さくらの日々是好日

余命半年から生還♪今年21年目の【金つなぎ勝ち抜きRoad】を走り続ける、多重がん患者の病老の日々や患者会活動をご紹介!

♪ 笛吹詣での一番の懸念は、 愛猫・みるくのお世話なのですぅ

2016年10月10日 22時41分49秒 | さくら的非日常の日々
10月10日(月・祝) 晴

秋晴れの体育の日。

笛吹行きを3日後に控え、ご近所の渡邊産地にお邪魔して、来る富貴の会秋の作品展に出品するタペストリーと陶器を届ける。

「あら、素敵。 こんな風に下げて、その間に私のお茶道具も飾っても良いかしら?」
畑友ウエナミさんが、信楽の土でしっかりと焼き上げたお茶道具の腕前は、中々のものだ。

搬入、展示、搬出ともに、さくらは笛吹きで選挙運動中だ。
富貴の会の皆々さま、お世話になりますぅ。


           

出来合いの助六にお手製のポテトサラダや山くらげの佃煮などを頂きながら、ランチの話題は【みるくのお世話】。

長男一家が「会社の帰り道に家族でするよ」と言ってくれるけれど、大阪に通うパパにアルバイトのママ、大阪の大学に通うゆきに受験生ののはる。
皆、忙しい日々に、助っ人を買って出てくださったのが、渡邊さんとウエナミさん。

持つべきは、ご近所のパワフル・お世話好きな友人だ。
有難いなぁ。

              

さくらの手土産は、千葉の佳代ちゃんから届いた新高梨♪


           
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ♪ 忽然と逝かれた、 お若い... | トップ | ♪ 今日一日、 歩き回って、... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL