はるみのひとり言

気ままなお散歩と猫と美味しいもん

マダム・イン・ニューヨーク

2014-08-24 | こんな映画観たよ



映画館で観ました。

 日々家族のために尽くす古風な専業主婦のシャシ。
お料理上手でおまけに美人で非の打ちどころがないのに、家族からは軽い扱いをされる上に、家族の中で自分だけ英語が出来ないことをバカにされています。
趣味のお菓子作りで始めた伝統菓子「ラドゥ」が好評になるも、夫からは認められず「俺のためだけに作れ」と言われる始末。
娘には英語が話せない母親は恥ずかしくて、学校の面談にも来てほしくないと言われ・・・。
そんな中、NYに住む姉から姪の結婚式の手伝いをして欲しいと頼まれ、単身NYに渡ることに。
しかし英語が出来ないことでトラブル続出。
親身になってくれるインド人おじさんのお蔭で楽しくNYに辿り着いたものの、カフェでは手痛い仕打ちを受けすっかりブルーに。
そんな時「4週間で英語が話せる」という広告を見て、みんなに内緒で英会話教室に通うことに。
英語で困ってる生徒たちと交流を重ね、英語も身についていくのですが・・・。

あまり期待もなく、「プロミスト・ランド」の時間に間に合いそうになかったので変更したわけだったんですが、見逃さず良かった~って思いました。
ほろっとなれるし、楽しいし嬉しいし、ワクワクするし。
なんかいっぱい詰まったような素晴らし作品でした。この心の高揚感は何っ感じ。
専業主婦のお話になってるけど、すべての人と言うか、頑張ってるのにいまいち認めてもらえてないかもと感じる人には共感できるような気がします。

何気ない家族の言葉が胸に突き刺さります。
「ラドゥを作るために生まれて来たようなもん」って言葉は、プラス思考で思えば、メチャ上手やねんって言うことなのかもしれないけど、どっか認められてないと感じてれば、バカにしてのんかって思ってしまうよね。
家族だから悪気はないんだけど、家族だからこそ尊重しないとね。

その点教室仲間フランス人のローランは、乾いた心に潤いを与えてくれますね~。
これはよろめきそうになるよね。
最後はもうローランの元に行っちゃえと思ってしまったけど、恋に落ちるお話ではないので。
話が変わってきます。
シャシはただ家族に認めて欲しいだけなの。
そう言えば、あのクレープは結局食べなかったのね。バッグから出してたけど、置き忘れたとか?

下の姪っ子がいいね。ジャッジメンタルしない人。
何かとシャシに協力してくれます。
教室のメンバーも訳アリみたいな感じだったけど、認め合えてるし、同じ目標を持って楽しそうだった。

卒業試験の日、教室に行けなくなってしまったシャシだけど、姪っ子が振ってくれたお蔭で、
結婚式のお祝いの言葉を英語でスピーチすることになって、その姿を見ながら、そのスピーチを聞きながら、もう感極まって涙がとめどなく溢れました。

お約束の歌もところどころに入るし、ダンスは最後に少しだったけど楽しめました。

とにかくシャシがとっても美しい人で・・・
冒頭シャシが振り返りアップになるシーンがあるんですが、もう女子の私でも見とれてしまうほどです!

ほんとに良かった。是非ともご覧になって欲しいです!

最後に、語学は切羽詰らないと上達しないなと思ってしまいました。

ブログランキング・にほんブログ村へ  blogram投票ボタン

↑ランキング参加中
    応援クリックよろしくお願いします!励みになります

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (1)   トラックバック (13)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フライト・ゲーム | トップ | ルパン三世 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Nakaji)
2014-11-19 19:44:41
こんにちは。

>最後に、語学は切羽詰らないと上達しないなと思ってしまいました

本当におもいました(笑)でも語学やろうって思いきらないとなかなかならわないよな~って思いました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

13 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
「マダム・イン・ニューヨーク」 May I ? (はらやんの映画徒然草)
実は海外に行くのがすごく苦手。 世界遺産とかいろんなところを見てみたいとは思いま
マダム・イン・ニューヨーク★★★★ (パピとママ映画のblog)
英語ができず苦悩する主婦が一念発起して英会話学校に通い、コンプレックスを克服し生きがいを見いだしていく女性賛歌。英会話という小さなきっかけを通して人生の喜びを発見するヒロインの日々を、アクションやミュージカルといったこれまでのインド映画とは異なる語り口...
「マダム・イン・ニューヨーク」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「English Vinglish」…aka「Madame in New York」2012 インド シャシにシュリデヴィ。 夫サティシュに「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日/2012」のアディル・フセイン。 フランス人ローランに「裏切りの闇で眠れ/2006」「ワールド・オブ・ライズ/2008」...
マダム・イン・ニューヨーク (♪HAVE A NICE DAY♪)
ずっと観に行きたくて、やっと!行って来た 面白かった~良かった~笑いあり涙ありの素敵な作品だった 姪の結婚式の準備の為、家族より一足先にニューヨークへ一人で 行って、そこで人とのふれあいや自分に自信を取り戻して いくシャンのストーリー シャンは家族....
マダム・イン・ニューヨーク / English Vinglish (勝手に映画評)
英語の出来ないインド人の女性が、姪の結婚式を手伝うために一人でニューヨークに来るという騒動を描く物語。 女性の年齢を言うのは失礼ですが、主演のシュリデビィの年齢は50歳。全然、そんな年齢には見えないですね!30歳位かと思ったので、ビックリです。年齢不詳の女...
マダム・イン・ニューヨーク (だらだら無気力ブログ!)
面白くてなかなか素敵な作品だった。
マダム・イン・ニューヨーク ENGLISH VINGLISH (映画の話でコーヒーブレイク)
久々のインド映画です。 シリアスな「パークランド」を見た後、ちょっと銀ブラ(死語?)をしてシネスイッチ銀座へ移動。 「her」同様、本作も神奈川県では公開なし。 2~3か月したら横浜ジャック&ベティで公開するようですが、待ち切れずに鑑賞決定!です。 いやぁ~主演...
『マダム・イン・ニューヨーク』 (2012) / インド (Nice One!! @goo)
原題: English Vinglish 監督・脚本: ガウリ・シンデー 出演: シュリデビ 、アディル・フセイン 、メディ・ネブー 、プリヤ・アーナンド 鑑賞劇場: シネスイッチ銀座 公式サイトはこちら。 自分の価値を認めてもらえない専業主婦が一念発起し、英語が苦手....
マダム・イン・ニューヨーク (うろうろ日記)
映画館で見ました。 【私の感覚あらすじ】 英語を話せないインドマダムがNYで頑張
『マダム・イン・ニューヨーク(ENGLISH VINGLISH)』ガウリ・シンデー監督、シュリーデヴィ主演 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
『マダム・イン・ニューヨーク』ENGLISH VINGLISH監督 : ガウリ・シンデー主演 : シュリーデヴィアディル・フセイン、メーディ・ネブーアミターブ・バッチャン、他物語・ビジネスマンの夫、2
マダム・イン・ニューヨーク (うろうろ日記)
映画館で見ました。 【私の感覚あらすじ】 英語を話せないインドマダムがNYで頑張
マダム・イン・ニューヨーク (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
マダム・イン・ニューヨーク '12:インド ◆原題:ENGLISH VINGLISH ◆監督:ガウリ・シンディー ◆出演:シュリデヴィ、アディル・フセイン、メーディ・ネブー、アミターブ・バッチャン、プリヤ・アーナンド、スジャーター・クマール ◆STORY◆シャシ(シュリデヴ...
マダム・イン・ニューヨーク (いやいやえん)
【概略】 シャシは、二人の子供と夫のために尽くす、ごく普通の主婦。彼女の悩みは、家族の中で自分だけ英語ができないこと。 夫や子供たちにからかわれるたびに、傷ついていた。姪の結婚式の手伝いで一人NYへ旅立つも、英語ができず打ちひしがれてしまう。そんな彼女の...