はるみのひとり言

気ままなお散歩と猫と美味しいもん

ダラス・バイヤーズクラブ

2014-02-27 | こんな映画観たよ



映画館で観ました。

1985年、テキサス生まれの電気技師ロン・ウッドルーフはHIV陽性と診断され、余命30日と宣告される。米国には認可された治療薬が少ないことを知り、納得のできないロンは代替薬を求めてメキシコへ渡る。そこで米国への薬の密輸を思いついたロンは、無認可の薬やサプリメントを売る「ダラス・バイヤーズクラブ」を設立。会員たちは安い月額料金で新しい薬を手にすることができ、クラブはアングラ組織として勢いづく。しかし、そんなロンに司法の手が迫り……。(映画.com)

真面目な社会派の作品と思いきや、まずロンさんの人柄にえ〜って思っちゃいます。
酒にタバコに女にドラッグに、賭けに負けると逃げちゃうようないい加減なおっさんです。
たまたまエイズに感染してることが分かって余命30日って宣告されるんだけど、そりゃ〜ねって思ってしまいました。
当時エイズは同性愛者しかかからに病気だと思われてたんですね。
だからロンさんも何で同性愛者でもない自分がって感じで。
これまで同性愛者のことを見下してたロンさんも、感染を知った友人・知人たちから白い目で見られるハメに。

でもいい加減に生きてきたロンさんが、ここから何が何でも生きるために奮闘します。勉強します!
アメリカで手に入る薬が毒性が強いということを身をもって知ったロンさんは、メキシコで自分に合う薬に出会ったことをきっかけに未承認にもかかわらず密輸し、ビジンネスを始めることを思いつきます。日本にまで来ちゃってた。
会員制で何かあっても自己責任でっていいの〜って感じなんですが。
やってることはアレかもしれないけど、エイズ患者にとってはいい結果をもたらすことになって。
ロンさん、ええ人やんになっていきます。

乱れた生活してたおっさんが、ドラッグはやめろとか加工食品がダメとか言うシーンにニヤっとなりました。

ビジネスパートナーになるゲイのレイヨンの存在も良かった。
ゲイを嫌うロンが薬の販売ルートを広げるのに必要だったんだけど、次第に距離が縮まっていくところがいい。
スーパーでレイヨンを見下した態度をとった友人に、無理矢理握手させるシーンはグッとなった。
あんだけゲイを嫌ってたのに。
レイヨンが男の恰好をして父親にロンのことを助けてもらいに行くシーンにもうるっとなったし。
激痩せして気迫のある演技のマシューさんも凄いんだけど、レイヨンに思い入れしちゃうかな。

生きてることが不思議とまで言われた人間が、奮闘した結果7年も生きることになったそうです。
あのまま何もしないでいたら・・・と思うと怖いね。

ただの不良おっさんが生きるために起こした行動が、人を救うことになるええお話でした。


☆原題: Dallas Buyers Club
☆製作国 : アメリカ
☆上映時間 : 117分
☆監督 : ジャン=マルク・バレ
☆キャスト: マシュー・マコノヒー / ジャレッド・レト / ジェニファー・ガーナー / ダラス・ロバーツ / グリフィン・ダン

ブログランキング・にほんブログ村へ  blogram投票ボタン

↑ランキング参加中
    応援クリックよろしくお願いします!励みになります

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (13)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雪の浮見堂 | トップ | 偉大なる、しゅららぼん »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

13 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『ダラス・バイヤーズクラブ』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「ダラス・バイヤーズクラブ」□監督 ジャン=マルク・ヴァレ □脚本 メリッサ・ウォーラック□キャスト マシュー・マコノヒー、ジャレッド・レトー、ジェニファー・ガーナー ■鑑賞日 3月2日(日)■劇場 ブルグ13■cyazの満足度...
ダラス・バイヤーズクラブ (うろうろ日記)
映画館で見ました。 【私の感覚あらすじ】 エイズにかかった余命30日の自堕落な主
ダラス・バイヤーズクラブ (映画的・絵画的・音楽的)
 『ダラス・バイヤーズクラブ』を新宿のシネマカリテで見ました。 (1)今度のアカデミー賞の作品賞などにノミネートされた作品というので見に行ってきました(注1)。  本作の舞台は1985年のテキサス州ダラス。  電気技師の主人公ロン(マシュー・マコノヒー)は、ロ....
ダラス・バイヤーズクラブ (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【DALLAS BUYERS CLUB】 2014/02/22公開 アメリカ R15+ 117分監督:ジャン=マルク・ヴァレ出演:マシュー・マコノヒー、ジャレッド・レトー、ジェニファー・ガーナー 「くたばれ!」と社会は言った。「くたばるか!」と男はたった一人で戦いを挑んだ。 [Story]1985年、...
ダラス・バイヤーズクラブ ★★★★★ (パピとママ映画のblog)
1980年代当時無認可だったHIV代替治療薬を密輸販売し、アメリカのHIV患者が特効薬を手にできるよう奔走した実在のカウボーイの半生を映画化した人間ドラマ。HIV陽性と診断されたカウボーイを『マジック・マイク』などのマシュー・マコノヒーが演じ、21キロも減量しエイズ....
ダラス・バイヤーズクラブ  監督/ ジャン=マルク・ヴァレ (西京極 紫の館)
【出演】  マシュー・マコノヒー  ジャレッド・レトー  ジェニファー・ガーナー 【ストーリー】 1985年、電気工でロデオカウボーイのロン・ウッドルーフは、HIV陽性と診断され余命が30日だと言い渡される。アメリカには認可治療薬が少ないことを知った彼は代替薬を探....
『ダラス・バイヤーズクラブ』(映画)(2013)ー未承認薬は俺がさばく、末期症状不良カウボーイのツッパリ伝説 (マンガデシネ)
 第86回アカデミー賞で主演男優賞、助演男優賞、メイクヘアスタイリング賞3部門受賞した『ダラス・バイヤーズクラブ』を観て来ましたよ。主演のマシュー・マコノヒーと相棒 ...
映画『ダラス・バイヤーズクラブ』観てきた〜 (よくばりアンテナ)
やっと、こっちの地方でも公開されて観てきましたよ。 公式HPはコチラ 実話ですし、あらすじはぜひ公式HPで読んでみてくだされ。 ま、正直いうと、主人公がもともとは 女好きで酒好きで、ロデオで賭け事して、負けたらお金持って逃げるっていう クズな男だっ...
『ダラス・バイヤーズクラブ』のキーワードはこれだ! (映画のブログ)
 油断も隙もありゃしない。  『ダラス・バイヤーズクラブ』には、ほとほとしてやられた。  難病に侵され、余命30日を宣告された男の話だと聞いたから、てっきり涙と感動の余命モノだと思って、舐めていたのだ。  とんでもなかった。  実話に材を取った本作は、...
『ダラス・バイヤーズクラブ』のキーワードはこれだ! (映画のブログ)
 油断も隙もありゃしない。  『ダラス・バイヤーズクラブ』には、ほとほとしてやられた。  難病に侵され、余命30日を宣告された男の話だと聞いたから、てっきり涙と感動の余命モノだと思って、舐めていたのだ。  とんでもなかった。  実話に材を取った本作は、...
ダラス・バイヤーズクラブ (LIFE ‘O’ THE PARTY)
今回はかなり内容に触れているのであらかじめご了承くださいまし
ダラス・バイヤーズクラブ (C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜)
ダラス・バイヤーズクラブ '13:米 ◆原題:DALLAS BUYERS CLUB ◆監督:ジャン=マルク・ヴァレ「ヴィクトリア女王 世紀の愛」 ◆主演:マシュー・マコノヒー、ジャレッド・レト、ジェニファー・ガーナー、デニス・オヘア、スティーヴ・ザーン、グリフィン・ダン ◆ST...
患者から救済者になっちまった男。〜「ダラス・バイヤーズ・クラブ」〜 (ペパーミントの魔術師)
ダラス・バイヤーズクラブ [Blu-ray]Happinet(SB)(D) 2014-09-02by G-Tools GyaO鑑賞2本目。また全然ちゃうタイプの映画をセレクト。 実はアカデミー賞の主演男優賞とって気にはなってたんだけど、劇場公開見に行けなくてね〜・・・と言い訳。 HIVに感染しちまって、....