気ままに俳句

思いつくままの笑俳句です。

炉開きのお茶の習い事と草地が子供の広場に

2016年11月11日 23時49分30秒 | ブログ

    11月7日の立冬が過ぎてお茶席の習い事も風炉からになり

    ました。薄茶の作法です。季節はになりですが、、。

             

      お稽古なので季節の変わり目で干菓子はまだ秋茄子と二人静。

                           

           主菓子の  栗が丸ごと入っています。

             

              炉の濃茶の作法も位置が変わります。

             

          お稽古の御濃茶の袱紗と濃茶、炭火かいです。

             

    空き家や草だらけ土地や多い中、利用されない草地が子供の

     広場工事着工されています。グランドゴルフとかいろんな

     行事に利用可能の予定だそうです。が又、草は生えるかな?

     広い土地、管理も大変ですね。でもグラウンドに使えれば

     近い人たち、お年寄りには良いですね。

             

             

          朝晩は寒く懐炉がいるようになりました。皆さまも

          体調にはを付けてお過ごしくださいね。

               

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 津軽三味線音楽祭・吉備津神... | トップ | 紅葉の花水木と陶芸の抹茶椀作り »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんわ~☆★  (あかずきん)
2016-11-12 22:41:22
最近はどことも空き地や空き家が多くなってきましたね。
我が家も山田なんかほったらかし 家跡には桜などを植えたものの
シカの餌になってしまって育ったのは2本だけ
今はまだ管理が出来ますが 
これから先 どうしたものやら???です。

有効利用 これも後々の管理が大変ですが
そんなことばかり言っていても前進はないですから
大いに利用できるといいですね。
あかずきんさんへ (はなみずき)
2016-11-12 23:57:54
こんばんわ~。

ご無沙汰しています。
でもブログは共感していつも拝見していますよ。
コメント有難うございます。

田畑や山地、それに空き地等、高齢化と少子化で管理が
出来なくなって、全国的に困った現象ですね。
個人的には金銭的にも体力的にも、それに必要もなくなって放置状態ですよねえ。
ブログの工事中の子供の広場は老人ホームなど経営の財閥のお宅ので、市からの援助も有ったようです。

管理ができないので、できるだけ手のかからない果物の木を植えても、獣害にあってしまい育たないし、、、。
困ったことです。
桜の木も2本は残ってるだけでも良し、ですねえ。
ホントに今はまだ管理が出来てますが、いずれかは高齢で動けなくなるし、、ですねえ。
元気なうちに頑張るしかないです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む