はるみのひとり言

気ままなお散歩と猫と美味しいもん

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

海街diary

2015-06-22 | こんな映画観たよ



鎌倉で暮らす三姉妹の元に、15年前に家を出た父の訃報が届くき。
葬儀に参加した姉妹はそこで腹違いの妹すずに出会い、鎌倉で一緒に暮らし始めることになり・・・・。

腹違いの妹を快く迎え、鎌倉の古い家で暮らすことになる四姉妹。
特に何があるわけでもなく、普通の日常が描かれてるみたいな感じなんだけど、その中に四姉妹だけでなく登場人物それぞれの抱えてる思いが込められてて、心地よく観れながらもいろんなことを考えさせられる作品だな~と思いました。

中でも幸とすずの話がメインですね
いろんな思いを抱えながらも長女として家を守る幸と、肩身が狭い思いをしながらも頑張るすずちゃん、2人そっくりじゃないですか。

幸が鎌倉で暮らそうと誘ったのも、すずの中に自分を見たのかなと思いました。
2人が高台に上がり鎌倉の海を見ながら「ばか~」と叫ぶシーンでは涙が出そうになりましたよ。

仲良く暮らす姉妹に対して、食堂のおばさんとこはお金絡みで揉めてたり。いろいろあるわな~というのもしっかり描かれてますね。

(重たい話が、実にほのぼの爽やかに描かれてますねw)

全編通してセリフから想像していくみたいな感じでしたけど、とても良かったです。

鎌倉の風景もとても素敵でした。
そしてしらすトースト食べた~い。


 ブログランキング・にほんブログ村へ  blogram投票ボタン

↑ランキング参加中
    応援クリックよろしくお願いします!励みになります

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (9)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ストレイヤーズクロニクル | トップ | ハイネケン 誘拐の代償 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは。 (BROOK)
2015-06-26 17:22:56
ストーリーと風景が非常にマッチしている作品でしたね♪
淡々と日常が描かれつつも、それが厭らしくないのが良かったと思います。
ラストのエンディングの入り方もスッという感じで、好きな演出だったりします。

しらすトースト、美味しそうでしたよね。
私は生しらす丼も食べたくなりました。
BROOKさんへ、 (はるみん)
2015-07-05 13:47:35
鎌倉の風景がとても良かったですね。
いろいろあるけれども、心地よく爽やかな気持ちになれました。
生しらすってこちらでは売ってるのを見たことがないので、食べてみたいです。鎌倉にしらすのお店があるそうですね。行ってみたいです(^^)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

9 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
海街diary (映画的・絵画的・音楽的)
 『海街diary』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)本年のカンヌ国際映画祭に出品された作品ということで、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭場面は、ベッドで眠っている若い男と女。  そこに電話が。  メッセージを読んだ女(次女の佳乃:長澤まさみ)....
劇場鑑賞「海街diary」 (日々“是”精進! ver.F)
家族になるということ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201506130000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】海街diary オリジナルサウンドトラック [ 菅野よう子(音...価格:2,500円(税込、送料込) 【楽天ブッ...
海街diary ★★★★.5 (パピとママ映画のblog)
ベストセラーを誇る吉田秋生のコミックを実写化したドラマ。鎌倉に暮らす3姉妹と父親がほかの女性ともうけた異母妹が共同生活を送る中、さまざまな出来事を経て家族の絆を深めていく姿を追う。メガホンを取るのは、『そして父になる』などの是枝裕和。テレビドラマ「八重....
『海街diary』舞台挨拶@TOHOシネマズ日劇2 (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
吉田秋生原作、第68回カンヌ国際映画祭コンペティション部門正式出品作品・映画『海街diary』の初日舞台挨拶が、6/13(土)TOHOシネマズ日劇スクリーン2で行われた。登壇したのは、綾 ...
『海街diary』舞台挨拶@TOHOシネマズ日劇2 (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
吉田秋生原作、第68回カンヌ国際映画祭コンペティション部門正式出品作品・映画『海街diary』の初日舞台挨拶が、6/13(土)TOHOシネマズ日劇スクリーン2で行われた。登壇したのは、綾 ...
奇蹟の四姉妹~『海街diary』 (真紅のthinkingdays)
 鎌倉の古い一軒家に住む三姉妹、幸(綾瀬はるか)、佳乃(長澤まさみ)、千佳 (夏帆)の元に、15年前に家を出た父の訃報がもたらされる。葬儀の席で彼女た ちを待っていたのは、初めて逢う異母妹・すず(広瀬すず)だった。  マンガ大賞受賞作である吉田秋生の...
『海街diary』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「海街diary」□監督・脚本 是枝裕和□原作 吉田秋生□キャスト 綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すず、樹木希林、風吹ジュン       堤 真一、大竹しのぶ、加瀬 亮、鈴木亮平、前田旺志郎■鑑賞日 6月14日(日)■劇場 ...
『海街diary』 小津をほうふつって本当? (映画のブログ)
 まるで外国の映画を観るような、日本映画らしからぬ作品だ。  褒め言葉として適切かどうか判らないが、『海街diary』に抱いたのはそんな感慨だ。  外国の映画の方が日本の映画より上等だとか、是枝裕和監督が外国の作品をなぞっているというわけではない。日常の...
海街diary (Break Time)
7月に 入ってから梅雨らしい日が続きます・・・