リフレクソロジーmink BLOG☆静岡県焼津市

県内唯一の炭酸整体&英国式リフレクソロジーのお店
お店の事、私の家族や日常、愛犬のぽんたやちび姫についてお話します。

類は友を呼ぶ

2017年05月14日 | うんちく・小ネタ

「類は友を呼ぶ」という諺(ことわざ)が
ありますね。

一般的には、
「似た者同士が自然に集まる」とか
「同じ性質を持った者どうしが寄り集まる」
という意味で使われますが、

人と人の間には、
もっと深い内面的なレベルで、
引き寄せ合う力が働いていると思われます。

つまり、
同じ心の波長を持っている者どうしが
引き寄せ合い、つながり合うのです。
 

作家の宮本 輝さんが、
『命の器』というエッセイの中で、
次のようなことを書いておられます。
 

-------------------------------

運の悪い人は、
運の悪い人と出会って
つながり合っていく。

へんくつな人は
へんくつな人と親しんでいく。

心根の清らかな人は
心根の清らかな人と、

山師は山師と出会い、
そしてつながり合っていく。

実に不思議なことだと思う。

「類は友を呼ぶ」ということわざが
含んでいるものより、
もっと奥深い法則が、
人と人の出会いをつくりだしている
としか思えない。
 

どうしてあんな品の悪い、
いやらしい男のもとに、

あんな人の良さそうな
美しい女が嫁いだのだろうと、

首をかしげたくなるような夫婦がいる。

しかし、そんなカップルを
じっくり観察していると、

やがて、ああ、なるほど と
気づくときがくる。

彼と彼女は、
目に見えぬその人間としての基底部に、
同じものを有しているのである。

それは性癖であったり、
仏教的な言葉を使えば、
宿命とか宿業であったりする。
 

それは事業家にもいえる。

伸びていく人は、
たとえどんなに仲がよくとも、
知らず知らずのうちに、
落ちていく人と疎遠になり、

いつのまにか、
自分と同じ伸びていく人とまじわっていく。

不思議としか言いようがない。

企んでそうなるのではなく、知らぬ間に、
そのようになってしまうのである。
 

最近、やっと
この人間世界に存在する数ある法則の中の
ひとつに気づいた。

「出会い」とは、
決して偶然ではないのだ。

でなければどうして、
「出会い」が、
ひとりの人間の転機と成り得よう。
 

私の言うことが嘘だと思う人は、
自分という人間を徹底的に分析し、
自分の妻を、あるいは自分の友人を、
徹底的に分析してみるといい。

「出会い」が断じて偶然ではなかったことに
気づくだろう。

(『命の器』宮本輝著より一部要約して引用)
-------------------------------
 

一流の作家ならではの人間観察ですね。

よき出会いをしたければ、
自分の心の波長(人間性)を高めていく必要がある、
ということですね。
 
野口嘉則


 

満月の法則」詳細はこちら

⇒ http://satoyasuyuki.com/book/life/book-358/

佐藤康行著「過去は自由に変えられる マジックミラーの法則」

サンタ営業メソッドのご案内


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 心の器Ⅱ | トップ | 幸運体質に生まれ変わろう »
最近の画像もっと見る

うんちく・小ネタ」カテゴリの最新記事