箕面市役所 新人奮闘記!

箕面市役所の新人職員が、奮闘の日々をブログにします。
新人職員だから語れる率直で元気あふれる内容です。

就学校の指定変更・区域外就学をご存じでしょうか?

2017年09月08日 | 子ども未来創造局

こんにちは!

教育委員会事務局学校生活支援課の元持です。

 

朝晩に秋を感じる季節になってきましたね。

心地よい風に吹かれながら、帰りに少し遠回りして帰ってみたりしています。

私は箕面市出身ではないため、そうするだけでも、

新しい道を知ることができたり、知らなかった景色を見られたり、新しい発見がたくさんあります。

ご縁があって暮らすことになった箕面市の魅力を、個人としても、市職員としても、

これからもっともっと知っていきたいな、と思っています。

 

 

早いもので入庁して5か月が過ぎました。

私が所属している学校生活支援課での日々の業務の一つに、就学校の指定変更・区域外就学の手続きがあります

今回はその就学校の指定変更・区域外就学という制度についてお伝えします。

まず、教育委員会では、市立小・中学校ごとに通学区域を定め、住所により、就学する学校を指定しています。

しかし、例えば、学期途中でのお引っ越しなどにより、

住んでいる校区の学校以外に通いたいというご要望をいただくことがあります。

就学校の指定変更・区域外就学とは、そのような場合に、

市教育委員会が、保護者の申立てを受けて、この、あらかじめ指定した就学校を変更して、

新たな就学校を指定したり、箕面市外からの通学を承諾することにより、

居住している校区の学校以外に就学する制度のことをいいます。

これは、希望すればどなたでも許可できるという制度ではなく

地理的な理由であったり、児童・生徒の個別の事情を踏まえたうえで、特例として認められるものです

 

詳しくはこちらにまとめているのですが、

特に相談が多いケースについて、ここで紹介します!

指定外就学や区域外就学を承諾できる内容は市町村によって異なりますので、

ここからは箕面市の制度における取り扱いの説明になります。

 

まず、通学にかかる時間が概ね1時間以内であることと、

学校と保護者のあいだで、安全に通学できるか、どのように通学するか等を話し合っていただいた上での手続きですので、

そのことを頭に入れていただいた上で、読んでください!

 

(1)「子どもの卒業が近いが、他市へまたは他校区へ引っ越すことになった。卒業まであと少しなので転校せず今の学校のままで卒業させてあげたい。」

(2)「1学期のうちに箕面市内へ、もしくは箕面市内で引っ越すことが確定している。切りよく新学年の始めから、あらかじめ転校する先の学校に通わせたい。」

最も多い相談がこの二つです。

 

(1)については、小学校5・6年生、中学2・3年生であれば、卒業まで許可できることがほとんどです。

小学校1~4年生、中学1年生は、実際に引っ越しをした学期末まで区域外就学する期間として、認めています。

たとえば、2学期の途中に引っ越しをしたら、2学期末までは今までの学校に通い、3学期からは転居先校区の学校に通うことになります。

ただし、小学校1~4年生、中学1年生のかたに、小学校5・6年生、中学2・3年生のごきょうだいがいらっしゃる場合、

お兄さん・お姉さんが、今、在籍している小中学校を卒業するまでの期間を許可できることになっています。

 

(2)については、入居することが確実であると証明できるものがあれば、許可できることが多いです。

入居を証明できるものとは、たとえば、売買契約書・工事請負契約書・賃貸借契約書などがそれに当たります。

ポイントは、

☆住み始めることが可能な日付(引渡日、入居可能日など)

☆新しい住所

☆世帯主のお名前(保護者)

の3点が、第三者が作成している正式な文書の中で確認できるということです。

ただし、(2)のケースで、たとえば2学期の途中に引っ越すことが確定している場合、

新学年から(1学期から)あらかじめ転校することができません。

一番早くても2学期の始めから、あらかじめ転校する学校に通うことを許可できることになっています。

 

今回は特にお問い合わせの多い事例をお伝えしましたが、ほかにも様々なケースがあります。

事情をしっかりとお伺いした上で、許可できるか判断させていただき、手続きを進めていくことになりますので、

指定外就学や区域外就学を検討される場合は、

まずは学校生活支援課までお問い合わせくださいますよう、お願いいたします。

私も、少しでもわかりやすい説明ができるよう、心がけていきます!!

 

 

さて、前回のブログではほとんど業務のお話しかしませんでしたので、私の地元・滋賀のお話を少しさせてください!

滋賀の新たな人気スポットである、琵琶湖テラス(琵琶湖バレイ)へ同期と行ってきました。

お天気に恵まれたこともあり、景色が遠くまできれいに見えました。

3月まで滋賀県民でしたが、いつもと違って上から見下ろす琵琶湖は本当に大きかったので、

見慣れたはずの琵琶湖を見てなんだか感動してしまいました。

 

この眺望ですっかり有名になった琵琶湖バレイですが、実はそれだけではないんです。

遊び道具がたくさんあったり、

 

のんびりできるスペースがあったり。

ほかにもドッグランがあったり、予約が必要なようですがジップラインができたり等、

幅広い世代のかたが楽しめるスポットだと思いますので、是非行ってみてください!

 

一つ注意ですが、山の上なので、とっても寒いです!

羽織るものを持って行かれたほうがいいと思います。

(上着を持って行くのを忘れ、鳥肌が立ちっぱなしだった人がここにいます。笑)

 

 

次は、総務課の馬場さんです!!

お楽しみに☆☆

「ゆるキャラ(R)グランプリ2017」が8月1日(火曜日)にスタートしました。市では11月10日(金曜日)の投票期間終了までの間、「滝ノ道ゆずる」を応援する統一キャンペーンを展開中です。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« がん検診が無料って知ってい... | トップ | あっという間に6ヶ月目! »
最近の画像もっと見る

子ども未来創造局」カテゴリの最新記事