はるみのひとり言

気ままなお散歩と猫と美味しいもん

終戦のエンペラー

2013-06-26 | こんな映画観たよ



久しぶりに「ありがとう名画試写会」で見せていただきました。
映画の内容から年齢層高かったですね~。

浜村さんの試写会の時は、映画の前に提供会社の宣伝や抽選会、映画の紹介が30分くらいあるので、
その分長くなるので気合入れてかないとって感じで。
相変わらず抽選会ではな~にも当たらずお呼びでないわ~。
今回はクイズに正解するとプレスシートが貰えるコーナーがあったんですが、みなさん積極的に手を上げて
らっしゃって凄いな~。
浜村さん、あらすじを簡単にって仰ってたけど、ほとんど喋ってしまいはったんとちがいます~(笑)

見終わった後良かったな~と思ってたんですが、帰ってからチラシを読んでみると"フィシクションを織り交ぜて"
と書かれてたんで、ちょっとだけ冷めちゃったかも 切ないラブストーリーもほんまやと思ってたし。
歴史や政治に疎いおバカな私にはどっからどこまでがほんまなんか分からんけど、
見たままを書いてみたいと思います。


1945年8月、GHQを引き連れて日本に上陸したマッカーサーさん。
連合国側は天皇の裁判&逮捕を望んでたみたいなんだけど、天皇を神と崇める日本で逮捕という事態になれば、
国民の中で混乱が起き大変なことになると思ったマッカーサーさんは、部下のフェラーズ准将に天皇が戦争に
関わったのか10日間で探れを命じます。

実はフェラーズさんは日本の文化大好きさん。学生時代、留学生だったアヤという女性と付き合っています
戦争に関わった容疑者たちや天皇の側近に話を聞きに行くんですが、日本に詳しいフェラーズさんでも
はっきりした証拠を見つけ出せません。
天皇は平和を望んではったみたいなんだけど、そのお気持ちを短歌で言いはってん。
平安時代に君を想う気持ちを歌でみたいな感じやん。
分かる人には分かるけど、つまりどゆこと?みたいな。
天皇の側近 関屋役を亡き夏木勲さんがされていました。
「もう一度お聞かせしましょうか」ってとこでクスっとなってしまいました。

近衛邸にも出向いたフェラーズさん。美しい池を眺められる建物に入るのに靴を脱ごうとしたら
通訳の高橋にそのままでと言われ土足のままで上がらはって。
上からやな~っと思ってたんですが、結果的に靴履いたままで正座することになってもて・・・。
あれは高橋のいけずやったんかな~。ちょっと笑ってしまいました。
文麿さん、橋下さんみたいな発言してはったけど、元首相の発言聞いたら斬らはるかもしれないですねー。

木戸さんの証言は吃驚しちゃいました。あの玉音放送の前に皇居襲撃事件があっただなんて。
千人の兵士が押し寄せて来たってえらい事態になってました。ほんまなんでしょうか。

フェラーズさんの報告書を見て、マッカーサーさんは結論を出す前に天皇に会ってみたいと希望します。
しかも天皇に出向いてくるようにと。社交上の訪問で異例の許可が降りたみたいなんだけど。
会う前に天皇に会う時の決まりみたいな忠告をことごとく無視するマッカーサーさん。
服だって普通の軍服のまま。天皇は正装して来てはるのに。しかも見下げてるしぃ~。
でもちっともイラっとしはれへん天皇さん。
横柄な態度もどんな人だかみる作戦だったのかな~?
そしてあの有名なお写真が撮られたそうです。
止められてたのにあれよあれよという間に撮ってしまいはりました。

天皇の最後の言葉はウルっときました。
日本の混乱は免れたけど、それをドアの隙間から覗いて喜ぶフェラーズさん。勝手に覗いていいの~?
忘れてたけどフェラーズさんの恋の結末も。。またうるっとなってしまいました。

印象に残ったのは太平洋戦争の知られざれる真実っていうより、日本の微妙な心を読み取るのはわかりにくいやろな~ってことでした。
毘沙門堂のあのお部屋に通されて帰れる人でないと。1000年経っても待ってないといけませんねー。

この国の住民はってあのCMと似てるやん。トミーリーさんにぴったりやんね~。
フェラーズさん頑張ったのに、最後においしいとこ持っていかれたような気がしました。

7月27日(土)より公開です。

ブログランキング・にほんブログ村へ  blogram投票ボタン

↑ランキング参加中
    応援クリックよろしくお願いします!励みになります

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (19)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オブリビオン | トップ | NOVO »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

19 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
終戦のエンペラー (あーうぃ だにぇっと)
終戦のエンペラー@ブロードメディア試写室
『終戦のエンペラー』 2013年7月8日 ブロードメディア試写室 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『終戦のエンペラー』 を試写会で鑑賞しました。 上映後の長いトークショーはやめてください 良い映画なのにだいなしですよ (imdbでは6.2です。) 【ストーリー】  1945年8月30日、連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)の司令官としてダグラス・マッカーサー元帥(トミ...
終戦のエンペラー (とりあえず、コメントです)
岡本嗣郎著のノンフィクション『終戦のエンペラー 陛下をお救いなさいまし』をもとに映画化した歴史ドラマです。 トミー・リー・ジョーンズがマッカーサーを演じると聞いて気になっていました。 日米の豪華な出演者たちの熱演と共に、主人公の視線で丁寧に描かれた日本の...
劇場鑑賞「終戦のエンペラー」 (日々“是”精進! ver.F)
天皇に戦争責任はあったのか… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201307270001/ 【送料無料】終戦のエンペラー オリジナル・サウンドトラック [ アレックス・...
終戦のエンペラー / Emperor (勝手に映画評)
毎年8月頃になるとこの手の戦争ものが出てきますが、こう言う視点での話は初めてではないでしょうか。実語を下にしたフィクションです。 “アヤ”と言うのは架空の人物ですが、河井道と言う女性と一色ゆりと言う女性をモデルにしているようです。フェラーズが大学で会っ...
終戦のエンペラー (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【EMPEROR】 2013/07/27公開 日本/アメリカ 107分監督:ピーター・ウェーバー 出演:マシュー・フォックス、トミー・リー・ジョーンズ、初音映莉子、西田敏行、羽田昌義、火野正平、中村雅俊、夏八木勲、桃井かおり、伊武雅刀、片岡孝太郎、コリン・モイ 戦いの果てに、...
終戦のエンペラー (だらだら無気力ブログ!)
中々に見応えある内容で良かった。
終戦のエンペラー  監督/ピーター・ウェーバー (西京極 紫の館)
【出演】  マシュー・フォックス  トミー・リー・ジョーンズ  初音 映莉子 【ストーリー】 1945年8月30日、連合国軍最高司令官総司令部GHQの司令官としてダグラス・マッカーサー元帥が日本に上陸。彼は日本文化に精通している部下ボナー・フェラーズに、太平洋戦争...
[映画『終戦のエンペラー』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆不思議な映画であった。  日本人にとっては拘りどころの、先の大戦における天皇陛下の存在の意義だが、果たして、この作品を作ったアメリカ人にとって、如何ほどの興味があるのか、と言う問題がある。  そんなにも興味があるとは思えなかった。  日本人の民族的な...
終戦のエンペラー (花ごよみ)
監督はピーター・ウェーバー。 マッカーサー元帥には、 トミー・リー・ジョーンズ。 日本事情に詳しい部下、 ボナー・フェラーズには マシュー・フォックス。 西田敏行、初音映莉子、西田敏行、桃井かおり 伊武雅刀、羽田昌義、火野正平、 中村雅俊 夏八木勲、片岡孝....
映画「終戦のエンペラー」 (FREE TIME)
映画「終戦のエンペラー」を鑑賞しました。
映画 「終戦のエンペラー」 (徒然なるまま”僕の趣味と遊ぶ”)
ハリウッドが、なぜこの映画を作ったのでしょうか?この映画を見るのは、誰を対象にしたのでしょうか?日本人向けとしか思えないのですが、日本人と共に、諸外国の人々に見て欲しいのです。この映画には、あの大戦で、天皇の存在や役割がどのようなものであったのかが、日...
終戦のエンペラー (映画的・絵画的・音楽的)
 『終戦のエンペラー』を渋谷のシネパレスで見ました。 (1)戦前のことを取り上げたアニメ『風立ちぬ』を見たことでもあり、また出演する俳優の顔ぶれもなかなかなので、映画館に足を運びました。  本作は、マッカーサー元帥(トミー・リー・ジョーンズ)らを乗せた米....
終戦のエンペラー (映画的・絵画的・音楽的)
 『終戦のエンペラー』を渋谷のシネパレスで見ました。 (1)戦前のことを取り上げたアニメ『風立ちぬ』を見たことでもあり、また出演する俳優の顔ぶれもなかなかなので、映画館に足を運びました。  本作は、マッカーサー元帥(トミー・リー・ジョーンズ)らを乗せた米....
「終戦のエンペラー」 公平な視点で描く (はらやんの映画徒然草)
天皇に戦争責任はあったのか? この疑問は日本人にとって今をもってしても非常にセン
終戦のエンペラー 象徴天皇となった一つの要因がよく理解できた (労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと~)
【=39 うち今年の試写会5】 岡本嗣郎著「陛下をお救いなさいまし 河井道とボナー・フェラーズ」を原作として、アメリカで作られた作品(邦画ではないのだ、てことは映画館で気付いた)  1945年8月15日、日本はポツダム宣言を受諾し、第二次世界大戦が終結する。その直...
『終戦のエンペラー』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「終戦のエンペラー」 □監督 ピーター・ウェーバー□脚本 ベラ・ブラシ□原作 岡本嗣郎□キャスト マシュー・フォックス、トミー・リー・ジョーンズ、初音映莉子、西田敏行、       片岡孝太郎、中村雅俊、夏八木勲、桃井か...
終戦のエンペラー (to Heart)
原題 EMPEROR 製作年度 2012年 製作国・地域 日本/アメリカ 上映時間 107分 原作 岡本嗣郎『陛下をお救いなさいまし 河井道とボナー・フェラーズ』(集英社刊) 脚本 デヴィッド・クラス 、ヴェラ・ブラシ 監督 ピーター・ウェーバー 出演 マシュー・フォックス/トミー...
終戦のエンペラー (いやいやえん)
天皇の戦争責任を問うという日本人には禁断の映画なのかと思っていたら、やっぱりアメリカ・ハリウッド製作の映画だったな、といった印象。 マッカーサーが来日したときに、日本兵が背中をみせている所はまあ実際にあったことだし納得出来たが、焼け野原を昭和天皇を...