とまと屋さんの農園日記

農村にて農業と5人の子育てに悪戦苦闘中

熊肉がやってきた・・・・

2017-05-15 13:28:19 | 農村の生活
 新緑も日増しに濃くなり、周囲の田んぼには早苗が風に揺れる季節となりました。
春の花も残り、初夏の雰囲気も楽しめる大好きな季節です。
 
 そんな中、ブツは突然にやってきました
近所のお兄さんが、新聞紙にくるんだなにやら怪しいものを持ってきてくれました。
持つとずしっと重く、受け取った私は????です。

 ニヤニヤ?ニコニコ?してお兄さんはなかなか中身を教えてくれません。
ニワトリ?ベーコン?うわさのジビエ?もしかして熊?
『正解!!』
との事。なんと、なんと熊肉だったのです

 安代のほうの熊取の名人のおじいちゃんがなくなり、冷凍庫に山ほどの熊肉が残されていたそうです。
たくさんもらったものが、我が家にも回ってきたのです。
何でも、カチンコチンで凍っていたものをのこぎりで切ったとか。

 

 これが約1キロの熊肉の塊です。
周囲に厚い脂肪がついておりますが、草食動物の熊が木の実などでこれだけの脂肪を蓄えるのですから、すごい!!
父ちゃんが悪戦苦闘して脂肪をとりわけ、赤身の肉を取り分けてくれました。

そのうちの脂肪だけをフライパンで油を出しながら焼いて食べると、
表面はカリカリ中身はジューシーで、なかなかどうして美味でした~
お塩を振って食べるとご飯一膳は食べられるかも。
長男は焼肉のたれでかなり食べてました。

 http://blogimg.goo.ne.jp/img/static/admin/editor/showemoji-select.gif

 父ちゃんがネットで調べて作った『熊汁』
生姜をたっぷり入れて、味付けは味噌。濃厚な豚汁の様な雰囲気です。
アザミを入れるとのことで、庭から観賞用に植えている野アザミを切ってきました。
アザミも意外と美味しかったですよ。
心配していた臭みもなく、赤身の肉も硬すぎもなく。
何事も挑戦してみるものですね

 最近近所に出没して、小学校から注意メールが来ていた熊たちですが、
まさか熊肉を食べる日が来るとは思っていませんでした。

 さて、残りのお肉は、これからワインに込みを作ってみますね!!
熊さん、大切に頂きます
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 春ときどき初夏 | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL