気ままに俳句

思いつくままの笑俳句です。

小説・奏の始皇帝と芝桜と草取り

2017年04月20日 00時36分59秒 | ブログ

     ◎ 小説・奏の始皇帝津本陽著書を読みました。戦国の世を天下

   統一法律を制定した始皇帝。中国の人名地名、中国の難しい

   漢字にはすべて仮名が記して有り読みやすいです。

   大事を行うものは小義を顧みず盛徳有るものは辞譲せず

   小事にこだわり大事を忘れず、戦国の世は命が軽んじられていま

   すね。ちなみに、二世皇帝胡亥は冷酷で愚鈍だったようです。

              

                     芝櫻

              

              

   今日は天気も良く爽やか、気になってた草取りをしました。

   えてたことを忘れてた花が、草に隠れて小さく咲いていて

   可哀そう、手入れできてなくて。しらゆきけしけし?

              

                    落ちくるやたかくの宿のほととぎす      芭蕉

        春雨や蓬をのばす草の道           芭蕉

        ひかり合う二つのやまの茂りより       芭蕉

              

            紫と黄色のフリージャも短くて、色は綺麗です。         

              

                               

                     小さい大根の花

              

                   班入りアマドコロ

              

                 何の花?

                               

     今日は少しでも草取りが出来て良かったです。やかで蚊もまだ

    いなくて助かりました。植え替えたり手入れをしないと花も消

    てしまいますね。

               

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シネマ・ゴーストイン・ザ・... | トップ | 本・俳人名言集と八重桜とか... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちわ~(^_^)/   (あかずきん)
2017-04-20 16:18:09
はなみずきさんは読書家ですね~。
いつもながら感心します。本の虫と言われていた私ですが
今はさっぱり積読となってしまいました。

斑入りアマドコロがもう花をつけているんですね。
マイガーデンはやっと筍のような芽が出てきたところです。
やはり 温度差がありますね こちらとは。

草取りすると整理整頓ができたようで嬉しくなりますよね。
虫もいないし長いものもいないし安心して出来る時期ですが
それも今の内だけでしょうね。

芝桜 こちらでも観られるようになり
鮮やかで素晴らしい景色にほれぼれします。
あかずきんさんへ (はなみずき)
2017-04-20 18:58:49
こんばんわ~。

班入りアマドコロ、あっ忘れてました(笑い)
芽が出て花が咲くまではスグですよ、成長が早いです。温度差はどうなんでしょうね。
今日も草取りでした。お陰様で捗りました。

本は移動図書が来るので、その中から読むことにしてよんでますよ。
読んで面白い本、良かった本も有りますが、中には期待外れも有ります。
読んでみないとわからないですね。
映画も同じですよ。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む