はるみのひとり言

気ままなお散歩と猫と美味しいもん

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

大統領の執事の涙

2014-02-10 | こんな映画観たよ



試写会で観ました。

 奴隷から大統領の執事に上り詰め、ホワイトハウスで歴代大統領7人に仕えた黒人執事セシル・ゲインズと、その家族の人生を描くヒューマンドラマ。

綿花畑の奴隷として生まれたセシルは、子供の頃父親を白人の主人に撃ち殺されてしまいますが、
ハウスニガーになったことがきっかけで給仕を習い、その努力と能力でホテルのボーイを経て大統領の執事に抜擢されます。
黒人としての誇りを胸に白人に仕えていたのですが、長男は父の仕事を恥じ、反政府運動にのめり込んでしまいます。

セシルが奴隷から大統領の執事にまで出世したサクセスストーリーなのかなと思っていましたが、
黒人が地位と権利を獲得するまでの道のりを、父と息子の対立を通して描かれていました。

キング牧師が「黒人執事が有能な仕事をこなすことで黒人の地位を向上させる。彼らもまた戦ってる」とセシルの息子に語るシーンにグッと来ました。ほんとに短いシーンなんですけどね。

白人に仕えることに葛藤を抱きながらも、誇りを持って職務を全うするセシルは周囲の信頼を得、
遂にホワイトハウス内の黒人の地位を向上させます。
それが自分なりのやり方だったんですね。

世の中も徐々に変わり、ついに黒人初の大統領誕生。
これは黒人の人達にとってもの凄いこだったんでしょうね。
「あのオバマさんも・・・」みたいなCMがありましたけど、そんな軽率に言ってたことが恥ずかし気がします。

セシルのモデルになったユージン・アレンさんは、オバマ大統領就任式に招待されたそうですね。
ラストの「自分で行ける」ってシーンも良かったね。そりゃ30年も居たらあんたより分かってるよね。

実話がベースなので、ちょっぴり平坦な感じで、若干ウトウトなってしまったんですが
それぞれの大統領の時に起った出来事など勉強になったり、親子が和解した場面は良かったな。

もうひとつの見所は、キャストが豪華でした~。
MCの三木まり子さんが、エンドロールで名前を確認して下さいって仰ってたんですが、チラシも見ないでいたので、そんな豪華な顔ぶれだったとは全然気づきませんでした。もったいなかったよ。
アラン・リックマンのレーガンがよく似てました。映画を観てる時はアランさんて分かりませんでした。

セシルの母ちゃんがマライア・キャリーだったり、農園主人がイケメンのアレックスくんだったり。
イケメンだけはしっかりチェックしたけど。(キリッ!)
キャストを確認して行かれるとより楽しめるかもしれないですね~。

タキシード姿で登場しはった三木まり子さん。
いつも映画に合わせたスタイルをなさって素敵ですね。


☆原題 : Lee Daniels' The Butler
☆製作国 : アメリカ
☆上映時間 : 132分
☆監督 : リー・ダニエルズ
☆キャスト : フォレスト・ウィテカー / オプラ・ウィンフリー / ジョン・キューザック / ジェーン・フォンダ / キューバ・グッディング・Jr / テレンス・ハワード / レニー・クラヴィッツ / ジェームズ・マースデン / デヴィッド・オイェロウォ / ヴァネッサ・レッドグレーヴ / アラン・リックマン / ロビン・ウィリアムズ / マライア・キャリー  / アレックス・ペティファー

 

ブログランキング・にほんブログ村へ  blogram投票ボタン

↑ランキング参加中
    応援クリックよろしくお願いします!励みになります

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (19)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 土竜の唄 潜入捜査官 REIJI | トップ | 東京難民 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは。 (BROOK)
2014-02-18 17:43:39
傑作といった感じではないのですが、
意外と見入ってしまう作品となっていました♪

黒人視点から見たアメリカの歴史で、
そこに人種差別問題も合わせて描きつつ…
最後のオバマに会えるシーンでのセシルの笑顔が印象的でした。
BROOKさんへ、 (はるみん)
2014-03-07 23:06:32
執事の映画が続いたので、大統領に仕えた黒人執事の話と思っていたら、人種差別問題を描いた良質な作品でしたね。
今日から公開の「それでも夜は明ける」も楽しみです。早く観たいです!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

19 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
映画『大統領の執事の涙』観てきた~ジ━━…(〃´-`〃)…━━ン (よくばりアンテナ)
奴隷から大統領執事になった男の目を通して、 アメリカの黒人差別問題の歴史を見る物語。 公式HPはコチラ 実在の人物がモデルだそうです。 綿花畑の奴隷の息子として生まれ育ったセシルは、 ある日、屋敷の主に父を目の前で撃たれた。 家働きの下男となり、そ...
大統領の執事の涙 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(AF) 人間いくつになっても学ぶことがあるな~と改めて思い知る。
大統領の執事の涙 ★★★★ (パピとママ映画のblog)
実在したホワイトハウスの黒人執事の人生をモデルにしたドラマ。奴隷から大統領執事となり、7人の大統領に仕えた男の波乱に満ちた軌跡を追う。主演を務める『ラストキング・オブ・スコットランド』などのフォレスト・ウィテカーを筆頭に、ジョン・キューザック、ジェーン....
映画:大統領の執事の涙 The Butler 黒人執事からみた、アメリカ現代史。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
奴隷からのし上がってなんと大統領執事となり、7人の大統領に仕えた男(フォレスト・ウィテカー)の波乱に満ちた人生。 これを描く監督は、リー・ダニエルズ(「プレシャス」「ペーパーボーイ 真夏の引力」「チョコレート」) この点で、一定以上の水準が確実にある....
劇場鑑賞「大統領の執事の涙」 (日々“是”精進! ver.F)
誇りと信念を持って… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201402180001/ 【送料無料】大統領の執事の涙 [ ウィル・ヘイグッド ]価格:1,470円(税込、送料込) 【当店専用ポイント(楽天ポイントの3倍)+メール便送料無...
大統領の執事の涙 (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【私の感覚あらすじ】子供時代から執事を終えるまでの出来事を追
大統領の執事の涙/LEE DANIELS' THE BUTLER (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click アカデミー賞作品賞ノミニーやGG賞ノミニー、トロント映画祭で最高の観客賞受賞の「プレシャス」や 「ペーパーボーイ 真夏の引力」のリー・ダニエルズ監督が、 1950年代から80年代という長い間ホワイトハウス...
大統領の執事の涙 (映画的・絵画的・音楽的)
 『大統領の執事の涙』を新宿ピカデリーで見ました。 (1)本作は、アイゼンハワーからレーガンまで7人のアメリカ合衆国大統領に仕えた黒人執事の半生を描いた映画であり、アメリカで大ヒットしたということなので、映画館に行ってきました。  映画の冒頭では、主人公の...
十人十色。『大統領の執事の涙』 (水曜日のシネマ日記)
ホワイトハウスで7人の大統領に仕えた黒人執事の人生を描いた作品です。
「大統領の執事の涙」 犬と狼 (はらやんの映画徒然草)
この作品のような黒人の公民権運動を題材にした作品を観ると、これがたった1世代前の
『大統領の執事の涙』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「大統領の執事の涙」□監督 リー・ダニエルズ □脚本 ダニー・ストロング □キャスト フォレスト・ウィテカー、オプラ・ウィンフリー、ジョン・キューザック、       ジェーン・フォンダ、キューバ・グッディング・Jr、テレンス...
映画「大統領の執事の涙」 (FREE TIME)
映画「大統領の執事の涙」を鑑賞しました。
『大統領の執事の涙』 人間の範囲はどこまでか? (映画のブログ)
 西洋で発明されたものはたくさんある。  映画にラジオにレコード、蛍光灯に冷蔵庫に洗濯機、さらに自動車、飛行機、潜水艦といった物質的なものはもとより、大航海時代には遠方への航海のために多くの人から出資を募る株式会社の仕組みが考案され、統治システムとして...
大統領の執事の涙 (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
大統領の執事の涙 '13:米 ◆原題:LEE DANIELS' THE BUTLER ◆監督:リー・ダニエルズ「ペーパーボーイ 真夏の引力」「プレシャス」 ◆主演:フォレスト・ウィテカー、オプラ・ウィンフリー、ジョン・キューザック、ジェーン・フォンダ、テレンス・ハワード、レ...
アメリカ現代史~『大統領の執事の涙』 (真紅のthinkingdays)
 The Butler  南部の白人家庭で、給仕などを担当する 「ハウスニガー」 として育ったセ シル(フォレスト・ウィテカー)は、大統領の執事に抜擢され、ホワイトハウスで 働くことになる。  1950年代から80年代にかけてのアメリカに実在した、7人...
映画『大統領の執事の涙』を観て (kintyre's Diary 新館)
14-21.大統領の執事の涙■原題:The Butler■製作年、国:2013年、アメリカ■上映時間:132分■料金:1,800円■観賞日:2月23日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(六本木) □監督・製作:リー・ダニエルズ◆フォレスト・ウィテカー◆オプラ・ウィンフリー◆...
大統領の執事の涙 (タケヤと愉快な仲間達)
監督:リー・ダニエルズ 出演:フォレスト・ウィテカー、オプラ・ウィンフリー、ジョン・キューザック、ジェーン・フォンダ、キューバ・グッディング・Jr、テレンス・ハワード、レニー・クラヴィッツ、ジェームズ・マースデン、デヴィッド・オイェロウォ、ヴァネッサ・レ...
大統領の執事の涙 (いやいやえん)
【概略】 ホワイトハウスで7人の大統領に仕えた黒人執事の視点から、揺れ動くアメリカとその時代に翻弄される家族の物語を、実話をベースに描く。 ドラマ 非暴力による誇りと戦い。 早足で中途半端な感じは否めない。黒人の虐げられてきた歴史や、歴代大統領の...
映画・大統領の執事の涙 (読書と映画とガーデニング)
原題 THE BUTLER2013年 アメリカ アメリカ・ホワイトハウスでアイゼンハワー、ケネディ、ジョンソン、ニクソン、フォード、カーター、レーガンの7人の大統領に仕えた黒人執事・セシル(フォレスト・ウィテカー)の物語 実話に基づいているそうです 1926年、....