まがりかど

平凡だけど時間に追われて生活している主婦みんみんの日々のつぶやきです

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

今さら…

2009-11-12 13:38:43 | Weblog
車の契約を済ませた息子。
そりゃあ、たかが22才であんな高い車は確かに分不相応でしょうよ
でも奴なりに考えに考えてカーローンも組んだし、今後の結婚資金なんかの貯金も具体的にしてある。

そこへ…このタイミングで…
『社会人なんだから家に部屋代として金入れさせろ』だと

今まで四年半何も言わずにきて、どうして今なん
嫌がらせとしか思えやん
本人はそのことずっと気にしとって、だから結婚資金は親には世話にはならんって言ってるのに~
マジムカつく
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

何ヶ月ぶり〓

2009-11-11 18:58:56 | Weblog
色んなことがありすぎて~
もう冬じゃないですか…
ストレスたまりすぎてます(泣)
またこうしてココに愚痴を吐き出そうかと…

しばらく、オヤジの闘病日記みたくなってたけど、本来ココは私の心のはけ口になってたワケだから~

わんこブログも放りっぱなしでなんとか復帰したいけど、物理的に時間が足りな~い

ちょっとの合間にでアップできるココで、私の重~くなった気持ちを少し吐き出させてね


今の『怒』
息子が車を買う
どうせだから私のボローラを下取りにして補助金25万円をゲットしようと

婆さん『まだ13年しか乗ってないのにもったいない』だと

そりゃ確かに買う時、婆さんからお金出してもらいましたよ。だけど、そろそろ壊れそうなポンコツ、来年早々車検だし~アンタの孫が自分で車買うって言ってるんだから、それぐらいイイじゃない
13年しかって
ドンだけ我慢したらええんじゃい
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

入院ダイエット大成功

2009-06-25 21:51:28 | Weblog
2週間もご無沙汰です
まず、おかげさまでダンナは明後日土曜日にめでたく退院〓
入院日数50日
何度も経験したダンナの入院ですが、多分最長かな
まあ、子どもも手はかからないし強いて言えば、わんこの世話(散歩)があるぐらいで、先が見えてからはとてもラクだった
洗濯物があるから毎日病院には通った。最後になって1日だけ体調悪くいけなかったけど、我ながら頑張った

そしてこの入院期間中、なんとダンナは12キロの減量に成功した〓
さすが病院食
整形外科だからもちろん食事制限はないが、メニューと言い、味付け、量~
今までの食事の三分の一以下かもしれない。
それから、何と言っても遅い時間に食べないと言うこと。
規則正しい生活をして、量は控えめ、低カロリーの食事を続ければそんなに大変な思いをしなくてもこんなに痩せれるなんて〓ビックリです
最近のリハビリは自主トレも含め1日約三時間
左足の筋肉を取り戻そうと必死になってた

筋肉はそう簡単に元には戻らないけど、普通の生活をしていく中で徐々に戻るそうだ〓
せっかくここまで痩せたからリバウンドしないように頑張らなくては〓
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

大前進

2009-06-12 02:00:35 | Weblog
手術から一週間が過ぎ、ようやく目に見えるような変化が見られるようになった。

今日のリハビリはメニューが手術前に近づいて来たようで、かなりハードになってきたらしい。

中でも、5分間歩くことがあまり苦にならなかったと~
しかも両サイドの手すりにあまり頼らずに歩けたらしい。
これは手術前には絶対できなかったことだ
何よりこれが大前進〓

2-3時間歩き回ることが当たり前なダンナの仕事には絶対かかせないことである。

神経痛と痛風の痛みが両方和らいで来たことが、その要因と思われる。

まああまり慌てず、しかし気持ちは強く持ってさらなる前進を願っている
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

肩こり〓

2009-06-11 05:49:07 | Weblog
ダンナではなく私
ちょっと前から右の肩甲骨あたりが痛くて、携帯用電気マッサージ器みたいなやつをペッタンコと貼り付けて揉んだり叩いたりしてたんだけど、今朝はヤバかった

目が覚めた段階で痛みがあり、動くことが苦痛だった〓

起き上がってみると痛みが肩甲骨から肩の方まで広がっていて、キツかった

ちょっと体にガタがきてるようだ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

神経痛と痛風

2009-06-09 22:10:51 | Weblog
手術が済んで5日が経った。
今週からリハビリも始まり、食事時のお茶も自分で入れに行かなくてはいけないのだが…

なんせ神経痛の上に痛風の発作で、とにかく歩くのがツラそうだ

しかし、今日の感じではほんの少しずつではあるが良くなってきてるかな…と感じる。
食事中じっと座ってられるだけで、一先ず前進かな~

入院生活も1ヶ月を過ぎ、看護士さんやリハビリの先生とも仲良くなって、それなりにエンジョイしているようだ。

今の痛みから解放されれば、後はリハビリに頑張るのみ

リハビリの先生に言ったそうだ。『キツいのは頑張れるけど痛いのはイヤだ』って。

やっぱり男性は痛みに弱いのか

いつも言い合う。
『お産』と『痛風』はどっちが痛いのか…
お互い片方しな経験してないから比べられないな~
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヘルニア手術後の痛み

2009-06-08 12:00:09 | Weblog
土曜日は私もなんだか疲れちゃって、病院行きを拒否。お昼前には行くつもりだったけどダルくてずっとソファで寝てた。
そのうち息子たちが帰ってきたりで、あまり心配もかけられないから、ゴソゴソと起きて片付けをしつつ結局病院へ。
4時ごろだったかな~

ダンナはだいぶ痛そうで、目の前のトイレに行くのがやっとのようだった。

手術前から説明は受けていた。
ヘルニアを取るには、骨を削って、神経をかき分けて取るんだから、術後もしばらく痛みや痺れはありますよって。

まさに今その真っ最中のようだ。
それから、運の悪いことに土曜日の夜あたりからなんと痛風が出ているようだ。
そう言えば前の手術のあとしばらくしてから出たなぁ~

絶食、絶水すると一気にくるな~

痛み止めを飲んでひたすら水分補給するしかない
そんなメールが日曜日の朝6時過ぎに来て、こりゃあだいぶ参ってるわと思い、日曜日は朝一番に病院に行った。
やっぱり男性は痛みに弱い

痛風の方は痛み止めが少し効いてるようで、ヒドくはないが、見ると左足の親指の付け根の横が赤黒く腫れている。
あ~久しぶり
早めに薬を飲むとすぐ引いて行くのだが、今回は神経痛に悩まされてたからちょっと対処が遅れたか…

結局夕飯後の歯磨きまで済ませてから帰ってきた。
帰ってわんこの散歩を済ませたらもう夜8時を過ぎていた~

今更ご飯の支度も面倒だから近くの弁当屋に行って買ってきた。

とても規則正しく健康的な食生活を送ってるダンナに比べ、私と息子はかなり不健康な食生活と思われる~
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

術後2日目

2009-06-06 18:33:01 | Weblog
昨日むっちゃ調子良かったダンナだが、昨夜遅くから痛みがでているようだ。痛みは神経痛。
昨日ハシャぎすぎたん違うのって言ったけど、何もハシャいでないって

造影剤の検査した時も1日おいて頭痛したりしてるから今回もそんなかんじかな~麻酔が完全に切れて痛みを感じ出したんじゃないかと思う。

病人はだいたいワガママと言うけれど、うちのダンナは普段からワガママだから、今回の入院も私は小間使い。
まあ仕方ないとは思うけど、こっちもちょっと疲れて、ダルい時はカチンとくることもある
あ~ァ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

術後の経過良好

2009-06-05 21:21:50 | Weblog
昨夜は8時まで付き添ったが面会時間も終わりなので、帰ってきた。
私がそばにいた間はよく寝ていた。
時々覚醒するようだが、2.3分もするとまたスーっと寝ていくの繰り返し。
一時間おきにバイタルチェックをされるので、そんなにグッスリと言う訳にもいかないらしかった。
夜中の3時の次は6時だったようで、ようやく落ち着いてきたそうだ。

朝一番の診察で腸の動きもよく念願の朝ご飯にありつけたとのこと。

仕事の前に覗いた時には、体についていた色んなものが外されていた。
やっと自由の身になれたって感じかな~
夜中の痛みもほとんどなく、万事OK

お昼からまた来ますと看護士さんに伝えると、次は病室でね〓と言われた。

1時半ごろ病室にいくと、コルセットは巻いているが、妙に元気そうなダンナがベッドの上で本を読んでいた。

手術前の頭痛とかも全て消え、調子は良いらしい。
今週はゆっくりして来週からリハビリを始めるとのこと。

ただ、癒着していた神経はかなり赤く腫れていたそうで、もうしばらく痛みと痺れは続くだろうとのこと。

今後の経過をよく見極めながら、リハビリに頑張って欲しいものだ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

手術室からお帰りなさ~い

2009-06-04 17:57:50 | Weblog
いってらっしゃいをしてからちょうど二時間半。
食堂にいたら看護士さんがやってきて、終わったと教えてくれた。

術後の回復室に戻ってきたダンナ。

主治医から手術は当初の予定通り無事終わったと伝えられた。

予想外だったのはヘルニアと神経が癒着していたことだ。
どうやらダンナのヘルニアはへそ曲がりの上、執着心のつよいヤツだったようだ。

ダンナの症状が完璧に説明された形である。

傷口も最低限であり、明日からでも動いてもらって良いが、まあ、ボチボチいきましょうと言うことでした~

とにかく無事終わってヤレヤレです〓

今はまだ麻酔が完全に覚めてないので、グースカいびきをかいて寝ております
コメント
この記事をはてなブックマークに追加