はるみのひとり言

気ままなお散歩と猫と美味しいもん

華麗なるギャツビー

2013-07-01 | こんな映画観たよ



やっと見て来ました~。

一人の女性の愛のために人生をかけた男の栄光と衰退の話でした。
物語を回想し語るのは、隣人で友達になったニックさんなんですが、ピーター・パーカーに見えて
仕方ありませんでした。

ギャツビー邸で毎夜のように繰り広げられるパーティーは盛大なんだけど、なんか虚しさを感じてしまう。
世も末って思えてしまうにゃ~。
招待もされてないし、ギャツビーさんのことも知らないのによく押し掛けて来れますよね。
楽しければ何だっていいって感じなんでしょうか。あつかましい連中です。

でもギャツビーさんにとってはこんなパーティーなんかどうでもよくって、愛した女性に会うためだったんですね。
巨万の富も豪邸もすべてテイジーのためだったんだ~。なんて一途な

野心家なのにシャイな人なんですね。
テイジーとのお茶会をセッティングしてもらった場面は微笑ましかったです。

でも君のためだよ~みたいな感じはなんだかな~。
あのテイジースクラップにはちょっと引いてしまいました。
最初は嬉しいかもしれないけど、一歩間違えたらストーカーになりそうですな。
上流に対するコンプレックスがあって、完璧にならんとって気持ちがあったのかもやけど。。

あの夫婦も夫婦やんね。
さんざん浮気しときながら、テイジーが離れていくと思ったら途端に気になり出して。
テイジーも昔愛してたけど、今さらって思ってしまうのかも。ちょっと怖いし。
ギャツビーさんのお蔭でまたよりが戻ったみたいになったけど、また同じこと繰り返しそうな気がする。
でもそのバブルが弾けちゃったみたいだから・・・どうなったんでしょう。

ギャツビーさん最後まで本当のこと知らなくて良かったのかな~。
ニックさん言ってやりなよって思ってしまったんですけど。
愛も報われず、罪を背負って旅立ってしまったギャツビーさん。なんか気の毒なお人に思えてしまいます。

ブログランキング・にほんブログ村へ  blogram投票ボタン

↑ランキング参加中
    応援クリックよろしくお願いします!励みになります

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 伊右衛門さんで一息 | トップ | 「華麗なるギャツビー」レッド版 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (けん)
2013-07-02 01:49:57
TBさせていただきました。
またよろしくです♪
けんさんへ、 (はるみん)
2013-07-02 21:40:20
トラバありがとうございました。
こちらこそよろしくお願いします(^^)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

10 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
華麗なるギャツビー (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【私の感覚あらすじ】 大富豪レオさんが頑張っているのを客観的
華麗なるギャツビー (本と映画、ときどき日常)
監督 バズ・ラーマン 出演 レオナルド・ディカプリオ     トビー・マグワイア     キャリー・マリガン 1920年代、好景気に沸くニューヨーク。 大富豪ギャツビーの謎の生い立ちと人妻への純粋な愛を描いたお話。 華やかでした♪ そして今にもみんな歌...
『華麗なるギャツビー』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「華麗なるギャツビー」 □監督 バズ・ラーマン□脚本 バズ・ラーマン、クレイグ・ピアース□原作 F・スコット・フィッツジェラルド□キャスト レオナルド・ディカプリオ、トビー・マグワイア、キャリー・マリガン、        ジ...
華麗なるギャツビー(2012) (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【THE GREAT GATSBY】 2013/06/14公開 アメリカ 142分監督:バズ・ラーマン出演:レオナルド・ディカプリオ、トビー・マグワイア、キャリー・マリガン、ジョエル・エドガートン、アイラ・フィッシャー、ジェイソン・クラーク、アミターブ・バッチャン、エリザベス・デビッ...
「華麗なるギャツビー(2013)」 女は今を生き、男は過去に生きる (はらやんの映画徒然草)
1974年版は未見ですので、ストーリーは全く知らずに観ました。 舞台となるのは1
華麗なるギャツビー  監督/バズ・ラーマン (西京極 紫の館)
【出演】  レオナルド・デュカプリオ  トビー・マグワイア  キャリー・マリガン 【ストーリー】 ニックが暮らす家の隣に建つ、ぜいを凝らした宮殿のような豪邸。ニックは、そこで毎晩のように盛大なパーティーを開く若き大富豪ジェイ・ギャツビーと言葉を交わす仲にな...
映画:華麗なるギャツビー The Great Gatsby 有名なレッドフォード版未見の当ブログ、感想は意外な方向へ (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
有名な、ロバート・レッドフォード版は当ブログは未見。 このため、全く真っさらな気持ちで、この映画に向かいあった(笑) その感想は... さすが F・スコット・フィッツジェラルドが原作の小説。 主人公ギャツビーの光と影を、少しずつだが、くっきりと描き出してい....
映画『華麗なるギャツビー』を観て (kintyre's Diary 新館)
13-50.華麗なるギャツビー 3D■原題:The Great Gatsby■製作年、国:2013年、アメリカ■上映時間:143分■料金:1,000円■観賞日:6月14日、TOHOシネマズ渋谷(渋谷) □監督・脚本・製作:バズ・ラーマン□脚本:クレイグ・ピアース◆レオナルド・デ...
華麗なるギャツビー (いやいやえん)
ギャツビーにはかつて心から愛した女性デイジーがいたが、彼が従軍して戻って来た時には、彼女は大富豪のトムと結婚してしまっていた。 成り上がったギャツビーは全てを賭けて大邸宅を構え、毎晩のように豪華なパーティーを開く。その噂は社交界のデイジーにも届かな...
華麗なるギャツビー (映画に耽溺)
さて「華麗なるギャツビー」ざんす。 アメリカ文学の歴史に名を残すF・スコット・フィッツジェラルド の代表作のひとつ。 前回はロバートレッドフォードとミア・ファローのカップリングで映画化されたよね。 今回はレオナルド・ディカプリオとキャリー・マリガン の...