人生は旅です

大好きなところはヨーロッパです。好きな言葉は夢です。ブログは私の心の窓です。

聖地の花紀行 ⑥

2017-03-26 12:34:21 | 旅行記

朝食は悪いと言えませんが、どうも感動しません毎日、暖かいカプチーノをいただけるって、ありがたい8:30分ホテルを出発まず、農家の直営店で買い物

いつもお土産を買わない私だけど、こういうところは好きです一番いいオリーブオイルを購入し、どうしても、日本に入ってくるものには防腐剤をたっぷり入れているようです

なんでも味見をしてから、安心ですし蜂蜜はとっても濃厚でした一番気に入ったザクロジュースも、いっぱい買い物をしましたね満足!それから、死海へ少々長距離を走りますガイドさんは沿途の景色を紹介しながら、ここがヨルダンとの国境ですしかも一番ヨルダンに近い、その塔がヨルダンですよ

廃棄された建物をよく見かけましたが、それは軍隊の住宅でした

国境線は二重で、両側でそれぞれが作ったとのこと

全部電気が通っていて、越せませんよ夜になると真っ暗になりますということ。恐ろしいことガイドさんの話では、いつも死海は蒸発している蒸気で綺麗に見えません。

今日はとっても綺麗に見え、ラッキーということ死海は段々陸地まで侵入し、大きいサボテンは枯れてしまったなんて

今日、訪ねたところは宿泊施設ではなく、日帰りの施設です。

2011年のお正月の時、ヨルダン&シリアに旅行に行った時、ヨルダン側の死海に入り、浮かんだ経験をしたことがありますその時、ヨルダン側&イスラエル側の塩分濃度が違うという話を聞きましたので、楽しみにしていました

少々肌寒いかな

施設から死海までシャトルバスが運行しています

綺麗でしたね

塩の結晶は硬かったです。触ると手が刺されたような痛さでした

その後、指がガサガサになりました

やっぱり濃度が高いからですね。

浮かんでから、faceのマッサージを頼んだつもりでしたのに、頭のマッサージになりましたでもすごくよかった。詰まった頭がすっきり今までなかった経験でした。満足&満足

ランチは施設中の食堂。ガイドさんが私から文句を言われるのではないかと心配したらしい簡易なお皿&コップとか、作ってあった料理だったし、でもお味がしましたよお袋の味かな料理が私から評価されたなんて、ガイドさんは少々意外と思ったらしい

昨夜まで連泊した高級ホテルって、私たちが「合わない」と言い出し、みんなが泊まりたくて、泊まれないところだよ。価値観って、人によって、違うよねガイドさんは再度、「やっぱり、あなたたちは普通ではないよ」と言ってました今晩の宿泊地は大都会のエルサレムになります。

ホテルはすごく一般的に見えますが、清潔感があって、夕食はビュッフェなのに、まあまあ美味しかったです地ビールもまずくなかったです。早速、私は購入した添加物なしのザクロジュースを飲んでみました。体も喜んでくれましたよだって、ザクロの種のお味までしました

今日はお肌にいっぱいいいことをしましたね。お疲れ様でした

 

                 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 聖地の花紀行 ⑤ | トップ | 聖地の花紀行 ⑦ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL