広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

夢中でござる

2008-07-14 01:40:33 | 日記っぽい日記
ここんとこずっと、猛烈に三国志にハマってます!
キッカケは面白そう?と買ってきたプレステ2の『真・三国無双4』ってゲーム。で、面白かったんです、コレが(何やってんだか・・・)
で、次はもう少しキチンと三国志のこと知りたいなぁ~とか言ってたら、ダンナさんが

「男の子が風邪で学校休んだ時に読むマンガです」

と、横山光輝さんの『三国志』の文庫版の1、2巻を買ってきてくれました。そしたらゲームよりも断然面白くって!!

まぁしかし登場人物は多いし、複雑にストーリーは絡んでゆくし、ま、そうでもないかもだけど、私は結構そういうのに弱いので、何回も何回も読み直しながら整理して頭に入れていってます。それでもこんがらがって、すぐ忘れちゃうんだけど(苦笑)

だけどそんな苦労(?)しながらでも楽しく読めちゃうのは、なんと言っても ”横光さん” のちょいカワで分かりやすい画風と描写のおかげ。お茶目な台詞も多数で、ミクシィなどでも「日常会話で使えない横山三国志の台詞」みたいなのがあって面白かったんだけど、最近、家での会話が自然と三国志口調になったり、名台詞をここぞとばかり引用したり、なんだかおかしなことになってござる。

この年になるまでぜーんぜん三国志とか中国の歴史とかに興味なかったのにな~。お恥ずかしいですけど。でも、めーちゃくちゃ、面白いなぁ~。
色々勉強になるというか、タメになりますねぇ、この壮大なお話は!
ダンナさんは歴史マニア、三国志ファンなので、私とそういう話が出来るようになったのが、ちょっとうれしいみたいです。家に帰ると、1冊ずつ買ってきてくれてて、机の上にそっと置いてあります(笑)



文庫版についてるオマケのしおり!
いいでしょう?コレクター心理バリバリ!
これがまた毎回タノシミでタノシミで☆



で、大体頭に入ってくると、どのキャラ好き?自分は三国志で言うと誰?的な話にやっぱりなって。

「私は誰かいな?」とダンナさんに訊くと、一瞬の迷いもなく

「張飛!」

と答えが返ってきました!ど、どんだけ豪快やねん、私・・・!(泣)
でもいいんです。実は私は今んとこ張飛が一番好きなので、結構うれしかったりして。
「張飛じゃい!」下戸ですが。

そんな感じなので、もし『三国志』好きな方がいらっしゃったら、自分は三国志で例えると誰というのがあれば、教えて頂ければ、ウレシタノシです(笑)
あ、でもネタバレは本気で泣くと思います。
ちなみに文庫版で6巻までしか読んでないです。曹操が袁術軍を破ったところ。陳親子が呂布を殺そうと策を練っている最中です。多分まだまだ序の口ですね(苦笑)知らない登場人物多数でしょうし(汗)

マンガの文庫版は全30巻なんですけど、無事読破出来たら、次は吉川英治の小説かなー(笑)






ジャンル:
ウェブログ
コメント (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『All Or Nothing』(2008) Th... | トップ | 『新人さんいらっしゃい!』 »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (unodos)
2008-07-14 22:27:56
吉川英治の「三国志」はずいぶん昔に読みました。
今はゲームから入る人も多いらしいですね。

「赤壁の戦い」の映画化「レッドクリフ」が
秋に公開されますが、とても楽しみにしています。
>unodosさん (モスコ)
2008-07-14 23:32:22
unodosさん、こんばんわ!

そうですね、今はゲームがきっかけで三国志にハマる人も多いと思います。
まぁ、そういうキッカケは子供さんが主でしょうけど

しかし知ることが出来てよかったです。
吉川氏の小説もむちゃんこ楽しみにしているんです♪

お!『レッドクリフ』ってジョン・ウー監督なんですね!
これは面白そうですね!
三国志の中でも後半のクライマックス的なお話でしょうか。
まだまだ先のことなので、深くは調べないでおこうっと(笑)
でも楽しみがまた増えました!
教えてくださりありがとうございます!
自分も (BYRD)
2008-07-15 23:25:06
三国志を知ったきっかけはゲームで、モスコさんが夢中になられてるアクション・ゲームの『真・三国無双』(人気シリーズながら未だにプレイしたことないです・・・^^;)と同じくコーエーからシリーズ化されてるシミュレーション・ゲームの『三国志』でした。当時(中高生の頃)は『三国志』や『信長の野望』といったシミュレーション・ゲームでよく遊んでましたが、自分以上に弟がものすごくハマってしまって、この横山光輝の『三国志』も全巻読んでましたね(自分も弟から借りて全巻読みました・・・笑)

この横山光輝の『三国志』でのキャラで個人的に一番カッコいいと思うのは趙雲ですね。
それと自分を (BYRD)
2008-07-15 23:58:49
『三国志』のキャラで例えるとなると誰かな?と色々考えましたが、体型的にも性格的にも劉璋あたりかな?(デブで弱っちいので・・・笑)
>BYRDさん (モスコ)
2008-07-16 12:06:27
うわー、BYRDさん、コメントありがとう!

やっぱりゲームからハマられましたか!シュミレーションかぁ。
私には絶対出来ないゲームだ。戦略とか無理(笑)
だからバッタバッタなぎ倒す『無双』が合ってたんだなぁ

横光さんのマンガを読まれてたということで、すごくうれしいです!
しかも全部読まれてたなんて、スゴイ!
ダンナも弟にマンガを借りて読んでいたらしいです
男の子同士の兄弟がいる所にこのマンガがある確率が高いのかもしれませんね~。いやぁ、でもうれしいなぁ

趙雲、かっこいいですよね!って、まだ私が読んでる分じゃ、あまり活躍してないのですけど、これまたダンナも一番好きだと言っている人なんで、これからどう活躍していくのかが楽しみなんです♪

自分を例えると、まで考えてくれてありがとう、BYRDさんっ
劉璋?ってもう出てきてたかな~?ちょっと読み返してみます!(タノシミー♪)
まだだったら、名前をよ~く覚えておくので、出てくるのを楽しみにしています!(笑)
Unknown (Backstreets)
2008-07-16 19:30:23
吉川英治の小説や「泣いて馬謖を斬る」という故事成語を早くから知ってはいたものの、具体的に関心を持つようになったのはやはり横山光輝先生の漫画や『NHK人形劇・三国志』からでした。細野晴臣さんがテーマ曲を作られていたことも興味をひいた一因です。もっとも、人形劇が始まった頃は既に大人になっていたので、観る機会はあまりありませんでしたがね。人形劇では劉備玄徳(声:谷隼人)と諸葛亮孔明(声:森本レオ)がかっこ良かったものです。
横山先生はインタビューの中で、「書いているうちに仇役であり、残酷な大悪党の曹操孟徳に思い入れを持つようになった」との趣旨を述べられていたことがありました。もともと劉備が『三国志』の主人公とされていると思われるのですが、漫画では次第に劉備の影が薄くなっていたような気がします。
>Backstreetsさん (モスコ)
2008-07-16 23:18:24
Backstreetsさん、こんばんわ!

わぁ、Backstreetsさんもキッカケの1つは横山光輝さんのマンガでしたか~

人形劇、川本喜八郎さんの人形のヤツですね!
細野さんがテーマ曲やってはったんですか!
それに声にそんな有名俳優さんを使っていたのですね。
この人形劇版、人形がとてもかっこいいですし、興味があって、観てみたいと思ってたんです

横山さんのインタビュー、興味深いです。
まだ私が読んでいるのは本当に序章辺りなのでしょうが、それでも既に劉備に全然感情移入できず、やはりもっと人間臭い呂布や曹操、張飛などに、どうしても感情移入してしまいます。
劉備さん、今のところ、全然主人公ぽくないです
が、さらに影が薄くなっていくのですね

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む