はるみのひとり言

気ままなお散歩と猫と美味しいもん

イン・ザ・ヒーロー

2014-09-11 | こんな映画観たよ



映画館で観ました。

 ブルース・リーを崇拝するこの道25年のベテラン・スーツアクター、本城渉。いつか“顔出し”で映画出演するという未だ叶わぬ夢を追い続け、愚直に鍛錬に励む日々。それでも、もはや身体は悲鳴をあげ、妻子にも愛想を尽かされ、おまけに初めての顔出しのチャンスは、特撮ヒーローをバカにする売り出し中の新人、一ノ瀬リョウに奪われる始末。ところが、そんな崖っぷちの本城のもとに、ハリウッドが手がける忍者アクション大作「ラストブレイド」への出演という思いも寄らぬオファーが舞い込んでくる。ようやく巡ってきた一世一代のチャンス。しかしそれは、命の危険を伴うあまりにも無謀なスタントだった。(allcinemaより)

特撮作品でキャストの代わりにヒーローや怪獣の中に入ってアクション演技するスーツアクターにスポットを当てたお話です
作品には顔も名前も出ない縁の下の力持ちのような存在だけど、アクションが好きなんだ、特撮作品を作り上げることが好きなんだって気持ちがひしひしと伝わってきました。
「太秦ライムライト」と通じるところがあるよね。

そんな彼らをバカにしていたリョウが本城さんらと関わっていくうちに成長していく姿や限界を感じる者がいたり、スーツアクターの熱い夢と現実が胸に来てウルっとなることも。

でもスーツアクターのことが熱く語られるのはとっても良かったんだけど、ハリウッドの話になるとなんだかアレ?って思えてきて・・・。

やっと掴んだ一世一代のチャンス。
本城さんが白忍者姿で撮影に向かうシーンは、命を懸けることを覚悟した武士のようで、見てる私まで緊張したわ。
でもいざこれからっていう時に、元嫁と娘を連れて来たリョウが「リーダー」って。
一気に緊張を壊してくれたわ。ま、本城さんが連れて来て欲しいって言ったのならいいんですけど。
元嫁がレストランで「バカのままでいいです」とか「武士道とは・・・」を言う場面は良かったのにな。

クライマックスのアクションシーンはCGなし、ワイヤーなしと言いながらあるよねだったけど、
それはそれで見せ場だからいいし、アクションが一段落して松方さんが出て来た時はまだあるんやって思ってしまったけど(おい)、アクション恰好良かったし最後決まって感動しかけてたんだけど。
なぜそこで元嫁が駆けつける?思ったらちょっと冷めてしまいました。
本城さんのために仲間が団結してたシーンがあっただけに、なんかアレ?な感じでした。

暑っ苦しい主題歌も結構好きで、エンドロールに流れる映像を見ながらい余韻に浸ってたんだけど、何故かあの監督が出て来て・・・。
本城さんたちは作品はみんなで作り上げるものって言ってて、その言葉にグッと来てたのに。

最後はリョウのママまで現れて・・・。
歪んでる私には、このタイミングでどの面下げてと思えてしまいました。

ところどころに冷めるシーンがあって素直に感動出来なくって・・・。
なんか惜しかったです。

ブログランキング・にほんブログ村へ  blogram投票ボタン

↑ランキング参加中
    応援クリックよろしくお願いします!励みになります

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 柘榴坂の仇討 | トップ | 舞妓はレディ »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは♪ (yukarin)
2014-09-16 10:19:41
クライマックスのバトルシーンは見応えありましたね。
私もCG・ワイヤーは多少はあるんじゃないかなと思いつつ、見入ってしまいました。
一応、感動はしました 笑
おはようございます。 (こに)
2014-09-18 07:55:22
読者登録ありがとうございました。
こちらからも登録させて頂きました。
これからも映画の話題など、よろしくお願いします。

さて、本作。
私もところどころでB級だわ、なんて思ってしまいましたが全体を通してみればOK。
吉川さんの声が若き日のデヴィッド・ボウイみたいでカッコ良かったです。
yukarinさんへ、 (はるみん)
2014-09-20 16:27:22
ほんとにCG、ワイヤーなしでやっちゃったら盛り上がりがないから、多少はあるよねって思いましたが、迫力あって良かったです。
ただちょっとだけ長いかもって思っちゃいました(^^;
スーツアクターの熱い思いには感動でした☆
こにさんへ、 (はるみん)
2014-09-20 16:27:48
こちらこそ読者登録していただいてありがとうございました。
よろしくお願いします。

スーツアクターにスポットを当てたストーリーは感動でしたね。
こういうお話好きです。
エンドロール見るまでは吉川晃司さんが歌われてるって知らなくって。
熱い思いも伝わるようで良かったです!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

10 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
「イン・ザ・ヒーロー」 (ここなつ映画レビュー)
解せない。平成26年のこの時代に何故この作品なのか、このテーマなのか。面白くなかった訳ではない。でも、何故今この作品を作らなければならなかったのかが今ひとつ不明。ある種「蒲田行進曲」の焼き直しのようなものを。息子達(私自身も含む)が戦隊物に夢中になってい...
『イン・ザ・ヒーロー』 (こねたみっくす)
ヒーローとは孤独に戦うもの。ただし仲間からの助けの手は決して振り払わない。 スーツアクターもまたプロの役者。顔や名前が銀幕に出なくても、その鍛え上げられた肉体と計算し ...
『イン・ザ・ヒーロー』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「イン・ザ・ヒーロー」□監督 武 正晴□脚本 水野敬也、李鳳宇□キャスト 唐沢寿明、福士蒼汰、黒谷友香、寺島 進、草野 仁■鑑賞日 9月7日(日)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<...
誰かのヒーローになるということ。〜「イン・ザ・ヒーロー」〜 (ペパーミントの魔術師)
こちらは正直予告は地味だったんだけど、どうしてどうして 私は感動いたしました〜。ちとウルウル。こういう作品にはヨワイ。(^_^;) 唐沢さんはホントにスーツアクターの時代があったんですね〜。 おまけにブルースリーの大ファン。 この映画ある意味唐沢寿明のリアル....
映画・イン・ザ・ヒーロー (読書と映画とガーデニング)
2014年 日本 主人公は、年季の入ったスーツアクター・本城渉(唐沢寿明)ブルース・リーに憧れこの世界に入った彼は、自ら第一線で活躍するかたわら下落合ヒーローアクションクラブ(HAC)という小さなプロダクションの代表者として新人を育成している観客に顔を知ら....
熱い男たち。『イン・ザ・ヒーロー』 (水曜日のシネマ日記)
特撮作品などでヒーローや怪獣のスーツ、着ぐるみを着用し演技をするスーツアクターの物語です。
イン・ザ・ヒーロー (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
2014/09/06公開(09/04試写) 日本 124分監督:武正晴出演:唐沢寿明、福士蒼汰、黒谷友香、寺島進、草野イニ、日向丈、小出恵介、加藤雅也、和久井映見 オレがやらなきゃ誰も信じなくなるぜ夢は必ず叶うってことを 下落合ヒーローアクションクラブの社長にして、その道...
イン・ザ・ヒーロー (映画的・絵画的・音楽的)
 『イン・ザ・ヒーロー』を渋谷TOEIで見てきました。 (1)日曜日朝のトーク番組「ボクらの時代」に主演の唐沢寿明が出演していたこともあって(注2)、映画館に行ってきました。  本作(注1)の主役は、ヒーローのスーツを着たり怪獣の着ぐるみを着たりして演じるスー....
イン・ザ・ヒーロー ★★★★★ (パピとママ映画のblog)
唐沢寿明が「20世紀少年」3部作完結以来5年ぶりに映画主演を務めたオリジナル作品。特殊スーツに身を包み、映画やドラマでヒーローや怪獣の役割を演じるスーツアクターの主人公・本城渉を、下積み時代に「仮面ライダー」や「スーパー戦隊」シリーズでスーツアクターを務め...
イン・ザ・ヒーロー (タケヤと愉快な仲間達)
監督:武正晴 出演:唐沢寿明、福士蒼汰、黒谷友香、寺島進、草野イニ、日向丈、小出恵介、及川光博、杉咲花、加藤雅也、松方弘樹、和久井映見 【解説】 特撮作品などで、ヒーローや怪獣のスーツ、着ぐるみを着用し演技をするスーツアクターを題材にしたヒューマンドラ....