箕面市役所 新人奮闘記!

箕面市役所の新人職員が、奮闘の日々をブログにします。
新人職員だから語れる率直で元気あふれる内容です。

夏期レクリエーションに参加してきました!

2017年09月25日 | 健康福祉部

みなさんこんにちは!

障害者支援室の村上です。 

 

9月も終わりとなり、秋になりました 

入庁してから半年が経とうとしています。

ようやく市役所の仕事にも慣れてきました。 

しかし、まだまだ覚えることや学ぶべきことがたくさんあります。

 より気を引き締めて仕事に取り組みたいと思います!

 

 

〈夏期レクリエーション〉

さて、私は9月1日金曜日に箕面市肢体不自由児者父母の会の

「夏期レクリエーション」に参加してきました!

その様子をご紹介します。

 

箕面市肢体不自由児者父母の会は、身体障害のある、

また身体障害と知的障害のあるお子さんのおられる親の会で、

長年にわたり、障害者の福祉の向上、社会参加の促進、

生きがいのある生活の実現を図るために様々な活動をされています。

 

「夏期レクリエーション」は 

障害児者自身の自主性と社会性を育むこと、

会員同士の親睦を図ること、またボランティア育成を目的としており 

舞洲障害者スポーツセンターで開催されました。

 

舞洲障害者スポーツセンターは障害者が年齢や

障害の程度にかかわらず、一人で来館されても 

指導員がいて気軽にいろいろなスポーツを楽しむことができる施設です。

施設には、プール・アリーナ・卓球室・サブアリーナ・ボウリング室

・トレーニング室・会議室などがあります。  

 

今回は会員17人、父母の会のスタッフ(会員のご家族)7人、

大学生ボランティア27人、ガイドヘルパー5人、 

箕面市職員2人、計58人が参加しました。

 

 

午前中はボウリングに参加しました。

ボウリング場には、ボールを投げることができない人のために、

ボールを転がすための滑り台のような器具が用意されていたり、

取っ手の付いたボールがあったり

どんな人も楽しめる工夫がされていました。

 

ボランティアのサポートを受けて 

会員の皆さんボウリングを楽しんでいらっしゃいました。

ストライクがでたときは、とても盛り上がりました!

 

 

 

昼食後は、会員の方1人に対し、支援者としてボランティアや

ガイドヘルパーが2人付き、スポーツセンターの方の

指導のもと様々な競技に挑戦しました。

 

 

全員がA、B、C、Dの4チームに分かれました。(私はDチームでした。)

その中でじゃんけんサッカーという競技がありました。

サッカーといってもボールは使用せず、

じゃんけんで勝ったチームがゴールを通り抜け、それが1点になります。

制限時間内で得点が多いチームの勝利というルールです。

  

手でじゃんけんができない方も参加できるように 

グー、チョキ、パーの絵が描かれたうちわが用意され、

それを使って勝負をします。

  

そして我々Dチームは初戦であっさりと負けてしまいました・・・

 

次も負けると最下位になってしまうので

 

チームで一丸となって2回戦に挑みましたが・・・

 

 

 

結果は・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1点差で負けてしまいました。

 

 

他にもボールを使ったリレーに挑戦しました。

ボールを持ってコースを1周し、次の人へボールをつないで

ゴールするというルールです。

  

最初は支援者がボールを持ち、会員と一緒に走っていましたが 

最後には、ボールを持つのは会員の方のみで、

落としたボールを拾う時以外は支援者はボールを持ってはいけない

というルールに変更されました。

 

ルールを変更したのは、

自分の力でゴールしたときの達成感を

会員の方たちにも感じてもらうためです。

  

私のチームは、他のチームより2周遅れに

なってしまいましたが、他のチームからの声援もあり

無事ゴールすることができました。

再び最下位になってしまいましたが、

なんとかゴールできて良かったです。

  

他にもいくつかの種目があり

一緒に挑戦することでチーム内で団結力も生まれ

お互いを励ましながら

どのチームも総合優勝目指して頑張っていました!

 

 

そして、いよいよ最終結果発表

 

 

Dチームの結果は・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最下位でした・・・泣

 

 

もちろん勝ち負けも大事ですが、

何よりもチームで協力できたこと

楽しみながらできたこと、そして最後までやり遂げたことが

良かったのではないかと思います。 

 

 

このような企画に初めて参加しましたが

支援と言っても、会員の方が自分でできることを支援者がやってしまったり、

できないことに対してただ代わりにやってしまうのではなく、

どのようなどこまでの支援が必要なのかを

考えることが大切だと実感しました。

 

 

 

箕面市肢体不自由児者父母の会の方には

 

一日お世話になりました。

 

 

とても楽しく、そしていろいろ考えることができた一日となりました!

 

ありがとうございました!!

 

 

 

 

次回は環境動物室の梅本さんです。

 

 

 

 「ゆるキャラ(R)グランプリ2017」が8月1日(火曜日)にスタートしました。市では11月10日(金曜日)の投票期間終了までの間、「滝ノ道ゆずる」を応援する統一キャンペーンを展開中です。


この記事をはてなブックマークに追加

がん検診が無料って知っていましたか?

2017年09月04日 | 健康福祉部

新人奮闘記!をご覧のみなさま、お久しぶりです。

地域保健室の市場です。

あっという間に9月に入り、朝・晩の寒暖差が大きくなってきましたね。

季節の変わり目は体調を崩しやすいといわれていますが、皆様体調はいかがですか?

私は、秋になるとアレルギーの関係なのか、はたまた空気が乾燥する関係なのか、必ず1回は声が枯れてしまい全く発声できない状態がやってくるので、

いつなのか、いつなのかとドキドキハラハラしています。

電話対応や窓口対応、市民のかたの自宅にも訪問させていただく機会があるので、今年こそ、体調管理を徹底したいと思います。

そして、これからやってくる、インフルエンザや感染性胃腸炎などの様々なウイルスや菌からも、身体を守り抜きたいと思います。

 

さて、こんな風に、病気と言われるものの中には

予防接種や手洗い、うがいを徹底することで防ぐことのできるもの

・意識して予防をしても防げないもの(発病の原因がはっきりと分からないもの)が、存在しているかと思います。

前回のブログでお知らせした

大人の風しん予防接種助成制度

は、予防接種をすることで防ぐことのできる先天性風しん症候群という病気から赤ちゃんを守るために箕面市で行っている事業の一つでしたが、

箕面市では他にも予防の観点から様々な事業をしています。


是非この機会にご紹介をさせていただければと思いますので、どうかお付き合いください。

 

 

 

 さて、突然ですが、ここで皆様に問題です。

日本人の死亡原因第一位であるがん(悪性新生物)は、予防できるでしょうか。

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・答えは

 

 

 

 

 

 

出来ます!

自分の努力では予防できないがんもありますが、

全体の割合で考えると生活習慣に起因するがんの割合が多いので、予防できると言われています。

 

喫煙、受動喫煙、肥満、偏った食生活、一定量を超える飲酒習慣

 

は、発がんのリスクを高めるということが分かっています。

生活習慣を見直すことで、がんはもちろん、高血圧、糖尿病などの生活習慣病も予防することができます!

ぜひ今一度、自分自身の生活習慣を見直していただければ嬉しいです。

 

 

そして、生活習慣の見直しとあわせて行っていただきたいことがもう1つあります!

それは、がん検診です。

 

 

箕面市では、箕面市民のかたを対象がん検診無料で実施しています!

がんの原因は様々ですが、定期的に検診を受診することで、早期にがんを見つけやすくなります。

早期のがんは、そのほとんどが治り、治療も軽くすみます。

 

箕面市民がん検診は、電話一本で受診することができます。

特に、ク-ポンなどはありません!

生活習慣の見直しとあわせてがん検診を定期的に受診して下さい!

 

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・気づけば、ここまで事業紹介のみで終わってしまいました。

 

さらに続けて話しをしたい所なのですが、

あまりに長いと読むかたも大変かと思いますので、グッと気持ちを抑えて、

次回はまた3ヶ月後を楽しみに、この辺で失礼いたします。

 

長い時間お付き合いくださり、ありがとうございました。

 

残暑も厳しい日々となりますが、皆様お体にはお気をつけて、お過ごし下さい!

 

次回は9月8日(金)子ども未来創造局 学校生活支援課 元持さんです!よろしくお願いします

 

 「ゆるキャラ(R)グランプリ2017」が8月1日(火曜日)にスタートしました。市では11月10日(金曜日)の投票期間終了までの間、「滝ノ道ゆずる」を応援する統一キャンペーンを展開中です。


この記事をはてなブックマークに追加

ヘルプマークの配布について

2017年08月14日 | 健康福祉部

 

みなさまこんにちは!

2回目の登場となります、健康福祉部障害福祉課の小平です。

 

最近は、外の暑さと職場や電車内の寒さの差が激しく、

なんとなく体の重さを感じています。

 

わたしはいつも忘れてしまうのですが、みなさまぜひ、

羽織るものを持ち歩かれることをおすすめします!

冷房対策大事!

 

 

さて、電車内と言えば、みなさまはこのような広告を見かけたことはありますか?

大阪府及び府内市町村の窓口で配布されている、

ヘルプマークというものの広告です。

 

~ヘルプマークとは~

援助や配慮を必要としているかたが、

周囲のかたに配慮を必要としていることを知らせることで、

援助を得やすくなるよう作成されたものです。

 

義足や人工関節を使用しているかた、内部障害や難病のかた、

妊娠初期のかたなど障害者手帳等の所持の有無に関わらず、

援助や配慮が必要なかたであればご利用いただけます。

以下の写真のように、鞄などに付けることで、示していただけます。

 

(大阪府発行のリーフレットから一部抜粋)

 

箕面市では、総合保健福祉センター(ライフプラザ)の総合窓口にて

配布を行っており、必要な書類や手続きも特にありませんので、

必要なかたはお気軽にお越しください。

 

このマークを付けているかたを街中で見かけられたかたは、

電車内で席をゆずる、困っているようであれば声をかける等、

思いやりのある行動をお願いします!

 

箕面市ホームページ大阪府ホームページもご参照ください。)

 

 

 

 

ヘルプマークのことを書くことができ

一仕事終えたような満足感を得たところで、

わたしが最近した大きな買い物の話もさせてください!

 

みなさん「みのおキャンドルロード」には足を運ばれましたか?

 

 

 

 

わたしも当日足を運んでまいりました^^

滝のライトアップの迫力と、並べられているキャンドルもあたたかみや

かわいらしさがあって、大満足でした!

 

上に載せている写真、とてもきれいに撮れていると思いませんか?

実は、最近買った一眼レフカメラで撮影したものなんです!

 

大学時代から一眼レフカメラが欲しかったのですが、

さすがに値段が張るので買えず、先日やっと手に入れることができました!

 

これからもっといい写真を撮ることができるようにがんばります!^^

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

また次回よろしくお願いします^^

 

「ゆるキャラ(R)グランプリ2017」が8月1日(火曜日)にスタートしました。市では11月10日(金曜日)の投票期間終了までの間、「滝ノ道ゆずる」を応援する統一キャンペーンを展開中です。


この記事をはてなブックマークに追加

健康福祉部 高齢福祉室の神吉です!

2017年07月24日 | 健康福祉部


―もくじ―

1 プロフィール

2 研修受講で、スキルアップ!

3 #箕面 #オススメ #Cafe

4 ケアマネさん絶賛募集中です


 

1 プロフィール

みなさま初めまして!

健康福祉部 高齢福祉室の

神吉美穂(かんき みほ)と申します!

一番右が私です。(梅田で行われた箕面PRイベントにて、同期と一緒にゆずると写真を撮りました♪)

 

私は箕面市生まれ箕面市育ち就職も箕面市と、

箕面との縁がとてもこゆーい、社会人1年目の新人です。

大学では4年間社会福祉を学び、社会福祉士や保育士の資格を取得しました。

主に児童福祉専門だったこともあり、恥ずかしながら高齢福祉の知識は乏しく、

わからないこと、知らないことだらけで悪戦苦闘しています・・・!

幸せなことに上司の方々や同期にとても恵まれているので、毎日ポジティブに頑張れています!

 

2 研修受講で、スキルアップ!

既にこちらの新人ブログで紹介されているとおり、

箕面市では清掃体験研修福祉体験研修競艇視察など、

新人を対象とした特徴的な研修等が行われています。


そのほかにも、箕面市では新人対象の研修以外に

何年目の職員でも希望すると受けられる研修が数多くあります。

例えば…
説明力向上研修
わかりやすい文書作成研修 などなど、

市役所職員として欠かせないスキルを磨ける研修がたくさん!

その中で先日私は
タイムマネジメント研修」を受講してきました。


私神吉は社会人1年目のひよっこ…。

市役所のルールどころか、

そもそもお仕事とは?事務とは?というところからのスタートで、

もっと効率のいいお仕事の進め方があるんじゃないだろうか…!

と毎日試行錯誤しながら過ごしていました。

(アルバイトはたくさんしていましたが事務は初めてだったのです。)

この研修をきっかけに、さくさくお仕事をこなしていけるようになりたい!

という想いから、受講を希望するに至りました。


講師はタイムマネジメント協会の井上昌美さん。

講義だけでなく、

グループワークや個人のワークもふんだんに盛り込まれた充実した内容だったので、

1日中集中が途切れることなく

積極的に研修を受けることができました(^^)


研修を受けたことで、

・普段のお仕事の進め方を見直す大きなきっかけに
・刺激を受けたことでやる気もアップ↑↑

さらに、
グループワークを通じて他部署の方ともお知り合いになれたので、とてもうれしかったです(*^^*)


これからもこういった研修などを通して

積極的に自己啓発に取り組んでいきたいです・・・!

 

3 #箕面 #オススメ #Cafe

こちらのブログでは全4回ほど記事を書かせていただきますが、

各回、超個人的趣味で選ぶ箕面のオススメのカフェを紹介していこうと思います!(゜▽゜*)

記念すべき第1店目オススメカフェは・・・・・・ばばん!

cafe EZE さんです!

みのおキューズモールから新御堂筋を山手へ歩くこと10分。白島のオシャレカフェです。

店内のインテリアひとつひとつがこだわり抜かれていて、素敵・・・!

お昼は、やさしく日が差し込み、居心地の良いアットホームな雰囲気の店内。

夜は、優しく暖かみのある照明が店内を包み込み、

落ち着いた、優しい気持ちにさせてくれます。

 
お気に入りメニューはデザートのみのおカヌレ、柚子スコーン(*^^*)

お皿までひとつ残らずかわいいです!


―EZEさんの特長まとめ―

ゆったりくつろげる、アットホーム隠れ家カフェ

*お昼もいいけど、夜の雰囲気はもっと良い!!


EZEさんのこの素晴らしさ、

私の乏しい語彙力とカメラスキルではとてもとても伝えきれません……(;_;`)!!

ぜひ1度、足をお運びください!

-----*-----*-----*-----*-----*-----*-----*-----

“cafe EZE”

箕面市白島2-28-3

Facebook→https://www.facebook.com/CafeEze

-----*-----*-----*-----*-----*-----*-----*-----


1店目からとっても良いカフェを見つけてしまいました……。

次はどこに行こうかな~(*゜▽゜*)

 

4 ケアマネさん絶賛募集中です

高齢福祉室では、

平成30年度からの市直営による地域包括支援センター設置に向けて、

(1)主任ケアマネジャー 1名

(2)ケアマネジャー 1名

の募集をしています!

採用日は10月1日(予定)で、募集期間は8月16日までです!

・・・えっ?あと少しで募集終わるじゃないですか・・・!!

この記事を見つけたあなたはとってもラッキー!

ぜひぜひ応募してください~~!

募集案内 (pdfです)
http://www.city.minoh.lg.jp/syokuin/saiyoushiken/saiyou/documents/encyoukeamanebosyu.pdf

募集ページ(市ホームページにとびます)
http://www.city.minoh.lg.jp/syokuin/saiyoushiken/saiyou/h29-8ninkitukikeamane.html

 

盛りだくさんの内容になってしまいした・・・!!

最後までお読みいただき、ありがとうございます(*^^*)

 

次は、きらきら笑顔がとってもかわいい

多田 未奈ちゃんにバトンターッチ!!

箕面市では、2017年4月1日(土曜日)から2017年7月31日(月曜日)まで、「病気やけがなにかあったら#7119救急安心センターおおさかへ!」を統一キャンペーンとして実施中です。


この記事をはてなブックマークに追加

障害者支援室の村上です。

2017年06月26日 | 健康福祉部

 みなさんはじめまして!

健康福祉部 障害者支援室 村上匡(むらかみたすく)と申します。

平成29年度新規採用職員として一年間ブログを書かせていただきます。

よろしくお願いいたします。

 


〔職場について〕


健康福祉部は箕面市役所本庁ではなく、箕面市立病院の横にある

総合保健福祉センターという場所にあります。(ライフプラザと呼ばれています。)

職場が本庁以外になることを想定していなかった私は本庁近くに

家を借りていたので毎日20分かけて自転車で通勤しています。

特に最後のライフプラザ前の長い上り坂は、はじめは大変に思いましたが、

慣れたせいか今ではちょうどいい運動になっていると思えるようになりました。笑

 

健康福祉部には私も含め7名の新規採用職員が勤務しています。

同期と話す機会が欲しかった私はライプラランチ会を提案しました。

「ライプラランチ会」とは週に一度アトリウムや中庭に

集まって同期とお昼ご飯を食べる会です。

プライベートの話から仕事の相談など様々な話ができるので、毎週楽しみにしています。


この日は天気がよかったので中庭でご飯を食べました。

 


〔自己紹介〕


私は箕面市立病院で生まれました。

その後、生後三ヶ月で兵庫県の三田市に引っ越して18年間暮らしました。

高校卒業後はひとり暮らしをしながら姫路市にある大学で工学を学びました。

大学卒業後は民間企業で働き、この度ご縁があって箕面市役所職員となりました。

自分の生まれた箕面市立病院がすぐ近くですので、故郷に戻ってきた気分です!

ただ、障害福祉に関する知識がほとんどなかったため、

憶えることが多くて日々格闘しています。

しかし、だからこそ新しい知識を身につけている実感を持つことができています。

 

 


〔研修について〕


箕面市では様々な新人研修や自主活動等があります。

その中でも私が印象的だった二つを紹介します。

 

清掃体験研修

五月には、環境クリーンセンターで2週間の体験研修がありました。

新規採用職員が8~9人のグループに分かれ、

地域のゴミの収集や、市民の方が環境クリーンセンターへ

ゴミを持ち込まれた際の車の誘導・料金精算、

リサイクルセンターではゴミの分別など様々な体験をさせていただきました。

リサイクルセンターで缶に混ざった電池やたばこの吸い殻を取り除いたり、

ペットボトルのラベルをはがしたりする作業では、

飲み残したまま捨てられているものも多く、異臭がする中での作業はとても大変でした。

 

私は今までゴミは捨てたら終わりだと思っていましたが、

この体験を通して、私たちが捨てたゴミを分別し、

処理してくださっている方がいることを再認識させられました。

私たち一人ひとりがゴミを出す前にしっかり分別をしたり、

缶や瓶はすすいでから出すなどちょっとしたことで、

分別作業がより効率的に行えます。

私も箕面市民としてきれいなゴミの出し方を目指そうと思いました。

ゴミの出し方は こちら をご覧ください。

 

競艇視察

その他住之江競艇場の視察にも行きました。

ボートレース住之江では、年間186日間レースを開催していますが、

そのうち84日間は箕面市が開催しています。

平成28年度の売り上げは380億円、そのうち75%は払い戻され、

そこから経費などを差し引いた分が箕面市の収益となります。

その収益は民生費、衛生費、土木費、消防費、教育費等様々な分野に活用されおり、

箕面市にとって大事な事業といえます。

 

また、まだこの新人奮闘記のブログには登場していませんが

今年度の新規採用職員の中には競艇事業局に配属された者もいます。

レースは休みの日に開催されることが多いため休日出勤が多いそうです。

 

今回の視察で私は初めてボートレースを見ましたが、

猛スピードで目の前を駆け抜けるボートに圧倒されてしまいました。


レース開始直後の様子

関心を持たれた方は こちら をどうぞ。

 

それでは、最後までお付き合いいただきありがとうございました。
次の新人奮闘記は・・・パワフル全開バスケット女子の梅本さんです。
よろしくお願いします!!

 

 

箕面市では、2017年4月1日(土曜日)から2017年7月31日(月曜日)まで、「病気やけが、なにかあったら#7119救急安心センターおおさかへ!」を統一キャンペ-ンとして実施中です。


この記事をはてなブックマークに追加

健康福祉部 地域保健室 市場です

2017年06月05日 | 健康福祉部

新人奮闘記!をご覧の皆さま、初めまして。


平成29年度の4月より入庁いたしました

健康福祉部地域保健室 保健師の市場 萌乃(いちば もえの)と申します。

※私は写真左側です。写真右は河原副理事です。

これから1年間を通して「読んで良かった」と感じていただける内容のブログを掲載したと思っておりますので、どうぞよろしくお願い致します。

 

ところで、皆さんは保健師という仕事を耳にしたこと、実際に関わった事はありますか?

研修や訪問時、初めて出会うかたに「保健師の市場です」とご挨拶をするのですが

多くのかたに「保健師さんて何をする人なの?」「私たちに何をしてくれるの?」

とご質問をいただきます。

乳幼児健診や生活習慣病健診などの保健指導で市民のかたとお会いする機会が多いのですが、

保健師は、赤ちゃんから高齢のかたまで、全ての市民のかたを対象に関わりを持たせていただいています。

そして、市民の皆様が

「健康を維持しながら生活してもらうためには」

「病気を抱えながらも自分らしい生活をするにはどうするべきか」

ということを日々、皆で考えて様々な健康管理及び健康増進に関わる事業をさせていただいています。

その一例として、現在私は「先天性風しん症候群」を予防するための事業をさせていただいております。

この、事業がとっても大切なので、今回詳しくお話をさせていただきたいと思います。

どうぞ最後までお付き合いください。


皆さんは「先天性風しん症候群」という言葉を耳にしたことはありますか?

風しんは「子どもの時にかかったよ~」というかた、「予防接種でしたような・・・?」というかたが多いのではないでしょうか。

この風しんですが、幼少期にかかると比較的症状も軽いといわれています。


しかし、妊娠初期の女性が風しんに感染するとお腹の中の胎児にも感染し、難聴・白内障・先天性心疾患等を発症する可能性があります。

このことを「先天性風しん症候群」と呼びます。

 

箕面市では「先天性風しん症候群」を予防するために

(1)妊娠を考えている抗体価の低い(抗体検査は大阪府の各保健所で無料で実施しています)女性のかた
(2)妊娠を希望する女性の配偶者のかた
(3)妊婦の配偶者


を対象に風しん予防接種(風しんワクチン、MRワクチン)の費用を助成しています!

この事業を実施する予定期間は平成30年3月31日までとなっておりますので

妊娠をお考えの箕面市民のかたは早めに予防接種を受けていただくようにお願いいたします!


予防できる感染症「風しん」から妊婦さんや、これから生まれてくる子ども達を守りましょう。


ただし、妊娠中のかたは原則として風しん、MR(麻しん、風しん混合ワクチン)の予防接種を受ける事はできませのでご注意ください!

 

 

最後にライフプラザで行われているラジオ体操をご紹介します。

ライフプラザでは朝礼前に職員が市民のかたと一緒に毎朝ラジオ体操をしています。


最初は体が重く、ラジオ体操のちょっとした動きも辛く感じていましたが、


今では毎朝の習慣となり、とてもすっきりとした気持ちで仕事を開始することができています。

ラジオ体操に参加すると、スタンプ帳にスタンプを一つ押してもらえ、数に応じて缶バッジをもらうことができます!


実は種類もたっくさん!(これはとても丁寧に保管されていた市民のかたに許可を得て写真を撮影させていただきました)

市民の皆様もぜひ、一緒にラジオ体操をしましょう!そして気持ちの良い一日を始めましょう!

長くなりましたが、今回はこの辺で終わりにしたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。


また、次回お会い出来る日を楽しみにしています!

次は6月9日金曜日、担当は市民部国民健康保険室の久田さんです!よろしくお願いします!

箕面市では、2017年4月1日(土曜日)から2017年7月31日(月曜日)まで、「病気やけが、なにかあったら#7119救急安心センターおおさかへ!」を統一キャンペ-ンとして実施中です。

 


この記事をはてなブックマークに追加

障害福祉課の小平です!

2017年05月15日 | 健康福祉部

 

ブログをご覧の皆さん初めまして

健康福祉部障害福祉課の小平 真緒(こひらまお)と申します!

 

 

 

初めて書く新人ブログなので、(1)自己紹介と、(2)福祉体験研修について

簡単にですが、書いていきたいと思います。

前の同期4名が、濃い内容のブログを書いているので

とても緊張しますが、最後までお付き合いいただけると幸いです!

 

 

(1)自己紹介

わたしは、生まれも育ちも大阪市で、実は箕面市とはゆかりがありませんでした。

そのため、箕面に対するイメージはずばり「滝」のみでした。

就職活動中に、箕面市のことを調べていると、

箕面市を志望するきっかけのひとつとなった

先輩職員さんが書いているブログを見つけました。

 

簡潔に言えば、「休日に箕面大滝を見にハイキングに行く」という内容だったのですが、

その職員さんの生活にあこがれを抱き、

わたしもそんな自然が身近にある生活を送りたい!と急激に惹かれ、

採用試験に臨みました。

(この文章だと志望した理由が「滝」だけのように思われますが、そういうわけではないのでご安心ください(笑))

 

そんなわたしは、大学時代、福祉を学んでいたこともあり、

福祉に携わることのできる部署を志望し、障害福祉課に配属されることになりました。

まだまだ勉強しつつ頑張りたいと思います!

 

 

 

(2)福祉体験研修

新規採用職員が受ける研修のひとつで、福祉体験研修というものがあり、

わたしは カフェ シェスタ さんにお邪魔させていただきました!

シェスタさんは、箕面市瀬川にあり、就労継続支援B型事業所としてカフェを経営しています。

 

就労継続支援B型事業所ってなんだ?と思われるかたが多いと思うので、

簡単にご説明させていただきます。

 

就労継続支援事業所とは、簡潔に言うと、一般企業等への就労が困難なかたに、

働く場を提供するとともに、知識及び能力の向上のために必要な訓練を行うところです。

 

さらに、就労継続支援事業所には「A型」と「B型」の2つの分類があり、

「A型」は利用者と雇用契約を結び、「B型」は雇用契約を結ばない、という違いがあります。

「A型」のほうが、一般企業などへの就労を目指すという目的が強く持たれており、

「B型」よりも、利用者が得る工賃が高いという側面がありますが、

どちらも最終的には一般企業等への就労を視野に入れています。

 

その中でも、シェスタさんは、こころの病を持つかたが利用しているところで、

本格的な焼き菓子を製造・販売したり、カフェで接客したりという仕事もされます。

 

今回の研修では、そのかたたちと焼き菓子をつくったり、

小学校や中学校に訪問して、お菓子を販売する仕事を体験させていただきました。

 

研修中にシフォンのプレーンを頂いたのですが、

ほどよい甘さでとても美味しかったです!

 

 

ゆず味のお菓子もありました!(そばにゆずるくんが!)

 

写っているのはほんの一部ですが、かわいい雑貨もたくさん置いてありました。

 

品揃えが豊富で、ラッピングが素敵でした。

研修中に、何か購入させていただこうと思っていたのですが、できませんでした…

またぜひとも、焼き菓子や雑貨を購入しにお邪魔させていただきます!

 

 

最後に、わたしの相棒の写真を載せたいと思います。

 

大学2回生のときに買ったギターです!(名前はつけていません。)

大学でギターサークルに入っており、今でも趣味としてギターを弾きます。

いつか箕面の大自然のなかで、このギターをジャカジャカ

弾きたいという野望をかなえたいです!(笑)

 

 

今回のブログは以上で終わります。

今後ともよろしくお願いします!

 

次回は辻野さんが更新します!

辻野さんとは顔が似ているらしく、よく間違えられます(笑)

 

 

 

箕面市では、2017年4月1日(土曜日)から2017年7月31日(月曜日)まで、「病気やけが、何かあったら♯7119救急安心センターおおさかへ!」を統一キャンペーンとして実施中です。

 


この記事をはてなブックマークに追加

介護ロボット導入促進事業

2017年04月21日 | 健康福祉部

みなさま、お久しぶりです。

介護認定・事業者指導室の上仲です。

 

 

今回で5回目、最後のブログになります。

 

今回は介護ロボットについて紹介したいと思います。

 

●介護ロボットとは

 

まず、介護ロボットと聞いても具体的にパッと思い浮かばないかと思います。

 

介護ロボットとは、介護者の負担軽減のため、高齢者のかたの移乗支援、移動支援や見守り支援を行う機器のことです。現在介護業界では人手不足と離職が問題となっているため、介護現場において、介護ロボットの活用が期待されています。

 

具体的な介護ロボットについてはこちらの経済産業省ロボットポータルサイトにて紹介しています。

 

しかし、その一方で、市場性・安全性・実用性の問題から開発、製品化がなかなか進んでいないのが現状です。

そのため、厚生労働省は平成27年度の補正予算を財源に、介護ロボット導入促進事業を行いました。

 

こちらの厚生労働省のホームページで事業についての説明があります。

 

支援対象とするロボットは3つの要件があり、すべてを満たす介護ロボットに導入支援を行いました。

 

1. 目的支援

    日常生活支援における、移乗支援、移動支援、排せつ支援、見守り、入浴支援のいずれかの場面において使用され、介護従事者の負担軽減効果のある介護ロボット。

2. 技術的支援

    ロボット技術を活用して、従来の機器ではできなかった優位性を発揮する介護ロボット。

3. 市場的要件

    販売価格が公表されており、一般的に購入できる状態にあること。

 

これら3つの要件を満たすロボットを事業所へ導入する費用を助成するものです。

 

箕面市では、市内12事業所が介護ロボットを導入しました。

 

移乗・移動支援  7事業所

見守り支援         5事業所

 

となっており、導入から3年間、使用状況を報告していただくことになっています。

 

●近況について

私の職場がある箕面ライフプラザでは毎朝ラジオ体操をしています。

箕面ライフプラザ内のアトリウムでは、職員だけでなく、地域のかたも参加されており、毎朝ラジオ体操に参加するごとにスタンプをスタンプ帳に押してもらえます。

 

今回は舞台上でラジオ体操をさせていただきました!

 

私の左側でラジオ体操をしている人ですが、 

なんと同期の中川さんがこの4月の人事異動で同じ室に配属になりました!

これから3人体制で箕面市内の地域密着型サービス事業所の担当をしていきます。

 

 

話をラジオ体操に戻しますと、

スタンプ30個ごとに滝の道ゆずるの缶バッチがもらえるほか、市立総合運動場のスポーツ教室の参加費割引特典などもありますので、是非ご参加ください。

私も缶バッチを2つもらいました!

 

 

 

●1年を振り返って

 

社会人になって早くも1年が経ちました。この1年間で、自分の所属の業務のほか、研修や成人祭など、さまざまなことを経験させていただきました。

学生の頃に比べると、非常に内容の濃い1年間でした。

私は部署の異動もなく、今年度も昨年度と同じく介護認定・事業者指導室で地域密着型サービス事業所の担当をしています。

昨年度で学んだことをより、深く追求していきたいと思います。

 

1年間ブログを読んでいただいたみなさま、ありがとうございました。

 

 

箕面市では、2017年4月1日(土曜日)から2017年7月31日(月曜日)まで、「病気やけが、何かあったら♯7119救急安心センターおおさかへ!」を統一キャンペーンとして実施中です。


この記事をはてなブックマークに追加

軽度難聴児補聴器購入費用等の助成が始まりました!

2017年04月10日 | 健康福祉部

みなさまお久しぶりです。
今回で5回目の投稿になります。
障害者支援室の幸田です。


さて、時が経つのは早いもので、入庁してもう1年が経ちました。
この1年は、本当にあっという間だったように思います。


今回は、私が要綱制定に携わった「箕面市軽度難聴児補聴器購入等助成事業」についてお話ししたいと思います。


*箕面市軽度難聴児補聴器購入等助成事業とは!

こうも漢字が並ぶととても固い印象ですね。
簡単に説明すると、「軽度の難聴がある18歳未満の方が補聴器の購入などをする際に、費用の一部を市が助成をしますよ!」というものです。

補聴器購入を助成する国や府の制度は、重度難聴児(両耳の聴力レベルが70デシベル以上)と中度難聴児(両耳の聴力レベルが60デシベル以上)のみを対象としており、軽度難聴児は支援を受けることができませんでした。
しかし、軽度難聴児も成長過程の早い段階で補聴器を装着しないと、語彙力やコミュニケーション能力の発達に支障をきたすケースがあると言われています。
逆に、早期に補聴器を装着することは、日常生活や学習支援への支障を少なくし、言語能力の獲得に非常に有利であると考えられることから、市として助成することになりました。
今回箕面市でスタートした助成事業では、対象の要件には聴力レベルを定めず、医師によって認められた場合はすべて助成対象としています。
健診などで難聴とわかればすぐに補聴器を装着できる環境を整え、軽度の難聴児の教育、言語及び生活適応訓練を促進し、福祉の増進を図ります。

助成対象について詳しく知りたい場合は、箕面市軽度難聴児補聴器購入等助成事業に関するページをご覧ください。


~最後に~

私の投稿は今回で最後となります。
転職して1年目の昨年は、クリーンセンターでの研修や、成人祭の企画など初めての経験をたくさんさせて頂きました。
先週金曜日には異動に伴う配置換えもあり、私の隣にはこの春から新規採用された方が座っています。
室のメンバーも変わり、担当業務も少し変わり・・・。
入庁当時の気持ちを思いだして、再び気持ち新たに業務に励みたいと思っています。
最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。

 

箕面市では、2017年4月1日(土曜日)から2017年7月31日(月曜日)まで、「病気やけが、何かあったら♯7119救急安心センターおおさかへ!」を統一キャンペーンとして実施中です。


この記事をはてなブックマークに追加

年度末もイベント盛りだくさん!!

2017年03月27日 | 健康福祉部

みなさんこんにちは!

保健スポーツ課の村島でございます!

 

もうすぐ4月なのにまだまだ朝晩が冷えますね。

はやく暖かくなって体を動かしやすい気候になって欲しいものです。

 

 

さて、私も1年間様々なスポーツ関連のイベントを紹介して参りましたが

最後も盛りだくさんで締めくくりたいと思います。

 

 

まずは前回のブログで告知いたしましたコチラ!! 

第9回箕面森町妙見山麓マラソン大会(3月12日実施)

この大会は箕面市(とどろみの森学園)をスタートし、豊能町(東ときわ台小学校)へ向かうもので風光明媚な箕面森町の町並みと豊能町の閑静な住宅街や山間風景といった自然を身近に感じながら気持ちよく走れるコースが魅力です。

距離は3㎞、5㎞、10㎞の3つの選択でき、ファミリー(2~5人)での参加もできる健康マラソンです。今年は天候も良く、1,144人の方にご参加いただきました!!

 

来年度は第10回を迎えるこの大会!!次回もたくさんのご参加をお待ちしております!!

 

 

 

続いてはコチラ!!

春のこどもフェスティバルin箕面(3月18日実施)

このイベントは健康スポーツ推進事業の一環として行われている箕面の滝道を歩くウォークラリーのイベントです。

瀧安寺前広場(箕面公園内)をスタートし、箕面大滝を経て、芦原公園に向かう全長約5㎞のコースです。

 

 

まず、スタート会場の瀧安寺前広場で「ゆずるからの挑戦状」を受け取ります。

 

コース途中には、ゆずるからのクイズ(謎パネル)が7箇所設置されています。

 

抽選を待つ行列の様子です。

7箇所すべての謎を解けたひとには芦原公園ゴール地点で豪華賞品があたる抽選会に参加できます。

 

 

今回の挑戦状の答えははじめのいっぽ

 

このイベントを機会に毎日健康に過ごせるカラダをつくるために、日常的に運動する習慣を身につけて欲しい!というゆずるからのメッセージが込められています!

 

 

1等賞は話題の最新ゲーム機!!歩いて健康になってしかも豪華賞品まで貰える。

なんと素晴らしいイベントなのでしょうか。私自身が参加したいくらいです。

 

ゴール会場では「こども会フェスタ」も共同開催!!

今年はイベント全体で3,750人のご参加をいただきました!

来年もたくさんのご参加をお待ちしています!!

 

健康スポーツ推進事業では、週末滝道ウォーキングやラジオ体操など誰でも自由に参加できるイベントを実施しています。

みなさんも是非参加して、楽しく健康になりましょう!!

 

 

 

そして、最後はコチラ!!

大阪エヴェッサ箕面市応援デー(3月25日・26日実施)

大阪を代表するプロバスケットボールチームの大阪エヴェッサ。

公式戦の2日間を箕面市応援デーとして実施いただき、箕面市のPRをして参りました!!

もちろんこのイベントにもゆずる登場です!!

 

会場は大阪エヴェッサのホームスタジアムでもあります、大阪市港区の府民共済SUPERアリーナ!!

箕面市から少し離れた会場であったので、箕面市の認知度が少し気になっておりましたが、さすが全国ゆるキャラグランプリ第5位の滝の道ゆずる。私の不安を一掃してくれました!!

 

大阪エヴェッサ様には、箕面市立第一総合運動場のスカイアリーナにてバスケットボール教室行って頂いています。みなさんも是非一度体験してみてくださいね!!

 

 

 

~最後に~

5回に渡って書いてきましたブログも今回が最後。

1年間働いてきて、箕面市の職員として強い自覚を持って頑張らねばと思うようになりました。

仕事には一人ずつ担当というものがあります。

しかし、市民の方々からの見え方は“保健スポーツ課〇〇担当の村島”ではなく、“箕面市役所職員の村島”であります。

箕面市へのあらゆる問いかけに全て答えることは難しいですが、まずは保健スポーツ課の業務のことは村島に聞けば分かる!

と言えるぐらいの知識を身につけ、いずれは箕面市へのあらゆる問いかけに答えられる職員になれるようこれからも精進して参ります。

 

みなさま、1年間お付き合いくださいましてありがとうございました!でもまだまだこれからです。

私を含めまして、平成28年度新規採用職員の活躍にどうぞご期待ください!!

今後とも、よろしくお願い申し上げます!!

 

 

箕面市では、2017年3月31日(金曜日)まで、「自転車事故ゼロ」をめざして、「ながら運転」をなくし、自転車を安全に乗っていただくキャンペーンを実施します。


この記事をはてなブックマークに追加