ミニピン+チワワ=4.5kg

ミニピンりーぷ(2002年生まれの熟女)の家に動物愛護センター出身のチワワ空太(2012年生まれの若造)がやって来た。

りーぷさん用グッズ

2018年02月20日 | りーぷのシニアライフ

 

2017年年末から2018年年始にかけて

何かと入り用になり、りーぷさん用のグッズを揃えました。

 

まずは...

 

りーぷが我が家にやって来た時から愛用(?)していた

それはそれは年季の入った(いたるところに汚れがこびりついた)ケージが新しくなりました

 

 

なんと、このケージは某サイトで知り合ったマロン様から「中古ですがよろしかったら…」と言って譲っていただいたものなのです。

「中古ですが」のお言葉とは全く異なり、それはそれは綺麗で新品と見まがうようなケージで、

みすぼらしかったりーぷハウスが一気に明るく綺麗になりました。

マロン様、本当にありがとうございました

 

 

 

さて、このケージはとっても優秀で、

 

ということは・・・

今まで掃除が大変だったこんな汚れも... 

 

敷いた新聞紙を交換するだけで完了

今までの、あの、泣きそうになりながらのゴシゴシ汚れ拭きは何だったのか・・・

 

 

そして

年末にamazonで購入したのが、こちらのワンコステップ。 

 

しかし、年が明けて商品が届いた時には、

りーぷはこのステップを上がる力さえもなくなっていたのでした。

注文してから、たった1週間しか経っていないのに

(老化の階段は本当に急に一段降りてしまいます)

結局、一度も使わせることなく、現在はそのあたりに置かれています。

 

最後は、こちらのキャット寝袋。

 

「ケージでのお留守番の時に、この寝袋に入っていればおとなしくお留守番してくれるはず。」

と期待したのですが、なかなか入ってくれず

この寝袋に入るための訓練(?)に3週間ほど費やしました。

 

秋ごろから登場したプラスチック製のドーム型ベッドも

ハウスでお留守番するときにウン〇の汚れがベッドに着かないようにと購入したものでした。

 

こちらの中盤で初登場していますね。↓

りぷ、トイレがわからなくなる...

 

(本来は猫用のトイレですね。りーぷはベッドにしていますが)

こちらも、なかなか入ってくれずに、いまだに難儀しています。

目も見えづらい、足腰もヨロヨロ(に急になった)、

そんなシニアには新しいことに慣れるのが(もしくは受け入れるのが)大変なのかもしれませんね。

 

 

 

コメント

りーぷさん、リベンジハウス計画

2018年02月12日 | りーぷのシニアライフ

(2017 年末。)

強い、つよーい決心をしたママ。

 

どれだけ時間がかかろうと、

多少の犠牲を払おうと、

大事なりーぷさんを思いがけない事故に合わせないために、

【ハウスでお留守番させる】

その目標に向かって進みます。

 

 

2日目

 ママ、どこに行ってたの❓

あたち、もう少しで脱出出来そうだったのよ💖

 

 

 りぷベッドから、毛布から、シーツから、

ゆたぽんカバーまで。

とにかく、洗う 洗う

ハウスの床から、壁面ワイヤー(❓)まで。

あらゆる所にこびりついたウン○をこそぎとります。

 

 

 

3日目

 更にひどくなって行く帰宅後のハウス内。

それでも諦めません。

 

 

し...しかし、よくよく見てみると

 

なんとシーツに血が付いています

 

どうやら壁面ワイヤー(?)を登って脱出しようとして、足の裏を削ってしまったようです。

 

やっぱり無理なのか

 

諦めそうになりますが、

今のりーぷを見たら、諦める訳には行きません。

目もほとんど見えていない

足取りも怪しげ。

何とかベッドやソファに飛び上がり、

落ちるように飛び降りる。

留守番中に何が起こるかわかりません。

 

頑張れ、ママ

 

まだまだ続く。

コメント

なかなか近況を記す気にならず

2018年02月05日 | りーぷのシニアライフ

年も明けてあっという間に1ヶ月が経ってしまいました。

膀胱炎からいろいろと気を揉む事があり、

なかなかブログを更新する気になれませんでした。

 

まだまだ心配は続きますが、

ブログでは年末に戻って

少しずつ近況を記しておこうと思います。

 

 ということで、

これ以来、尻尾の穴を開けたことは

ありません

コメント

りーぷさん、ハウスでのお留守番へリベンジ

2017年12月27日 | りーぷのシニアライフ

15年前に、それはそれは長く、辛く、厳しい戦いをして、

やっとゲットした「りーぷのハウス生活(お留守番、就寝)」。

(↑ 詳細は、先住犬りぷの成長記録カテ参照)

10年以上続けたこの習慣を、苦渋の選択で手放したのが最後、

りーぷがハウスで良い子にお留守番をすることも、良い子で就寝することも一切なくなりました。

 

しかし、

パパママのベッドを愛用しているりーぷさんにも、そろそろ足腰の危険を感じるようになり

・・・・・

最近のりーぷさんは、マジ危ない!

 

 

ということで、

「りーぷさんに再度ハウスで良い子にお留守番してもらおう計画」

をいよいよ実行することにしました。

 

今回はママの決意も半端なく、15年前と同じ戦いをしてでも計画をやり遂げる気満々です。

 

さて、初日は

 

 

 

 

あら、外にウン〇が出ていない

(外にウン〇が飛び出る前提で、ケージの周りに紙をセット済み

昨年の挑戦時はこんな感じでしたね。

ハウス、再び。

 

なんだか、思った以上に良い子じゃない?

 

 

 

手足を洗って、ご褒美のおやつをもらって

ちょっと、落ち着いたら・・・

 

ママ、抱っこちて。



か、可愛すぎて爆死しそうです。

コメント

いつのまにやら、空太5年目です

2017年12月20日 | 4年経って(2017年11月~)

 

りーぷの膀胱炎騒ぎですっかり忘れていましたが、

空太が我が家に来てから4年も経っていたのでした。

今や我が家の中心人物(犬物)となり、

「ボクの天下だぜぃ

くらい思っているかもしれません

 

お日さまの動きと共に、空太も移動。

(今日はそろそろ終わる)大事な日向を有効利用。

 

可愛いです。気持ち良さそう💖

 

 

おまけ画像は、

これから始まる歯磨きを待つお顔。

 

 

イヤそうですね~。

歯磨き、嫌ってますね~ 

 

コメント