はるみのひとり言

気ままなお散歩と猫と美味しいもん

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

STAND BY ME ドラえもん

2014-08-04 | こんな映画観たよ



試写会2Dで鑑賞。
1日3回も試写会あったみたいで。
私は夕方の部で鑑賞させてもらったんですが、行きしな観て来たたくさんの親子連れとすれ違いまいした。

アニメのドラえもんの続きみたいなのかなと思っていましたが、お話はドラえもんとの出会いから始まります。
ダメダメなのび太。このままじゃ悲惨な未来が待っていて、子孫まで悲惨な生活に。
そこでのび太の未来を変えるため、ドラえもんが連れて来られることになり、のび太が幸せならないと未来に帰れないというプログラムをセットされます。

のび太の未来が少しずつ変わっていく以外は、見たことのある展開です。
懐かしいあの道具、この道具が出て来ます。
私はミニチュアの街を作る道具が好きだったな~。 たしかカメラだったよね。
今回はトンネルしか出て来なかったけど。

のび太をしっかり者にするべく頑張る中で友情が深まっていくみたいな感じなんですが、それはこれまでアニメで見てたから分かってるんだけど、もうちょっと踏み込んだところがあってもいいかなと思ってしまいました。

のび太がドラえもんやしずかちゃんに対しての優しさとか。ちょっと物足りないような。
なんしかのびちゃんがダメダメ過ぎるんだよ。
しずかちゃんパパの「彼には人を思いやる気持ちがある」っていうところをもっと感じられるようにして欲しかったな。

その盛り上げがない分、思ったほど感動は出来なかったけど、ドラえもんがのび太のことを好きだと分かるシーンや別れのエピの部分は唐突かもって思いながらも泣いてしまいました。

そう言えば、ドラえもんっていつから見なくなったんだろう。
そんなことも忘れてしまってたけど。
大人のび太の「ドラえもんとの時間を大切に」の言葉は、薄汚れた心にも響きました。

最初はCGアニメにちょい違和感を感じましたが、見てるうちに慣れてきました。
3Dの必要はあるのって思ってましたが、空を飛ぶシーンや大人のび太の未来の街並みシーンは3Dで見れたらいいだろうなと思いました。
庶民的なのび太の暮らす町が、いきなり近未来みたいになってるのには吃驚でしたが。
そこまで発展してなくっても・・・みたいな。

大人のび太は妻夫木くんだったのね。エンドロール見て気づくという

楽しめました。 P.S エンドロールのNG集も見所です!

8月8日(金)より公開です。

ブログランキング・にほんブログ村へ  blogram投票ボタン

↑ランキング参加中
    応援クリックよろしくお願いします!励みになります

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (21)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« るろうに剣心 京都大火編 | トップ | 宇宙兄弟#0  »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

21 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
STAND BY ME ドラえもん (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【私の感覚あらすじ】 ドラえもんがのび太の所に初めて来てから
映画「STAND BY ME ドラえもん(2D)」 感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『STAND BY ME ドラえもん(2D)』 (公式)を本日、公開初日に劇場鑑賞。採点は、 ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら75点にします。 ざっくりストーリー 東京郊外に暮らす勉強も運動も何をやらせても冴えない小学生ののび...
映画:STAND BY ME ドラえもん あのラストまでが完璧に再現され 思わず(涙) (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
すべての子ども体験者のみなさんへ。 このコピー一言に尽きる。 子ども時代に読んだ、あのドラえもんが3次元で動く! 数々の未来の道具が登場する! のび太をはじめとするキャラが活き活き動く! そして.... 間違いなく誰もが泣かされた、あのラストまでもが美し....
STAND BY ME ドラえもん (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。藤子・F・不二雄原作、八木竜一、山崎貴監督。(声)水田わさび、大原めぐみ、かかずゆみ、木村昴、関智一、妻夫木聡。「ドラえもん」は原作の漫画、テレビアニメ、映画 ...
「STAND BY ME ドラえもん」 ドラ泣き (はらやんの映画徒然草)
「ドラえもん」というマンガは今の自分の趣味志向やらなにやらを決定づけた作品と言っ
STAND BY ME ドラえもん (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3,5点】(11) オっちゃんひとりで「ドラえもん一枚」というのも
『STAND BY ME ドラえもん』は、あの続き!? (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  映画『STAND BY ME ドラえもん』では、近所の空地に土管が置かれている。  原作でも子供たちが遊ぶのは空地であり、そこには土管があった。  石ノ森章太郎氏の『サイボーグ009』でも、土管や材木が置かれた空地で009がパンを食べる描写がある...
『STAND BY ME ドラえもん(3D)』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「STAND BY ME ドラえもん」 □監督 八木竜一、山崎 貴□脚本 山崎 貴□原作 藤子・F・不二雄□キャスト(声) 水田わさび、大原めぐみ、かかずゆみ、木村 昴、関 智一■鑑賞日 8月8日(金)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの...
STAND BY ME ドラえもん (ダイターンクラッシュ!!)
2014年8月10日(日) 17:40~ 109シネマズ川崎1 料金:1500円(109シネマズの日+3D料金) パンフレット:未確認 しずかちゃんを落とすためには手段を択ばない男のび太。 『STAND BY ME ドラえもん』公式サイト 断わっておくが、ドラえもんに思い入れは無い...
『STAND BY ME ドラえもん』 (時間の無駄と言わないで)
メガネの上から3Dメガネをかけると涙が拭けなくていけないね。 垂れ流し。 そりゃこのエピソードを並べられたら泣くよ。 ドラえもんとの出会いから始まるから一見さん(いるのか ...
STAND BY ME ドラえもん (とりあえず、コメントです)
八木竜一監督&山崎貴監督が創り上げたCGアニメのドラえもんです。 予告編を観て、これは観たい!と公開を楽しみにしていました。 ドラえもんの造詣はCGにも似合うなあと思いながら、懐かしい雰囲気の作品を楽しみました(^^)
STAND BY ME ドラえもん ★★★★ (パピとママ映画のblog)
藤子・F・不二雄原作で国民的アニメであるドラえもんのシリーズ初となるCGアニメ。『friends もののけ島のナキ』などの八木竜一と『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズなどの山崎貴が共同でメガホンを取り、珠玉のストーリーもさることながら、ミニチュアで制作した背景にCGの...
色あせない物語。『STAND BY ME ドラえもん 』 (水曜日のシネマ日記)
藤子・F・不二雄原作で国民的アニメであるドラえもんシリーズ初となるCGアニメーション映画です。
STAND BY ME ドラえもん(2D)  (タケヤと愉快な仲間達)
監督:八木竜一、山崎貴 声の出演:水田わさび、大原めぐみ、かかずゆみ、木村昴、関智一、妻夫木聡(のび太青年時代) 【解説】 藤子・F・不二雄原作で国民的アニメであるドラえもんのシリーズ初となるCGアニメ。『friends もののけ島のナキ』などの八木竜一と『ALWAYS...
STAND BY ME ドラえもん  3D (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
お子様にはちょっと難しい内容だと思う。小学生時代にいじめられっ子だった自分は殴り合いのケンカをしていじめに立ち向かった記憶がある。のび太がジャイアンに向かって何回も立ち上がる姿が今の自分に勇気を与えてくれた。子供経験者の大人向けの映画だ。
STAND BY ME ドラえもん (だらだら無気力ブログ!)
3DCGのドラえもんは意外に良かった。
STAND BY ME ドラえもん (映画好きパパの鑑賞日記)
 ドラえもん初の3Dシリーズで、現行のテレビシリーズの声優を配したこともあり、泣けると評判でしたが、僕自身はいま一つでした。ドラえもんの映画って、「のび太の結婚前夜」を見て泣いたこともあるから、子供映画だから退屈というわけでないのだけど、なんなんでしょ...
STAND BY ME ドラえもん (いやいやえん)
【概略】 冴えない少年・のび太の前に、22世紀からやって来たのび太の孫の孫・セワシと、ドラえもんが現れ…。 CGアニメ 3DCGで制作されたドラえもんの劇場版。 ドラえもんの中でも感動作(出会いと別れ、結婚前夜など)を数話合体して一本の作品としたので、...
『STAND BY ME ドラえもん』(2014) (【徒然なるままに・・・】)
藤子・F・不二雄生誕80周年を記念して製作された3DCGの長編アニメーション映画。昨夏公開されるやロングランとなる大ヒットを記録したものの、結局映画館へは行かず仕舞いに終わってしまった。のび太とドラえもんの出会いから別れ、そして予期せぬ再会までを90分で...
STAND BY ME ドラえもん (銀幕大帝α)
2014年 日本 95分 ファンタジー/ドラマ/ファミリー 劇場公開(2014/08/08) 監督: 八木竜一 『friends もののけ島のナキ』 山崎貴 『ALWAYS 三丁目の夕日'64』 絵コンテ: 八木竜一 原作: 藤子・F・不二雄 脚本: 山崎貴 主題歌: 秦基博「ひまわ...
STAND BY ME ドラえもん (のほほん便り)
言わずと知れた、国民的作品。それだけに、なまじ大ヒット。賛否両論あったみたいですが、個人的には、山崎貴監督の、藤子・F・不二雄先生へのラブレター?みたいに感じました。たしかに、オリジナルの素朴絵ならではの、牧歌的で大らかな空気は乏しかったかもしれないけ...