夜な夜なシネマ

映画と本と音楽と、猫が好き。駄作にも愛を。

『ヒトラーへの285枚の葉書』

2017年07月31日 | 映画(は行)
『ヒトラーへの285枚の葉書』(原題:Alone in Berlin)
監督:ヴァンサン・ペレーズ
出演:エマ・トンプソン,ブレンダン・グリーソン,ダニエル・ブリュール,
   ミカエル・パーシュブラント,モニーク・ショーメット他

中之島ダイビルで晩ごはん前に映画を2本。
同じくシネ・リーブル梅田にて、
前述の『ボン・ボヤージュ 家族旅行は大暴走』と同じシアターの同じ席で鑑賞。

ドイツ/フランス/イギリス作品。

ドイツ出身の作家ハンス・ファラダの代表作『ベルリンに一人死す』を映画化。
監督のヴァンサン・ペレーズは53歳なのですが、
20歳上のジャクリーン・ビセットや10歳上のイザベル・アジャーニの恋人だったそうな。
そのほか、サルコジ仏大統領夫人のカーラ・ブルーニと交際していたとの噂も。
う~ん、少なくとも私のタイプではありません。あ、聞いてない?(笑)

第二次世界大戦中、ナチスドイツ時代のベルリンで
実際に起きた事件を基にして書き上げられています。辛い辛い物語。

1940年6月、フランスがドイツに降伏。
戦勝ムードに沸くベルリンに住む、労働者階級の夫婦オットーとアンナ。
ある日、夫婦のもとへ届けられた封書。
それは一人息子ハンスが戦死したという報せだった。

悲しみに暮れる夫婦は、ヒトラー崇拝の風潮に怒りを感じる。
それを声高に叫ぶわけにも行かず、アンナは悶々とする。
するとオットーはインクとペンを取り出し、
葉書にヒトラーを批判する言葉を書き連ねはじめる。

オットーとアンナはその葉書を公共の場所に置いて立ち去る。
葉書を目にした者が同じ思いを持ってくれますように。
ひとりでも多くの人がこの葉書を見てくれますように。
「この葉書を回せ」という一文を記した葉書を置いては立ち去る行為を繰り返す。

市民からの通報を受け、ゲシュタポの警部エッシャリヒが捜査に乗り出す。
葉書の置き場所から犯人の住む地域、職業等を見極めて行くのだが……。

最初に引っかかるのは、ベルリンが舞台でなぜに英語なのかということ。
アンナ役のエマ・トンプソンのイギリス英語にはいつも心が落ち着きますが、
だからと言って本作で英語というのはやっぱり変。
オットー役のブレンダン・グリーソンの演技を見ても、
葉書にしたためる文字はドイツ語なのに喋るのが英語だから、なんか変。

主要キャストの中では唯一のドイツ人(スペイン生まれだけど)俳優、
ダニエル・ブリュールがエッシャリヒ役。
犯人を挙げる意欲満々ながら、非情な上官のやり方に疑問を持っています。
でも組織の中ではそれを言うことは許されません。

全編英語ということの違和感は拭えないものの、夫婦に共感。
やるせなさで胸がいっぱいになります。

ラストのエッシャリヒの行動は本当にあったことなのか。
たぶんこれは事実ではないと思いますが、心を打ちます。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『ボン・ボヤージュ 家族旅行... | トップ | 7月に読んだ本まとめ »

あわせて読む