箕面市役所 新人奮闘記!

箕面市役所の新人職員が、奮闘の日々をブログにします。
新人職員だから語れる率直で元気あふれる内容です。

幼児教育保育室 谷です!

2016年05月30日 | 子ども未来創造局

みなさま、はじめまして。

子ども未来創造局 幼児教育保育室の谷 茂樹(たに しげき)と申します。


 

人生初のブログということで拙い点もあるかと思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。

今回は初回ということで(1)自己紹介 と (2)新規採用職員研修 について書かせていただきます。


(1)自己紹介
私は幼少期から高校卒業まで、緑豊かなこの箕面市で育ちました。
大学入学を期に1度箕面市から旅立った後、6年ぶりに箕面市へ戻り、地元箕面市の市役所で勤務するに至りました。
 
昨年1年間は任期付職員として現在の職場で様々な経験を積ませていただき、行政実務経験者採用試験を経て、平成28年1月より常勤職員として勤務させていただいています。

現在は任期付職員のときから変わらず、保育所や認定こども園における『 お金 』に関する業務を担当しています。

次回以降に、「子どもの保育料はいったいどうやって計算するのか?」や「子どもが施設に在籍した場合、いったいどんなお金のやり取りが発生しているのか?」などを紹介できればと考えております。


(2)新規採用職員研修
5/9〜5/20の2週間、環境クリーンセンターへ清掃体験研修に行ってきました。

研修では、こんな収集車(大型不燃ごみ収集用)や


こんな収集車(ペットボトル収集用)

 

に乗って、西は瀬川から東は小野原東まで、市内の至る所へごみの収集に行ってきました。

高校生以来久しぶりに市内を回っていると、「こんな新しい道ができたんだ!」や「ここはどんどん住宅地の開発が進んでいるな!」など、箕面の街について新しい発見をすることができました。

残念ながら今回の研修では箕面森町などへ行く機会がありませんでした。またの機会にそういった地域も散策をし、箕面の街についてより詳しくなりたいと思います。


ここで、研修の中で学んだことを1つ紹介させていただきます。

それは、不燃ごみ(なべ・グラス・陶器など)の出し方についてです。

箕面市内で不燃ごみを出すためには、箕面市指定ごみ袋等取扱店にて


この青字で書かれた『 燃えないごみ専用袋 』を購入し、この袋の中にごみをはみ出さずに入れなければなりません。

実際に不燃ごみの収集をしていると、『 燃えないごみ専用袋 』に入れられておらず、収集できないことも稀にありました。

可燃ごみと違い不燃ごみは、たまにしか収集に出さないご家庭も多いと思います。久しぶりに不燃ごみを捨てる際、このブログを思い出し、『 燃えないごみ専用袋 』に入れてごみを出していただけると幸いです。


それでは、今回のブログは以上とさせていただきます。
最後までお読みいただきありがとうございました。


次回は、2人目の『 天然記念物 』新卒男子の上仲くんです。

 

 

箕面市では、3月27日から5月31日まで「目立つワイヤー錠で自転車ロックをしていただくキャンペーン」を実施中です。


この記事をはてなブックマークに追加

審査指導課 杉本です!

2016年05月27日 | みどりまちづくり部

皆さんはじめまして みどりまちづくり部 審査指導課 開発調整グループに配属されました杉本 亘(すぎもと わたる)と申します。
これから、1年間 新人ブログを掲載させて頂きます。どうぞよろしくお願いします。

 




人生初のブログを書くので、どう書いたらいいかわかりませんが、
1回目と言うことで自己紹介からさせて頂きます。


生まれ育ちは大阪北摂の高槻市で、大学卒業後は約10年間 民間の建設会社で働いていました。民間会社での経験ですが、ちょっと前話題になっていた北陸新幹線の工事にも携わっていました。気づけば33歳で、今では2児のお父さんです。

 

 

配属された課ですが、審査指導課(しんさしどうか)と言う課で仕事をしております。
審査指導とはどんな仕事?と思う方が大半だとおもいます。私もそうでした。
土地の区画、形、質の変更を行う工事に対して審査指導し開発・建設行為の許可を出す仕事です。
もっとわかりやすく言うと、家を建てたり、スーパー、コンビニ、を建てたりするのに開発・建設行為の許可を出す仕事です。
う〜んやっぱり難しい………私もまだまだわからないことだらけで、日々
法律・条例・要綱などと格闘中です!!

これが私のガイドブックです  

 

↑(箕面市まちづくり推進条例 冊子)

 

 

話はかわりますが、5月前半に新人研修の1つである清掃体験研修で箕面市クリーンセンターへ行ってきました。


その中で特に印象に残っていることが、ゴミの収集・回収以外の仕事で、

学校給食で出た野菜くずと、市内の街路樹や公園での剪定枝をリサイクルし

【ゆずる完熟堆肥】を作って販売していたことです。

 

 

 


【ゆずる完熟堆肥】がどのように作られているの?

と気になる方が多いと思うので紹介します。
はじめに粉砕機を使って剪定枝をチップにし、堆積させ発酵させます。
それを2ヶ月に一度堆積物を、切り返し6ヶ月間かけて発酵させます。

 

↑(剪定枝チップ 堆積発酵状況)

 


そして、回収してきた学校給食で出た野菜くずと発酵させた剪定枝チップを、バイオメイトと言う「高速発酵処理機」で混ぜながら更に6ヶ月間かけて発酵させます。発酵物は60度くらいになりますが、冬場の温度管理と水分管理がたいへんだそうです。

 

↑(高速発酵処理機:バイオメイト)

 

 

堆肥発酵中も1次発酵・2次発酵・完熟化と堆肥を切り返し温度管理をしながら熟成させます。

 

↑(発酵物切り返し状況)

 


完成した堆肥を2kg毎に袋詰めをしていざ出荷!!


 


↑(完成堆肥 袋詰め状況)

 


主な原料は野菜くずと剪定枝チップで、過度な塩分や油分が含まれていませんので安全・安心です!肥料の3大要素のチッソ・リン・カリを理想的なバランスで配合され、特にチッソを多く含んでいるため、家庭菜園などの野菜作りにぴったりです。 

【ゆずる完熟堆肥】私も家庭菜園をはじめたので、1度使ってみようと思います!!

 

↑(ゆずる完熟堆肥)

 

 

拙い文面を最後まで、ご精読いただきありがとうございます。

次回は、こよなくサッカーを愛するオフェンスが得意な谷くんです!


箕面市では、3月27日から5月31日まで「目立つワイヤー錠で自転車ロックをしていただくキャンペーン」を実施中です。


この記事をはてなブックマークに追加

障害者支援室 幸田です!

2016年05月23日 | 健康福祉部

健康福祉部 障害福祉課 障害者支援室の幸田と申します。
ブログを書くのは初めてですが、箕面市の魅力や業務内容等をできる限りわかりやすくお伝えしていきたい思います。
不慣れなためお見苦しい点もあるかと思いますが、1年間お付き合い頂ければと存じます。
今回は、(1)自己紹介と(2)近況報告をお伝えしたいと思います!

(1)自己紹介

箕面市で働き始める前までは、約5年間民間企業に勤めておりました。
まったく違う業種への転職なので、役所での仕事の仕方にはじまり、担当業務に関係する専門用語など様々なことに右往左往しているところです。
恥ずかしい話ではありますが、箕面についてあまり詳しくないので、このブログを通して新たな発見があればどんどんお伝えしていきたいと思っています。

(2)近況
「ボッチャゲームに参加してきました!」

5月8日(日曜日)に箕面市肢体不自由児者父母の会主催の「ボッチャ&焼肉パーティ」に参加させて頂きました。
箕面市肢体不自由児者父母の会は、身体障害のある、また身体障害と知的障害のあるお子さんのおられる親の会で、重い障害があっても地域で安心して暮らせることをめざしていろんな活動をされています。
「ボッチャ」とはなにかご存知でしょうか。
私も今回参加して初めて知ったのですが、ボッチャとは障害者の方のために考案された、パラリンピックの正式種目にもなっている競技です。
上の画像は、私と同じグループで働く先輩が奮闘する様子です(ナイスフォームですね!)。

 ルールをざっくり説明すると、赤チーム青チームに分かれ、競技エリアに交互にボールを放ちます。
最終的に、競技エリアの真ん中に置かれた白いボールに自分チームのボールをより近づけた方が勝ち!というゲームです。
ボールは画像のものを使用します(赤青白の3色で同じ大きさのものを使います。)
ボールは転がしても投げてもよく、イメージするならペタンクやカーリングが近いでしょうか。

また、ボッチャは皆が等しく参加ができるよう工夫がなされています。
思ったようにボールを自分で投げたり転がしたりすることが難しい方は、上の画像のような補助具を使います(写真がすこし分かりにくいですが・・・)。
この補助具は、開催場所であるささゆり園の職員の方が、雨樋を利用して作成されたそうです。
今回、父母の会の方をはじめ、卒業生を含む学生ボランティアの方や父母の会と関わりのある様々な機関の方などたくさんの方が参加されていました。
そのようななか、全員が1回はゲームに参加できるようにしてくださっていたので、皆さんとても楽しそうな様子でした。

そして、そして…

結果発表ーー!
なんと!我らが箕面市障害福祉課チームは、優勝いたしました!!(水色の枠のチームです。)
勝利のあとの焼肉はより一層美味しく頂くことができました。ごちそうさまでした。


箕面市肢体不自由児者父母の会の樫原会長をはじめ関係者の皆様、今回は新人ブログの掲載にご協力頂きありがとうございました。この場をお借りして、改めて御礼申し上げます。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

次回は、同期会を主催してくださったすてきなお父さん杉本さんです!

箕面市では、3月27日から5月31日まで「目立つワイヤー錠で自転車ロックをしていただくキャンペーン」を実施中です。


この記事をはてなブックマークに追加

箕面広報室 松村です!

2016年05月20日 | 市政統括

皆さん、初めまして…!
今年の4月から箕面市役所に入庁致しました、箕面広報室の松村郁弥(まつむらふみや)と申します。
これから1年間、新人奮闘記でお会いすることになります。どうぞよろしくお願いします!

 

実は私、箕面市役所の新規採用職員としては「割と珍しい!」と言われる、新卒職員です。つまり、つい2ヶ月ほど前までは大学生をしておりました。

採用決定者懇親会に参加させて頂いた際に、自己紹介すると先輩職員から


「えっ?新卒?新卒の男子?!天然記念物やん!」


と言われ、「えええ〜〜〜???どういうこと〜〜???」となったことは記憶に新しいです。
それだけ箕面市役所には新卒職員が少ないようですね。中でも新卒男子となると天然記念物級の珍しさだそうです。どうやら僕は知らぬ間にトキやオオサンショウウオと肩を並べていたようです。恐れ多いです。

今年は行政職としては、僕の他にもう1名!新卒男子が入庁しております。
後日こちらのブログで自己紹介をしてくれると思います。


さて、初回のブログということで簡単に自己紹介と私が担当している業務についてお話しようと思います。


〇自己紹介
先にも触れたように、今年の3月まで大学生をしておりました。生まれは箕面市ではないのですが、大学生活を箕面市で送って参りました。
まだまだ箕面については知らないことも多く、毎日が発見の連続です。

例えば、

「キューズモールって昔はカルフールやったんか!!てことはフランス産の食品も売ってたんかなあ」
とか
「171号線沿いって飲食店多いんやなあ」
とか
「小野原のケンタッキーで、フライドチキン食べ放題がやってるってほんま!?」
とか
「箕面自由学園高校って住所は豊中市なんや!」

などなど、箕面市に住まれて長いかたにとってはなんでもなさそうなことも、私にとっては新鮮に思えることがたくさんあります。
これからも箕面市のことを多く知り、市職員として日々の業務に活かしていきたいと思います。


〇箕面広報室のお仕事
さて、改めてになりますが、私が配属になったのは箕面広報室です…!
今皆さんが読まれている新人奮闘記などのブログの管理も、箕面広報室が担当しているんですね。その他にも多くの仕事を受けもつ部署ではあるのですが、

今回は、私も担当させて頂いている「広報紙『もみじだより』の発行業務」これについて少し紹介したいと思います。

箕面にお住まいのかたなら一度は見たことがあるであろう、これ!


【写真:もみじだより】

もみじだより(^^)
変わっているねと思われるかもしれませんが、実は私この「もみじだより」のファンなのです。

というのも、大学生の頃、箕面市在住の友人の家に遊びに行った際、たまたま机の上に「もみじだより」が。
表紙に“ででん!”とデザインされたカラー写真が目に止まり、何の気なしにページめくると、そこには、
めくってもめくっても終わることのないカラーページ、1ページ毎に目を引くデザイン、無駄のない洗練された文章!(先日冷静に読み直すと、その月のカラーページは14ページでした。)


「何これ、(市の広報紙なのに)おもしろい…」


私は友人に尋ねました。


「これってタダなん?」


友人は答えました。


「そうやで」


すごい…(°_°)
驚きの余り私は思わず言ってしまいました。


「毎月、読み終わったらおれにも読ませて」


今から思うと唐突で偶然の出会い。
しかし、この出会いをきっかけに、箕面市職員の募集を知り、採用試験を受けてみようと思ったわけですから、もみじだよりのパワーはすごいです。


【写真:「もみじだより5月号」カラフルでかつ目を引くデザイン!もちろん文章にもこだわっています。】

そんな電撃的なもみじだよりとの出会い。
採用が決まった後、「行きたい部署はどこ?」と尋ねられた時、「箕面広報室です!」と答えないわけにはいきませんでした。
ただ、そのように答えている時は、「希望なんて通らないだろうなあ」と思っていたのですが、4月1日、蓋が開けば配属は


「市政統括 箕面広報室」


「まじか。」
すごく嬉しかったです(^^)
そして、広報室の数ある仕事の中で、「広報紙の発行業務」を担当させて頂いております。ありがたいことです。

そして現在、実際に広報紙を発行する立場になって感じることは


「なんてたくさんの人の『英知』が詰まってるんだ…」


ということです。
箕面広報室はもちろん、実際に記事を書きデザインまで手掛けて下さる箕面FMまちそだて株式会社の皆さん、締め切りギリギリまで紙面向上に協力して下さる各担当課の皆さん。

多くの人の目に触れ、修正され、また修正され、またまた修正され、まだ修正され、まだまだ修正され、それでも修正され、今度こそと思うがまた修正され、
…そうやって少しずつ少しずつ磨き上げられ、市民の方々の前に自信を持って出せる状態にした「もみじだより」を、毎月箕面市内全戸に配布しております。

各自治体がそれぞれに発行する広報紙ですが、私は「もみじだより」はその中でも、非常に読みやすく楽しめる広報紙の一つであると思っております。


【写真:「もみじだより5月号」裏表紙には滝道ウォーキングやラジオ体操への呼びかけ、ゆるキャラ缶バッジについて書かれています。滝の道ゆずると他地域のゆるキャラとのコラボ缶バッジ…かわいい!】

「毎月読んでるよー」というかた、ありがとうございます。これからもご愛読お願いします。

「読んでなかった…」「たまにしか読んでないや…」というかた、是非とも毎月読んでください。命に関わるような大切なお知らせもあります。そういった真剣な内容の記事を分かりやすく読むことができるのが、「もみじだより」の良いところだと思います。


【写真:「もみじだより5月号」より「命のパスポート59」(新・防災マップを確認し、避難所までの道順を確認するように伝えています。)】

というような感じに、「もみじだより」について偉そうに講釈をたれましたが、かく言う私も、まだまだ広報紙については分かっていないことばかりです。
今はまだ、広報紙担当の上司にしがみ付いているのが精一杯の状況ですが、
いつか必ず、「もみじだより」の紙面向上に貢献したいと思っております。
今はそのためにたくさん学ばさせて頂いています…!

 


すみません、少し長くなりましたが以上です。
読み難い表現等、多くあったかと思いますが最後までお付き合い頂きありがとうございました。
このブログを読んで下さったかたの中に一人でも、「『もみじだより』をちゃんと読もうかな!」と思ってくださる方がおられれば、嬉しい限りです(^^)

では、次回の新人奮闘記は
無類の猫好き(けど犬を飼っておられる)で噂の幸田さんです。よろしくお願いしますね!

 

箕面市では、3月27日から5月31日まで「目立つワイヤー錠で自転車ロックをしていただくキャンペーン」を実施中です。


この記事をはてなブックマークに追加

中央図書館 水原です!

2016年05月16日 | 子ども未来創造局

子ども未来創造局 中央図書館 の 水原壽美(みずはらかずみ)と申します。


初めてお目にかかるかた、また、お世話になっておりますみなさまも改めて、このブログを機会にお見知り置きいただきますと幸いです。

よろしくお願い申し上げます。


それでは早速、自己紹介に移りたいと思います。


* 経歴 *
さかのぼること30数年、時代はまだ昭和の京都に生まれ育ち、高校・大学では、弓道に打ち込みました。

箕面市では、平成25年4月より任期付き職員としての職歴があり、引き続き、今年度より(正確には、平成28年1月より)常勤職員として奉職しております。

なお、任期付き職員として勤めました3年間のうち、2年間は中央図書館で、1年間は健康福祉部で経験を積みました。

今年度より、常勤職員として再び中央図書館に配属となったことで、図書館をご利用のみなさんの中には、私のことを覚えていてくださり、声をかけてくださるかたもいらっしゃいます。そのことが今、とても嬉しく、励みになっています。


* 趣味 *
ところで、個人的に好きなことは、旅行に行くことです。

ちなみに、行った先々で写真におさめているのがこちら↓  

  

   

マンホールです。 


箕面市立図書館には、以下の本があります。 

◆ 『 デザインマンホール 100選 』 池上修・池上和子 著 ( 株式会社アットワークス )

◆ 『 路上の芸術 マンホールの考察、およびその蓋の鑑賞 』 垣下嘉徳 著 ( 新風舎 )

◆ 『 マンホール 意匠があらわす日本の文化と歴史 』 石井英俊 著 ( ミネルヴァ書房 )

 

この本で、箕面市PRキャラクター「滝ノ道ゆずる」のマンホールがあることを知り、早速探してみました。

   

 

みなさんも新たな発見を求めて、箕面市に、そして図書館に足を運んでいただければと思います。

それでは、次回のブログでお目にかかれますことを。
みなさまどうぞお元気で。

 

箕面市では、3月27日から5月31日まで「目立つワイヤー錠で自転車ロックをしていただくキャンペーン」を実施中です。


この記事をはてなブックマークに追加

固定資産税室の宮崎と申します!

2016年05月13日 | 総務部


はじめまして、総務部固定資産税室の宮崎花菜(みやざきかな)と申します。
1年間ブログを掲載させていただきますので、よろしくお願いします!

「はじめまして」と挨拶させていただきましたが、実は!!
新人ブログに登場するのは初めてではないのです!
「二度目まして」です。
さて、ではいつ登場していたでしょうか。
お時間がありましたら是非、過去の先輩職員の記事を読み返してみてください。
正解は次回に!

 

★自己紹介
私は箕面市で育った、箕面っ子です。
仕事をしている中で、お世話になった先生方など懐かしい再会を果たすこともあります!
そんな時にも、箕面市で働けてよかったなと思います。

私は平成26年に任期付職員として採用され
その後、平成28年1月から常勤職員として働いています。
任期付職員時は中央図書館に所属していました。
中央図書館ではたくさんの利用者のかたとお話をさせていただきました!
私の事を「見かけたことがあるよ」というかたも多いかもしれませんね。
固定資産税室には今年4月から所属しています。


★体験研修について
箕面市では新規採用職員に様々な研修があります。
その中でも、長期間に渡る研修として清掃体験研修と福祉体験研修があります。
福祉体験研修は3日間、清掃体験研修はなんと!10日間!!

清掃体験研修では、実際にゴミの収集に同行させていただきました。
突然ですが、こちらの写真をご覧ください。



みなさまご存じの通り、箕面の滝道です。
なんと収集車は滝道を走ります!!
その運転技術を真横で目の当たりにした時は感動しました。

観光されているかた、ハイキングをされているかたには
ご迷惑をおかけいたしますが、収集車が通る際にはご協力をお願いいたします。

 

福祉体験研修では「シェスタ」さんにお世話になりました。



シェスタさんでは心に病を持つかたがそれぞれ目的を持って働いています。
研修中はいろいろなお話ができ、とても充実した3日間でした。

シェスタさんでは喫茶の運営・焼き菓子の製造、販売を行っています。
私はシェスタさんの焼き菓子が大好きなんです!
とにかく、おいしい!!
喫茶以外でも学校、施設等で販売を行っておりますので是非1度食べてみてください!



写真のもの以外にもたくさんの種類があります。


体験研修では、実際に体験したからこそ学べたこと、発見できたことがたくさんありました。
また、様々な人との関わりの中で感じたこととしっかり向き合い
今後の業務に活かしていきたいと思います。


それでは今回はこの辺で終了とさせていただきます。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
また次回のブログでお会いできるのを楽しみにしています。

 

箕面市では、3月27日から5月31日まで「目立つワイヤー錠で自転車ロックをしていただくキャンペーン」を実施中です。

 


この記事をはてなブックマークに追加

保健スポーツ課の村島と申します!

2016年05月09日 | 健康福祉部

皆さま、はじめまして!

 

平成28年度新規採用職員「新人奮闘記!」

 

第3回目を担当させていただきますのは

 

 

健康福祉部 保健スポーツ課(併)子ども未来創造局 保健スポーツ課

村島 樹(むらしま いつき)でございます。

 

 

 

 

ちょっと待ってください!結局のところ健康福祉部と子ども未来創造局どっちなの?と気になったかたもいらっしゃるかと思います。

 

 

正解はというと…

 

 

 

 

 

どちらもなんです!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

じゃあ、保健スポーツ課の仕事って?

 

 

 

みなさまに健康でいきいきした日常生活を送って頂くための環境や機会を整備・提供することです。

 

 

 

そのために、健康の増進という“福祉”の要素と

 

地域スポーツの振興など“運動”の要素からアプローチをかけています。

 

 

 

 

 

私はその中でも、子ども未来創造局側の仕事を主に担当しています。

 

 

市民スポーツカーニバルや豊能町さんと共同開催している箕面森町妙見山麓マラソン大会などのスポーツイベントの企画・運営に関すること。

 

市立総合運動場の環境維持に関すること。

 

総合体育大会に関することなどなど色んなことをしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

年間をとおしてイベントがたくさんあるので、当日だけでなく事前の調整や準備のために外出する時間も他の部署に比べて多いかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

つい先日の4月29日にも、ガンバ大阪の箕面市民応援デーへ出向き箕面市をPRして参りました!

 

 

 

 

 

箕面市は平成27年の5月にガンバ大阪のホームタウンになったばかり。

 

 

 

平成28年2月には新スタジアムも完成し、市としてもサッカーを通じての地域スポーツの活性化に熱が入っています!!

 

 

 

 

 

 

 

今回は、箕面市のゆるキャラである“滝ノ道ゆずる”くんも一緒に応援に駆けつけてくいれました。ゆずる君の人気は凄まじかったです!!

 

 

 

肝心の試合結果は!?惜しくも0対1と負けてしまいました。悔しいですっ!!

 

しかし、まだまだ序盤戦!シーズン優勝に向けてみんなで応援して行きましょう!!

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、つらつらと書いて参りましたが、今回はこの辺でお別れの時間のようです。

 

 

1年間、「新人奮闘記!」をとおして箕面市の魅力を発信するとともに、市民の皆さまのお役に立てるよう、職員として成長していく姿を描いていけるよう努めて参ります。今後とも宜しくお願い申し上げます。

 

 

 

では、また2ヶ月後にお会いしましょう!!ありがとうございました!!

 

 

 

 

箕面市では3月27日から5月31日まで「目立つワイヤー錠で自転車ロックをしていただくキャンペーン」を実施中です。 


この記事をはてなブックマークに追加

鉄道延伸室の岩崎です!

2016年05月06日 | 地域創造部

皆様はじめまして。本年1月に入庁した 地域創造部 鉄道延伸室 岩崎 です。

人生初のブログUPですが、これから約2ヶ月に1回、計5回登場する予定です。

拙い点もあると思いますが、箕面市の魅力や情報を近況報告をかねて発信していきますので、どうぞ宜しくお願いします!

 

 

〈 自己紹介 〉

私は緑豊かな滋賀で生まれ育ち、山梨の大学を卒業したのち民間の建設会社を約17年ほど経験し、今回縁あって箕面市に入庁しました。

今年41才になりますので、平成28年度行政職採用者の中では最年長のオールドルーキーです!


この年になって20代・30代の同期ができたことは何よりもうれしく新鮮ですが、若い同期に負けないよう頑張っていこうと思ってます!


また、私には妻とともに、5歳の娘と3歳の息子がおります。



↑ 箕面彩都にある「なないろ公園」

 

↑ 先日コマ無し自転車に初めて乗れました!

 

箕面市に引っ越してきてまもなく3年になりますが、おかげさまで自然に恵まれた環境で、のびのび育ってます!

 

〈 新人研修と業務について 〉

4月に入り平成28年度新規採用職員全員が揃い、新規採用者研修がスタート!

公務員としての基本を学ぶ中、4月11日から13日までの3日間は福祉体験研修として「市立介護老人保健施設」へ行きました。

研修では、高齢者の方々へのちょっとした身の周りのお手伝いや、声掛けやコミュニケーションなど体験しましたが、職員の皆さんの対話の仕方やデイで来られる方々が少しでもくつろぎ、気持ちよく帰って頂くための陰の努力をみることができ貴重な経験となりました。

市立介護老人保健施設のスタッフの皆さんありがとうございました!


 

↑ 市立介護老人保健施設の皆さんと

 

さて、私の所属する鉄道延伸室では、北大阪急行線延伸事業の本年秋の着工に向け、日々フル回転で準備に動く中、ゴールデンウィーク直前の4月28日に、一つの節目となる入札公告(工事を発注すること)を出すことが出来ました。

鉄道延伸室の先輩方をはじめ、関係部署やコンサルタント会社が一体となってこれまでの膨大な成果をまとめていく大変な作業でした。私は主に積算業務を担当しましたが、前職の経験とは違って規模が比較にならない程大きく、最後まで油断ならない状況でしたが、まずは工事発注ができたことは大変貴重な経験となりました。

いよいよこれからが延伸事業のスタートですが、この事業が市民の皆さんの賛同を得ながら、無事故で開業を迎えられるよう、これからも頑張っていきたいと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございました!

 

 

箕面市では、3月27日から5月31日まで「目立つワイヤー錠で自転車ロックをしていただくキャンペーン」を実施中です。

 


この記事をはてなブックマークに追加

生活援護室の中野と申します!

2016年05月02日 | 健康福祉部

平成27年度採用職員の先輩たちからバトンを受け取り、
本日から「平成28年度 箕面市役所 新人奮闘記!」がスタートします。


平成28年度の記念すべき第1回目を担当させていただきますのは
お隣に座っている先輩から直接バトンを受け取った

「健康福祉部 生活援護室 中野」です。

人生初のブログですが、このブログを通じ、箕面市の魅力を発信できればと思って
いますので、これから1年間よろしくお願いいたします。

今回は初回ということで、(1)自己紹介と(2)新人研修についてお話ししたいと思います。

(1)自己紹介

私は生まれも育ちも大阪の北摂で、生まれてこのかた北摂から出たことがない根っからの北摂っ子です。
自然に囲まれた地域ですくすくと育ち、今の心優しい私が作られました。

大学卒業後は、約7年間民間企業で勤務し、この度ご縁があり昨年11月に箕面市役所に入庁しました。
初対面の人には大学卒業したてとよく言われますが、今年30歳を迎えるオールドルーキーです。

毎日わからないことだらけですが、わからないことをそのままにせずすぐ解決!
そして1日でも早く箕面市民のみなさまのお役に立てるように日々奮闘しています。

 
(2)新人研修

4月から心機一転、2度目の社会人1年生として歩み始めました。

私の同期には私同様民間企業経験者の新人もいれば、大学を卒業したての新人もいます。

そんな我々は一人前の箕面市職員となるべく、4月から数々の研修を受けています。

数々の研修の中で特に得たものが大きかった研修が「清掃体験研修」です。
清掃体験と聞くと、施設の掃除などをイメージされるかもしれませんがそうじゃありません。

研修内容は粟生間谷にある環境クリーンセンターという施設にて、実際に箕面市内の
ごみの収集業務を行うといったものでした。

 

↑ これが環境クリーンセンターです。箕面市と茨木市の境目に建っています。


しかもこの清掃体験研修。なんと研修期間は2週間!
初めそれを聞かされた時、「研修期間は長いけどまぁ新人だし、そんなきついことはしないだろう」と思っていました。

そんな気持ちで迎えた研修初日。バスに揺られ環境クリーンセンターに到着。

到着するなり早速作業着に着替え、表に集合。
全員でラジオ体操を行った後、担当者が言った言葉に耳を疑いました。

「そしたら収集に行くからあれに乗って」

指さす先には・・・

 

なんと収集車!!

いつも街中で見かける収集車にまさか自分が乗ることになるとは思ってもいませんでした。

車に乗り込み、いつもと違う目線で見る風景、最初は楽しかったです。
しかし実際の業務はと言うと、かなりきつかったです。

可燃ごみ、大型不燃ごみ、ペットボトルなど家庭から出る一通りのごみの収集作業を体験させていただきました。
しかしこのきつい業務をしてくれるかたがいるからこそ箕面市内がきれいに保たれているのだと実感しました。


さて前置きが長くなりましたが、私が一番言いたかったこの研修で得たもの、それは「同期の大切さ」です。

先ほども言いましたが、2週間の清掃体験研修はかなりきつかったです。
慣れない業務のうえ、体を動かす作業が多く疲労は日々溜まっていく一方でした。

しかしそんな中、同じ悩みを言い合える仲間がいること、励まし合える仲間がいること、どれだけ心強かったことか。
この2週間で改めて同期の大切さを感じました。

何かの縁で集まった同期を大切にし、よりよい箕面市にするため互いに切磋琢磨していきたいと思います。

 

 ↑ 研修最終日にパシャリ。ちなみに私は上段右から2番目です。

 

↑ 研修でお世話になった環境クリーンセンターのかたに向けた色紙です。

 

初回にも関わらず長々と書いてしまいましたが、今回はこの辺で終了したいと思います。

長文なうえ、稚拙な文章に最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

 

 箕面市では、3月27日から5月31日まで「目立つワイヤー錠で自転車ロックをしていただくキャンペーン」を実施中です。


この記事をはてなブックマークに追加

バトンタッチ!!

2016年04月28日 | 健康福祉部

こんにちは。生活援護室の野澤です。

今回のブログで、平成27年度新人奮闘記!の最終回になります。

自分が最終回の担当になるなんて…何を書いたらいいのやら…

って思いながら、同期のみんなの記事を最初から読んでいました。

「あーそんなことあったなー。」と、既に懐かしくもあります。

今回はこの1年間を振り返る総集編でお届けします。

 

清掃体験研修、福祉体験研修

清掃体験研修では、環境クリーンセンターとリサイクルセンターでゴミの収集、空き缶や瓶の分別などを体験しました。

福祉体験研修は、箕面市内にある福祉施設で、施設を利用されているかたと一緒にお弁当やお菓子づくり、レクリエーションなどを体験する研修です。私は、織物や木工づくりを体験してきました。(その時のブログはコチラ

同じ研修でも体験した内容は人によって違います。

しかし、デスクワークではなく、市民のかたと近い距離で接する現場を体験したことで、同期全員の業務に取り組む姿勢が向上したと思います。

 

自転車ネットワーク研修

箕面市内を自転車で安全かつ快適に通行できる空間のネットワークを考える研修です。

実際に箕面市内を自転車で走って、課題などを把握し、解決のためにどういった整備が必要か、みんなで議論しながら進めていきました。

この研修は「自転車ネットワークとはなにか。」「最終的にどういったものを作り上げるのか。」「どうやって進めていくのか。」と、全て自分たちで考えるところからスタートしました。

みんなで活動していくなか、「これで本当に安全?快適?」「この考え方で間違っていない?」と次々と出てくる疑問を解決するため、議論を繰り返していきました。

それぞれが思っていることを伝える難しさも学ぶことができた研修でした。

 

みのおPR研修

紅葉がきれいな秋。たくさんのかたが、箕面市を訪れます。

そのかたに観光マップを配布し、箕面市の魅力を伝える研修です。

声で伝えるのは「こんにちは。箕面市の観光マップを配布しています。」の短い言葉ですが、表情や声のトーンで伝わる雰囲気の大切さを学びました。

 

成人祭

一生に一度の成人式。箕面市では「祭」として盛大に催します。

新成人のみなさんを祝福するために案内状、抽選会の景品、ステージのプログラムなどを企画、当日の運営をしました。

私はハガキとパンフレットを作成しました。「成人証明書」をテーマにしたパンフレットができた時は、頑張った甲斐があったと思いました。

同期が1つのチームとして取り組んだ成人祭。この1年間で1番の達成感がありました!

 

新人としての研修以外にも、業務や職場の研修など、様々な経験をしてきました。

私が1番思ったことは一緒にがんばる人の心強さです。

大変なことがあっても、「同期のみんなもがんばっている。」という気持ちが自分の背中を押してくれます。

2年目になり新人も卒業です。成人祭で作った成人証明書を参考に、新人卒業証明書を作ってみました。

 

新人としてがんばったという気持ち、新人を卒業してこれからもがんばっていこうという気持ちを込めています。

この1年間で経験したことを糧にして、これからもがんばります!(同期のみんなもがんばりましょう!)

 

そして、次回からは平成28年度の新規採用職員の新人奮闘記!が始まります。

私の横でブログの記事を悩んでいる新人がいます。

貴重な経験ができる1年間のバトンを渡しますので、平成28年度の新人奮闘記!にもご期待ください。

 

1年間ありがとうございました!!

 

 

 

箕面市では、3月27日から5月31日まで「目立つワイヤー錠で自転車ロックをしていただくキャンペーン」を実施中です。

 


この記事をはてなブックマークに追加