鼎子堂(Teishi-Do)

三毛猫堂 改め 『鼎子堂(ていしどう)』に屋号を変更しました。

柚子(ゆず)の季節

2016-12-07 19:34:44 | 食・料理

昨日とは、打って変わって、ソコ冷えのする寒い一日。

家人が、柚子をいただいてきた。
普通の柚子より小さめの所謂、ハナユズという種類だろうか。


市販の柚子味噌が切れたので、作ってみるか・・・と思い立ち、インターネットで調べてみると、いろいろな作り方があって、材料は、ユズ、味噌、砂糖、みりん・・・などであった。

どうも、ハナユズは、柚子味噌には向かない・・・などの記載もあったけれど、ナニ・・・どうせ、自分で食べるのだから。
因みに、ハナユズは、本ユズに比べると、香りが、弱く柚子味噌にすると、香りが、飛んでしまうのだとか、

味噌と同量の砂糖、みりんを加え、火にかけ、焦がさない様、ゆっくり加熱する。
照りが、出てきたら、火を止め、柚子のしぼり汁を加え、少し加熱する。
レシピにはないけれど、顆粒のこんぶだし(無塩のもの)、麺つゆも少々足してみる。
最後に、ユズ皮を、おろし金で、おろしたものを加え、かきまぜ、熱湯消毒したビンなどで、保存する。
砂糖が多いから、日持ちもするそう・・・。

・・・とにかく砂糖の量が、半端ない量で、ビビったので、気持ち少し減らしてみた。
あまり、甘くないので、結局、味噌と同量の砂糖を入れることになった。
砂糖は、目の粗いキビ糖を使ってみた←コレしかなかったんで。

いつも購入している道の駅の売店にある柚子味噌には、からしと柚子酢が原料に加えられているので、納豆に添付されていた和からし、柚子酢というものがなかったから、黒酢を少し加えてみた。

ただ、混ぜながら、火にかけるだけのレシピだから、簡単に出来る。
自分で作った方が安上がりだな・・・。

炊立ての白いご飯によく合う。

むき胡桃(くるみ)などを、刻んで混ぜ込んでも、ご飯のお供によいかもしれない。

胡麻豆腐、風呂ふき大根(或いは、茹でこんにゃく)など、冬のメニューにも重宝する。
おにぎりの具にしても、よさそうだ。
焼いた御餅に付けながら食べても・・・。

蜜柑(みかん)のように、果肉を食べる果物ではなくて、主に、料理に使う柚子類。
水炊きのつけづゆをはじめ、鍋物、湯豆腐、鍋焼きうどん。
暖かいものにあう冬の食材。
醤油(しょうゆ)や刻んで薬味にしたり。
あの鮮烈な香りは、冬の香りだ。

お風呂にいれて、柚子湯。
柚子と冬至は、深い仲。

冬至ももうすぐだなぁ・・・。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 強風・・・ | トップ | 株主さま御優待 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

食・料理」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。