鼎子堂(Teishi-Do)

三毛猫堂 改め 『鼎子堂(ていしどう)』に屋号を変更しました。

女囚セブン

2017-07-16 10:13:58 | TV・ドラマ

毎日・・・。暑い・・・。

ただ暑いのではなく・・・湿度を伴うベタベタな暑さ・・・。
空気が重くて、呼吸が苦しい・・・そんな暑さ・・・。

少し、気温が、下がってくれるとよいのだけれど・・・。


そんな暑さの中、先月迄、オン・エアされていたテレ朝金曜深夜枠の録画『女囚セブン』をみておりました。

冤罪で、懲役刑5年の神渡琴音(剛力彩芽さん)が、同室の女囚達を次々にてなづけ、自分に濡れ衣を着せた相手に一矢報いるという・・・復讐?ドラマ。

はんなり柔らかい京都弁と剛力彩芽さんのふんわりとしたイメージと囚人というギャップ。

芸妓という職業でありながら、合気道を嗜み、地獄耳。
自分自身の幼い頃は、極貧。でも母親は、一生懸命育ててくれた・・・そんなバックボーンが、或る意味救い。

『罪は、犯す方が悪いんやない。犯させる方が悪いんや。』

というキメゼリフ。

そんなゲイコ・琴音に絡むのは、喰い逃げ(安達祐実さん)、後妻業のエロ女(平岩紙さん)、シングルマザーで夫殺しの元ヤン(トリンドル玲奈さん)、不倫相手の妻殺しの全身整形のサイボーグ・ナース(橋本マナミさん)、政治家秘書詐欺罪のズカ(山口紗弥加)、老人介護殺人のウメさん(木野花さん)。

それぞれの犯した罪には、そうしなければならない事情があった・・・その闇に、琴音が光を当てる。
そして、冤罪に巻き込まれた琴音の出生の秘密。

女囚達に何をされても、顔色ひとつ変えず・・・ご飯の上のゴキブリを、食べたり、肥料を頭からかぶったり、看守に暴行を加えられても、不屈の精神の琴音。

京都の女性の陰湿な強さ?なんでしょうかね???

柔らかいのに強い。
優しいのに毒がある・・・みたいな???

元祖?女囚さそりの梶芽衣子さんが、琴音の育て親・芸者置き屋の女将さんとして出演。
ああ・・・梶芽衣子さん・・・あのクールさは、お年を召してからも健在。
冷静沈着で、頭ノキレる女将・一条涼を好演。

劇団☆新幹線からは、中谷エマさんが、代議士役、大人計画からは、平岩紙さん、看守の百目鬼役で、宍戸美和公さん、劇団青い鳥から木野花さんの出演など舞台系女優が、活躍。

楽しませていだたきましたが、冤罪と分かったのに、何故、ラストシーンで、琴音が、刑務所にいるのかが、謎?脱獄だから・・・???

テーマソングの『毒花』も・・・何だかスゴイ。

悪い花~~~悪い花~~~頭から離れません・・・。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 川を越えて、隣の街へ・・・。 | トップ | 那須高原の風・今年も蛍狩り④ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。