minoaka Tommy の わらぶき小屋

音楽や話題になってる事で、面白い よもやま話が好きな仲間が気楽に寄れるコーナー
   <’11・11・1 OPEN>

若鶴ウィスキー

2017年07月12日 22時11分31秒 | 日常・雑感
夕方のローカルニュースから。
砺波の若鶴酒造は「清酒 玄」でお馴染みだが、1950年代からウィスキー醸造もおこなってる。

ここではウィスキーの勉強が出来る。
NHK朝ドラの「まっさん」を思い出すなぁ~。

この事業は若きエースが引っ張る。

醸造作業の見学は6月下旬〜9月上旬に無料で見学出来る。
試飲もあるだろう。

Tommy「俺、北海道のワイン城にも行ってきたし、見学に行こうかな」
Carol「分かってるね。車はダメよ」
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 全国一の暑さ | トップ | 富山県民は閉鎖的? »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
知りませんでした! (song1234)
2017-07-12 22:39:34
富山のマッサンがいたとは、知りませんでした。
しかも、すごい歴史がある会社ですねえ。。火災で、多くを焼失しても、再建しているのはさすが、越中人。。
自分は呑まないからよく分からないけど、北陸でのウイスキー作りって、合っているような感じがします。
立山からのきれいな水、北陸の気候、、。若鶴、竹鶴?、、益々、マッサンと混同してしまいました。頑張れ、三郎丸!
清酒も良し、ウィスキーも良し (Tommy)
2017-07-13 21:50:56
富山県民は色んな事に挑戦してきました。
江戸時代には蝦夷に北前船でお米を運び、帰りの船には昆布や海産物を乗せて、積極的に交易に頑張ってきました。
それが、<富山県民は考え方が閉鎖的だ>と公言する社長がいるとは !

コメントを投稿

日常・雑感」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。