夜な夜なシネマ

映画と本と音楽と、猫が好き。駄作にも愛を。

『映画 クレヨンしんちゃん 襲来!!宇宙人シリリ』

2017年04月24日 | 映画(か行)
『映画 クレヨンしんちゃん 襲来!!宇宙人シリリ』
監督:橋本昌和
声の出演:矢島晶子,ならはしみき,藤原啓治,こおろぎさとみ,
     沢城みゆき,宮迫博之,蛍原徹,志田未来他

なんか“まんがまつり”みたいになってますけど、
『名探偵コナン から紅の恋歌(からくれないのラブレター)』とハシゴ。
109シネマズ箕面にて、駐車サービスを受けられないハシゴの2本目。

25周年記念作品にして、劇場版第25弾。
監督は『映画 クレヨンしんちゃん オラの引越し物語 サボテン大襲撃』(2015)と同じ、橋本昌和。

ある夜、空に流れ星を見つけた野原一家は、それぞれ願い事を必死で口走る。
ところが流れ星だと思われた物体はそのまま野原家の屋根へ、2階に突き刺さる。
恐る恐る様子を覗きに行ってみると、そこにはUFO。
搭乗者とおぼしきお尻のような顔かたちの宇宙人シリリがいた。

驚いたのはお互いさま。身の危険を感じたシリリは謎のビームを発し、
それを受けた野原家の父親・ひろしと母親・みさえは子どもの姿になってしまう。
シリリは自分には大人の姿に戻す力はないといい、
父親のもとへ連れていってくれるならば戻してやるという。

仕方なく、シリリの父親がいるとおぼしき九州の南辺りを目指して一家で出発。
シリリの姿は人前にさらせないから、しんのすけのお尻に隠すことに。
かくして野原一家と宇宙人シリリの日本縦断の旅が始まるのだが……。

コナンくんも良いけれど、相変わらずブレないしんちゃん、楽しいです。
人間を下等動物と言い切り、見下した態度ばかり取っていたシリリが、
何の偏見も持たないしんのすけに救われて、友情を知ります。

たくさん来場していた子どもたちもよく笑っていました。
笑い声があふれる劇場というのはやはりいいものです。
これだけ笑わせてくれつつ、親世代の人が見ればいろいろ考えるはず。
野原一家のパワーはすごいのでした。

次の劇場版も観ますよ、もちろん!
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『名探偵コナン から紅の恋歌... | トップ | 『3月のライオン 後編』 »

映画(か行)」カテゴリの最新記事