鼎子堂(Teishi-Do)

三毛猫堂 改め 『鼎子堂(ていしどう)』に屋号を変更しました。

豊饒なる物語の海へ③インス大妃

2016-10-11 23:45:46 | TV・ドラマ
 
先月9月17日の拙ブログにて、今日のお題・韓流時代ドラマ『インス大妃』の2話づつ間を空けながらのDVDと、その間のストーリーを、YouTubeで、追いながらみておりました。

昨日、ついに最終話60話迄、視聴することができました。

・・・と言っても・・・。
丁度、DVDの抜けている55話、56話は、YouTubeでも、ドラマの後半30分が、不具合で、視聴することが出来ず、たぶん・・・ここが、一番の肝かもしれない・・・所謂、暴君ヨンサングンが、母親の廃妃ユン氏の処刑のいきさつを知るくだりだったのですが、欠けてしまいました。

タイトルロールとなっているインス大妃が、王族に嫁ぐ前、必ずや、この宮廷の女主人(王妃)になってみせると少女ながらに決意し、嫁いだ先の姑と過酷な権力争いの果て、ようやく、その手中に権力をおさめ、支配者としての君臨する物語です。

ジョン(のちのインス大妃)の敵は、姑の大王大妃だけではありませんでした。
自分の息子のチャルサングンが、成宗として王位につくと、幼き成宗の子守りとして、成長後は、側室となったソンイ(廃妃ユン氏)が、立ちはだかります。

ソンイは、両班の家の側室の娘でしたが、父親が死に、貧しさのため、棺桶代の賄うために、宮中に売られて、女官となりますが、このとき、6歳(前後)。
目端が利き、ヒトの心を読んで、ズル賢く、小賢しく立ち回り、その頭角を現して行きます。

この3代にわたるの嫁・姑が、権力を巡り、三つ巴となり、或いは、結託しつつ、李氏朝鮮6代王文宗から10代王燕山君(このひとは、王位をはく奪されたそうです)までを描きます。

当時の朝鮮には、染色の技術がなく、ドラマのように色彩豊かな衣装はなかったそうですが、奇抜な配色もあれば、落ち着いて、美しい色の組合せ、意匠、髪飾りや、簪など、ドラマとしての李王朝を見るのも楽しみのひとつです。

このドラマは、不思議なドラマで、様々な権力争いの中で、姑に意地悪をされても、強気で、ひるまないジョンを応援したいと思ったり、或いは、ジョンに刃向い、ヒトを殺め、策略を巡らすソンイが、憐れに描かれたり、善悪、正邪を越えて、立場が逆転したり、さまざまな角度から、描かれています。

少女の頃のジョンを演じるのは、ハム・ウンジョンさん。
『王と私』で、王族の妻で、都の妖婦・オウドンの下女を演じていたのが印象的でした。
長じてからのジョンを、チェ・シラさん。
ド迫力の大妃役でした。

ソンイ役は、チョン・ヘビンさん。
この方も、『王と私』で、策略の女・ソリョンを、演じていました。
美人だけど、カミソリみたいな女でしたね。

そして・・・女の争いが、暴君・ヨンサングンを作り上げてしまうというか・・・。

それにつけても、ああ・・・いつもドロドロ・・・な韓流時代ドラマ。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 尋道(道を訊かるる・・・) | トップ | 2次カリエスの治療③&ベルギ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。