はるみのひとり言

気ままなお散歩と猫と美味しいもん

青天の霹靂

2014-05-21 | こんな映画観たよ



試写会で観ました。

続けざまに試写会で上映されてるから、てっきり空いてるかな?と思ってたら、会場は満席で吃驚でした。
ひとりさんの初監督作品で期待されてるのかな。

売れないマジシャン轟晴夫が、40年前の浅草にタイムスリップして若き日の両親に出会い、
出生の秘密を知るお話です。

今の自分がどうしようもないのは、ろくでもない父親と自分を捨てた母親のせいだと思ってた晴夫さんなんだけど、本当は・・・・。
徐々に真実が明らかになっていくところにウルウルなってしまいました。
ベタな話で、だいたい予想はつくんだけどね。
映画観た後にTVで予告流れてるの観たんだけど、あのセリフは流して欲しくないよな。
何も知らずに観た方がいいよ。

短い上映時間に笑いや涙が詰め込まれてて良かったと思います。
大泉さんの真面目なマジックシーンも恰好良かったし。

でもね、ひとつだけラストのオチが。
感極まってただけに、私的にはちょっとえ~って感じだったかな。

5月24日(土)より公開です!

ブログランキング・にほんブログ村へ  blogram投票ボタン

↑ランキング参加中
    応援クリックよろしくお願いします!励みになります

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 宇治でお散歩と美味しいもん♪ | トップ | お濃ちゃばーむくーへん »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんわ。 (BROOK)
2014-05-27 20:52:40
展開は大方予想通りなのですが…
たしかにあのオチはちょっと…ですよね。
今それまでの感動を返して欲しい…かも(苦笑)

作品自体はキャッチコピー通りで、
なかなか良かったと思います。
BROOKさんへ、 (はるみん)
2014-06-07 21:44:04
こんばんは~。
もうラストまではウルウルだったんですけど・・・。
晴夫が現代に戻ってやり直すみたいな話になるのかなと思ってたら、いきなり父ちゃんが生きててな展開になったのでガクっと来てしまいました。(^^;
でも2人の掛け合いも楽しかったし、マジックも恰好良かったし、全体的には良かったです!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

12 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
劇場鑑賞「青天の霹靂」 (日々“是”精進! ver.F)
母と父の愛を知る… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201405240001/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】青天の霹靂 [ 劇団ひとり ]価格:535円(税込、送料込) 【楽天ブックスならいつでも送料無料】日本映画ma...
晴天の霹靂 (タケヤと愉快な仲間達)
監督: 劇団ひとり 出演:大泉洋、柴咲コウ、劇団ひとり、笹野高史、風間杜夫 【解説】 作家や俳優としても活躍する人気お笑い芸人の劇団ひとりが書き下ろした小説を、自らメガホンを取って実写化したヒューマンドラマ。40年前にタイムスリップした売れないマジシャンが...
『青天の霹靂』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「青天の霹靂」□監督・脚本 劇団ひとり□キャスト 大泉 洋、柴咲コウ、劇団ひとり、笹野高史、風間杜夫■鑑賞日 5月25日(日)■劇場 109CINEMAS川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想>  タ...
青天の霹靂 (勝手に映画評)
劇団ひとり、原作・脚本・監督・出演の作品。一人いったい何役なんだ(笑)。 「笑いと、たぶん一粒の涙の物語」がキャッチコピーのこの作品。涙は一粒じゃないですよ。いや、実際には泣きませんでしたが、少なくとも2回泣きそうになってしまいました。ちょっと冗長だと思...
青天の霹靂 (映画的・絵画的・音楽的)
 『青天の霹靂』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)予告編で見て面白そうだと思って映画館に行ってきました。  本作の冒頭では、主人公の晴夫(大泉洋)が、「いつからかな、自分を“特別”だって思わなくなったのは」、「昔は、周りの奴らは“普通”の人生しか歩め...
青天の霹靂 (だらだら無気力ブログ!)
じんわり来る、余韻の残るイイ一本だった。
映画・青天の霹靂 (読書と映画とガーデニング)
2014年 日本 劇団ひとり、初監督作品 売れないマジシャン・轟晴夫(大泉洋)生れて直ぐ父・正太郎(劇団ひとり)の女性問題で母・悦子(柴咲コウ)は家を出てしまう正太郎に育てられたが、高校を卒業後、家を出てからは絶縁状態になっている もう20年も薄汚れた...
ありがとう/ビートたけしに観て欲しい映画~『青天の霹靂』 (真紅のthinkingdays)
 場末のマジックバーで失意の日々を過ごす晴夫(大泉洋)は、ホームレスとなっ ていた父の死を知る。警察で遺骨を引き取った彼は、父のテントのあった河原で 雷に打たれ、40年前の浅草にタイムスリップする。そこには、若き日の父・正太 郎(劇団ひとり)と、身重の...
青天の霹靂 (とりあえず、コメントです)
劇団ひとりが自身の原作をもとに、大泉洋&柴咲コウを迎えて創り上げた家族のドラマです。 「陰日向に咲く」も好きだったので、今回はどんな物語を綴っているのか気になっていました。 両親の秘密を知る主人公の姿に、この父親の愛情って分かり難いなあと思いながらもほっ...
No.386 青天の霹靂 (気ままな映画生活)
売れないマジシャンの男が40年前にタイムスリップし、生き別れたはずの両親との出会いを通して自分の出生の秘密を知っていく姿を笑いとユーモアを交えながら描く。39歳の売れないマ ...
「青天の霹靂」 生かされていることを知る (はらやんの映画徒然草)
<ネタバレしているのでご注意ください> 主人公、晴夫は売れないマジシャン。 彼は
青天の霹靂 (のほほん便り)
劇団ひとり、初小説がヒットし、のちに映画化された「陰日向に咲く」も味わい深かったですが、自らの同名小説を、初監督したという、この作品も、なかなかの佳作でした。ますます、大いになる才能を実感。なるほど、その名の通り、周囲を巻き込むほどの、劇団ひとり、さん...