箕面市役所 新人奮闘記!

箕面市役所の新人職員が、奮闘の日々をブログにします。
新人職員だから語れる率直で元気あふれる内容です。

箕面に住む?箕面に来る?

2017年10月10日 | 地域創造部

新人ブログをご覧のみなさま、こんにちは!

箕面営業室の中西です。

10月に入り、気候はすっかり秋になりましたね。

 

 早いもので入庁して半年が経ち、箕面市役所職員生活も7ヶ月目に入りました。
できることも増えてきましたがまだまだできないことばかり・・・着実にステップアップできるよう気を緩めず頑張りたいと思います。

 

(1)セールスプロモーション事業について

私が主に担当している業務の中に、箕面のセールスプロモーション事業があります。

これは箕面市を外部に対して積極的に売り込むことにより、広く市をアピールし、定住人口の増加、市内の商工観光の活性化等を図るために行っています。


みなさんは「箕面に住む?」という冊子、リーフレットを見たことがありますか?

 

 箕面市は「住みよさランキング(東洋経済新聞社)」で、6年連続1位を獲得していますが、この冊子・リーフレットを読めばそんな箕面の魅力がまるわかり!!と言っても過言でないほど、とてもわかりやすく、見やすく編集されています。


 自然の豊かさ、子育て政策の充実度など、箕面の素晴らしさがひしひしと伝わってきて思わず箕面に引っ越したくなること間違いなし!の一冊です!

 私自身も入庁した当初、箕面を勉強するためにこの冊子を読みました。
 読む中で、箕面市には実は梅田まで22分で着くアクセスの良さがあること、市内に防犯カメラが1,000台以上設置されていることなど、ここには書き切れないくらい箕面の良いところをたくさん知ることができました。


 読めば、新しい箕面の良いところを発見できるかもしれません!

 「箕面に住む?」は、本館2階箕面営業室はもちろん、箕面市内外の不動産会社などにも置いてあります。ぜひご覧ください。


 

 また、先日9日には千里住宅公園にて、ゆずると一緒に「箕面に住む?」や観光リーフレットを配布して、箕面のPRを行ってきました。

  

 三連休で、さらにはいいお天気だったこともあり、多くの方が来場されていました。

 たくさんのおともだちに遊んでもらって、ゆずるもごきげんそうでした♪

 

 そして前回言及していた滝ノ道ゆずるグッズの販売・作成も行っています。

 これは近日発売予定の新しいゆずるのぬいぐるみです!

 

 6月から業者さんとのやりとりを重ね、やっと完成しました・・・!

 実際に部屋に置くことを考えて自立するお座り型にしたり、どうすればより可愛くなるか考え微妙な色調整を行ったりと、試行錯誤ばかりでしたが、こうして形になるととても嬉しいです。


 まさか市役所に勤めてグッズを考えることになるとは思ってもいませんでしたが、ゆずるをたくさんの方の身近においていただくことで「箕面」を知ってもらうきっかけにできる、やりがいのあるお仕事だと思っております。

 

 上記で挙げた取り組みは、いずれも箕面を知ってもらうためのセールスプロモーション事業なのです!

仕事を進めるにあたっては、いかにして「箕面」に触れてもらうことができるか、「箕面」を好きになっていただけるかが大事だと思っております。

だからこそPRの場では笑顔や元気を心がけ、グッズ作成においてはゆずるファンの期待に応えられるように、受け手の目線を大事に頑張っていきます。

 …なので、「こんなゆずるグッズが欲しい!」という声を是非お待ちしています!!

 


(2)わたしのなつやすみ 


 新人奮闘記!を書いている同期のみんなも素敵な夏休みを過ごされたようですが、私も夏季休暇を利用して香港ディズニーランドに行ってきました!!

 ・・・見事な曇天ですね。このあとゲリラ豪雨にも合いました。

 ちなみに東京ディズニーランドのお城はシンデレラ城ですが、香港は眠れる森の美女のお城なんですよ。色合いが特徴的で可愛いです。

 このときの香港は湿度が70%もあり、常にじんわり汗が噴き出るわ、自前の天然パーマはぐるんぐるんになるわで散々でしたが、たくさんのキャラクターと触れあったり、迫力のあるショーを見たり、飲茶を食べたりと、満喫することができました!

 


 学生時代のバイト仲間と服をお揃いにして行ったのですが、このようなこと(いわゆる双子コーデですね、今回は三つ子ですけど)をするのは日本人くらいのようです。
 以前フロリダのディズニーに行ったときも双子コーデをしているのは日本人だけでした。

 この服装のせいなのか、顔立ちのせいなのかはわかりませんが、列に並んでいるときなどには「Japanese?」と話しかけられることも多く、サウジアラビア、ブルネイなど、たくさんの国の方とお話できたのは楽しかったです。

 お恥ずかしながら、私は英語があまり話せないため、なんと言ってるのかわからず困ることも多々ありました。それでも伝えようとゆっくり話したり、言い換えたりしてくださって理解できたことも多くありましたし、日本語を話せるスタッフさんがいたときにはものすごくホッとしました。

そして、きっと日本に来られる外国人観光客の方々も同じような不安を感じていたり、困っているんだろうな、と思いました。

観光に従事する者として、そういった気持ちを少しでも払拭できるよう、英語の勉強も少しはしないといけないな、と反省した旅行でもありました。

 

 ちなみに、別日で箕面市職員の同期と東京ディズニーランドにも行ってきました。

 


 「どんだけディズニー行くねん!」というツッコミがそこらじゅうから飛んできそうですね。


 職場の同期と旅行に行けるほどまで仲良くなれたのは嬉しい限りです。

 ・・・とまあ、このような感じで私の夏季休暇はほぼディズニーに費やしたのでした。

 

 正直、働き出したら旅行(特に海外)なんてどうせ無理なんだろうな・・・と思っていたので、こんなに充実した夏休みを過ごせるとは思ってもいませんでした。

たくさん遊んでエネルギーもチャージしたところで、これからピークを迎える観光シーズン、成人祭の準備など、全力で頑張ります!


 

さて、ここで箕面営業室として外せない話題をお話しします。

 ゆるキャラグランプリ2017に出場中の滝ノ道ゆずるは現在6位(平成29年10月10日11時現在)で奮闘中です!


 イベントなどで「毎日投票してるよ!」「ゆずるがんばれ!」などのお声をいただく度、本当にゆずるはたくさんの方に応援していただいているんだな、と感じております。


投票終了まで約1ヶ月。ここからラストスパートをかけて、今年こそ目指せ日本一です!
http://www.yurugp.jp/vote/detail.php?id=00000009
みなさまの1ゆずポチ(=1票)で何かが変わるかもしれません!応援よろしくお願いいたします!

 

 

最後に、先ほども申し上げましたが、これから秋も深まり、箕面は紅葉がピークを迎えます。

深紅に染まるもみじを見に、ぜひ箕面へ足をお運びください。

 

 長いブログにお付き合いありがとうございました。

 次は青少年育成室の吉田くんです。

 

 「ゆるキャラ(R)グランプリ2017」が8月1日(火曜日)にスタートしました。市では11月10日(金曜日)の投票期間終了までの間、「滝ノ道ゆずる」を応援する統一キャンペーンを展開中です。

 


この記事をはてなブックマークに追加

箕面営業室の中西です!

2017年07月10日 | 地域創造部

新人奮闘記!をご覧の皆様、はじめまして!
地域創造部 箕面営業室中西 麻理(なかにし まり)と申します!

これから4回ほどこのブログに登場いたしますので
よろしくお願いいたします。

 

*自己紹介*

私は箕面市のお隣、茨木市で生まれ育った、生粋の茨木っこです!笑

ですが、箕面とは国道171号線で繋がっているため、

昔からおでかけや外食などでよく来させていただいているなじみ深い場所です。

(実は私の住む場所からは茨木駅に向かうよりも箕面に来るほうが近いのです)

 

学生時代は、茨木市でこども達と教育キャンプを行うボランティア活動を4年間行っていました。

(箕面でいう青少年教学の森野外活動センターのようなところで

キャンプカウンセラーをしていました。

この施設については次にブログを書く吉田くんがきっとそのうちお話してくれると思います!笑)

大好きな北摂のために働きたいという思いから公務員を志望し、

箕面市の採用説明会での倉田市長の市政に対する熱いお話に

「こんな風に市民さんのために働いてみたい!!」と感銘を受け、

受験をし、この度縁あって箕面市職員になることができました。とても嬉しい限りです。

上司や先輩方に教えていただきながらですが、毎日奮闘しております!!

 

*業務内容*
「箕面営業室とは一体何をしている部署なの・・・?」

「役所なのに営業・・・?」

おそらくみなさん思われたと思います。

大丈夫です、私も配属された時に思いました。

 

 ものすごく簡単に言うと、箕面営業室は、商業・観光・住環境など、

箕面市の様々な魅力を市内外に発信(つまり営業!!)するところです!

 

 箕面営業室には、商工業の振興、障害のあるかたや就労の困難なかたなどの

就労支援・労働相談などを担当する商工労働グループと、

観光振興、移住定住促進、ふるさと寄附金、などを担当する営業観光グループがあります。


取り扱う分野が幅広く、企業や地域の方々と協力して進める事業が多いのも特徴的かと思います。

 

 箕面営業室では、私は営業観光グループのお仕事を担当させていただいており、

住宅公園や空港でのイベントで箕面を積極的にPRしたり、

箕面市PRキャラクター「滝ノ道ゆずる」グッズの開発、販売などに取り組んでいます。

 

 過日、アサヒビールのイベントに参加させていただいたときにも、ゆずると一緒に箕面をPRしてきました!

「え、アサヒビールの工場?吹田にあるのに・・・」と思われた方!

そう思いますよね!!!

 実は、アサヒ飲料が取り扱っているカルピスの生みの親、三島海雲さんは箕面市(旧豊能郡萱野村)出身なのです!

そういったご縁もあり、7月7日のカルピス誕生の日に、グループ企業であるアサヒビールの工場にお邪魔させていただいたのでした。
 

カルピスの看板を持って楽しそうなゆずるです。かわいいです。

ビール工場では、チラシやうちわなどを多くの方にお配りしましたが、

一人でも多くの方が「楽しそう!箕面に行ってみたいな♪」と思ってくださったら嬉しいです。


 

 箕面市民ではない私は、箕面を発信するにはまだまだ知らないことばかりです。


しかし、箕面市民でないからこそ、知れば知るほど「箕面は素敵なところだな」と感じることばかりです。


この気持ちをもっともっと市内外のたくさんの人に感じていただけるように、

日々箕面について勉強し、もっともっと箕面を全国に、世界に発信していけるようになりたいです!

新人らしく目標は大きめにしてみました( ̄ー ̄)!

上の写真は、箕面営業室の入り口内側の上に貼っているものです。

箕面営業室の職員は常にこの観光コンセプトを意識しながら、観光振興、

シティプロモーションに取り組んでいます。

 

 こちらは箕面営業室にあるグッズ販売コーナーです。

私の席の横にあるのですが、ゆずるがたくさんいてお仕事中ながら和みます。

配属された当初、グッズの種類の多さにびっくりしたのが懐かしいです。

 

 高校生の頃、「十六茶のCMにゆずる出てるねんで!箕面すごいやろ!」と

箕面市民の友達に言われて、まあなんとなくぐらいは知っていたゆずるに、

まさか私がこんなにも密に携わることになるとは思いもしませんでした。

今ではとても可愛いくて、見るたび愛しい気持ちでいっぱいです。

グッズのことについて詳しくは、また次回以降に書きたいと思います(*^_^*)

 

 最後に箕面営業室から夏の素敵なイベントをふたつ紹介します!

ひとつめは、7月22日(土曜日)に箕面大滝、瀧安寺前広場などで開催される「みのおキャンドルロード」です。

 

 冒頭の写真で私がうちわを持って宣伝しているイベントですね。

箕面駅~箕面大滝までの道が約6000本のキャンドルで幻想的に彩られます。

とてもロマンチックな夜になること間違いなし!!

(19:00から、2時間限りのイベントです!!)

ご家族、ご友人、恋人同士などでぜひお越しください。

キャンドルロードはこの日だけですが、箕面大滝のライトアップは

7月15日(土曜日)~8月31日(木曜日)まで行われています。

クーラーを消して夏の夜涼みに行くのも素敵ですね♪

 


 ふたつめ、7月29日(土曜日)、30日(日曜日)には第32回箕面まつりが行われます。

 両日とも、芦原公園に設けられる「ときめき広場」特設ステージでは、迫力満点のダンスや、

滝ノ道ゆずるの誕生日会、ゆるキャラGP出陣式など大盛り上がりの

プログラムはもちろん、たくさんの楽しい出店もあります。

箕面営業室でも、シティプロモーションブースを出店しますよ♪

 また、30日(日曜日)には、16:00から恒例のパレードも実施されます。是非見に来てくださいね。

 

 


書きたいことが多すぎて長くなりましたが今回はこれくらいにします。

同期からも喋りすぎでうるさいとよく言われるのが、ばれてしまったような気がしますね。笑

 


 

 お次もフレッシュな新人が続きますよ!!!

(おそらく)同期1の高身長サッカーボーイ、青少年育成室の吉田滉平くんです!

 

 

箕面市では、2017年4月1日(土曜日)から2017年7月31日(月曜日)まで、「病気やけがなにかあったら#7119救急安心センターおおさかへ!」を統一キャンペーンとして実施中です。

 


この記事をはてなブックマークに追加

入庁からこれまでを振り返って

2017年03月24日 | 地域創造部

皆さんこんにちは。

交通政策室の岩崎です。

 

まもなく新年度を迎えようとしていますが、進学・進級や新たな職場へ就職される方もいらっしゃると思います。新たな道で、これからのご活躍とご発展を心より願っております。

私自身は、昨年1月に初めて市役所職員として迎えていただいてから一年が立ちましたが、民間から役所という場所に移り、正直いろいろギャップを感じながら徐々になれつつ、新しい課題と日々奮闘する毎日です。

前にもブログで書きましたが、私は現在所属する交通政策室を含め、部内の3つの部署を経験させていただきました。どの部署も箕面市が大きく変わろうとする「北大阪急行線延伸」という大きなプロジェクトに関わる部署で、このタイミングでこの場所で働けることに感謝しないといけないと思うと共に、大きなプロジェクトなればこそ、大きな難関がいくつもあることを痛感しております。

 

~ 長い間ありがとうございました!! ~

話は変わりますが、私が所属する地域創造部の政策総括監(兼)部長であります、広瀬政策総括監が今年度をもって退職されることとなり、先日送別会に参加させていただきました。先輩方からの挨拶で初めてお聞きするようなこれまでの経歴をお聞きし、改めて、箕面市の発展に多大な貢献をされてきた大功労者であると感動致しました。また職場の後輩から慕われるとともに、尊敬される姿を見て、私も少しでも広瀬政策総括監に近づけるよう、頑張りたいと思いました。

広瀬総括監、長い間本当にお疲れ様でした!

 

 

~ もう一つの変化 ~

最後に、私の家のことですが、以前ブログに「初めてコマ無しに乗れました」で登場した娘が、去年の誕生日に「一輪車が欲しい」と言ってプレゼントにしましたが、涙ぐましい努力の果てにようやく一輪車に乗れるようになりました。私も乗ったことが無く、ちょっと前にコマ無しに乗れたばかりで、一輪車を操れるようになったことに、凄いと感動しました。また、4月からは小学校に進級するので、またいろんなことがあると思いますが、更に頑張って欲しいなーと思っております。

弟と一輪車で走りまくる姉

 

私のブログは今回で最後となりますが、これからも初心を忘れず頑張っていきたいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

箕面市では、2017年3月31日(金曜日)まで、「自転車事故ゼロ」をめざして、「ながら運転」をなくし、自転車を安全に乗っていただくキャンペーンを実施します。


この記事をはてなブックマークに追加

バス路線網の再編

2017年01月04日 | 地域創造部

みなさま、明けましておめでとうございます。

交通政策室の岩崎です。

 私は、昨年11月1日付けで、北大阪急行線延伸線建設事務所から現在の部署に異動となりました。これで入庁以来2回目の異動で、数で言うと中々のハイペースではないかとひそかに思ってますが、これまでと全く異なる業務に係われることに新鮮さを感じると共に、早く一人前の仕事ができるよう日々緊張感をもって業務に取り組んでいます。

 ところで、交通政策室での私の仕事内容は、主にコミュ二ティバス「オレンジゆずるバス」の運行に関することと、いよいよ着工の運びとなった北大阪急行線の延伸に合わせ、バス路線網の再編(路線バスとコミュニティバスを含む)を行っていくことです。

 ここでオレンジゆずるバス並びに、バス路線網の再編について少し触れさせて頂きます。

 

【オレンジゆずるバスについて】

 オレンジゆずるバスは平成22年3月に策定した箕面市地域公共交通総合連携計画に基づき、市内移動における公共交通の利便性向上を図るため、ワークショップ等を繰り返し、市民協働による計画づくりを行い、平成22年9月より実証運行を開始しました。 運行に際しては、計画段階から運行見直し基準を設定し、毎年度、運行内容を見直し、平成23年9月には抜本的な見直しを行い、平成25年5月20日から平日の本格運行を開始しております。休日の運行についても、運行内容の見直しを行い、平成28年7月17日より本格運行を開始してします。

 平日運行の利用者数については、平成23年9月に行った抜本的な見直し以降増加を続けており、全市民において、オレンジゆずるバスを利用したことがある利用率については、目標40%に対して平成25年度より40%を上回り、平成27年度は41.6%となっています。
 休日運行については、平成28年4月1日から平成28年7月10日までの19日間の実証運行で、便平均が12人でしたが、本格運行後の平成28年7月17日から平成28年10月31日までの21日間では、便平均15人(125%増)と増加傾向となっています。また収支ついて、平成25年の本格運行開始後、利用者数の増加に伴い毎年度収支率が上昇しており、目標の50%に対し、平成22年は30%、平成25年の本格運行では45.7%、平成27年には48.9%と月によっては50%を超えるなど、高い収支率となっています。

 

【バス路線網の再編について】

 箕面市内のバス路線は「駅と駅」「駅と住宅街」を結ぶ”鉄道型フィーダー型”と呼ばれる鉄道の発着に合わせたダイヤで運行されるタイプのものであり、南北方向は充実しているものの、東西方向が弱く、東西の移動が非常に不便になっています。主に千里中央駅や北千里駅を中心とした形になっており、千里中央駅を発着する「南北方向」の運行系統と発着本数が、市内循環型の箕面山麓線や阪急石橋駅とJR茨木駅(または阪急茨木市駅)を結ぶ「東西方向」に比べ、圧倒的に多くなっています。このため、南部の市街地の中で東西に移動しようとするといったんバスで千里中央駅まで行って再度箕面市内に向かうバスに乗り換えたり、石橋駅と茨木駅・茨木市駅を結ぶ国道171号ルートのバスに乗り、さらに南北方向のバスに乗り換える必要があります。

 

 

 この度の北大阪急行線の延伸に伴い、新駅が市街地の中心部にできることから、「駅と駅」、「駅と住宅街」を結ぶルートが変わり、北大阪急行線へのアクセス性の確保が必要となります。また新駅ができることによる効果を市域全体に広げるため、大規模なバス路線の再編が必要となります。今後、市内のバス路線とともに近隣市町と箕面市を結ぶ広域型の路線については大阪府や周辺自治体等と連携を図り、公共交通事業者・道路管理者・公安委員会・地域公共交通の利用者・学識経験者等で構成する箕面市地域公共交通活性化協議会で検討し、バス路線網の再編を進めていきます。

 

以上、これからの箕面市にとって大事な公共交通網の再編をより多くの市民の皆様に喜んで頂けるものにしていけるよう、一つ一つ積み上げていきたいと思います。

 

 

箕面市では2017年3月31日(金曜日)まで、「自転車事故ゼロ」をめざして、「ながら運転」をなくし、自転車を安全に乗っていただくキャンペーンを実施しています。

 


この記事をはてなブックマークに追加

北急延伸工事のスタートに向けて

2016年10月14日 | 地域創造部

皆さまこんにちは!北大阪急行線延伸線建設事務所の岩崎です。

朝晩が日に日に寒くなってきましたが、皆さまお元気でしょうか?最近私は風邪を引きかけましたが、今回は何とか持ちこたえました。これから一番好きで一番短い、秋の行楽シーズンも始まりますが、箕面市の大きな魅力の一つである紅葉を満喫できる季節にもなってくるので、体調には気をつけないと、と思う今日この頃です。

 

業務について

ところで、「北大阪急行線延伸線建設事務所」という名称は、初めて聞いた方がほとんどだと思います。それもそのはず、先月、9月1日付けで設置されたばかりの部署名で、鉄道延伸室の一部の職員プラス、高い技術力と豊富な実績のある大阪市交通局から新たに派遣された4名の職員で構成される、主に工事監理業務をする部署で、私はこちらに配属になりました。

現在、鉄道延伸室と建設事務所では、箕面市として大阪府より平成28年8月31日に都市計画事業認可を取得し、施工業者も決定しました。今後、本格的な工事をスタートしますが、それに先立って順次、工事説明会を実施しております。

 

 ↑ 萱野小学校での工事説明会

 ※詳細はこちらのURLを参照

  → http://www.city.minoh.lg.jp/siminservice/setsumeikai.html

 

本格的な工事のスタートに向け、これからますます多忙になっていくと思いますが、安全且つ周辺環境に最大に配慮しながら、力強く工事を進めていけるよう、団結しながら私自身も日々の業務に邁進していきたいと思っております。

 

福祉体験研修

また、10月3日から10月5日までの三日間、新規採用職員研修として2回目の福祉体験研修に行ってきました。今回私は箕面市坊島にある豊能障害者労働センターで研修をさせて頂きました。こちらは全国で初めて「障害者事業所」として公的に認められた施設で、健康福祉部の上仲くんがこちらの施設で研修していた模様を前回の新人ブログで書いてくれてます(こちらのURLを参照下さい→http://blog.goo.ne.jp/minoh_rookies/e/24a5c56d9e1fb44a163ce8b8172ab4e3)ので詳細については割愛させて頂きますが、実際に私も施設の皆さんと一緒に自費出版している定期刊行物「積み木」の封入作業をしたり、バザーの準備のお手伝いをしたりさせて頂くなかで、施設の皆さんがお互いに補完し合いながら、実に楽しそうに仕事されていることに感銘し、本当に素晴らしい取り組みだと感じました。

これからますますこのような事業が発展し、全国にもっと広がっていくよう、微力ながらも力になっていきたいと思います。

 

↑ 豊能障害者労働センターの皆さんと

 

豊能障害者労働センターの皆さん、ありがとうございました!

 

これからますます寒くなっていきますが、皆さまも風邪など引かれないようお体に呉々もお気をつけ下さい。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

「ゆるキャラ(R)グランプリ2016」が10月24日(月曜日)まで開催されています。市では10月24日(月曜日)までの間「滝ノ道ゆずる」を応援する統一キャンペーンを展開します。


この記事をはてなブックマークに追加

まもなく7ヶ月!

2016年07月25日 | 地域創造部

こんにちは!鉄道延伸室の岩崎です。

 

暑い日々が続いてますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

今年の1月4日に箕面市に初登庁してから、まもなく7ヶ月になります!

公私にわたりめまぐるしい日々を送って来たせいか、気づけば半年以上過ぎていたというのが正直なところですが、最近の近況の一部を紹介させて頂きます。

 

〈業務について〉

北大阪急行線延伸事業を推進する鉄道延伸室にとって、ここ最近で最も大きな出来事は、なんと言っても延伸工事の発注と施工業者の決定です。

 

工事発注から施工業者の決定に至るまでの様々な手続きや準備を行いましたが、民間の建設会社出身の私にとって新しいことばかりで、本当に多くのことを経験させて頂きました。

特に、今回の工事は高度な技術力が要求されることから、入札時に一緒に提出された技術提案書は、各社の意気込みや、技術力の結晶ともいえる内容であり、発注者側として緊張感をもって入札手続きに取り組みました。

 

入札結果は以下のとおりです。

http://www.city.minoh.lg.jp/kitakyu/sougouhyouka2/kitakyuseibikouji.html

 

そうした中、工事の着工に先立って7月10日(日曜日)から7月14日(木曜日)までの連続5日間、市内各所で市民説明会を開催致しました。

↑ 総合保健福祉センターにて

 

引き続き、市民の皆様のご理解を得られるよう取り組んでまいります。

 

〈最近の出来事〉

我が家の子供たちも夏休みに入り、「どっか連れてってーっ!」と、休日のたびに激しいリクエストの応酬ですが、つい先日私の住む彩都にある「彩都の丘学園」に「ゆずるくん」が来て一緒にラジオ体操ができるということで、ゆずるくんの事が好き過ぎる我が子たちと参加しました。

↑ 体操中のゆずるくん

 

平日の出勤前でしたが、朝からゆずるくんと一緒にラジオ体操をしてすがすがしいスタートができました。

また、そこには他の子供もたくさんきていて、「ゆずるくん愛されてるな~!」と、今更ながら感心しました!

 

暑い日々が続きますが、皆様お体を壊さないよう、体調管理も忘れずに有意義にお過ごし下さい。

 

ではまた次回までごきげんよう!

 

箕面市では、8月21日(日曜日)まで「参議院議員選挙、箕面市長・市議会議員選挙」の統一キャンペーンを実施中です。


この記事をはてなブックマークに追加

鉄道延伸室の岩崎です!

2016年05月06日 | 地域創造部

皆様はじめまして。本年1月に入庁した 地域創造部 鉄道延伸室 岩崎 です。

人生初のブログUPですが、これから約2ヶ月に1回、計5回登場する予定です。

拙い点もあると思いますが、箕面市の魅力や情報を近況報告をかねて発信していきますので、どうぞ宜しくお願いします!

 

 

〈 自己紹介 〉

私は緑豊かな滋賀で生まれ育ち、山梨の大学を卒業したのち民間の建設会社を約17年ほど経験し、今回縁あって箕面市に入庁しました。

今年41才になりますので、平成28年度行政職採用者の中では最年長のオールドルーキーです!


この年になって20代・30代の同期ができたことは何よりもうれしく新鮮ですが、若い同期に負けないよう頑張っていこうと思ってます!


また、私には妻とともに、5歳の娘と3歳の息子がおります。



↑ 箕面彩都にある「なないろ公園」

 

↑ 先日コマ無し自転車に初めて乗れました!

 

箕面市に引っ越してきてまもなく3年になりますが、おかげさまで自然に恵まれた環境で、のびのび育ってます!

 

〈 新人研修と業務について 〉

4月に入り平成28年度新規採用職員全員が揃い、新規採用者研修がスタート!

公務員としての基本を学ぶ中、4月11日から13日までの3日間は福祉体験研修として「市立介護老人保健施設」へ行きました。

研修では、高齢者の方々へのちょっとした身の周りのお手伝いや、声掛けやコミュニケーションなど体験しましたが、職員の皆さんの対話の仕方やデイで来られる方々が少しでもくつろぎ、気持ちよく帰って頂くための陰の努力をみることができ貴重な経験となりました。

市立介護老人保健施設のスタッフの皆さんありがとうございました!


 

↑ 市立介護老人保健施設の皆さんと

 

さて、私の所属する鉄道延伸室では、北大阪急行線延伸事業の本年秋の着工に向け、日々フル回転で準備に動く中、ゴールデンウィーク直前の4月28日に、一つの節目となる入札公告(工事を発注すること)を出すことが出来ました。

鉄道延伸室の先輩方をはじめ、関係部署やコンサルタント会社が一体となってこれまでの膨大な成果をまとめていく大変な作業でした。私は主に積算業務を担当しましたが、前職の経験とは違って規模が比較にならない程大きく、最後まで油断ならない状況でしたが、まずは工事発注ができたことは大変貴重な経験となりました。

いよいよこれからが延伸事業のスタートですが、この事業が市民の皆さんの賛同を得ながら、無事故で開業を迎えられるよう、これからも頑張っていきたいと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございました!

 

 

箕面市では、3月27日から5月31日まで「目立つワイヤー錠で自転車ロックをしていただくキャンペーン」を実施中です。

 


この記事をはてなブックマークに追加

~北大阪急行線延伸事業、設計編その3~

2016年04月22日 | 地域創造部

 

1.止々呂美ふれあい朝市

5回目の登場となります地域創造部鉄道延伸室の示です。

 

やっと寒い冬が終わり、暖かい春が来ました!そこで、先日、BBQと山桜を楽しむことができる『止々呂美ふれあい広場』に行って参りましたので、ご報告いたします。

 

場所は、箕面グリーンロードを通って北出口より車で直進5分の場所です。市内からわずか20分で大自然を満喫できます。

今回は、日曜日に行きましたので、朝市が開催されていました。

朝市では、採れたての新鮮なキュウリ、山菜、トマトなどの多くの地元の農産物が販売されていました。

 

(1)朝市の看板

  

(2)生産者の方と一緒に

 私は、今が旬の竹の子などを購入しました。その時、生産者の方との写真です。

  

 

  

(3)たけのこ洗い

早速、子供達と竹の子を洗い・・・、

 

 (4)BBQの写真

そしてBBQで美味しく頂きました。ごちそうさまでした。

 

 

 

(5)マスGET

お腹がいっぱいになったところで、今度は、余野川でマス釣りを楽しみました。見事1匹GETです。

他の方々もたくさんのマスを釣っていました!

 

 

また、近々に友人家族と一緒に行こうと思います。一日中遊ぶことが出来る場所なので、ぜひ、一度は行ってみてください。ただし、休日は10時くらいで駐車場が満車となるので、早くに行くことがお勧めです!!

 

 さて、以下に私が現在取り組んでいる業務について報告いたします。

 

2.北大阪急行線延伸事業 ~ 設計編その3 ~

 当該区間の設計では、「北大阪急行線延伸技術検討会」という検討会を設置しております。この、検討会の設置は、

学識経験者および技術力を有する機関より、地盤の特性等から構造形式に至るまで技術的課題に対して、意見や指導を頂き、安全性・経済性を考慮した構造・施工方法等の検討することを目的としています。

 

(6)技術検討会の写真

 

 

 

検討会では、私も報告させて頂き、地震時の構造物の損傷を低減する手法等について指導を頂きました。

 

下図は、検討会報告の一部ですが、想定断層位置が不明確な箇所については、落橋の可能性を極めて小さくすることを目的として、想定断層を跨ぐ連続桁化を図り、耐震性能に優れた構造形式を採用するなど、

延伸区間の地盤の特徴を考慮し、より安全性の高い耐震設計を行っています。

詳細な内容は北大阪急行線延伸に係る経緯等3_推進・検討・支援体制の頁に、公開しております。

また、近況報告となりますが、今年の秋頃に予定している工事実施に向けて、先月の3月30日に、大阪府、箕面市、北大阪急行電鉄株式会社、阪急電鉄株式会社の4者で、開業目標、整備費とその負担等について、基本協定を締結致しました。さらに、工事に必要となる軌道法及び鉄道事業法に基づく工事施行認可の申請書を大阪府と国土交通省近畿運輸局に提出するなど、現在は4月末の工事発注公告に向けた、工事の積算作業に取り組んでいるところです。

 

3.北大阪急行線延伸と周辺まちづくりに関する説明会

事業の取り組み状況を説明するため、「北大阪急行線延伸と周辺まちづくりに関する説明会」を、3月13日、4月3日に開催し、104名の方にご参加いただきました。

 

また、平成19年度から累計して、のべ3000人になりました。また、最近の説明会での主な質問内容は、鉄道の他、歩行者デッキやアクセス道路の整備、駐車場・駐輪場、交通広場、バス路線の再編など交通に関する質問が多く、キャンパス移転や新駅周辺にできる施設などの質問もいただきました。

 

貴重なご意見有り難うございます。

 

これで、最後のブログとなりますが、これから事業に対するご支援の程どうぞ宜しくお願いいたします。有り難うございました。    

 

   

箕面市では、3月27日から5月31日まで「目立つワイヤー錠で自転車ロックをしていただくキャンペーン」を実施中です。

 


この記事をはてなブックマークに追加

早いことにもう1年が過ぎようと。。。

2016年03月22日 | 地域創造部

4回目の登場です!

地域創造部 北急まちづくり推進室の疋田です。

 

 

 今シーズンは暖冬のせいもあり、スキー場の雪不足が頻繁にニュースで取り上げていました。

しかし、どうしても雪山に行きたかった私は、年末に片道7時間かけて長野県に行ってきました。

しかも日帰りです。朝3時に出て、帰ってきたのは夜中の1時!

滑っている時間より運転している時間の方が長かったですが、さすがは長野県。暖冬と思わせないくらいの雪の量と質でとても楽しめました。


                        栂池高原

来シーズンは例年のように冬らしい気候になって、もっと近場で楽しめることを期待しています。

 


 さて、箕面市では、「都市再生特別措置法」の一部改正により市町村が策定できることになった「立地適正化計画」を平成28年2月15日、全国第一号で策定しました。


新聞にも取り上げられ、九州から東北まで全国様々な行政からの問い合わせがありました。

全国に先駆けて策定した箕面市の計画が見本となり、今後全国に拡がっていくことを実感しました。

 

 

 この計画はまちづくりにも大きく関わっている内容です。

都市機能を集中したコンパクトシティをつくるため、住宅を集める「居住誘導区域」を2地域指定し、その中に病院や介護施設などを集める「都市機能誘導区域」を大きく4つ設定しております。

今後、居住誘導区域外で住宅を開発する場合、届出が必要となるケースが出てくるということで、住居や都市機能の集約を促そうとするものです。

 

 詳しい内容はこちらです。

 

こちらを読みますと、箕面市の現状が分析されており、まちづくりの方向性が書かれております。

ぜひ皆様も一度ご覧頂ければ箕面市について、より理解を深めていただけるはずです。

ちなみに、この計画は全て職員による手づくりで、文章はもちろん、図表等も全て職員が作成しています。

北大阪急行線延伸に伴い新駅となる(仮称)箕面船場駅、(仮称)新箕面駅の駅周辺はどちらも都市機能誘導区域に指定されており、誘導する施設として子育て支援施設や教育文化施設、医療施設等が挙げられています。

まさに今後のまちづくりを検討する大きな要素となっています。

 

 

 その検討をしている中、(仮称)箕面船場駅周辺につきまして、安藤忠雄建築研究所からまちのイメージの提案をして頂きました。

平成28年度の施政および予算編成方針の中に採用されております。

 

平成28年度施政および予算編成方針

 

今後、この提案イメージをもとに船場地区のまちづくりを進めていきます。

 

 

 振り返ると、この一年でまちづくりの青写真も大きく変わってきました。

最新の青写真としてはもみじだより3月号の2ページから3ページにかけて掲載されております。

 

もみじだより3月号

 

見開き2ページにわたり、北急延伸に関する特集ページとなっており、まちなみイメージ図とともに説明を載せております。

こちらが現段階での最新のイメージ図です!

これまでにはなかった角度からのイメージ図となっており、より具体化された絵となっております。

 

 


 実は、このイメージ図は私が実際に手を動かし、書かせて頂きました。

広報紙デビューです!

 


手書きのスケッチは初経験でしたが、締切ぎりぎりまで想いを込めて描きました。水彩を用いましたので原案の紙は少しシワシワになっています。

ちなみにこのスケッチには、私のブログ一回目ブログ二回目のように箕面市のゆるキャラである滝の道ゆずるくんは隠れていません。

期待されていた皆様、申し訳ございません!先に言っておきます。

 

 

 

 今回で私の新人ブログは最後となります。

北大阪急行線が無事に延伸開通して駅周辺に素晴らしいまちができ、にぎわいあふれることを目指してこれからも全力で取り組んでいきます。

お読みいただきありがとうございました。

 

↓  皆さんもぜひ参加してみて下さいね。

 

 

箕面市では、3月26日まで「滝道週末ウォーキングを始めよう!」の統一キャンペーンを実施中です。

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

~北大阪急行線延伸事業、設計編その2~

2016年01月29日 | 地域創造部

 1.よさこい演舞

4回目の登場となります地域創造部鉄道延伸室の示です。先日の24日(日曜日)は40年で一度というレベルの大寒波が襲来したため、大雪が降るのではないかと心配しましたが、私の子供達は雪が積もらないかな~と待ち望んでいました。結果、氷点下になるものの晴天となり雪は降らなかったので残念がっていました。さて、その一番寒い日の午後、箕面キューズモールに買い物に行った時、大阪大学お祭りダンスサークル祭楽人主催の『よさこい演舞』が開催されており、見学させて頂きましたので、ご紹介させて頂きます。

 

 

   

~~よさこい祭りの歴史~~

よさこい祭りは、1954年徳島阿波踊りに対抗する形で、高知県で開催された祭りであり、四国三大祭りの一つである。当初、日本舞踊の振り付けを踏襲した盆踊りスタイルであったが、現在は楽曲の自由なアレンジを許したため、サンバロックヒップホップフラダンスなどの趣向を凝らした楽曲と振り付けが生まれる。また、『よさこい』は、夜さり来い(夜にいらっしゃい)という言葉が由来とのことです。

              ダイナミックなパフォーマンス!!

 

 

・盆踊りみたいなものかと思いきや、軽快なリズムと統一されたダンスは圧巻な迫力があり、観ていて十分に楽しむことができました。

 

         

 

・演舞では、一緒に参加するパートもありましたので、息子も演舞に飛び入り参加させて頂きました!最後は、一緒に記念撮影までして頂き、楽しい時間を過ごせました。ありがとうございました!

 

 

 さて、以下に私が現在取り組んでいる業務について報告いたします。

 

2.北大阪急行線延伸事業 ~ 設計編その2 ~

 

 平成27年12月に大阪府ならびに箕面市で、延伸事業に関連する都市計画(都市インフラの配置を法的に位置付ける)の決定を行い、告示されました。また、北大阪急行電鉄(株)が、第一種鉄道事業の許可、軌道事業の特許を取得いたしました。現在は、今年の秋頃に予定している工事実施に必要となる軌道法及び鉄道事業法に基づく工事施行認可、都市計画法に基づく事業認可の取得を目指し、工事施行認可申請に必要な鉄道構造物の設計計算書や設計図の作成などの設計作業を進めております。

なお、当該区間の設計では、「北大阪急行線延伸技術検討会」という検討会を設置しております。この、検討会の設置は、学識経験者および技術力を有する機関より、地盤の特性等から構造形式に至るまで技術的課題に対して、意見や指導を頂き、安全性・経済性を考慮した構造・施工方法等の検討することを目的としています。

検討会では、構造形式、施工方法、設計等、多岐にわたる指導を頂いています。特に耐震設計では、通常の耐震設計(阪神淡路大震災、東日本大震災の地震働評価)だけでなく、延伸区間の実際の地盤を考慮した地震動(予測される揺れの強さ)を使用して、より安全性を高めた設計を実施するため、地震計を設置し、24時間体制で自動計測しております。

       

■地震計測装置

 

■地震計設置完了

 

■地盤振動計測のモニタリング画面

 ・設置後、さっそく自動車通行時の地表面の波を計測していました。

  

最後まで、お読み頂きありがとうございました。(以上)

 

 

 

箕面市では、11月21日から3月26日まで、「滝道週末ウォーキング」統一キャンペーンを実施中です


この記事をはてなブックマークに追加