鼎子堂(Teishi-Do)

三毛猫堂 改め 『鼎子堂(ていしどう)』に屋号を変更しました。

初冬の鎌倉へ・・・浄智寺

2016-11-10 23:52:55 | Weblog

本日は、早朝から、相方と鎌倉へ。

朝6時半、気温3℃・・・寒い・・・。
まだ11月の初旬だというのに、既に、冬を思わせる気温。

先月、中禅寺湖では、まだ紅葉の始まりで、あまり色づいていなかったから、今月は、県央の峡谷の紅葉を見ようと計画していましたが、相方は、何を思ったのか・・・

『やっぱ・・・鎌倉にしましょう。』

と言い出しました。

『鎌倉の紅葉は、11月下旬から12月中旬が見頃ってことですが・・・。』

今年は、台風だとか、秋の長雨だとか、天候の不順が続いて、10月は、下旬迄、蒸し暑かったのに、月も替わろうとしたとたん、いきなりの冬並に冷え込んで来ていて、それに、晩秋というか、初冬というか・・・そんな古都・鎌倉もよいのでは・・・???ということで、特に何の計画もたてなかったのだけれど、通勤ラッシュになるであろうJR線鎌倉への直通列車のグリーン車に乗り込みました。
あの・・・殺人的なラッシュ時間に、ゆっくり、まったりできるグリーン車の料金は、千円を少し割るくらいの価格ですが、ゆるりとした時間を過ごすための出費ですから・・・と思えば、安価に思えてきます。

地元駅から乗り換えなしで行けるようになり、便利になりました。


(↑グリーン券:北鎌倉で自動改札に通さなくてもOKだったので、持ち帰りました)


北鎌倉駅で下車。

特に、目的地を決めた訳ではないのですが、私は、北鎌倉の『浄智寺』へ行きたい・・・と常々思っていたので、本日最初に訪れることにしました。

このお寺には、フランス文学者の澁澤龍彦さんが眠っているのです。

若い頃から、是非是非一度、訪れたいと思っていたお寺で、山門で、拝観料200円を支払い、お寺の境内へ。

御堂や庭園を巡りながら、墓所へ。

事前のリサーチでは、意外に簡単に解るところにある・・・とのことでしたが、墓地内をざっと探してみても、ソレらしき墓石は、発見できず・・・。

それでも、鎌倉七福神の弁財・布袋の像などめぐり、こんなよいところにお墓が持てたら、最高だね・・・と一応、墓所内は、上から下まで、探してみました。

自宅に戻り、調べてみると・・・見落としていたことがわかりました。

澁澤龍彦の墓所の前は、通っていたのです・・・が、しかし、視界には、入らなかったようでした。

この墓所探しに夢中になって、今回は、写真を撮ることできず(・・・というより、撮るのが面倒だったりで・・・)、しかも、空は、どんよりと今にも雨が落ちて来そうな曇り空。

紅葉に必須条件の太陽光が期待できず、わずかに色づいた木々も、ぼんやりと霞んでみえて、シロウトの・・・しかも、シャッターを押すだけの・・・スマートフォンのカメラでは、佳く映ることもなく・・・。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 二次カリエスの治療⑤&メガ・... | トップ | 初冬の鎌倉へ・・・②北鎌倉か... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。