箕面市役所 新人奮闘記!

箕面市役所の新人職員が、奮闘の日々をブログにします。
新人職員だから語れる率直で元気あふれる内容です。

平成29年11月末で自動交付機のサービスを終了します。

2017年11月20日 | 市民部

みなさま、こんにちは!窓口課 佐々木です。
寒さも厳しくなり、紅葉がきれいな季節となりました。
箕面山の紅葉もだんだんと色づき始めています。
ぜひ箕面へ遊びに来てくださいね。

さて、今回のブログでは次の2点についてご紹介します。
(1)自動交付機のサービス終了について
(2)福祉体験研修について

(1)自動交付機のサービス終了について
市役所本庁、豊川支所に設置している自動交付機は、老朽化が進んでいるため平成29年(2017年)11月末でサービスを終了します。
長い間ご利用いただき、ありがとうございました。

自動交付機がなくなると、窓口が開いていない時間に証明書がほしいときはどうすればいいの?とご不安なかたもいらっしゃるかもしれません。
今後は市役所本庁や支所、図書館などの証明書発行拠点の窓口、コンビニ交付をご利用ください。
「え?コンビニで証明書が取れるの?」と思ったかた!後ほどご説明しますね。

前回の私のブログでもお伝えしましたが、市役所本庁の証明発行窓口は祝日でない土曜日であれば、午前8時45分から午後5時15分まで開いています。土曜日にもぜひご利用ください。

また、証明書発行拠点も月曜日や年末年始を除いて午前10時00分から午後5時00分まで証明書を取得していただけます。

そして、コンビニ交付のご説明をさせていただきます!
コンビニ交付とは、マイナンバーカード(利用者証明用電子証明書入り)を使って、コンビニのマルチコピー機で各種証明書を取得できるサービスです。

コンビニ交付は、年末年始を除く午前6時30分から午後11時00分までと長時間サービスを行っている上に、証明書発行手数料は、窓口で証明書を取得していただくよりも100円安い200円とお得になっています。

箕面市では次の3種類の証明書がコンビニ交付に対応しています。
(1)住民票の写し(マイナンバー、住民票コードの記載のないもの)
(2)印鑑登録証明書
(3)直近2年分の市府民税課税(所得)証明書

「今、マイナンバーカードを持っていないけどコンビニ交付を利用したい」というかたは、まずはマイナンバーカード(利用者証明用電子証明書入り)をつくる必要がありますので、交付申請をお願いします。
なお、「みのお市民カード」はコンビニ交付では使えません。ご注意ください。

ちなみに「マイナンバーカード」とは、顔写真のついたプラスチック製のカードです。

下の緑色のものは通知カードという紙製のもので、「この番号があなたの個人番号(マイナンバー)です」とお知らせするものです。
通知カードはマイナンバーカードとは別物ですのでご注意ください。

なお、自動交付機のサービス終了後も、「印鑑登録証」と印字されているカードは印鑑登録証明書を窓口で取得する際にご利用いただけます。

どちらのカードをお持ちのかたも捨ててしまわず、必ずお手元に残しておいてください。

(2)福祉体験研修について
先月、新規採用職員を対象とした福祉体験研修が実施されました。
私は「いきがいワーク」という中途障害者のかたが働く事業所でお世話になりました。

木工のいすづくり、さをり織り、ニット製品づくり、ケーキづくりなど多くの仕事をお手伝いさせていただきました。
特にニット製品づくりは非常に難しく、メンバーさんに助けていただいても途中で諦めてしまいそうでしたが、何とかきれいな編み目を作れるようになりました。

メンバーのかたがたは障害の度合いなどによって、できる作業とできない作業が様々ですが、お互いに仕事を助け合うことで商品を作り上げていらっしゃいました。
どんな職場であっても、「助け合う」ということが、結果的にスムーズに仕事を進められることにつながるのだろうと考えさせられた3日間でした。

いきがいワークで作成している商品には、いすや組紐、ストール、たわし、ケーキなどたくさんの種類があります。

さといものケーキって美味しいのかな?と疑問に思っていましたが、少し塩味が利き、さといもの良い香りもします。
ケーキって甘いから苦手…というかたも美味しく召し上がれます。

また、先月私が研修でお邪魔していた頃、ニット製のクリスマスツリーを作成中でした。
ニット製なので危険が無く小さなお子様がいらっしゃる家庭にもぴったりな、この季節のイチオシ商品です。

商品の販売店は、阪急牧落駅の駅前や阪急池田駅構内にありますので、みなさまお立ち寄りください。

昼食後のおしゃべりの輪に入れてくださったり、最終日にはサプライズでニット商品をプレゼントしてくださったりと、とても温かい雰囲気の事業所でした。
お世話になり、ありがとうございました!

次回は審査指導室 谷川さんです。

箕面市では、11月11日(土曜日)から3月31日(土曜日)まで、「『振り込め詐欺』に注意!今、箕面市が狙われています!」を統一キャンペーンとして実施しています。不審な電話がかかってきた場合は、家族や周りの人に相談するか、消費生活センターか箕面警察署へ連絡しましょう。


この記事をはてなブックマークに追加

箕面市成人祭に向けて

2017年11月10日 | 市民部

みなさま、こんにちは。介護・医療・年金室の本田です。

今回のブログでは平成30年1月8日(月曜日・成人の日)に箕面市立メイプルホールで行われる箕面市成人祭のことを紹介したいと思います。

成人式ではなく成人祭という呼び方をするのは、「祭」という字のとおり、新成人に楽しんでもらうための企画を盛り込んだイベントを行うためです。

昨年度の成人祭の様子は、撮れたて箕面ブログをご覧下さい。

成人祭の企画・運営は、この新人ブログを書いている平成29年度採用職員26名で行い、6月頃から活動を始めました。

26名が以下の(1)~(3)のいずれかの班に入って、活動をしています。月1回の全体会議と定期的に個々の班での会議や作業を行っています。

(1)ステージでの企画・運営係(ステージ班)

(2)抽選会用景品集め係(協賛班)

(3)成人祭の案内ハガキと当日配布するパンフレットの作成係(パンフ班)

日々の業務と平行しての活動は大変な面もありますが、みんなで出し合った意見が少しずつ形になっていくのは楽しいです。

私は協賛班として、抽選会の景品となる協賛品をいただけるよう、主に箕面市内にある企業様と団体様を回っています。

大変お忙しい中、お話を聞いていただけるだけでもありがたいなと感じていますし、なかには「箕面市の成人のお祝いさせてもらえて、こちらこそありがとう」という声をかけてくれるところもあり、本当に嬉しい気持ちになります。

新成人の方に景品を提供して、喜んでいただきたいのはもちろんですが、成人祭をきっかけに今まで知らなかった箕面の企業様や団体様を知っていただき、企業様や団体様にもより喜んでいただけるようにしていきたいと思っています。

また、今年の成人祭では若い世代にSNSが浸透していることから、撮影した写真を「#」を用いてSNSに投稿してもらい、箕面市成人祭についての情報を発信してもらえるような仕掛けを考えています。

ここで「#」とは何ぞや?と思ったかた、20代後半の私も最初は同じ気持ちでしたので、ご安心ください?

「#(半角のシャープ)」はハッシュタグというもので、この後にキーワードをいれてSNSに投稿します。

同じハッシュタグが付けられた投稿は、ハッシュタグを検索することで、まとめて閲覧できます。

例えば、「#猫」というハッシュタグで検索すると、猫についての投稿をまとめて見ることができます。

今回は、「#みのお成人祭」をたくさんの新成人がSNSに投稿してくれたら、参加者同士での情報共有が行われて同じ話題で盛り上がったり、参加してないかたにも箕面市成人祭の情報が拡散されることになります。

 

滝ノ道ゆずるもtwitterで、「#みのお成人祭」をつけた投稿をして、成人祭の情報をどんどん発信してくれています。

ブログをご覧いただいてる皆様、滝ノ道ゆずるtwitterのフォローとツイートの拡散をよろしくお願いします。

箕面市では就職や就学で箕面市に住民登録をしていないかたも、新成人であれば誰でも成人祭に参加していただけます。

詳しい案内は市ホームページをご覧ください。

新成人にかたにとって思い出に残る1日になるよう、平成29年度採用職員26名が一丸となって頑張っていきます。

それでは、新成人のみなさま、平成30年1月8日(月曜日・成人の日)に箕面市立メイプルホールでお待ちしております!

今回はここまでとなります。最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 

「ゆるキャラ(R)グランプリ2017」が8月1日(火曜日)にスタートしました。市では11月10日(金曜日)の投票期間終了までの間、「滝ノ道ゆずる」を応援する統一キャンペーンを展開中です。

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

公園を訪れると・・・/戸籍のQ&A

2017年10月02日 | 市民部

新人奮闘記をご覧の皆さま、

戸籍住民異動室の田畑です!

前回の登場から2か月半が経ちましたが、戸籍の業務は奥が深く、日々勉強の毎日です。


さて、今回は(1)公園を訪れると・・・(2)戸籍のQ&A の2点を書かせていただきます。

 

(1)公園を訪れると・・・

先日、市内の西脇公園に行ってきました。広々とした運動場に並木道と、魅力がたっぷりの公園であると感じました。

 

ここで問題です。私が西脇公園を訪れた時、公園内の運動場ではあることを楽しむ人がいました。あることとは、何でしょうか。

 

 

答えは、キャッチボールです!親子連れでキャッチボールなどを楽しんでいて、「私も小さい頃、よくキャッチボールをしていたな」と懐かしんでいました。

実は、箕面市はプロ・アマチュアで活躍する野球選手を多く輩出しているまちです。箕面白球大使で元阪神タイガースの穴田 真規さんや、今年、プロ野球のセントラルリーグで優勝した広島東洋カープの床田 寛樹投手、また、今夏、沖縄県・興南高校で甲子園に出場した渡辺 健貴選手も、本市とかかわりのある方たちです。

今後も箕面市にゆかりのある野球選手を応援していきたいですね。

 

(2)戸籍のQ&A
ここからは、私の業務内容である戸籍の届出について、お問い合わせが多い項目を中心に、Q&A形式でご説明します。


Q:戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)を取り寄せたのですが、そもそも「戸籍」とは、何のことなのでしょうか?

A:日本国籍の人について、出生してから死亡するまでの親族関係を登録し、公証(特定の事実や法律関係を証明すること)したものです。例えば、婚姻や離婚、養子縁組などの届出が市役所の戸籍窓口で受理された時、親族関係に影響するので、戸籍も変動することになります。


Q:戸籍謄本で、「本籍」という欄を見つけたのですが、私の住んでいるところ(以下、住所地)と違っていました。住所が間違えて登録されているのでしょうか?

A:本籍と、住民登録をしている住所地とは異なります。そもそも本籍とは、あくまでもその戸籍の所在する場所のことです。一方で、住所地は住んでいるところを登録したものとなり、住所を変更しても本籍は変わらないので、本籍と住所地は必ずしも一致しません。


Q:たとえ引越しをした場合でも、本籍は変わった後の住所地にはならない、ということになりますか?

A:住所地にはなりません。住所地に本籍を置きたい場合は、「転籍届」の届出を出してください。


Q:「筆頭者」とは、何でしょうか?

A:一つの戸籍の最初に記載されている人のことを言います。


Q:「筆頭者」が除籍(死亡などの理由で戸籍から除かれること)された場合、筆頭者はどのように変わるのでしょうか?

A:除籍された場合でも引き続き筆頭者となります。

 
いかがでしたでしょうか?このQ&Aによって、少しでも皆さんが戸籍に対する理解を深めていただければ、幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次回は、農業振興課の福永さんです。

 

 

 「ゆるキャラ(R)グランプリ2017」が8月1日(火曜日)にスタートしました。市では11月10日(金曜日)の投票期間終了までの間、「滝ノ道ゆずる」を応援する統一キャンペーンを展開中です。

 


この記事をはてなブックマークに追加

日々、奮闘中!!!!

2017年09月15日 | 市民部

 

新人奮闘記をご覧のみなさん、こんにちは!!

2回目のブログとなる国民健康保険室の久田(ひさた)です!

 

お久しぶりです!

もう入庁して、5カ月が経ちました!!

本当にあっという間です!

 

そして、

照りつけるような暑い夏を越え、少しずつ過ごしやすいの季節になってきましたね!

 

といえば、そう

『食欲の!』

『読書の!』

『芸術の!』など

様々な表現がありますが、

 

今回は『スポーツの秋!』

ということで、

以前、箕面市のバスケットボールチームに参加させていただいたときのことを

簡単に紹介させていただきます!

 

いやー、バスケの準備をするだけでワクワクしてきます!

 

 

前回は、らいとぴあ21(箕面市立萱野中央人権文化センター)という場所で

バスケットボールの活動に参加してきました!!

久々のバスケ!!

 

 

やっぱり、バスケットボールは楽しいです!

 

バスケットシューズとフロアのすれる『キュッキュッ!!』

という音を聞くと、とても懐かしくテンションが上がります!

 

 

適度に運動をして、リフレッシュすることも

重要だと思うので、健康をしっかりと管理しつつ

仕事もしっかり頑張っていきたいと思います!

 

 

では、ここからは自分が担当している業務について

簡単に紹介させていただきます!!

 

前回は国民健康保険についての説明でしたが、

今回は、自分が主に担当している

 

『国民健康保険の保険料』について簡単に説明します!!

 

(1) 国民健康保険料とは・・・

 

平成29年度の国民健康保険の保険料は、

前年の所得(平成28年中)にもとづいて計算されており、

「基礎賦課額」、「後期高齢者支援金等賦課額」、「介護納付金賦課額」の

それぞれの「所得割」、「均等割」の合計金額となります。

 

これを簡単に表にまとめると、

 

と、なります!!

 

(2)保険料の軽減について・・・

 

世帯の所得金額に応じて、保険料を軽減する制度もあり、

軽減判定基準日時点での、

国民健康保険に加入しているかたの

所得合算額が一定基準以下の場合、保険料を減額しています!

色々と制度が複雑で、なかなか難しいですね。。。

 

この他にも、保険料の業務を担当するうえで、

覚えなければいけないことがたくさんあり、

日々、少しでも成長出来るよう奮闘しています!!

 

どうしても仕事で分からないことがあったり、困っているときは、

いつもまわりの温かい先輩職員に、丁寧に教えてもらっています!!

本当にありがとうございます!!!

 

日々、感謝の思いを忘れず、

少しでも成長し、業務をしっかりと全う出来るように

これからも全力で頑張っていきたいなと思います!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!!

 

 

次回の新人奮闘記は、

のぐちゃんこと、しっかりもので頼れる

子ども未来創造局幼児教育保育室の野口さんです!!

よろしくお願いします!!

 

 

 「ゆるキャラ(R)グランプリ2017」が8月1日(火曜日)にスタートしました。市では11月10日(金曜日)の投票期間終了までの間、「滝ノ道ゆずる」を応援する統一キャンペーンを展開中です。


この記事をはてなブックマークに追加

土曜開庁もご利用ください!

2017年08月21日 | 市民部

みなさまご無沙汰しております。市民部窓口課 佐々木です。
1回目の新人奮闘記!を書いた頃はまだ肌寒かったですが、あっという間に夏真っ盛りの季節になりましたね。
夏が好きなので遊びすぎてしまい、同期にも「焼けたね!」と笑われました。

 

さて、今回は土曜開庁のお知らせ高校野球観戦についてご紹介します。

 

<箕面市役所は土曜開庁を行っています!>
箕面市では、祝日でない土曜日は本館1階の101番窓口(証明発行)、102番窓口(住所の異動、印鑑登録、戸籍のお届けなど)、国保・介護・医療総合窓口、別館2階の子ども総合窓口を開庁しています。
窓口やお電話でのお問い合わせを受け、土曜日のご来庁をご案内した際に「土曜日も開いてるの?」と驚かれるかたも多く、まだまだ土曜開庁が知られていないのだなと感じます。
平日はお仕事などの関係でご来庁が難しくても、土曜日であればご来庁いただけるかたも多いと思いますので、ぜひぜひ土曜開庁をご利用ください。
(豊川支所、止々呂美支所は土曜日は開庁していませんのでご注意ください。)

 

また、本庁舎以外でも証明書を発行できることはご存じでしょうか。
以下の各拠点で証明書の発行が可能です。
(1)箕面市立各図書館(中央、西南、桜ヶ丘、萱野南)
(2)東生涯学習センター
(3)みのお市民活動センター
(4)多文化交流センター
(5)らいとぴあ21

 

発行できる証明書は以下の3種類です。
(1)住民票の写し
(2)市・府民税課税証明書(非課税証明書は発行できません)
(3)印鑑登録証明書
戸籍の証明書に関しては、発行できませんのでこちらもご注意ください。
本庁舎、各支所から遠方にお住まいのかたは上記の各拠点もぜひご利用ください。

 

<高校野球の応援に行ってきました!>
前回の辻野さんは、甲子園球場が超満員で入れなかったと聞き入場できるか心配でしたが…
私は入場できました!

 

この日は大会11日目。
出身の広島県代表である広陵高校と、育った場所である大阪府代表の大阪桐蔭高校2校の試合がある貴重な1日でした!

 

第3試合は広陵高校対聖光学院高校。
広陵高校はこつこつと得点を重ね逆転からの勝利!
会場も大盛り上がりでした。

 

第4試合は大阪桐蔭高校対仙台育英高校。
投手戦が繰り広げられ、試合が動かない中8回表で大阪桐蔭高校が均衡を破りました!
このまま大阪桐蔭高校の勝利かと思いましたが、仙台育英高校が9回裏2アウトから逆転勝利というドラマが待っていました。

 

高校球児のあきらめない姿勢にじーんと胸を打たれ、青春っていいなと懐かしい気持ちになりました。

 

いよいよ高校野球も終盤ですね。
高校野球が終われば、夏も終わりに近づきます。
それでもまだまだ暑い日が続きますので、熱中症などには十分お気をつけください!

 

次回は審査指導室 谷川さんです。

 

「ゆるキャラ(R)グランプリ2017」が8月1日(火曜日)にスタートしました。市では11月10日(金曜日)の投票期間終了までの間、「滝ノ道ゆずる」を応援する統一キャンペーンを展開中です。


この記事をはてなブックマークに追加

大自然を満喫!

2017年08月07日 | 市民部

みなさま、こんにちは。介護・医療・年金室の本田です。

残暑の厳しき折柄、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

前回のブログの更新から3ヶ月経ちましたが、ほんとにあっというまで、毎日非常に充実した日々を過ごせているんだなと感じております。

さて、今回のブログの内容ですが、【補助金検査に向けて】と【止々呂美ふれあい広場にてBBQ】の2本立てとなっております。

最後までお付き合いいただければ幸いです。

 

【補助金検査に向けて】

前回のブログのおさらいになりますが、私の担当している福祉医療費助成制度は、医療費の一部を助成し、自己負担を軽減する制度です。

医療費の自己負担は健康保険により通常1割~3割ですが、この制度により本人にご負担いただくのは1日あたり500円までとなるように医療費の一部を助成しており、老人医療障害者医療ひとり親家庭医療子どもの医療の4つの部門に分かれています。

福祉医療費助成制度の助成費は、箕面市単独での支出ではなく、大阪府からの補助金が含まれています。

割合でいうと、老人医療、障害者医療、ひとり親家庭医療では助成費の2分の1が、子どもの医療では0歳~6歳(所得制限あり)に対する助成費の2分の1が大阪府からの補助金でまかなわれています。

子どもの医療については、子育てしやすさ日本一を目指す本市の重点施策でもあるため、対象者の約88%(所得制限を満たさない0歳~6歳と7歳~18歳の子ども)が箕面市単独の助成となっていますが、他の3医療(老人医療、障害者医療、ひとり親家庭医療)については、上記のとおり助成費の2分の1という大きな割合を大阪府の補助金が占めています。

この補助金が適正に執行されているかどうか、大阪府は府内市町村を検査に回りますが、今年は2年ぶりに箕面市も検査対象となりました。

検査日までの準備期間は、約1ヶ月です。

箕面市が福祉医療費助成制度に関する事務処理を公正かつ適正に行っているかの確認の場であり、自分自身が1年間してきた仕事の成果も問われます。

提出資料をきっちり整理していきたいと思います。

 【止々呂美ふれあい広場にてBBQ】

 

先日、同期のメンバーで止々呂美ふれあい広場にてBBQを楽しんできました。大自然の中でのBBQはほんとに気持ちよかったです。

初めて利用させてもらいましたが、場所は箕面グリーンロードトンネルの北出口を出てすぐのところなのでアクセスもよく、止々呂美の山々に囲まれた中で川遊びができたりと、子供から大人まで幅広い世代におすすめできる場所です。

この夏にBBQをされるご予定の方は、ぜひともご利用いただければと思います。

BBQの合間に、夏らしくスイカ割りもしてみました。

挑戦者はパワフル女子代表の梅本美南さんです。

同期はもちろんのこと、広場にいる全員が固唾を飲んで見守る中

バットを大きく振りかぶって、思い切りおろしました!!

すると

 あれ?

状況がよくわからない方もいると思うので拡大してみます。

 

はい、完全に折れてます。笑

子どもから大人まで広場にいる人は全員、大爆笑でした。

彼女には常に笑いの神が舞い降りてくるので、羨ましい限りです。

こういったハプニングを共有して楽しめるのも、止々呂美ふれあい広場の魅力ではないかと思います。

箕面の止々呂美ふれあい広場にぜひとも遊びに来てください!!

今回のブログは以上となります。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

次のブログは、梅本さんの後に、非常に丁寧にスイカ割りをしてくれた障害福祉課の小平さんです。

 

統一キャンペーン

ゆるキャラ(R)グランプリ2017」が8月1日(火曜日)にスタートしました。市では11月10日(金曜日)の投票期間終了までの間、「滝ノ道ゆずる」を応援する統一キャンペーンを展開中です。


この記事をはてなブックマークに追加

市民部戸籍住民異動室の田畑です!

2017年07月03日 | 市民部

 

新人奮闘記をご覧の皆さん、はじめまして!

 

市民部戸籍住民異動室の田畑 祐起(たばた ゆうき)と申します!

 

1年間、ブログを書かせていただきますので、よろしくお願いいたします!

 

 

 

今回は、1.自己紹介と、2.業務内容「本籍を移したいときには、転籍届」をお伝えします。

 

1.自己紹介

  私は、兵庫県で生まれ育ち、この春大学を卒業した新卒男子です。新人奮闘記に登場する26人のうち、新卒男子は私を含めて3人と、かなりの少数派です。他の2人も後日、新人奮闘記に登場しますので、お楽しみに!

 

  好きなことは、自然の風景を写真に収めることです。

 

ということで、ここで皆さんに質問です。下の2枚の写真は、私が箕面市内で撮影したのですが、どこで撮影したか分かりますか?

 

 

 

 

 

  正解は、2枚とも「止々呂美」です。撮影したのは、ちょうど田植えが終了した時期でした。田畑の緑が鮮やかで、非常に和みました。

 

 

 

 撮影当日は、サイクリングや、写真のようにキャンプをされているかたも多かったです。皆さんも止々呂美を訪れてみてはいかがでしょうか。

 

 

2.業務内容「本籍を移したいときには転籍届」

 さて、ここからは私の業務内容についてご紹介します。私が所属する「戸籍住民異動室戸籍グループ」では、戸籍の届出に関する業務をしています。皆さんもご存知の出生届、死亡届、婚姻届等の届がありますが、今回は、市民の皆さんからのお問い合わせが多い「転籍届」についてご説明します。

 

 恥ずかしながら、私は入庁するまで「転籍届」という言葉を聞いたことがありませんでした。

 

 「転籍届」は、本籍地(戸籍の所在場所のことをいいます)を変更する時に出す届出のことです。

 

 転籍届を出したいとき、どのように手続きを進めるといいのでしょうか?

  

 

1)準備するもの

  ・戸籍謄本または全部事項証明書(同じ市区町村内での転籍の場合は不要です)

  ・転籍届の用紙

  ・印鑑(転籍届に押印したもの、スタンプ式不可)

 

 の3点です。戸籍謄本については、現在の本籍地に取りに行くか、郵送で請求できます。詳しくは、ホームページ郵送で証明書が取りたいときにはをご覧ください。

 

 なお、転籍届の用紙も一緒に郵送で取り寄せることができます。

 

 

2)届の記入の仕方

     次に、転籍届の用紙のご説明をします。

 

   用紙は全国統一ですので、他市区町村の用紙を使っても届出できます。

 

   それでは記入方法を、下の転籍届の用紙を使ってご説明します。なお、鉛筆や消えやすいペンで書かないでください。

 

 

 

 数字で示した部分を記入していきましょう。

 

 1:現在の本籍、筆頭者氏名

 

 2:新しく定める本籍

 

 3:戸籍に載っている人の名

 

 4:住民登録している住所

 

 5:世帯主の氏名

 

  6,7:筆頭者、配偶者ご本人の署名・押印(印鑑は、認めでもOKですが、別々のものでお願いします)。必ず本人が自署し、夫婦の一方が死亡等で除籍されている場合は、生存配偶者のみで届出することもできます。

 

 8:昼間連絡の取れる電話番号を記入してください。

 

 

3)届出場所

   用紙の記入が完了したら、窓口に行きましょう!

 

 届出場所は、現在の本籍地、新しい本籍地、届出人の住所地のいずれかの市区町村の窓口です。

 

   戸籍の届出、用紙のお渡しについては

 ・市役所本館1階の102番「戸籍の届出受付」窓口(平日・土曜日8時45分~17時15分)

 ・豊川支所(平日8時45分~17時15分)

 ・止々呂美支所(平日8時45分~17時15分)

 

 でできます(いずれも祝日は除きます)。また、上記以外の時間帯も、市役所本館地下1階の守衛室で届出ができます。

 

これで、転籍届は届出完了です。なお、新しい本籍地が戸籍に反映されるのは、箕面市では3営業日後(土曜日・日曜日・祝日・年末年始を除く)となりますのでご了承ください。

 

 

戸籍グループでは、転籍届以外にも多くの種類の届出を扱っており、その人の一生を証明する大切な記録ですので、今後も知識を身につけながら、責任感を持って業務に取り組みたいです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

次回は、農業振興課の福永(ふくなが)さんです!

 

 

 

箕面市では、2017年4月1日(土曜日)から2017年7月31日(月曜日)まで、「病気やけが、なにかあったら#7119救急安心センターおおさかへ!」を統一キャンペ-ンとして実施中です。


この記事をはてなブックマークに追加

市民部 国民健康保険室の久田です!!

2017年06月09日 | 市民部

皆さん、はじめまして!

市民部 国民健康保険室の久田(ひさた)と申します!

平成29年度新規採用職員として、ブログを掲載させていただきますので

どうぞ1年間お付き合いください!!

(何回か登場するので、あたたかい目で見守っていただければありがたいです。)

 

 

さて、今回はじめて書く新人ブログなんですが

『自己紹介』『業務内容』について簡単に書きたいと思います!!

 

実際に市役所に入庁し、新人ブログを書きながら

ふと、自分が箕面市役所を受けるときに

『箕面市役所 新人奮闘記』を、楽しみながら読んでいたことを思い出すと

とても不思議で感慨深く思えてなりません!

ご縁に感謝です!!

感謝の思いを忘れず、これから何事にも精一杯頑張っていきたいと思います!!

 

 

『自己紹介』

僕は、自然あふれる奈良で生まれ育ち、

大学時代は東京で学生らしい充実した日々を過ごしました。

卒業後は、民間企業や他の市役所の任期付職員などを経験したのち、

今年の4月から 『箕面市役所の職員』として働くことになりました!!

 

これまでの人生を振り返ると、

箕面市とあまり深く関わったことがないように思えるかもしれませんが、

はじめて箕面市に訪れたときに、

全身に『ここだ!!』という衝撃がビビッと走ると同時に

どこかあたたかく、懐かしいような不思議な感覚になったのを

今でも鮮明に覚えています。

 

きっと箕面市に導かれたのだと思います。

(※あくまで、個人的な感想です。)

 

 

『業務内容』

自己紹介はこれくらいにして、

ここでは、僕が現在配属され勤務している

国民健康保険室について紹介したいと思います!!

皆さんは、国民健康保険について、ご存知でしょうか??

自分は恥ずかしながら、実際に働くようになるまで

知らなかったことが沢山あるので

ここでは簡単に説明したいと思います!!

 

そもそも、 『国民健康保険』とはどういったものなのでしょうか??

 

国民健康保険とは、病気になったりケガをした場合に

加入者が安心して医療が受けられるように、

保険料を負担して互いに助け合う制度です。

 

(1) 保険証

実際に、病気やケガをして治療を受けるときに

国民健康保険の『保険証』を提示すれば

医療費の一部を負担するだけで、

病気やケガの治療を受けることが出来ます。

 

 平成29年度の箕面市の国民健康保険の保険証の見本はこちら ↓

 

ゆずるくんがいて、とても癒されます。かわいいですね。

 

(2) 保険料決定通知書

また、国民健康保険では、毎年6月に加入者に対して

保険料決定通知書というものを送付します。

前年の所得等をもとに保険料を算定し、

国民健康保険に加入している世帯の世帯主に一斉に送付します。

 

箕面市では、約2万程の世帯が国民健康保険に加入しているため、

毎年この発送の時期は、とても忙しく大変になります。

 

保険料決定通知書の送付物のサンプルはこちら ↓

 

 

 

国民健康保険の制度は覚えることが多く、

内容も複雑なため大変ではありますが、

まわりの優しい先輩の職員のかたや、多くのかたに支えられながら

なんとか頑張っています!!!

日々感謝しつつ、少しでも成長して力になれるよう

これからも努力していきたいと思います!!

長くなってしまいましたが、

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

 

次回の新人奮闘記は、

笑顔がとってもかわいい 総務部  総務課の馬場さんです!!

よろしくお願いします!!

 

 

 

箕面市では、2017年4月1日(土曜日)から2017年7月31日(月曜日)まで、「病気やけが、何かあったら♯7119救急安心センターおおさかへ!」を統一キャンペーンとして実施中です。


この記事をはてなブックマークに追加

市民部窓口課証明グループ 佐々木です!

2017年05月22日 | 市民部

はじめまして、こんにちは。
平成29年度新規採用職員の市民部窓口課証明グループ 佐々木あゆり(ささき あゆり)と申します。


これから1年間、4回ブログを書かせていただきます。
よろしくお願いいたします。

冒頭で「はじめまして」とご挨拶をしましたが、実は皆様にはすでにお目にかかっています。
伊藤副市長が書かれた平成29年度がスタート!で辞令交付を受けているのが私です。
皆様、「箕面市役所 新人奮闘記!」だけでなく、「部長ブログ@箕面市役所」もどうぞご覧ください。

さて、前置きが長くなりましたが、まず初めに簡単に自己紹介をさせていただきます。

私は広島県で生まれ、その後は日本各地を転々とした後、箕面市のお隣である豊中市で育ちました。
箕面市は、箕面大滝のお散歩に来たり、遠足で箕面公園昆虫館を訪れたりと馴染み深い地域です。

大学卒業まで豊中市で過ごした後、東京で約2年間民間企業に勤め、食品添加物の営業をしていました。
そして、この度ご縁をいただき平成29年4月より箕面市役所で勤めております。

配属先は、市民部窓口課証明グループですので市役所本庁舎の入り口を入って正面におります。
もうすでに、見たことある!というかたもいらっしゃるでしょうか。
まだまだ未熟ですが、皆様からのご質問にお答えできますよう勉強していきたいです。

次に、市民部窓口課証明グループの業務についてご紹介したいと思います。
「市役所」と聞くと、「住民票の写しや戸籍の証明書を取るところ」という印象が強いのではないでしょうか。
市民部窓口課証明グループでは、まさにその業務を行っています。

正確には、次の4点の証明書を発行しています。
(1)住民票の写し
(2)戸籍の証明書
(3)印鑑登録証明書
(4)市・府民税の課税証明書及び非課税証明書
箕面市では(1)から(4)までの証明書を、2種類以上ご入り用の場合でも1枚の申請用紙で申請していただけます。

市民部窓口課証明グループは、市民の皆様の個人情報を取り扱う上に、それを証明書として交付することが役割です。
個人情報を守る最後の砦となる部署なので、個人情報の入った証明書を交付して良いか否かの判断をする際には、日々緊張感と責任感を感じています。

最後に、本日は重要なお知らせがあります
先ほど窓口で、市・府民税の課税証明書及び非課税証明書を発行していることをご紹介しました。

5月12日より次の2つの条件に当てはまるかたの平成29年度(平成28年所得)課税証明書の発行を開始しています。
(1)徴収区分が、特別徴収(給与天引き)のかた
(2)申告者ご本人様の証明書の発行が必要な場合
この条件以外のかたは、6月9日から交付が開始されますので、それまでお待ちください。
なお、平成28年1月1日に箕面市に住民票を置かれていたかたのみ、平成29年度の課税証明書を箕面市で交付できます。

今年度は例年以上に新卒組が多い中でのオールドルーキーですが、二度目の社会人1年生として気持ちは誰よりもフレッシュでいるつもりです。
これから1年間、稚拙な文章ではございますが、お付き合いのほどよろしくお願いいたします。

次回のブログ担当者は、家族愛にあふれる谷川さんです。
楽しい記事を期待しています。

 

 

箕面市では、2017年4月1日(土曜日)から2017年7月31日(月曜日)まで、「病気やけが、何かあったら♯7119救急安心センターおおさかへ!」を統一キャンペーンとして実施中です。

 


この記事をはてなブックマークに追加

市民部 介護・医療・年金室の本田です!

2017年05月12日 | 市民部

皆さま、はじめまして。

平成29年度採用職員の本田 英明(ほんだひであき)です。

所属は、市民部 介護・医療・年金室です。

これから1年間ブログを掲載させていただくので、よろしくお願いします。

さて、第1回のブログ内容ですが

(1)自己紹介

(2)業務内容

(3)ゴールデンウィークの過ごし方

となっております。

(1)自己紹介

私は、生まれてから高校卒業まで箕面市で過ごしました。

大学進学時に1度箕面市を離れましたが、再び戻って箕面市役所に勤務となりました。

私は、平成25年4月に任期付職員として入庁し、税務課固定資産税室にて3年間、現在所属している介護・医療・年金室にて1年間の計4年間の勤務を経て、平成29年度から正規職員として勤務しています。

多くのかたに支えていただきました感謝の気持ちを忘れずに、箕面市のためにしっかり働いていきます。

趣味は、スポーツ全般で、テニス、バドミントン、フットサルをすることが多いです。

(2)業務内容

介護・医療・年金室で福祉医療費助成制度の担当をしています。

国民健康保険などをイメージされるかたが多いと思いますが、別の制度です。

福祉医療費助成制度は、医療費の一部を助成し、自己負担を軽減する制度です。医療費の自己負担は健康保険により通常1割~3割ですが、この制度によりさらに手厚く補助をしており、実際に本人にご負担いただくのは1日あたり500円までです。

老人医療障害者医療ひとり親家庭医療子どもの医療の4つの部門に分かれています。

各医療の受給資格等につきましてはリンクを貼ってますので、ご参照ください。

対象者のかたには医療証を発行しており、医療機関で健康保険証と併せて提示すれば、以下のとおり助成が受けられます。

入院・通院とも1日あたり最大500円、月2日限度で月最大1,000円までで医療を受けることができ、同じ月で3日目以降は無料になります。
また、複数の医療機関を受診した場合でも、月額上限2,500円で受診できます。

 

 

 

福祉医療費助成制度を利用すれば、たとえば箕面市立病院に1か月間入院して、支払いが何十万円となっても、自己負担は1,000円ですみます。

ただし、各種医療保険の対象とならない費用(診断書料、食事代、差額ベッド代等)については助成の対象外となります。

この福祉医療費助成制度の中でも、箕面市は子どもの医療に力を入れています。

平成29年4月から子どもの医療費助成の対象年齢が「中学校卒業まで」から「高校卒業年齢まで」に拡大されました。

対象年齢の拡大による効果など、詳しくは、小林誠一市民部長のブログをご覧いただければと思います。

私からお伝えしたいのは、子どもの医療費助成の対象年齢が高校卒業年齢までで、しかも所得制限がないというのは、大阪府内でも実施している自治体はほとんどないということです。

住環境がよく子育て世代に人気のあるとされる北摂7市2町の中でも、これほどの条件で子どもの医療費助成を実施しているのは箕面市だけです。

「子育てしやすさ日本一」を目指す本市ならではの政策であり、こういった政策に思いきって財源を充てることができるのも、箕面市市政に携わる多くの皆様にご尽力いただいてきた今までがあってのことだと感じております。

以上、簡単ではございましたが、福祉医療費助成制度についての説明でした。

福祉医療費助成制度について初めて知ったかたも多かったかと思います。

私も現在の部署に異動するまでは、制度の存在自体を知りませんでした。

市役所の仕事は多岐にわたりますので、様々なことを経験していきたいです。

 (3)ゴールデンウィークの過ごし方

話はがらっと変わりまして、皆様、ゴールデンウィークはどのように過ごされたでしょうか。

私は先輩職員の自宅にてBBQを楽しんでました。

写真を交えて紹介していきますが、皆様の言わんとしていることは心得ているつもりです。

私のようなおっさんが肉を焼いてる写真は誰も見たくないと。

この後の写真は、かわいらしい動物が出てきたりしますので、もうしばらくお付き合い下さい。

まずは、集合写真からです。

和やかな雰囲気の中で、部署も役職も異なる様々な方とコミュニケーションがとれました。

初対面同士でも、どの部署の所属でどんな仕事をしてるのか、プライベートの話などざっくばらんにできるのがこういったレクリエーションの良さではないしょうか。

また、BBQはもちろんのこと、なぜか先輩職員は珍しい動物をたくさん飼育されており、触れあえる楽しみがあるのも先輩宅の魅力です。

せっかくなので、コレクションのごく一部を紹介をしたいと思います。

まずはこちらです。一見すると、フクロウかなと思いますが、羽角と呼ばれる耳があるのでミミズクという呼称になるそうです。キリッとして凜々しいですね。

 

続いてはこちらの鷹です。すました顔して私も写っていますが、暴れる鷹にびびりすぎてこの写真にたどり着くまでに、10枚以上は撮影いただきました。

撮影者のかた、ありがとうございました。

 最後はおしゃれなネクタイ

ではなくかわいらしいヘビちゃんです。頑張って笑おうとしてますが、若干顔が引きつってますね。

この後、私のことを獲物と認識したのか、思いっきり服の中に進入してきて、危うく最初で最後の新人ブログになるのではという危機感を覚えました。

※もちろん毒をもったヘビではなく噛まれたとしても安全です。

 そんなこんなで楽しいBBQもあっという間に7時間が過ぎました。

今回、一緒にBBQさせていただいた方と、来年度同じ部署で仕事をすることになったりも大いにあると思います。

1つ1つの出会いを大切に(動物も含む)、そして機会を提供してくれた先輩職員には感謝の気持ちを忘れず、今度は自分が先輩になったときに同じようなことができるようにしていきたいです。

以上、長くなりましたが、私の第1回の新人ブログとさせていただきます。

次のブログ担当者は、新卒の小平さんです。

おっさんが続いた新人ブログもフレッシュなブログに突入いたしますので、ご覧いただければ幸いです。

 

箕面市では、2017年4月1日(土曜日)から2017年7月31日(月曜日)まで、「病気やけが、何かあったら♯7119救急安心センターおおさかへ!」を統一キャンペーンとして実施中です。


この記事をはてなブックマークに追加