箕面市役所Edubuntu日記

~情報システム管理担当者のつぶやき~

Lucid Lynx Ubuntu10.04 β2 日本語 Remix でLTSPサーバ構築成功!

2010-04-14 23:19:09 | ちょっと素敵なUbuntu のTips

みなさまこんばんは、箕面市役所の、那谷です。
Lucid Lynx のβ2版の日本語 Remix が公開されていましたので、さっそくLTSPサーバ化を試してみました。
起動も早いですし、動作も速いですねぇ。
https://wiki.ubuntulinux.jp/Develop/Lucid
によれば、β2ではまだでしたが、Takaoフォントも進行しているそうです。
LTS版でもありますし、正式リリースののち安定したら、ぜひぜひ乗り換えたいと思いました。

●手順:
0.ノートパソコンで実施。
前段で、Ubuntu10.04(Lucid Lynx)β2の日本語 Remix でシステムセットアップしておきます。
ネットワーク環境は、
 ◎手順3まで:
  ・内蔵LAN:eth0 (インターネット側ルーター等へ)
 ◎手順4で以下に変更:
  ・内蔵LAN:eth0 (LTSPクライアント側HUBへ)
  ・追加LANカード:eth1 (インターネット側ルーター等へ)
としています。

1.Synaptic パッケージ・マネージャで「ltsp-server-standalone」をインストール。


2.LTSPのシンクライアント・イメージ作成
 $ sudo ltsp-build-client

3.シンクライアント・イメージへの日本語サポート適用
 $ sudo -s
 # chroot /opt/ltsp/i386
 /# apt-get update
 /# apt-get install language-support-ja language-pack-ja
 /# exit
 # exit
 $ exit

4.LANカードを追加し、内蔵LANからインターネット回線のLANケーブルを抜線し、追加したLANカードの方へつなぎかえます。
内蔵LANカードは、LTSPクライアントを接続する側のHUBへつなぎかえます。
 ・内蔵LAN:eth0 (LTSPクライアント側)
 ・追加LANカード:eth1 (インターネット側)
という前提として。

5.DHCPデーモンを、eth0側だけに限定。
 $ sudo vi /etc/default/dhcp3-server
  INTERFACES="eth0"

6.DHCPは、自動起動の設定がされません。
 設定方法は、今後調べてみます・・・
 とりあえずの起動は
 $ sudo service dhcp3-server start
_/_/_/●追記:自動起動の設定_/_/_/
なんだかエラーが出ますが、自動起動するようにできました。
・起動時に、DHCPデーモンが起動するように設定。
 $ sudo update-rc.d dhcp3-server defaults


・起動時に、DHCPデーモンが起動しないように戻す場合。
 $ sudo update-rc.d dhcp3-server disable


・再度、起動時に、DHCPデーモンが起動するように設定。
 $ sudo update-rc.d dhcp3-server enable


・参考:Ubuntu Weekly Topics
2010年3月12日号 10.04のUpstart ほか
http://gihyo.jp/admin/clip/01/ubuntu-topics/201003/12
2009年10月30日号 9.10のリリース ほか
http://gihyo.jp/admin/clip/01/ubuntu-topics/200910/30
 ※「initスクリプトの一部がupstart job に」の項
_/_/_/_/_/_/追記以上_/_/_/_/_/_/

7.TFTPデーモンは、特に設定不要のようです。

8.LANカードを設定。
 $ sudo vi /etc/network/interfaces
auto lo
iface lo inet loopback
auto eth0
iface eth0 inet static
 address 192.168.0.254
 netmask 255.255.255.0
 network 192.168.0.0
 broadcast 192.168.0.255
auto eth1
iface eth1 inet dhcp

9.再起動。

10.LTSPを再設定。
 $ sudo ltsp-update-sshkeys
 $ sudo ltsp-update-image

11.再起動。DHCPを手動で起動。(※「●追記」部分を実行すれば不要。)
 $ sudo service dhcp3-server start

12.クライアント側HUBに、クライアントマシンを接続し、ネットワーク起動

おおー、もうちゃんと動きますね。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Windows Server 2008 R2 の試... | トップ | LTSPクライアントの画面をプ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む