さくらの日々是好日

余命半年から生還♪今年21年目の【金つなぎ勝ち抜きRoad】を走り続ける、多重がん患者の病老の日々や患者会活動をご紹介!

♪ 忽然と逝かれた、 お若いT社長の御霊に捧げる鎮魂の舞い…

2016年10月09日 22時11分52秒 | さくら的非日常の日々
10月9日(日) 晴

恒例のすずらん台市民センターまつり♪

昨日は体調不良で、最後のお稽古をパス。
不安がつのるさくらは、待ち時間に数回踊り込んで、小田淳平の『百夜月』で、舞台に上がる。

今回は、忽然と逝かれたお若いT社長の御霊に捧げる、鎮魂の舞いだ。
…切ないね、人生って!


             

師匠の西川広美先生は、いつも姿(しな)良く、藤間流の舞いで舞台に上がられる。


             

渡邊雅子さんと守随直子さんの連れ舞い♪

              

大平綾子さんは、自動車事故で1年お休みの、これが初舞台。
お歳をうかがったら、皆さま、卒倒されるのではないかしら?

             

地域の文化祭だから、老人クラブの皆様の力作も多々陳列され、なかでも向賢さんの力作は、フェルメールの『牛乳を注ぐ女』の模写。
光とが影がうまく表現されていて、お見事でしたよ!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ♪ 東京の次男が、 大阪経由... | トップ | ♪ 笛吹詣での一番の懸念は、... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

さくら的非日常の日々」カテゴリの最新記事