箕面市役所 新人奮闘記!

箕面市役所の新人職員が、奮闘の日々をブログにします。
新人職員だから語れる率直で元気あふれる内容です。

農業祭、稲刈り体験。秋も箕面のみどりは豊かです!

2017年10月06日 | みどりまちづくり部

みなさま、こんにちは。
農業振興課の福永です。
ここ数週間で気温がぐっと下がり、すっかり秋の様相ですね。
秋は稲穂が風に揺れ、山では木々が色づくなど、みどりも鮮やかに様子を変えていきます。


そんなみどり溢れる町並みを眺めながら、私も仕事に邁進する日々を送っています。

1.第42回箕面市農業祭
 箕面市では、本年度も農業祭を開催します!日程は11月25日(土曜日)です!農業祭では新鮮で安全な箕面産の秋野菜をふんだんに取りそろえて市民のみなさんに安くご提供します。野菜はもちろん、箕面特産の実生ゆずや、ゆずを使った加工品の販売、おいしい屋台などもたくさんご用意しますので、ふるってご来場ください!
詳しくはこちら。

本年度は農業祭の開始時間を昨年の9時から10時に変更していますので、みなさんお間違えのないようご来場ください!!

ということで、現在私は来月に控える農業祭に向けて、日々業務に取り組んでいます。
昨日は来月の広報紙に掲載予定の農業祭特集記事の作成にあたり、農家さんにご協力いただき写真撮影をしました。

箕面市農業経営者連絡協議会の大谷さん、野口さん、高畑さんです。みなさんには何枚もいろいろなポーズでの撮影にご協力いただきました!!例えば…

白菜とのツーショット。

山盛り野菜と一緒に、はい、チーズ!

畑をバックに、野菜を抱えて!(…を撮る私。)

最後は野菜をもっていただき、全員で!


たくさん撮らせていただいたこれらの写真!
どのようなポーズの写真が広報紙に掲載されるか、それは来月号をお楽しみに!」
今回ご協力いただきました農家のみなさま、本当にありがとうございました!!

農業祭は、今回ご協力いただいた農家さんをはじめ、非常に多くの農家さんのご協力で成り立っています。農家さんが丹精込めてつくられた新鮮野菜に出会うため、是非みなさま農業祭に足をお運び下さい!

2.稲刈り体験
稲刈り体験をこの週末に行います。昨日は稲刈り体験にご協力いただく農家の岡村さん宅を訪問しました。
岡村さんは稲刈り体験を行う田んぼで、市民のみなさんに入っていただく道を作るため、試し刈りをしてくださいました。刈って脱穀したお米の一部がこちらです。

このお米、左側と右側で少し色が違うことに気づいていただけるでしょうか?
左側がまだ水分を多く含むお米、右側が天日干しをして乾いたお米です。
お米は水分が多いと発芽してしまうため、しっかり乾燥させなければいけません。
昔は稲木という木材や竹などで組んだものに稲穂をかけて天日干しをし、それでも乾燥が足りないときは脱穀後、むしろの上に広げて更に乾燥させたそうです。


岡村さんには田植え、田んぼの草刈りなどの稲のお世話、稲刈り…とあらゆる面でこの農業体験にご協力をいただいています。本当にありがとうございます。

農業祭、稲刈り体験、と秋の農業イベントの裏側をご紹介させていただきました。
改めて、どの事業も箕面市内の農家さんのご協力あってのものと知っていただけたのではないでしょうか。
気づけば配属されて早半年です。今後も農家さんのご協力を得ながら、仕事を頑張っていきたいと思います。


次は箕面営業室の中西さんです。

 

 

 「ゆるキャラ(R)グランプリ2017」が8月1日(火曜日)にスタートしました。市では11月10日(金曜日)の投票期間終了までの間、「滝ノ道ゆずる」を応援する統一キャンペーンを展開中です。

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公園を訪れると・・・/戸籍... | トップ | 箕面に住む?箕面に来る? »
最近の画像もっと見る

みどりまちづくり部」カテゴリの最新記事