箕面市役所Edubuntu日記

~情報システム管理担当者のつぶやき~

「既存DHCPサーバを活かしたLTSP環境構築」は可能!?

2011-05-06 21:31:46 | ちょっと素敵なUbuntu のTips

みなさまこんばんは、箕面市役所の那谷です。

先日、コメント欄に、地方のガス会社でシステム管理をされているという方から、ご質問をいただきました。
「既存のネットワークではDHCPサーバが稼働しています。既存のDHCPサーバを活かしたままで、LTSP環境を構築したいのですが、そのようなことが可能なのでしょうか?」
とのことでした。
これは、可能なんだそうです。(私は未検証です、すみません。)

通常は「LANカードを2枚挿しにして、WAN系とLAN系(シンクライアント側)に分ける」か、「既存のDHCPサーバの方を止める」かするのですが、既存のDHCPサーバをシンクライアントにも活かしたい場合、LTSPサーバ上のDHCPデーモンを止めて、別途、「ProxyDHCP」を動かすのだそうです。
「ProxyDHCP」の実装として、「pxe-pdhcp」というソフトがあるのだそうです。

詳しくは、こちらをご参考に!
http://ameblo.jp/t-furuichi/entry-10878619268.html
(先日のOSC神戸ではお世話になりました!)

●「pxe-pdhcp」の作者さんのページ
http://d.hatena.ne.jp/viver/20080720/p2

最近、私どもの取り組みを参考にしていただいている、とのお声をちらほらといただくようになってきました。
がんばってきた甲斐があります。
ありがとうございます!!

●追記:こちらも参考に。
https://help.ubuntu.com/community/UbuntuLTSP/ProxyDHCP

https://help.ubuntu.com/community/UbuntuLTSP/LTSPWindowsDHCP

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Ubuntu 11.04 ( Natty Narwha... | トップ | VirtualBox 4.0 for Linux の... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む