護・福祉医療課では
主に保険料関係の仕事を扱っており、同じ介護関係の仕事を分担し、常に連携をとっています。

今はまだ多くのこと説明出来るだけの知識もない未熟者ですが、これから更にたくさんのことを学び、
より分かりやすく読みやすいブログを心掛けていきたいと思いますので応援よろしくお願い致します。

 

ところで!前々回の後藤君や今回ブログを担当させていただいた
私、吉岡がネクタイをしていないのは何故でしょう?

はい。クールビズです。


箕面市ではエネルギーの消費量を減らしたエコオフィスの推進をはかり、
市民・事業者に率先して環境に配慮した行動を実践する取り組みの一つとして、5月16日から10月31日までクールビズを実施しています。
今年は東日本大震災の影響で、この夏、関東地方などでは電力不足が懸念されていることから、節電意識をより一層高めるため、今年度は例年より期間を前後に延長して実施しています。

また節電の取り組みとして退出時の消灯徹底はもちろん、少しでも電力消費を減らすため事務室や通路の照明を一部使用できないようにしています。

ですので窓口等にお越しになられた際、事務室を暗く感じるかも知れませんが、ご協力お願い致します。

 

もう梅雨の季節で段々と蒸し暑くなってきて私は、なかなか寝付けない日もあるのですが
皆さんはどのようにお過ごしでしょうか?
これから夏本番ですが、熱中症等もございますのでお体には十分気をつけてお過ごし下さいね。

 

箕面市では、4月から6月まで「かかりつけ医(ホームドクター)をもちましょう!」統一キャンペーンを実施中です。


この記事をはてなブックマークに追加

税金っておもしろい!

2011年06月06日 | 総務部

みなさん、こんにちは。はじめまして。
総務部税務室税務課の吉永麻美と申します。

税務課に配属になり、早くも1ヶ月が経ちました。
みなさんは税務課と聞いて、どんなイメージを持たれますか?

「難しそうだな。税のことはあまりよくわからないな」「そう言えば、定期的に口座から引き落とされているだけで、詳しくは知らないな」と思っているかたはいませんか?
実は、私はそうでした。今まで税について学ぶ機会、それも市役所で扱う地方税について学ぶ機会はあまりなく、税務課に配属になって、初めて知る税金ばかりでした。

ですので、いざ配属されてみると、職場で飛び交う言葉は難しく、また、幅広い知識を身につけなければいけないため、バタバタの毎日を過ごしています。

けれども!勉強してみると、とてもおもしろいんです。「市の税ってこんな風に動いているんだ」「市役所ではこんな税も扱っているんだ」「震災の影響で、新しい法律ができ、市町村ではこういう対応をしていくんだ」などと新しい知識が増えていく喜びを感じます。
また、税務課の魅力はなんといっても窓口があるところです。窓口で市民の方々と接し、笑顔を見るだけで、箕面市の役に立てる喜びが感じられます。

今は、税に関する知識がまだまだ浅いため、悪戦苦闘の毎日ですが、もっと知識を深めたい、もっとわかりやすい言葉で窓口業務を行いたい、という気持ちでいっぱいです。一日も早く、一人前の職員になれるよう頑張りたいと思います。

 

みなさんは、税務課の窓口に来られたことはありますか?

税務室では、一昨年の6月から総合証明窓口を設置しております。

 これまで担当が分かれていた証明発行窓口を、一つの窓口で行っています。
窓口では、市税に関する証明書の発行や、原付バイクの登録・廃車申告の受付などの業務を行っていますが、私自身、市役所に行って証明書をもらったことがまだないので、全ての窓口業務において新鮮さを感じながら、一つ一つの業務を覚えていっています。
また、2ヶ月後にブログの担当が回ってくるので、その時までに、みなさんにわかりやすく業務の具体的な内容をお伝えできるように努力したいと思います。次回も楽しみにしていてください!

箕面市では、4月から6月まで「かかりつけ医(ホームドクター)をもちましょう!」統一キャンペーンを実施中です。


この記事をはてなブックマークに追加

学校芝生成長記!

2011年06月03日 | 子ども未来創造局

はじめまして。

平成23年度新規採用職員の後藤と申します。

私は、秋田で生まれ、京都で育ったため、生粋の箕面っ子ではありません。

しかし、まだ住み始めて3ヶ月余りですが、今では箕面の生活環境にひかれ、箕面が大好きです!!


私が、所属する学校管理課の、代表的な業務は、次のとおりです。

・学校施設の工事や、雨漏りやプール詰まりなどの修繕

・学校の光熱費の支払い

・教材の一括購入

・市独自の奨学金の手続き

・引越しにより校区が変わった子どもが今までの学校に通えるようにする区域外就学の許可

・監視カメラとICタグにより子どもが校門を通るとメールが届く「ツイタもん」の運営サポート

など子どもたちが安全で快適な学校生活が送れるように学校運営の裏方として頑張っています!


ここで、学校管理課の仕事の一つである箕面市の幼稚園と小学校で行われている「校・園庭の芝生化」について紹介させて頂きます。

箕面市では「子育てしやすさ日本一」を目指す観点から子どもが元気に走り回れるように校・園庭の芝生化を行っています。

芝生は、単純に買ってきた物を敷き詰めるのではなく、一枚の芝生を細かくちぎり、ポットで栽培してから植えるという方式を採っています。

今回、用意した芝生は、西南小学校と萱野小学校で育ち、トラック部分など必要のない場所にまで広がり過ぎた芝生を回収し、再利用しました。

 

芝生と、肥料の入った栄養たっぷりの土が入ったポットを準備し作業スタートです!

まず、ポットに指で穴を開けます。

その穴に芝生を手でちぎり、一つ一つ丁寧に植えていきます。

あの大きな芝生をここまで細かくちぎっても、芝生は根と葉があれば元気に成長するそうです!

この日の作業で、1トレイ40ポットのトレイを 200トレイ作成しました!

1平米の芝生化に4ポット必要なので、2000平米分の芝生の苗が用意出来ました。

これはなんと、テニスコート7.5面分の芝生に相当します!

この芝生たちは、これからいっぱい太陽と水を浴びて成長してくれるでしょう!

 

もちろん、作業をした場所は、きれいに掃除しました^^

 

箕面市では、4月から6月まで「かかりつけ医(ホームドクター)をもちましょう!」統一キャンペーンを実施中です。


この記事をはてなブックマークに追加