はるみのひとり言

気ままなお散歩と猫と美味しいもん

スティーブ・ジョブズ

2013-10-30 | こんな映画観たよ




試写会で観て来ました。
映画でジョブズさんを演じてるアシュトンさんは雰囲気つかんでるのに、このチラシちょっと笑えませんか~

スティーブ・ジョブズさんが青年時代、実家のガレージハウスでアップルを創業した時から、アップルに復帰し
CEOになった時までのお話です。

アップルにもジョブズさんにも思い入れも馴染みもないので、創業から復帰までの流れはあれよあれよと
言う間に進んだなという印象です。
知ってる人には当たり前なのかもしれませんが。
それより数々の作品を生み出し、世界を変えたジョブズさんがどんな人物だったのか、どうして成功できたのかということが描かれた作品でした。

あれだけの名言を残されてるので、人間的にもさぞかし立派な方なのだろうと思っていたのですが、
若い頃のジョブズさんは、人としては最低~って言いたくなるような方ですね。
同僚には暴言を吐くし、自分の思い通りにならない部下にはクビだって言うし。
一番はやっぱり妊娠した彼女に自分の子じゃない、他人の子だろって言っちゃうところ。
でも後に子供は引き取ってたみたいだし・・・リサちゃんと上手くいってるのかな~。
ちゃんと育ったのかな?気になりました。

芸術家肌の人なんでしょうね。
自分の信念を貫く姿には感動ですが、天才的なジョブズさんだから認められることで、
普通のもんがジョブズさんの教えを参考にしても無理だろうという気がしますね。

映画としては普通に楽しめました。
iPhone発売日に何日も前から並びはるような方は映画にも押しかけはるんでしょうか。。

映画館で予習本みたいなチラシがあったので、詳しくない人は映画を観る前に読まれたらもっと映画を
楽しめるかもしれないですね。私も先に読みたかった。



アップル誕生のご実家は、歴史的資産に認定されたんだそうですね。

11月1日(金)より公開です。

ブログランキング・にほんブログ村へ  blogram投票ボタン

↑ランキング参加中
    応援クリックよろしくお願いします!励みになります

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 42-世界を変えた男ー | トップ | 2013 映画鑑賞リスト 10月 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

10 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
映画:スティーブ・ジョブズ JOBS  この映画を理性的に語ることが「不可能」なワケ (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
i-pad、i-phone、i-pod、i-tunesネタだけでアップが×125ある当ブログとしては、冒頭シーンだけで完全に痺れてしまった。 その理由を当ブログ記事「ジョブズ2000年以降の偉業を振り返る」より引用するところから紹介。 <あらゆるマスメディアで報道されているスティー...
スティーブ・ジョブズ / JOBS (勝手に映画評)
事実に基づいた作品。 2011年10月5日に亡くなったスティーブ・ジョブズの話です。ですが、この作品では、アップル創業から、アップル追放を経てアップルに復帰するまでを描いており、その他の、NeXTやピクサーの話には触れられていませんし、2000年のCEO復帰以後の話も描...
スティーブ・ジョブズ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(P) 予告編自体の作りが上質であり本編もそのままの流れ
映画『スティーブ・ジョブズ』観てきた (よくばりアンテナ)
毎日利用しているMacにiPhoneにiPodにiPad。 私はアップル社製品に囲まれてますし、やっぱり創立者について 興味がないわけないですもん。 役者さんもめっちゃなりきってるって話題でしたし、観てみようと。 地元のシネコン乱立してるのにどこも上映してないので...
スティーブ・ジョブズ ★★★ (パピとママ映画のblog)
2011年に死去したアップルの創設者、スティーブ・ジョブズの生涯を描く。大学を中退し禅や仏教に傾倒しながらも、無為の日々を送るジョブズは、親友のウォズニアックの趣味であるコンピュータに興味を持つ。2人は友人たちの協力を得て世界初の個人向けマシンApple Iを商品...
「スティーブ・ジョブズ」 クレイジーな人 (はらやんの映画徒然草)
AppleのMacintoshを初めて自分で買ったのは、確か1993年頃でした。
スティーブ・ジョブズ (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
主演のアシュトン・カッチャーはまるでジョブズにそっくりだけど、会話を中心にして物語が進むので映画的な醍醐味は少ない。経営権の争奪戦みたいなお話にしないで、技術的な話題とかデザインの方向性の問題を主題すれば、もっとダイナミックな作品になっていたと思う。
スティーブ・ジョブズ (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
スティーブ・ジョブズ '13:米 ◆原題:Jobs ◆監督:ジョシュア・マイケル・スターン「ケビン・コスナー チョイス!」 ◆主演:アシュトン・カッチャー、ダーモット・マローニー、ジョシュ・ギャッド、ルーカス・ハース、J・K・シモンズ、マシュー・モディーン、レス...
スティーブ・ジョブズ (のほほん便り)
「エッ、ここで終わっちゃうの?」って印象でした。ちょっと、( ̄O ̄;) ポカン…たしかに、天才で、先見の明があり、完璧主義たるがゆえん。時に時流に合わず、情熱が空回り。あっちへぶつかり、こっちからは、はみだし、したけれど、願わくば、その紆余曲折と、快進撃...
最新映画:スティーブ・ジョブス Steve Jobs (2015). ヒールな彼から浮かび上がる人物像とは。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
アシュトン・カッチャー主演の同タイトル(2013?)とは別物。 しかも同タイトル+ Man in the machine なるドキュメンタリーも公開中。 紛らわしいことこの上ない! こちらは監督ダニー・ボイル(「スラムドッグミリオネア」「トレインスポッティング」) 脚本は当ブログ...