とまと屋さんの農園日記

農村にて農業と5人の子育てに悪戦苦闘中

江刺さんぽ

2017-04-23 21:02:41 | 農村の生活
 ようやく桜前線がやってきた岩手花巻です。
北上・盛岡・青森と満開の便りが届き、今か今かと待ちわびているのですが、
花巻の中でも標高の高い我が家は数輪咲いたというところでしょうか。

 そんな中、相変わらず我が家の週末はあわただしかったです。
土曜日は、小学校の授業参観に、高校のバスケットの大会。
今日は、江刺市で行われる柔道の合同練習でした。

 トマトの作業やビニールハウスの温度管理もあり、放って出かけるわけにも行かない中、
合同練習のお迎えに江刺に出かけてきましたよ。
解散予定時間の少し前についたので、しっかり!?江刺観光までしてしまいました。
車で1時間弱だというのに、こんなところがあったんだぁとすっかり観光客です。

 

 明治時代や大正時代に建てられた蔵がたくさん残っている蔵町モールにて
 重厚なつくりに感激!!
 今もカフェやお店として使われているので巡ってみるのも楽しいかも。

 

 町のシンボルが欄干にあしらわれていました。
 この写真は『明治記念館』

 

 桜が満開の『明治記念館』の前にて。
 明治8年に西洋式病院として設立されたそうです。

 

 急勾配の階段があり、4階まで登ることができました。
 へっぴり腰で降りている末っ子(小学校1年生)。
 ガラスも当時のままで少しゆがんで見える景色がレトロでとても綺麗でしたよ。

 というわけで、お迎え前の短い時間でしたが、久し振りに非日常を楽しむことができました。
これからも、隙間時間を有効に活用するべし!!

 さてさて、勝山農園の日常といえば・・・

 

 トマトも順調に大きくなっております。
だんだん葉っぱも繁ってきて下のほうの実も徐々に大きくなってきました。
収穫は5月中旬以降になりそうですが、今は芽かきや誘引などの日々の作業をしております。

 そしてそして、我が家の庭も春の日差しを浴び、もりもりと元気になってきましたよ~。
毎日のように裏庭に出て、草取りをしたり、植え替えをしたり・・・
せっせとお世話しております。

 

 我が家に春を告げる「ヒュウガミズキ」
 
 

 もう少しで咲きそう『フリチラリア』
 近所のおばあちゃんに頂いて3年目。
 ようやく株が大きくなりました。

 

 ちょっと離れて撮って見ました。
 ゴロゴロとでてくる石をつかって、なんちゃってロックガーデン

 

 植え込み待ちの苗置き場。
 花が咲いているものは玄関で楽しませてもらってから庭に植えつけてます。

 

 一足先にビニールハウスで満開になってしまったつるバラ『レオナルドダビンチ』
 ホームセンターで大鉢がセールになっていたので、植え替えました。
 繰り返し咲いてくれるとよいなぁ・・・。

 

 気がつけば大株に育ったクリスマスローズ。
 一重も八重も白もピンクもみんな大好きです。
 こぼれダネからかわいい双葉が出ているので、せっせと移植して育てています。

 という感じで、いつの間にかお花中心のブログになってしまったような・・・。
せわしない日常をお花に癒してもらっています。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北国の春は・・・!? | トップ | 春ときどき初夏 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

農村の生活」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL