箕面市役所 新人奮闘記!

箕面市役所の新人職員が、奮闘の日々をブログにします。
新人職員だから語れる率直で元気あふれる内容です。

障害福祉課の小平です!

2017年05月15日 | 健康福祉部

 

ブログをご覧の皆さん初めまして

健康福祉部障害福祉課の小平 真緒(こひらまお)と申します!

 

 

 

初めて書く新人ブログなので、(1)自己紹介と、(2)福祉体験研修について

簡単にですが、書いていきたいと思います。

前の同期4名が、濃い内容のブログを書いているので

とても緊張しますが、最後までお付き合いいただけると幸いです!

 

 

(1)自己紹介

わたしは、生まれも育ちも大阪市で、実は箕面市とはゆかりがありませんでした。

そのため、箕面に対するイメージはずばり「滝」のみでした。

就職活動中に、箕面市のことを調べていると、

箕面市を志望するきっかけのひとつとなった

先輩職員さんが書いているブログを見つけました。

 

簡潔に言えば、「休日に箕面大滝を見にハイキングに行く」という内容だったのですが、

その職員さんの生活にあこがれを抱き、

わたしもそんな自然が身近にある生活を送りたい!と急激に惹かれ、

採用試験に臨みました。

(この文章だと志望した理由が「滝」だけのように思われますが、そういうわけではないのでご安心ください(笑))

 

そんなわたしは、大学時代、福祉を学んでいたこともあり、

福祉に携わることのできる部署を志望し、障害福祉課に配属されることになりました。

まだまだ勉強しつつ頑張りたいと思います!

 

 

 

(2)福祉体験研修

新規採用職員が受ける研修のひとつで、福祉体験研修というものがあり、

わたしは カフェ シェスタ さんにお邪魔させていただきました!

シェスタさんは、箕面市瀬川にあり、就労継続支援B型事業所としてカフェを経営しています。

 

就労継続支援B型事業所ってなんだ?と思われるかたが多いと思うので、

簡単にご説明させていただきます。

 

就労継続支援事業所とは、簡潔に言うと、一般企業等への就労が困難なかたに、

働く場を提供するとともに、知識及び能力の向上のために必要な訓練を行うところです。

 

さらに、就労継続支援事業所には「A型」と「B型」の2つの分類があり、

「A型」は利用者と雇用契約を結び、「B型」は雇用契約を結ばない、という違いがあります。

「A型」のほうが、一般企業などへの就労を目指すという目的が強く持たれており、

「B型」よりも、利用者が得る工賃が高いという側面がありますが、

どちらも最終的には一般企業等への就労を視野に入れています。

 

その中でも、シェスタさんは、こころの病を持つかたが利用しているところで、

本格的な焼き菓子を製造・販売したり、カフェで接客したりという仕事もされます。

 

今回の研修では、そのかたたちと焼き菓子をつくったり、

小学校や中学校に訪問して、お菓子を販売する仕事を体験させていただきました。

 

研修中にシフォンのプレーンを頂いたのですが、

ほどよい甘さでとても美味しかったです!

 

 

ゆず味のお菓子もありました!(そばにゆずるくんが!)

 

写っているのはほんの一部ですが、かわいい雑貨もたくさん置いてありました。

 

品揃えが豊富で、ラッピングが素敵でした。

研修中に、何か購入させていただこうと思っていたのですが、できませんでした…

またぜひとも、焼き菓子や雑貨を購入しにお邪魔させていただきます!

 

 

最後に、わたしの相棒の写真を載せたいと思います。

 

大学2回生のときに買ったギターです!(名前はつけていません。)

大学でギターサークルに入っており、今でも趣味としてギターを弾きます。

いつか箕面の大自然のなかで、このギターをジャカジャカ

弾きたいという野望をかなえたいです!(笑)

 

 

今回のブログは以上で終わります。

今後ともよろしくお願いします!

 

次回は辻野さんが更新します!

辻野さんとは顔が似ているらしく、よく間違えられます(笑)

 

 

 

箕面市では、2017年4月1日(土曜日)から2017年7月31日(月曜日)まで、「病気やけが、何かあったら♯7119救急安心センターおおさかへ!」を統一キャンペーンとして実施中です。

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 市民部 介護・医療・年金室... | トップ | 固定資産税室の辻野と申します! »
最近の画像もっと見る

あわせて読む