何も問わない。

日々感じたままに。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「それでも夜は明ける」

2014-03-03 15:35:48 | Weblog
 【ロサンゼルス支局】映画界最高の栄誉である第86回米アカデミー賞の発表・授賞式が2日(日本時間3日)、ハリウッドのドルビー・シアターで開かれ、スティーブ・マックィーン監督の「それでも夜は明ける」が作品賞に選ばれた。同作品は19世紀の米国で、自由の身だった黒人ミュージシャンが誘拐され、奴隷として12年間暮らした実話を描いた。
 長編アニメ賞の候補にあがっていた宮崎駿監督の「風立ちぬ」は受賞を逃した。日本関連では、短編アニメ賞候補の森田修平監督の「九十九(つくも)」、ニューヨーク在住の日本人芸術家、篠原有司男・乃り子夫妻を追った長編ドキュメンタリー賞候補の「キューティー&ボクサー」(ザッカリー・ハインザーリング監督)も選に漏れた。
 主演男優賞は「ダラス・バイヤーズクラブ」のマシュー・マコノヒーさん、主演女優賞は「ブルージャスミン」のケイト・ブランシェットさんがそれぞれ獲得した。
 今年のアカデミー賞は近年まれにみる混戦だった。9部門にノミネートされた「それでも夜は明ける」は作品賞のほかに、助演女優賞と脚色賞を獲得。最多10部門にノミネートされたアルフォンソ・キュアロン監督の「ゼロ・グラビティ」は監督賞など最多7部門を制した。同じく10部門で候補にあがっていたデビッド・ラッセル監督の「アメリカン・ハッスル」は無冠に終わった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 切手 | トップ | オバマ大統領とネタニヤフ首... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL