はるみのひとり言

気ままなお散歩と猫と美味しいもん

そして父になる

2013-09-27 | こんな映画観たよ



この日ほんとは凶悪を観るつもりだったんですが、先行上映されてると知って急遽こちらに変更。
公開されるの楽しみだったからな~。
映画が始まる前にカンヌの映像も流れました。

ストーリーは・・・
これまで順調に勝ち組人生を歩んできた大手建設会社のエリート社員、野々宮良多。妻みどりと6歳になる息子・慶多との3人で何不自由ない生活を送っていた。しかしこの頃、慶多の優しい性格に漠然とした違和感を覚え、不満を感じ始める。そんなある日、病院から連絡があり、その慶多が赤ん坊の時に取り違えられた他人の子だと告げられる。相手は群馬で小さな電器店を営む貧乏でがさつな夫婦、斎木雄大とゆかりの息子、琉晴。両夫婦は戸惑いつつも顔を合わせ、今後について話し合うことに。病院側の説明では、過去の取り違え事件では必ず血のつながりを優先していたという。みどりや斎木夫婦はためらいを見せるも、早ければ早いほうがいいという良多の意見により、両家族はお互いの息子を交換する方向で動き出すのだが…。 (allcinemaより)

前にTVでも子供を取り違えられたドラマを見たことがあったんで、この映画も子供をどうするかっていう
お話なのかなと思ってたんですが、福山さん演じる良多が取り違え事件を通じて父になるとういうことに気づいていく物語でした。

お金持ちな野々宮家と貧乏な斎木家。
初めて両家が顔合わせした時のリリーパパの印象がなんか胡散臭くて、将来を考えると福山さん家に
いた方がいいかも・・・なんて思ってしまったんですが、だんだん二人のパパのことが分かってきます。

リリーさんはいい加減そうに見えるんだけど、子供と関わり、気持ちを察することの出来る人。
躾とかはなってないかもしれないけど、良いパパなんだ。
リュウセイが帰って来た時、さらっと「おかえり~」って言えるなんて。
真木さんの肝っ玉母さんも良かったです。
エリート街道を歩いて来た福山さんは、人を見下すこともあるようなちょっとやな感じの人。
慶多のことも見てるようで見てないような。
でも福山さんが子供と上手く関われないのは生い立ちにあって、それは後半で徐々に見えてくるんだけど。

リリーさん家族との交流、取り違え原因の看護師親子、継母とのことがきっかけで福山さんの心の蟠りがとけていきます。
継母 風吹ジュンさんとの短い電話のやりとりは思わず涙腺が緩んでしまいました。
何気ない会話なんです。でも継母が福山さんの気持ちを察してくれてることが十分わかる。
心にくる細かい演出が散りばめられていて、一言で語れないくらいです。

この先も家族にいろんな問題が起こるだろうけど、2つの家族が交流しながら乗り越えて行けるんじゃないかなって思わせるような希望を持てるラストでした。
いい余韻が残りました。
その後もう一本観ようかなとも思ってたんですが、せっかくの余韻を残しておきたかったんでやめました。

キャストの皆さんも素晴らしかったんですが、リュウセイの弟にも注目して~
あの演技?はもはや神ですね。 めちゃくちゃ気に入ってしまいました。


いい映画でした。心に残る1本になりました。

ブログランキング・にほんブログ村へ  blogram投票ボタン

↑ランキング参加中
    応援クリックよろしくお願いします!励みになります

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (20)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 9月25日(水)のつぶやき | トップ | 9月26日(木)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

20 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
[映画『そして父になる』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆なんか、かったるそうで、見る気がなかったのだが、観たら、ヨーロッパの映画のような、なんか淡々とした雰囲気をたたえた傑作であった。  六年を経てから判明した、病院での子供の取り違えに端を発する二つの家族の物語だ。  たとえが突拍子もないが^^; ある意...
そして父になる (勝手に映画評)
第66回カンヌ国際映画祭で審査員賞受賞。10分間にも渡るスタンディングオベーション。それは、是枝監督が退場しなかったらいつまでも鳴り止まなそうだったので退場したと言うくらい。また、審査員長のスティーブン・スピルバーグは初めて見た時から本作品が賞に値するとい...
そして父になる (だらだら無気力ブログ!)
見応えあって考えさせられる一本
そして父になる (to Heart)
6年間育てた息子は、他人の子でした 製作年度 2013年 上映時間 120分 脚本 監督是枝裕和 出演 福山雅治/尾野真千子/真木よう子/リリー・フランキー/二宮慶多/横升/田中哲司/風吹ジュン/國村隼/樹木希林/夏八木勲 是枝裕和監督が子どもの取り違えという出来事に遭遇した...
『そして父になる』 血か情か? (映画のブログ)
 かつて社会問題になるほど頻発した「赤ちゃん取り違え事件」。  『そして父になる』は1977年に発覚した事件を参考にしつつ、赤ちゃんを取り違えられてしまった二家族の苦悩を描く。  現実に取り違えられた二人の女の子がたどった人生は、奥野修司氏が『ねじれた絆...
そして父になる (Akira's VOICE)
家族は一日にして成らず。  
そして父になる (悠雅的生活)
6年めの事実。強くなるためのミッション。負けたことのない男。
そして父になる  監督/是枝 裕和 (西京極 紫の館)
【主演】  福山雅治  尾野真千子  真木よう子  リリー・フランキー 【ストーリー】 申し分のない学歴や仕事、良き家庭を、自分の力で勝ち取ってきた良多。順風満帆な人生を歩んできたが、ある日、6年間大切に育ててきた息子が病院内で他人の子どもと取り違えられて....
そして父になる  (にきログ)
こちらカンヌ映画祭審査員特別賞を受賞した作品ですね 是枝監督監督作品は「誰も知らない」以来の鑑賞ですね いやぁ面白かったです この監督はやっぱりTVドラマよりも映画畑の人間ですね あらすじ 申し分のない学歴や仕事、良き家庭を、自分の力で勝ち取ってき...
映画「そして父になる」 (FREE TIME)
話題の映画「そして父になる」を鑑賞しました。
そして父になる   LIKE FATHER, LIKE SON (映画の話でコーヒーブレイク)
今週末から公開かと思っていたら…先行上映なるのもがあったのですね。 どうせ東京だけでしょ。横浜じゃ先行はないな~。と思い、 「マン・オブ・スティール」3D字幕の上映館を探していたら、最寄りの映画館でも 横浜の映画館でも「そして父になる」の先行上映をやって...
そして父になる (とりあえず、コメントです)
世界の映画祭で話題になった是枝裕和監督&福山雅治主演のヒューマンドラマです。 是枝監督作品はいつも見応えがあるので、今作も楽しみにしていました。 何気ない日常を綴りながら、子を想う親の愛をじっくりと映し出している作品でした。
「そして父になる」 言葉の少なさがリアリティを生む (はらやんの映画徒然草)
6年間育てていた子供が実は他人の子供だった。 その事実に直面した2組の家族・・・
そして父になる ★★★★ (パピとママ映画のblog)
『誰も知らない』などの是枝裕和監督が子どもの取り違えという出来事に遭遇した2組の家族を通して、愛や絆、家族といったテーマを感動的に描くドラマ。順調で幸せな人生を送ってきたものの、運命的な出来事をきっかけに苦悩し成長する主人公を、大河ドラマ「龍馬伝」や『....
そして父になる (映画的・絵画的・音楽的)
 『そして父になる』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)あちこちで流される予告編で本編を見た気になってしまい、わざわざ行くまでもないのではと思い始めたものの、これほど評判の作品ならばやはり見ておかなければと考え直し、映画館に行ってきました。  映画の始....
子の心、親知らず~『そして父になる』 (真紅のthinkingdays)
 大手ゼネコンに勤務し、都内の高級マンションに住む野々宮良多(福山雅治) は、いわゆる 「勝ち組」 のエリートサラリーマン。妻みどり(尾野真千子)、一 人息子の慶多(二宮慶多)と、平穏な暮らしを営んでいた。 お受験に成功した 慶多の小学校入学直前、あ...
さよなら渓谷 (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
さよなら渓谷 '13:日本 ◆監督:大森立嗣「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」 ◆主演:真木よう子、大西信満、鈴木杏、井浦新、新井浩文、木下ほうか、三浦誠己、薬袋いづみ、池内万作、木野花、鶴田真由、大森南朋 ◆STORY◆緑が生い茂る渓谷で幼児の殺害事件が発...
そして父になる (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
そして父になる '13:日本 ◆監督:是枝裕和「奇跡」「空気人形」 ◆主演:福山雅治、尾野真千子、真木よう子、リリー・フランキー、二宮慶多、黄升げん、風吹ジュン、國村隼、樹木希林、夏八木勲、中村ゆり、ピエール瀧、高橋和也、田中哲司、井浦新 ◆STORY◆学歴...
「そして父になる」 (ここなつ映画レビュー)
2013年は例年になく邦画を鑑賞した年だった。そのほとんどが息子への「お付き合い」だったとはいえ、中にはもちろん「参りました」というような作品もある。この「そして父になる」は、第66回カンヌ映画祭で審査員特別賞を受賞した作品だというだけでなく、是枝監督の作品...
映画 そして父になる (こみち)
JUGEMテーマ:邦画     子供の取り違えを扱った、ちょっと重いテーマの映画   育てた子供を今まで通りに育てるのか。   それとも本当に違繋がっている子供を   交換して育てるのか。 &...