はるみのひとり言

気ままなお散歩と猫と美味しいもん

外事警察~その男に騙されるな~

2012-05-25 | こんな映画観たよ



昨日試写会で見て来ました。

NHKでドラマやってたそうですね。
全然知らなかったので「なんとか刑事」みたいな感じなのかな~と軽いノリで行ったんですが、
冒頭からこれはぼ~っと見てられないなという緊迫感を感じました。

そもそも外事警察って何?だったんですが、日本版CIAみたいで、密入国したスパイやテロリストから国を守るため極秘に捜査する機関らしい。
でも任務遂行のためには何でもアリってのがすごいですね。
協力させるためには金も使ったり、弱みを握って追い込んだり。
民間人にまで偉そうな態度です。

ストーリーは日本と韓国にまたがって核テロ阻止に挑むとういう壮大なもので、
韓国映画っぽい気がしました。
ちょっと気を抜くと分からなくなりそうで、最後エンドロールが流れるまで気が抜けないですね~。

「その男に騙されるな」って付いてるけど、見ている間はすっかり忘れてて騙された感じ
なかったけど、最後の最後「住本~」って感じですね。

なかなか面白い映画でした。
ドラマ版見たいな~。

そうそうドラマ見てないからだけど、真木よう子さんと尾野真千子さんの役が
反対なように思ったんですが・・・。
尾野さんは暗いか弾けた役は似合いますね。

6月2日(土)より公開です。

ブログランキング・にほんブログ村へ  blogram投票ボタン

↑ランキング参加中
    応援クリックよろしくお願いします!励みになります

『映画』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (9)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« LOVE まさお君が行く! | トップ | PREMIUM PUPPET »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

9 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
外事警察 その男に騙されるな (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【予告orチラシの印象】渡部さんに真木さんが嵌められて大変な
外事警察 その男に騙されるな (いい加減社長の映画日記)
日本版ハードボイルド・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 警視庁公安部外事課。日本のCIAとも呼ばれる対国際テロ捜査の精鋭部隊。 決して表で活動することはなく、街に溶け込み、家族にさえ身分を明かさない。 任務遂行のためには手段を選ばず、民間人までも...
映画「外事警察 その男に騙されるな」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「外事警察 その男に騙されるな」観に行ってきました。 麻生幾の同名小説を原作とする、あまり知られていない日本の警視庁公安部外事課(通称「外事警察」)にスポットを当てたサスペンス作品。 今作は2009年にNHKで放映された人気ドラマシリーズの続編とな...
『外事警察 その男に騙されるな』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「外事警察 その男に騙されるな」□監督 堀切園健太郎 □脚本 古沢良太□原案 麻生 幾 「外事警察 CODE:ジャスミン」□キャスト 渡部篤郎、、真木よう子、尾野真千子、田中 泯、北見敏之、遠藤憲一、       余貴美子、石橋 凌...
外事警察 その男に騙されるな(2012-073) (単館系)
外事警察 その男に騙されるな MOVIXさいたま 東日本大震災の混乱が続く、2011年の日本。 原子力関連部品のデータが、某大学の施設から盗み出される事件が発生する。 警視庁公安部外事課の住本(渡部篤郎...
[映画『外事警察 その男に騙されるな』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆セピアチックな映像の重厚さに引っ張られ、脚本や演出も高められた作品。  NHK産のドラマは、この映像表現が好きだね。  『平清盛』では不評なようだが。  映画だから楽しめるが、毎週観るドラマならば、少々 目に飽きるだろう。    ◇  ・・・核テロリ...
「外事警察 その男に騙されるな」 公安の魔物 (はらやんの映画徒然草)
NHKのドラマ「外事警察」の劇場版です。 例によってドラマは未見、原作小説も未読
『外事警察 その男に騙されるな』 キッザニアでは体験できない (映画のブログ)
 「日本の公安は能力が低いですね」とは、2012年5月の中国の一等書記官・李春光氏の事件を受けた中国人記者の感想である。  当時、李春光氏はスパイではないかということで日本のマスコミが大きく取り上げ...
「外事警察 その男に騙されるな」感想 (流浪の狂人ブログ ~旅路より~)
 2009年にNHKでドラマ化された、麻生幾原作のサスペンス小説。その第2作を「ハゲタカ」の堀切園健太郎監督、渡部篤郎主演で映画化。