箕面市役所 新人奮闘記!

箕面市役所の新人職員が、奮闘の日々をブログにします。
新人職員だから語れる率直で元気あふれる内容です。

介護認定・事業者指導室の仕事

2016年08月22日 | 健康福祉部

介護認定・事業者指導室の上仲です。
早くも2回目のブログになります。
8月も終盤に差し掛かってきましたが、依然として暑い日が続きます…
皆さんも熱中症等にはくれぐれもお気を付けください。

さて、前回の予告どおり、今回のブログでは私の配属先である介護認定・事業者指導室の仕事について紹介しようと思います!

漢字が並び、パッと見ただけでは何をしているのかわからないのではないでしょうか。

そんな介護認定・事業者指導室ですが、

● 介護認定グループ
● 事業者指導グループ

の2つのグループに分かれています。
私は2つのうちの事業者指導グループで仕事をしています。

介護認定を受けた高齢者のかたが介護保険を使って利用する施設の事業者のかたと
より地域に根差したサービスを目指して仕事をしています。

そして業務の中でよく聞くのが「地域密着型サービス」という言葉です。

こちらも聞いただけではどういったサービスかわからないかと思われます。

地域密着型サービスとは
介護が必要になっても、自分が住み慣れたまちで暮らしていけるように、市が指定した事業者が地域のかたに提供する介護保険サービスのことです。

例外もありますが、基本的には箕面市内在住のかた限定のサービスです。
そして、地域密着型サービスといっても非常にたくさんの種類があります。

1.定期巡回・随時対応型訪問介護看護 (市内1カ所)

2.夜間対応型訪問介護 (市内0カ所)

3.地域密着型通所介護 (市内21カ所)

4.認知症対応型通所介護 (市内4カ所)

5.小規模多機能型居宅介護 (市内3カ所)

6.認知症対応型共同生活介護 (市内8カ所)

7.地域密着型特定施設入居者生活介護 (市内0カ所)

8.地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護 (市内1カ所)

9.看護小規模多機能型居宅介護 (市内0カ所)

ずらっと並べてみましたが、どれも漢字だらけで何が何だかわからないですね…
私もはじめサービスの種類の多さに驚きましたが、高齢者のかた1人1人の状態に合わせて、住み慣れた環境で暮らしていけるよう、これだけ多岐に渡るサービスがあります。
入庁から4ヶ月経ちましたが、まだまだ勉強の日々です。

そして、これらのサービスと介護認定の申請の流れなどをまとめた冊子があります!

こちらの「高齢者福祉サービスのご案内」という冊子です。
市役所、箕面ライフプラザ窓口にも置いており、高齢者福祉サービスについてわかりやすくまとめています。

紙媒体のものだけでなく、PDF形式のものもホームページに掲載してます。

地域密着型サービスの詳細については次回以降詳しく紹介していこうと思います!

 

●近況について

みなさん暑い夏はいかがお過ごしでしょうか。

先日同期と川遊びに行ってきました!

キャニオニングというものをご存知でしょうか?
ラフティングとは違い、ボートなどには乗らずウェットスーツとライフジャケットを着用して、自分の足で川を下るアクティビティです。
足がつくような浅い場所がほとんどですが、流れが急な場所や滝など、迫力がありました!

なかなか体を動かす機会がないので非常にリフレッシュできました!!

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。
まだまだ暑い日が続きますが、お身体にはお気をつけ下さい。

次回のブログは秋頃です!少し暑さも和らいでいるかと思います!
それではまたお会いしましょう。

 

箕面市では、10月24日(月曜日)まで、「滝ノ道ゆずるが今年も参戦中!ゆるキャラ(R)グランプリ2016」の統一キャンペーンを実施中です。


この記事をはてなブックマークに追加

夏の思い出!

2016年08月19日 | 子ども未来創造局

こんにちは。

幼児教育保育室の谷です。

前回のブログからあっという間に時が流れ、夏休みが始まったかと思えば、8月も残すところ10日ほどになりました。

みなさまは今年の夏をいかがお過ごしでしょうか。

先日、職場の先輩方に誘っていただき、数年ぶりに花火をやってきました。

通常の手持ち花火に始まり


最後の締めはもちろん線香花火


数百本入りの花火セットが1時間も経たないうちに無くなっていくほど楽しい夏の思い出となりました。

さて、今回は前回のブログで少し触れていた(1)担当している業務(2)休日の過ごし方について紹介したいと思います。


(1)担当している業務について
担当している業務の1つに、子どもが保育所を利用した際の利用者負担、つまり保育料を算定する業務があります。

保育料は、4月と9月の年2回切り替えの時期があり、今はまさに9月からの保育料の算定を終えて、保護者の方々に保育料のお知らせを順次発送しているところになります。

ところで、保育料が何によって決定されるかご存知でしょうか?

保育料は様々な要素を総合的に判断して決定されますが、主に子どもの年齢、市区町村民税の所得割額、兄・姉の人数の3つの要素によって決定されます。

●子どもの年齢
保育所に入所している子どもが当該年度の4月1日に何歳であったかを計算します。箕面市では、0~2歳児、3歳児、4・5歳児ごとに料金設定をしていて、クラス年齢が上がるにつれて保育料が安くなります。

●市区町村民税の所得割額
市区町村から送付されてくる納税通知書や市区町村で発行できる課税証明書などにより金額を確認できます。父母の合計金額(注:父母の収入によっては祖父母などを含めることもあります)によって階層が決定され、階層が低いほど保育料も安くなります。

●兄・姉の人数
就学前の兄・姉の人数を数えます。1人であれば保育料が半額、2人以上であれば無料になります。ただし、平成28年度から制度変更があり、市区町村民税の所得割額が77,101円未満であれば、“就学前”という条件がなくなり、小学生以上の兄・姉も人数に数え、1人であれば半額、2人以上であれば無料になります。

これらの要素によって0円から69,400円の保育料が決定されます。

「保育料が7万円弱になることもあるの!!」と驚かれる方がいるかもしれませんが、こういった方々の保育料を国の基準で計算した場合104,000円になることを考慮していただけると、箕面市の保育料が決して高いものではないことが分かるかと思います。


(2)休日の過ごし方について
最近の休日はもっぱらガンバ大阪の応援をしています。

ここ1か月ですでに2試合、明日のヴィッセル神戸戦を含めると3試合、今年度から新しくなった市立吹田サッカースタジアムまで足を運び、ガンバ大阪のユニフォームを着て応援をしています。

8月6日に行われたサガン鳥栖戦では、後半ロスタイムの劇的な逆転ゴールでの勝利となったため、他のファンのかたと一緒に大興奮で応援していました。


なぜ、こんなにガンバ大阪を応援しているかというと、平成27年5月よりガンバ大阪のホームタウンに箕面市が加わったからです。

そういった関係もあり、箕面まつりを含め様々なイベントに選手が登場したり、小学校に訪問して一緒に過ごしたりと地域の振興に貢献してくれています。

ここで、みなさんに今シーズンのユニフォームを紹介したいと思います。


この写真だけでお気付きのかたもいるでしょうか?

なんとユニフォームの中に箕面市が隠れているのです!

拡大した写真がこちらです。


右胸の少し下の部分に箕面市の形と市章が描かれているのです!

選手のみなさんは、箕面市が刻まれたこのユニフォームを身に纏い、日本中で、さらにはアジアの舞台で戦っています。

ガンバ大阪ファンの箕面市職員としてはこんなに嬉しいことはありません。

今シーズンも残すところ9試合。

現在、年間チャンピオンを決めるチャンピオンシップに出場できる3位まで勝ち点差8の5位となっています。

市民応援デーではチケットの価格が安くなったり、北摂小中学生応援デー(すでに申込期間は終了していますが、明日の試合が対象でした)では小中学生が無料で観戦できたりもしますので、ぜひスタジアムまで足を運び、ガンバ大阪がチャンピオンシップに出場できるように応援してみてください。

もしかすると、来シーズンも箕面市がアジアに羽ばたくことになるかもしれません。


今回のブログは以上とさせていただきます。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

箕面市では、8月21日(日曜日)まで、「箕面市長・市議会議員選挙」の統一キャンペーンを実施中です。


この記事をはてなブックマークに追加

気がつけば夏!

2016年08月15日 | みどりまちづくり部

 こんにちは。審査指導課 杉本です。

皆さん早いもので気がつけば夏真っ只中!!

入庁した時が、ずいぶん前のことのように感じるのは私だけでしょうか。

目まぐるしく時が過ぎ、あっという間の5ヶ月間で

充実した日々だったんだなと思います。 

入庁し5ヶ月経ち、仕事の難しさ、面白さが少し見えてきた気がします。

 

現在携わっている仕事を少しだけご紹介したいと思います。

 

初回のブログで少し紹介しましたが

審査指導課は主に開発許可を出しています。

 

はじめに業者さんは計画敷地で自身の考える土地利用が可能かどうかの事前相談に来られます。 

 

その中で、指導を求める業者さんに皆同じ答えを返さなくてはいけないため

ここでは高い公平性が求められます。

  

当然、すべての業者さんに同様の基準で答えを返すのですが、計画敷地の面積・その敷地までの道路状況、建てる建築物など条件によって適用される基準は変わってきます。

  

少しでも条件を見落とすと答えが変わってしまうこともあるので、まだまだ一人で判断しがたい案件も多く先輩方にご教授頂いている次第です。 

 

その後 事前協議書、建設行為協議申出書、協議成立申出書の手順で書類申請がされ

審査し協議が成立します。

  

 

 

(左)事前協議書 (中央)建設行為協議申出書 (右)協議成立申出書

 

我々の指導により箕面市内を秩序ある街に保ち、10年・20年・30年後、より多くの方々に愛され、さらに災害に強い街になるように使命感・達成感を感じながら仕事に取り組んでいます。

 

 

 

 

 

 

 

話は変わりますが、先日3歳の長男とゆずるバスに乗って箕面駅周辺散策にいって来ました。

  

 

(箕面市内 某バス停)

 

  

 

 

箕面駅前で降りサンプラザの地下にある郷土資料館に、ぶらっと立ち寄ってみました。

 

 子供も喜び記念撮影!

 

 

(郷土資料館)

 

  

 皆さん箕面駅前と言えば箕面の滝ですが、今回は駅前の道を少し東に進み

北に向かい坂を上って行く

着いたころには汗だらだら、さすが真夏日!

  

 

 

 

 

さて、ココがどこだかわかりますか?

 

  

そう 聖天宮 西江寺(しょうてんぐう さいこうじ)です。

 

涼しくて、どことなく懐かしい感じを味わえますよ。

 

こちらのお寺では「懸想文(けそうふみ」というお札が売られています。この懸想文は縁談や商売繁盛、家内安全など人々の願いを叶えてくれるお札で、文字が書けなかった人や忙しい人のために代筆したのが始まりと言われています。実はこの懸想文は今でいうと「ラブレター」のことなんです。

この辺りでは、恋愛成就のお寺として有名な良縁のパワースポットになっていますよ。

 

よろしければ一度足を運んでみてください。

 

 

箕面駅前にはまだまだ行きたい場所がいっぱいありますが、

また機会があれば、ご紹介したいと思います。

 

 

まだまだ酷暑のきびしい日々が続きますが、

皆様くれぐれもお身体にはお気をつけください。

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

 

それではこのへんで失礼します。次回は秋のブログでお会いしましょう。

 

 

 

箕面市では、8月21日(日曜日)まで、「箕面市長・市議会議員選挙」の統一キャンペーンを実施中です。

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

障害者ガイドヘルパー研修費用助成について

2016年08月12日 | 健康福祉部

障害者支援室の幸田です!前回の記事からすっかり季節も移り変わり、時間が経つのが早いなぁと実感しています。今回は、(1)担当業務の内容について (2)最近のできごとについてお話したいとおもいます!

(1)担当業務の内容について
私の業務内容をざっくり紹介すると・・・
○補装具の支給・日常生活用具の給付事務
○事業所に対する補助金などの支払い業務
などを行っています。
(ちなみに・・・補装具とは、身体上の障害を補完または代替する用具のこと、日常生活用具とは、重度の障害があるかたなどが日常生活の便宜を図るための用具のことです。詳しくは次回以降、説明したいと思っています!)

 今回は、支払い業務のうちのひとつ、「障害者ガイドヘルパー研修費用助成」についてお伝えしようと思います。

 

<ガイドヘルパーって何?>
そもそも「ガイドヘルパー」自体が聞き慣れない言葉だと思います。ガイドヘルパーとは、一人での外出が困難な障害者のかたが安全に外出ができるように同行し、支援を行う仕事のことです。ガイドヘルパーの他に、移動支援従業者や外出介護員などの呼び方もあります。

<ガイドヘルパー研修費助成について>
箕面市では、障害者ガイドヘルパー(移動支援・同行援護従業者)の養成を促進し、障害のあるかたへの外出支援を充実させるために、ガイドヘルパーの研修費用を上限1万円まで助成しています。
平成28年度の対象研修は以下の4つです。
1.全身性障害者移動支援従業者養成研修
2.知的障害者移動支援従業者養成研修
3.精神障害者移動支援従業者養成研修
4.同行援護従業者養成研修
ガイドヘルパーが増えることで、障害のあるかたが気軽に安全に外出できるようになります。もし、まわりに障害者支援に関心を持っておられるかたがいらっしゃるのであれば、ぜひ!この制度を紹介してください。詳しくは、箕面市HP障害者ガイドヘルパー研修費用助成についてをご参照ください。


(2)最近のできごと
8月11日は、初めての「山の日」でしたね!山の日は、「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する日」、ということで身近な山である箕面山に行ってきました。(体力がないので滝までですが・・・)
日が高くなる前には帰ってきたいと思い、午前5時に自宅を出発して歩いてきました。まだまだ空気もひんやりと気持ちよく肌寒いくらいだと思っていましたが、箕面駅周辺に差し掛かる頃にはすっかり汗ばんでいました。

 

午前6時半、滝に到着しました。早い時間帯ではありましたが、すでに多くの方がいらっしゃいました(なんと、私が登りはじめたときに既に帰ってきているかたも!)。みなさん気持ちよさそうに体操などをされていました。すでにこのブログでも何度か話題にのぼっている「ポケモンGO」をする人もたくさん見かけました。私もしっかり周囲の影響を受けてハマってしまっています。
滝道では、たくさんのかたが、「おはようございます」と挨拶されている姿が印象的でした。なかには、走って滝まで登っていくかたも見かけたのですが、体力の無い私は驚愕するばかりでした。

さて、せっかく夏真っ盛りにブログを書くのなら夏らしいものを!ということで、ちょっと探してみました!
「さるすべり」(夏の花だということは、今回初めて知りました。)

「ゴーヤ」(真ん中あたりに小さなゴーヤが!!)


すっかり夏だなあと思いながらも、通勤中、栗の実が膨らみはじめている姿を見て、秋の予感もしています。ただ、まだまだ暑い日が続きますので、熱中症などには要注意です!
最後までお付き合い頂きありがとうございました。次回は秋にお会いしましょう!

 

箕面市では、8月21日(日曜日)まで、「箕面市長・市議会議員選挙」の統一キャンペーンを実施中です。


この記事をはてなブックマークに追加

「箕面まつり」での写真撮影

2016年08月08日 | 市政統括

みなさまお久しぶりです。
箕面広報室の松村です。初回のブログで、広報紙「もみじだより」について長々とお話しさせていただいた者です。

8月も1週目が終わり、もう2週目に突入いたしました。
広報紙「もみじだより」の発行業務は、主に月初から月の中旬にかけてが忙しさのピークとなります。加えて、成人祭の準備(箕面市では成人祭の準備を新規採用職員が行います。宮﨑さんのブログにもありましたね)もあり、先週はあっという間の一週間でした。


【私が製作に携わることができた「もみじだより」の数も4冊を超え、現在5冊目(9月号)を制作中です。まだまだ広報紙担当の上司にしがみつく毎日です】

前回は「もみじだより」の発行業務についてお話しいたしましたが、
今回は「取材・写真撮影」の業務についてお話しさせていただきます。

箕面広報室では、箕面市独自の取り組みや政策、市内で開催されるイベントなどを、新聞社などの報道機関に情報提供しています。
情報提供の際には、その政策やイベントなどの内容が分かる文章と写真を提供しており、これらは、当然、自分たちで用意する必要があります。そのため、関係者への取材や写真撮影は欠かせない業務ということになります。
現在、報道機関への情報提供は私の上司がメインで行っておられ、上司の書き上げる文章や撮影する写真のクオリティーの高さに驚く毎日です。

そんな中、地域のイベントや出来事などについては、少しずつ新人の私も担当させてもらえるようになってきました。
期日前投票所の開設」や「郷土資料館の企画展示」について、上司の指導の下、私も実際に報道機関に対して報道提供をすることができました。


さて、そういった業務の一環として、
私は7月31日に「第31回 箕面まつり」へと撮影に向かいました。

目的はパレードの撮影。
「良い写真を撮ることができたら、広報紙『もみじだより』9月号の表紙写真に採用されるかも…!」
と言われた私は、意気込んでパレードに向かいました。


しかし、パレードは
雷雨の影響で中止に…


【写真では伝わりにくいかと思いますが、大粒の雨と雷が突然…。騒然となるパレード出発地点(市役所前)…】

当日の演技のために準備されていた出演団体のみなさま、沿道でパレードを楽しみにされていたみなさまは、大変残念なことだったかと思います。
来年は快晴の空の下で開催されることを願っています。

広報紙の表紙写真をねらって3人体制で写真撮影に出ていた私たちも、結局、パレードの写真は撮影できませんでした。
3人のうち2人は突然の雨にずぶ濡れ状態になりながらも、カメラだけは雨に濡れないよう死守いたしました。これぞ「広報魂!」だと思っています。
来年はパレードの写真をたくさん撮りたいと思います。


【パレードのオープニングで市歌の演奏と斉唱が始まった途端、豪雨に…。その瞬間をとらえた広報マン気合いの一枚。(※これしか撮れなかっただけ(-_-;))】


パレードの撮影に出たにもかかわらず、その撮影が難しくなったため、雷雨が止んだ後も中止にならず再開された「ときめき広場」にて撮影を行いました。

職員組合が毎年出店されている当てもの屋さんでは、例年、若手の市役所職員がお店当番をするということで、先輩職員や同期職員が和気あいあいとお店当番を行っていました。

 

また、夜店の1つに「箕面ビール」を販売しているお店が…
と思って見ていると、なんとこちらは箕面市役所箕面営業室のみなさんが運営されているお店でした。

 

箕面ビールの他にも、箕面にゆかりのあるカルピスも販売しておられ、販売と合わせて、ゆるきゃらグランプリに出場中の「滝の道ゆずる」への投票を呼びかけていました。

また、屋内に目を向けると、こちらも市役所内でよくお会いするかたがたが…

 

北急延伸工事が8月から始まるということで、その周知や説明のためのブースが設けられており、地域創造部のみなさんが出務していました。

私が撮影をしていた5分程の間にも、多くの市民のかたがこちらのブースに足を運んでおられ、北急延伸工事がいかに地域のかたから興味関心を寄せていただいている事業であるのかを強く感じました。


【職員の説明に、耳を傾けておられたご家族】


パレードの撮影はできませんでしたが、その分ゆっくりと「ときめき広場」を見てまわることができました。

 

来年はパレードの写真も撮影し、広報紙の表紙を飾りたいです…!
そのために撮影の腕を磨いていきたいと思います(^^)

以上です。長くなりましたが、最後までお付き合いいただきありがとうございました。


それでは次回のブログのご紹介。
次回、8月12日(金曜日)の担当は幸田さんです!
幸田さん、なにやら最近ハマっているものがあるのだとか…
一体何にハマっているのでしょう。もしかしたら次回のブログで教えてくれるかも…!

お楽しみに(^^)

 

箕面市では、8月21日(日曜日)まで、「箕面市長・市議会議員選挙」の統一キャンペーンを実施中です。


この記事をはてなブックマークに追加

中央図書館リニューアルを振り返る

2016年08月05日 | 子ども未来創造局

こんにちは。
中央図書館の水原です。

2回目のブログでは、2015年4月7日にリニューアルオープンし、今月で1年4か月目を
迎える中央図書館について、ご紹介します。

任期付き職員ではありましたが、リニューアルオープンに至るまで担当として携わった
ひとりとして、感慨深い思いでいます。

 

リニューアルを振り返ると、検討を始めた2013年10月以降、中央図書館をご利用の
みなさんを対象とした改修についてのアンケートを実施したほか、他府県を含む
公共施設に聞き取りした内容を踏まえて、館内のレイアウトや運用について協議を
重ねました。

また、2015年1月8日には、タッキー816みのおエフエムに電話出演し、リニューアル
オープン後、どのような図書館になるのかについてお知らせをしました。

 

実際に改修を開始した2015年1月中旬頃の館内の様子が下の写真です。
左の写真は2015年1月15日に撮影したもので、その4日後に撮影した右の写真では、
本棚からすべての本が箱詰めされ終わるまで作業が進んだ様子が見られます。

  

 

翌日の1月20日(左の写真)には本棚を移動するため棚板が外され、1月22日(右の
写真)には奥の柱まで見えるようになりました。

   

 

1月25日に撮影した写真を見ると、本棚が取り払われ、広々として見えます。 

 

 

リニューアルオープン1ヶ月前に検討していた、左の写真の本の返却口のサインは今、
右の写真のようになっています。

    

  

終盤にさしかかるにつれて、職員全員で箱詰めされた本の運搬を行うとともに、
据え付けられた本棚から順次、本を並べていきました。

リニューアルオープン約2週間前の写真を見ると、現在の図書館にだいぶん
近づいてきています。

その後、初めて本棚に照明がともされた時の感動は今でも忘れられません。

  

 

最後に、2015年4月7日リニューアルオープン当日の写真がこちらです。

ここに至るまでに、設計や家具の会社、営繕課や図書館などそれぞれの専門性が
発揮され、少しずつ形になっていく様子を目の当たりにしたことは非常に新鮮で、
印象的でした。

 

このブログを書くことで、図書館をご利用になるみなさんを始めとした市民のかたに
必要とされる図書館そして読書環境づくりに励むとともに、箕面市役所の一職員として、
これからも貢献していきたいと改めて感じました。

リニューアルオープンを機に、館内では飲食が可能になり、晴れた日にはウッドデッキ
テラスで読書を楽しむことができるようになりました。

ぜひみなさんも図書館にお越しください。

 

 

箕面市では、8月21日(日曜日)まで「参議院議員選挙、箕面市長・市議会議員選挙」の
統一キャンペーンを実施中です。


この記事をはてなブックマークに追加

今日から8月!

2016年08月01日 | 総務部

 

みなさまお久しぶりです。
固定資産税室の宮崎です。


今日から8月ですね!
学校も夏休みに入り、夏祭りに花火大会、ポケモンGOと大賑わいですね。

暑い日が続きますが、体調を崩したりしてませんか?
日中の強い日差しには体力を奪われてしまいますよね。

そんな暑い日にぴったりのスポットがあります!

その名も「クールスポット」

公共施設などでは9月30日までクールスポットを実施中です。

是非お立ち寄りください!
目印はこちら↓↓

 

さて、みなさま前回のブログでクイズを出しましたが、覚えていますか?
前回は新人ブログ初回でありながら、二度目の登場となりました。

クイズの正解は、こちら!!

学校生活支援課の内山さんのブログです。

そうなんです、実は平成27年度の新成人でした。
箕面市では当日の成人式を「成人祭」と題し、
第2部のイベントを新規採用職員が企画します。
今年度はこちらのブログに登場しました23人で企画します。

平成27年度の成人祭は驚きや盛り上がりがつまったものでした!
今までの成人祭を超えられるよう、全員で試行錯誤しております。
こちらの新人ブログでも、成人祭についての情報や裏側を
お伝えするかも!?しれませんので要チェックです!

 

前振りがとても長くなってしまいました。
今回は、前回お伝えできなかった固定資産税室についてご紹介したいと思います。

まず、固定資産税室の場所ですが、箕面市役所別館1階南側にあります。

看板など目印となるものがないため、少しわかりにくいです。
固定資産税室にご用の際は別館1階「市税総合窓口」にお声をおかけください!



 

固定資産税室には、土地グループと家屋グループがあり
私は土地グループに所属しています。

自己紹介で「固定資産税室に所属しています」と言うと
どんな仕事をしてるの?とよく聞かれます。


ずばり、固定資産(土地・家屋・償却資産)の「評価」と「課税」を行っています。

評価

固定資産の評価は、総務大臣が定めた「固定資産評価基準」に基づいて行い、
その価格(資産の価値)をもとに課税標準額(税金の課税対象)を算定します。

原則として価格が課税標準額となります。

土地と家屋については3年に1度、評価の見直しを行います。
次回の評価替えは平成30年になります。

償却資産については、毎年1月1日現在の償却資産の状況を
1月31日までに申告していただき、その価格を決定します。


課税

税率については市町村の条例で定められており、
箕面市の税率は標準税率の1.4%です。

税額の計算式は

課税標準額×税率=税額

となります!

課税標準、税額の算定は一定の要件を満たす場合、
特例の措置があります。(住宅用地、新築住宅など)


その後、毎年4月下旬から5月初旬に、課税の根拠や
各期別の税額などを記載した「納税通知書」を送っています。


このような流れで「評価」と「課税」を行っています。

具体的な評価のしくみなどはまた次回に!



私は固定資産税室に配属されるまで、固定資産税とは無縁な人生でした。
聞き慣れない専門用語やたくさんの法律、条例等に圧倒される毎日ですが、
適正な評価・課税が行えるよう
また、固定資産税について誰にでもわかりやすく説明ができるよう
日々業務に取り組んでいきたいと思います。


今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました。
それではまた次回、暑い夏が過ぎ去った頃にお会いしましょう!

 

 

箕面市では、8月21日(日曜日)まで「参議院議員選挙、箕面市長・市議会議員選挙」の統一キャンペーンを実施中です。


この記事をはてなブックマークに追加

熱い夏!

2016年07月29日 | 健康福祉部

 みなさんこんにちは!

 

保健スポーツ課の村島です。

本日は箕面市役所「新人奮闘記!」にお立ち寄りいただきありがとうございます。

 

 

 

じめじめした梅雨も明けて

 

 

今年もあつ~い夏に差し掛かってきました。

 

 

あつい!と言えば!

 

箕面市では毎年この時期にジュニアソフトボール大会が開催されております。

 

 

 

 

 

写真は昨年の大会の様子です。

かっこいいですね!

 

 

地域の小学生が参加するこの大会は今年で56回目の開催で

今年は8月6日(土)・7日(日)に箕面市民野球場で開催いたします。

 

 

優勝チームは大阪府の知事杯への出場権を手にできることもあり

 

毎年熱戦が繰り広げられています!

 

 

 

 

 

 

しかし!ここ数年、地球温暖化に伴う気温の上昇で

 

屋内・外問わず、スポ-ツを行うにあたり熱中症への配慮が必要になってきました。

 

 

 

熱中症という言葉だけを見ると、気温”が高いほど危険と思うかたは多いと思いますが、実は他にも要素があります。

 

 

それは湿度”“輻射熱”です。

 

輻射熱とは、地面や建物・体から出る熱で、温度が高い物からたくさん発せられるものです。

 

3つの要素からはじき出される熱中症(暑さ)指数という数値から

屋外での運動が可能か、控えるべきかの判断を行います。

 

 

 

 

こんな熱中症指数を計測できる機械もあります。

 

 

↓熱中症指数の詳細(環境省:熱中症予防サイト)

http://www.wbgt.env.go.jp/wbgt.php

 

 

 

本年も熱中症を出来るだけ予防するために

大会のスケジュールや水分補給など対策をしっかり実施して参ります!

 

 

 

 

  

今年はどのチームが優勝を手にするのか!?

選手のみなさまが“暑い”ではなく“熱い”試合ができるよう頑張って参ります!

 

 

 

 

話は変わりまして、

 

最近よく目にするワードといえば

 

「ポケモンGOですね!

 

街を歩いていてもたくさんのかたが楽しんでいる姿を見かけます。

 

私も小さい頃を思い出しながら楽しくプレイしています。

 

 

ただ、徒歩や自転車にのりながらプレイしたり、危険な場所や私有地への進入するといったニュースもよく見かけます。

 

 

こちらは“熱く”なりすぎず、自分が事故に遭わないよう、また周囲に迷惑をかけないよう配慮して遊ぶようにしましょう。

 

 

 

さて、次の私の出番は2ヶ月後!

スポーツの秋に向け引き続きエンジン全開で取り組んで参ります!

 

 

では、また次回!

ありがとうございました!

 

 

 

 

箕面市では、8月21日(日曜日)まで「参議院議員選挙、箕面市長・市議会議員選挙」の統一キャンペーンを実施中です。


この記事をはてなブックマークに追加

まもなく7ヶ月!

2016年07月25日 | 地域創造部

こんにちは!鉄道延伸室の岩崎です。

 

暑い日々が続いてますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

今年の1月4日に箕面市に初登庁してから、まもなく7ヶ月になります!

公私にわたりめまぐるしい日々を送って来たせいか、気づけば半年以上過ぎていたというのが正直なところですが、最近の近況の一部を紹介させて頂きます。

 

〈業務について〉

北大阪急行線延伸事業を推進する鉄道延伸室にとって、ここ最近で最も大きな出来事は、なんと言っても延伸工事の発注と施工業者の決定です。

 

工事発注から施工業者の決定に至るまでの様々な手続きや準備を行いましたが、民間の建設会社出身の私にとって新しいことばかりで、本当に多くのことを経験させて頂きました。

特に、今回の工事は高度な技術力が要求されることから、入札時に一緒に提出された技術提案書は、各社の意気込みや、技術力の結晶ともいえる内容であり、発注者側として緊張感をもって入札手続きに取り組みました。

 

入札結果は以下のとおりです。

http://www.city.minoh.lg.jp/kitakyu/sougouhyouka2/kitakyuseibikouji.html

 

そうした中、工事の着工に先立って7月10日(日曜日)から7月14日(木曜日)までの連続5日間、市内各所で市民説明会を開催致しました。

↑ 総合保健福祉センターにて

 

引き続き、市民の皆様のご理解を得られるよう取り組んでまいります。

 

〈最近の出来事〉

我が家の子供たちも夏休みに入り、「どっか連れてってーっ!」と、休日のたびに激しいリクエストの応酬ですが、つい先日私の住む彩都にある「彩都の丘学園」に「ゆずるくん」が来て一緒にラジオ体操ができるということで、ゆずるくんの事が好き過ぎる我が子たちと参加しました。

↑ 体操中のゆずるくん

 

平日の出勤前でしたが、朝からゆずるくんと一緒にラジオ体操をしてすがすがしいスタートができました。

また、そこには他の子供もたくさんきていて、「ゆずるくん愛されてるな~!」と、今更ながら感心しました!

 

暑い日々が続きますが、皆様お体を壊さないよう、体調管理も忘れずに有意義にお過ごし下さい。

 

ではまた次回までごきげんよう!

 

箕面市では、8月21日(日曜日)まで「参議院議員選挙、箕面市長・市議会議員選挙」の統一キャンペーンを実施中です。


この記事をはてなブックマークに追加

私の職場について

2016年07月22日 | 健康福祉部

お久しぶりです!
生活援護室の中野です。

初登場したときはまだ肌寒かったのを覚えていますが、バトンが一周する間に梅雨入り、梅雨明け、そして夏本番となりました。
暑い日が続いていますがみなさまいかがお過ごしでしょうか。

さて今回は私が働く職場、「総合保健福祉センター」の紹介をしようと思います。
みなさまは総合保健福祉センターをご存知でしょうか。

総合保健福祉センターは、保険・医療・福祉の総合的なサービスを提供する拠点施設として設立されたみのおライフプラザ内にある、保健福祉に関する総合相談窓口としての機能を有する施設です。

これが総合保健福祉センターです。

そして、中に入り進んでいくと見えてくるこれが私の職場入口です。

この相談窓口では、月曜日から金曜日(祝日、年末年始(12月29日から1月3日まで)を除く。)の午前8時45分から午後5時15分まで、保健福祉に関する様々な相談を受け付けています。

このほか3階には医療保健センターと予防歯科センターがあり、また2階には会議室やプレイルームがあります。

昨年11月から働き始め、早9か月が過ぎようとしていますが、日々赤ちゃんからご年配のかたまで幅広い年齢層の市民のかたが相談に来所される姿を目にしています。
そして、その光景からこの総合保健福祉センターは市民のかたになくてはならない存在であると実感しています。

 

さて最後に、その総合保健福祉センターにて開催される「みのおライフプラザ夏祭り」の告知をさせていただきます。

このブログ掲載日の7月22日(金曜日)の午後6時からみのおライフプラザ及びアトリウムにて「みのおライフプラザ夏祭り」が開催されます。

     

ステージでの歌や踊りといったパフォーマンスはもちろん、出店もあります。

そして我々職員も出店します。

 

 

たくさんのかたに足を運んでいただき、総合保健福祉センターがどのような施設なのか、この機会に感じていただければと思います。

そしてぜひ我々のお店にも立ち寄ってください。みなさまのご来場お待ちしております。

 

 

箕面市では、8月21日(日曜日)まで「参議院議員選挙、箕面市長・市議会議員選挙」の統一キャンペーンを実施中です。


この記事をはてなブックマークに追加