箕面市役所 新人奮闘記!

箕面市役所の新人職員が、奮闘の日々をブログにします。
新人職員だから語れる率直で元気あふれる内容です。

家庭菜園はじめました。

2017年06月19日 | 子ども未来創造局

はじめまして!

子ども未来創造局 幼児教育保育室の野口と申します。

同期に2人も似ている人がいるようですが、

障害福祉課にいて、ギターが相棒なのが小平さん

固定資産税室にいて、わんこの毛をカットできるのが辻野さんです。

 

私はというと、小学校から高校までを箕面で過ごし、

その後は大学進学のため、東京の田舎で一人暮らしをしていました。

大学時代はクラシックギター部に所属し、60人くらいでポロンポロンとギターを弾いていました。

ギターキャラが小平さんと被っちゃってますね!

学部卒業後は、大学院で2年間コケの酵素の研究をしていました。

 

そんな私がいま、箕面市役所で子どもに関わるお仕事をさせていただいています。

6年ぶりに故郷の箕面に帰り、大好きな家族のそばで働かせていただけていることに感謝です。

これから少しでも地元に恩返しをしていければと思います。

 

 

●仕事の話●

子どもに関わる仕事といっても色々ありますが、

私は主に保育施設や幼稚園に関する仕事をさせていただいています。

 

そこで今回の記事では、保育施設の利用に関して、

保護者の方からお問い合わせの多いものをピックアップさせていただきました。

 

箕面市の保育施設の利用は、施設を利用する児童の保護者が、

就労や出産、疾病などの理由で家庭での保育が困難な場合に限られます。

そんな保育施設の利用要件に関する質問を漫画にしてみました。

 びっくりするほどオチがなくてすいません。

つまり、求職中でも保育施設の入所申し込みをすることは可能ということです。

申し込みの際は、"求職活動申立書"に記入していただき、

入所後1ヶ月以内にはお仕事をはじめる約束をしていただいています。

入所前の求職活動中、少しの間だけでもお子様を預けたい場合は、

一時保育

ちょこっと保育

ファミリー・サポート・センター

などをご検討ください。

 

 

●最近の話●

最近、プチ家庭菜園をはじめました。

みなさんはこちらを見かけたことがありますでしょうか。

ゆずる完熟堆肥は箕面市の学校給食からでた残渣などを再利用してつくられたもので、箕面市のクリーンセンターで手間ひまかけてつくられています。

クリーンセンターの職員さんによると、この堆肥でおいしい野菜ができるとのこと。

今年は我が家でも挑戦中です。

今までうちで作った野菜は美味しく出来たためしがないので、楽しみです。

 

長々とお付き合いいただいてありがとうございました。

次回は、めちゃくちゃキュートな息子さんをもつ素敵なお父さん、

みどりまちづくり部 建築室の松田さんです!

 

箕面市では、2017年4月1日(土曜日)から2017年7月31日(月曜日)まで、「病気やけが、なにかあったら#7119救急安心センターおおさかへ!」を統一キャンペ-ンとして実施中です。

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 学校生活支援課 元持です | トップ | みどりまちづくり部 建築室... »
最近の画像もっと見る

子ども未来創造局」カテゴリの最新記事