OctoberNovember(フォーク村)

タイトルと内容に関連はないが、このタイトルで昔の友人が尋ねてくることを願って・・・。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

初秋一考

2006年10月18日 | ちょっとした話
どっかの町の公務員は土日に何もすることが無くて
二日間で20時間テレビゲームをしていたそうだ。

国際社会が北朝鮮の核実験問題で揺れている時に
20時間ゲームというのも考えもんだ。

我が家の息子でも、一日のゲーム時間は
一時間以内と取り決めている模様だ。



(休みをどう使おうが勝手でしょ!)



その通りである。

公務員であろうが会社員であろうが、
勤務時間に労働を提供して対価を得ている。
それ以外の時間を拘束される何ものもない。


しかも、ゲームなら会社や役所に
迷惑をかけているわけでもないし、
ゲーム自体は公序良俗にも反していない。


○○町役場の○原くん!
土日は、何をしようが勝手なのである。


ゲームをやったって良い。
パチンコをやっても良い。
旅行しても良い。
畑を耕しても良い。
会社をやっても良い。


(ちょっと待った!)


土日であろうとなかろうと、
公務員が会社をやるのはまずいだろう!
地方公務員法って奴があるんだぜ!
これだから素人は困るんだよな!
何でもまぜこぜに考えちゃって・・・。


(反論が聞こえた。)


さて、ある公務員向けのサイトに
公務員による起業は不可能!
との記述を見つけた。

これは間違いである。(と、思う。)
正確には、不可能ではないが、
実質的に許されていない。
さらに正確には、「地方公務員は不可能とは言えない」と
前置きしなければならない。


国家公務員法では明確に私企業からの隔離
が謳われているが、地方公務員法では
若干表現が異なる。

公務員による起業については、

①職務専念義務の免除(地方公務員法第35条)
②営利企業等の従事許可の制限(地方公務員法第38条)

の規定に従って任命権者の判断により可能となるものであり・・・


事実、平成15年度の特区申請において、
○○市からの申請に対する総務省からの
回答は・・・。


細かいことは、言わないが、
地方公務員の週末起業は、
私の調べた範囲では、法的に可能である。

しかし、実は自治体内部の規定(例えば服務規程など)で
副業を厳しく禁じているのが実態である。
それは、当然、公務への影響を懸念しての措置である。


つまり、地方公務員の起業は、当然様々な条件は必要だが、
自治体の独自の判断により可能なのである。




前に、大阪府知事選挙でもと阪神の江本が
公約に、公務員の副業を解禁すると言っていたが、
あながち、笑ってすませる問題ではないのである。









1円で株式会社が興せる時代だ。

週末は株式会社社長として楽しく
ネットワークビジネスでもやってみたいなあ!



秋深まり!
初秋一考である。


晩秋か・・・。




by mino











どう!篠ちゃん。

あなたのところでやってみない!
町長に打診してみてよ!

真面目に、人事課に提案したらソッポ。
では、産業振興ということで、商工労働部に提案したけどダメ。
行きつけのマスターに聞いても理解は得られず。
私の持論は、風前の灯火!

資料が欲しかったらメールで送るよ!





ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« とどのつまり | トップ | アニメの責任 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ある人に… (shigefukin)
2006-10-31 08:49:42
minoさんの住所を聞かれたので

教えてしまいました。

何か届くかも…。

といっても中元歳暮カミソリ白い粉の

類ではありません。ご心配なく。

ヒントはこの記事のタイトル。

じゃ。

              町田市
Unknown (mino)
2006-10-31 15:27:13
もし、その方に連絡が取れるのなら伝えてください。
学生時代にエッグマン(古町のライブハウス)でやったビデオを持っていたら、ダビングして同封してくださいと。

ヘタクソバンドながら、その当時のものなら、見るに堪えるかも・・・。

当時のビデオとかテープとか殆ど持っていないのです。(フリー半ダースもね!)

コメントを投稿

ちょっとした話」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
公務員の副収入ガイド (公務員の副収入ガイド)
公務員と副収入についての関連情報