みんなの節約

節約アドバイザー・和田由貴の節約術を紹介します!

お知らせ

2010-03-31 | 【節約アイディア募集】
皆様こんにちは。和田由貴です。
いつも「みんなの節約」にお越しいただきありがとうございます。

1年7カ月にわたり連載をさせていただいておりました「みんなの節約」ですが、今回を持ちまして更新を休止させていただくことになりました。

いつもご購読下さっていた皆様、節約アイディアの投稿にご協力いただきました皆様、本当にありがとうございました。

こちらの更新はお休み致しますが、今後も様々な場所で皆様の節約に役立つ情報を発信してまいります。これからもぜひよろしくお願いいたします。
節約アドバイザー和田由貴オフィシャルサイト


2010年3月31日 和田由貴

この記事をはてなブックマークに追加

マニキュアを活用

2010-03-23 | 【節約アイディア募集】
マニキュアは、爪のお手入れだけでなく、色んな用途に使えます。
まず、ストッキングを引っ掛けてしまい、そのままにしておくと伝線しそうだけどすぐには履き替えられないような時、応急処置にマニキュアが使えます。伝線しそうな場所にマニキュアひと塗り。これでそれ以上伝線が広がるのを防いでくれます。

ワイシャツなどのボタンも、あらかじめマニキュアを塗っておくことで取れにくくなります。ボタンを付けている糸の部分に、マニキュア少量たらしておくだけです。

衣類意外の用途にも使い道は色々。メガネのねじが緩んで困るという場合、ねじを外して先の部分にマニキュアをほんの少し付け、再びねじを締めてみてください。こうしておくと塗ったマニキュアが乾いて、ねじが緩みにくくなりますが、接着剤で固定したように完全に固定されないので便利です。

いずれも目立たない透明のマニキュアを使用すると良いでしょう。

この記事をはてなブックマークに追加

レジャー感覚でフリマ出店

2010-03-16 | 交通・レジャー
春は転居や新生活で不用品が多く出る季節です。不用品の処分はリサイクルショップでもできますが、フリーマーケットやネットオークションを利用してみてはいかがでしょうか。

ネットオークションでは手間はかかりますが大抵の物はフリマやリサイクルショップに比べて高く売れる傾向があります。より高く売るためにはきれいに写真を撮ったり、商品説明に工夫をするなど、多少コツが必要ですが、慣れれば取引は簡単。初めて利用する方は落札から始めてみましょう。衣類や家具、家電など様々なものが売れますが、送料や発送の手間がかかるため、価格は安いのにかさばる物などはオークションで売るのにはあまり向きません。

フリーマーケットはオークションに比べるとあまり高額の売上は期待できないものの、対面で売ることができるのがメリットです。オークションでは売りにくいような中古衣類なども、気軽に出品することができます。但し、出店料が高額なフリマ会場の場合元が取れないということもありますので、自治体などが主催するフリーマーケット情報をまめにチェックして良い会場を探すようにしましょう。

これから初夏にかけては、ちょうどフリマ最盛期。出店ついでにほかの店をチェックして、掘り出し物に出会えるかもしれません。この春はレジャー感覚で出店をしんでみてはいかがでしょうか。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

衣類をきれいに洗いあげる

2010-03-08 | 暮らしの知恵
いくら気に入っている衣類も、黄ばみや黒ずみ、色あせがあっては台無しです。

白い木綿の衣類が黄ばんでしまったら、煮洗いしてみましょう。鍋に洗濯洗剤を入れた湯を沸かし、黄ばんだ衣類を入れて20~30分ほどグツグツ煮ます。その後は普通にすすいで干します。レモン汁を溶かしたぬるま湯につけ置くのも良い方法です。

濃い色や色柄の木綿の衣類が色あせてしまった場合は、洗濯をした時のすすぎの際に、少量のビールを混ぜてすすいでみましょう。ウールの衣類の場合は、ほうれん草の茹で汁を冷ましたもので洗ってみてください。

Yシャツやブラウスなど、襟やそで口が黒ずんでしまいがちな衣類は、洗濯をする前に黒ずみ部分に乾いた固形せっけんをこすりつけてから、洗濯機で洗濯してみて下さい。何もしないで洗濯するよりも黒ずみが落ちやすくなりますよ。

この記事をはてなブックマークに追加

冷蔵庫の節電

2010-02-27 | 光熱費
冷蔵庫の節電でまず気を付けたいのは、物を詰め込み過ぎないようにすることです。詰め込むと冷気の循環が悪くなり、効率よく内部が冷えなくなるため余計な電力が掛かってしまいます。また、たくさん物が入っているために開閉時間が長くなったり開閉回数が多くなったりするので、冷蔵室の中はきちんと整理して詰め込みすぎないようにしましょう。ちなみに冷凍室はたくさん入れた方が逆に節電になります。

設置場所も重要です。壁や隣の家具とピッタリくっつけてしまうと放熱が妨げられ、余計な電力が掛かってしまいます。壁や家具から左右2cm背後10cmほどのスペースを開け、冷蔵庫の上にもできるだけ物を載せないようにしましょう。直射日光が当たる場所や、ガスコンロなどの熱源に近い場所の設置も気をつけて下さい

重要なのが冷蔵庫の省エネ性能。最近の冷蔵庫の省エネ性能は飛躍的に進歩していますので、古いものを買い換えた場合、製品によっては年間の電気代が万単位で変わります。買い換えたほうが節約になるということもありますので、現在のお使いの機種の消費電力や電気代を良く知り、効率の良い節電の道を考えてみましょう。

この記事をはてなブックマークに追加