箕面市役所Edubuntu日記

~情報システム管理担当者のつぶやき~

Mozc の近況

2011-02-12 22:57:31 | ちょっと素敵なUbuntu のTips

みなさまこんばんは、箕面市役所の那谷です。
当ブログへは、「Mozc(Google 日本語入力)」関連でお越しいただく方も多いようです。
もう1ヶ月以上経ってしまいましたが、今年のお正月に、Ubuntu Japanese Team のあわしろいくやさんが新版Mozcである、「1.0.558.102」のパッケージをPPA(Personal Package Archive)で公開してくださっていますので、これの導入方法を、解説してみたいと思います。
公開されているのは「Ubuntu10.10(Maverick Meerkat)」用と、「Ubuntu10.04(Lucid Lynx)用」の2バージョンです。
ちなみに、いまのところ、次期「Ubuntu11.04(Natty Narwhal)には、このバージョンが収録される予定だそうです。

Japanese packages for testers のPPAはこちら。
https://launchpad.net/~japanese-testers


●1.まず、PPAをレポジトリに追加します。
$ sudo add-apt-repository ppa:japanese-testers/mozc


●2.パッケージ情報を更新します。
$ sudo apt-get update


●3.「システム→システム管理→Synaptic パッケージ・マネージャ」から、検索語 "mozc" で、
 ・「mozc-utils-gui」
 ・「mozc-server」
 ・「ibus-mozc」
にチェックを入れて、「適用」します。


●4.以下のパッケージがインストールされます。


●5.インストールができたら、有効にします。
「システム→設定→キーボード・インプットメソッド」を開いて。


●6.2番目のタグ「インプット・メソッド」の「インプットメソッドの選択」で、日本語のなかから「Mozc」を選びます。
残念ながら(?)、水色の暫定アイコンから、オレンジの純正オリジナルアイコンになっていますね。


●7.「追加」して、さらに選んで「上へ」で「日本語-Mozc」が一番上にくるようにして、閉じます。


●8.再起動などすると、Mozcが使えるようになっているかと思います。
ただ、標準では、「単語登録」や、キーバインド変更などをする「言語パネル」が表示されません。


●9.「言語パネル」を表示させるには、再度「システム→設定→キーボード・インプットメソッド」を開いて、「一般」タグの「言語パネルの表示」を、「アクティブなとき」などにします。
 

●10.言語パネルが表示されるようになります。
スパナアイコンで、「Property」がキーバインドなどの設定変更画面で、「Dictionary tool」が単語登録です。


●11.「Property」
代表的なIMEの設定雛形がありますので、慣れているものにするといいですね。


●12.「Dictionary tool」
辞書登録したい単語の、読みと漢字と品詞を指定します。



以上です。
予測変換など、大変快適な日本語入力ができますね。
ひと昔前の Linux のデスクトップ環境からすると、本当に隔世の感がありますね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 無線LANの設定を「 /etc/n... | トップ | VirtualBox 4.0 for Linux の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む