箕面市役所 新人奮闘記!

箕面市役所の新人職員が、奮闘の日々をブログにします。
新人職員だから語れる率直で元気あふれる内容です。

新人ライブラリアン奮闘記 第2弾

2017年08月28日 | 子ども未来創造局

 

みなさん、こんにちは。

中央図書館の羽藤です。

 

前回は図書館のなんとも便利な自動貸出機についてお話ししました。

 

 

しかし、、、

 

 「そもそも図書館の貸出券を持っていない!」

 

というかたへ!!

 

 

新人ブログ投稿2回目の今回は初心に返り、図書館の貸出券」についてお話しします。

とっても簡単に作ることができるので、このブログを見たらぜひ作りに来てください!

 

 

箕面市立図書館で本を借りるには、この貸出券が必要です。

箕面市に「住んでいるかた」「勤めているかた」「学校に通っているかた」を対象に発行しています。(0歳から作れますよ~)

 

 

まず、

1、申込書に記入し、住所が証明できるものと一緒に図書館のカウンターにて提示。

*箕面市にお住まいの小学生以下のかたは証明不要。

*箕面市で「勤めているかた」「学校に通っているかた」は学生証など、在勤・在学の証明も一緒に提示。

2、図書館員が即日発行し、お渡しします。所要時間は10分程度です。

 

こんなに簡単に作れちゃいます。もちろん無料。貸出は1人20冊2週間の貸出です。

どっさり借りられますね。

 

 

 

 

さらに!みなさまに朗報です!

 

 

上記貸出券以外にも広域利用 貸出券なるものが存在します。

豊中市・池田市・吹田市・高槻市・茨木市・摂津市・島本町・豊能町・能勢町にお住まいのかたを対象に発行しています。

 

この7市3町は広域利用提携結んでおり、

 

例えば、箕面市民が豊中市立図書館でこの豊中市の広域利用カードを作ると豊中市立図書館の本を利用できるという仕組みです。

ただし、豊中市の広域利用カードを作成しても、それで借りられるのは豊中市の本のみで、

他市では使用できませんのでご注意ください。

 

 

この広域利用ルールでいきますと、

広域利用提携を結んでいる市町にお住まいのかたは、「貸出券」を合計10枚も作れるということになります。

カード入れパンパンですね。ステキです。

 

 

発行方法は各自治体にお問い合わせください。

箕面市の広域利用カードの発行方法は、先ほどと同じです。住所確認はしますので、証明書は忘れずに!(小学生以下のかたも必要です。)

貸出は1人5冊2週間の貸出です。

 

 

箕面市外にお住まいのかたも、

ぜひ、箕面の滝を観た帰りに箕面市立図書館まで足を伸ばし、この広域利用カードを作って本を借りて読書を楽しんでください^^

 

 

 

 

 

そして

少しだけ、私のことを。

 

 

先日はじめてサッカー観戦へ行きました。

遠藤保仁選手のファンで、ガンバ大阪を応援に行ったつもりでしたが、、、

吹田スタジアムに行ってみると、私がとったチケットの席はアウェーの席、ジュビロ磐田の応援席でした笑。

染まりやすさには自信があります。

 

ジュビロのサポーターと一緒に歌って叫んで応援し、結果は2-0でジュビロの勝利。

ジュビロサポーターとハイタッチをして、とっても楽しいサッカー観戦となりました^^

 

 

 

もう夏も終わりで秋がやってきますが、みなさんはどんな秋にされますか?

私は次回はバスケットボールを見に行こうと計画しています。スポーツの秋ですね^^

 

 

このブログをご覧になられたかたは、ぜひ箕面市立図書館で読書の秋をお楽しみください。

 

 

 

次回の新人ブログは、おそらく食欲の秋を満喫されるであろう吉田さんです。

お楽しみに~

 

 

 

 

「ゆるキャラ(R)グランプリ2017」が8月1日(火曜日)にスタートしました。市では11月10日(金曜日)の投票期間終了までの間、「滝ノ道ゆずる」を応援する統一キャンペーンを展開中です。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 防火設備の点検について | トップ | 箕面市の人事考課制度って? »
最近の画像もっと見る

子ども未来創造局」カテゴリの最新記事