人生は旅です

大好きなところはヨーロッパです。好きな言葉は夢です。ブログは私の心の窓です。

ペンギンたちの楽園 ⑦

2016-12-29 22:51:33 | 旅行記

今日はシーライオン島とさようならゆっくり朝食を取ってから、活動開始

ロッジのお客様が自由に使えるところです

今朝、やっと元気になった親友と海岸までアザラシに会いに行きました晴れ女のお天気になりました

3日の間に、ロッジから海岸まで何往復をしただろう

この辺は気に入りました

野鳥もよく顔を出してくれましたし

ツアーコンダクターに「本当に好きですね」と言われましたマゼランペンギンもいっぱいいました。みんな仲良し

いい格好

アザラシたちが元気で活発に活動している様子を確認できて、安心しました

毎日、違う表情を見せてくれました

波が強かったですよ。

親子のようですね

先日の赤ちゃんの子に会えなかったので、ちょっと寂しかったですそれから、ロッジの近くにいるジェンツーペンギンたちに挨拶して、迎えに来るセスナ機を待つことにしました

この人って、足が動かなくなりました

また、卵を取られました

綺麗な雲!真っ青

気持ちが良くて、嬉しくなりました

3泊でロッジのマネージャーのMikiさんにお世話になりました

記念撮影夏季には、彼は休みなしで、ずっと接客だそうです。大変ですね

ここからスタンレーに移動予定。二機セスナ機が到着

時間通りにスタンレーに到着

それから、現地のドライバーさん兼ガイドさんの女性が迎えに来てくれました綺麗な方です。

彼女の息子さんも一緒に乗車、途中で、おじいちゃんのところに行くそうです見えるところはおじいちゃんの農場です。

私たちはキングペンギンのコロニーに行くことにしました片道が2時間かかりました

しかも、途中にひどい道がありました突然、雨が降ったり、観察できるのかと一瞬心配になりました着いたら、青空が出てきましたツアーコンダクターに「本当に晴れ女ですね」と驚いた様子「なーに、嘘だと思ったの」と。いつも奇跡が起きてしまいます

キングペンギンは皇帝ペンギンの次に2番目に大きい

名前にふさわしい動き&仕草が可愛くより紳士&淑女的です

 

黒い皮靴を履いたみたい頭に出来てきた言葉は「Gentleman」

お互いの触れ合いもユニークというか、別の意味では可愛い

青空でも寒かったです

 キングペンギンたちも寒そう

モグモグ着ていましたね

 マゼランペンギンたちと仲良しだね

ベージュのコードを着ていた子供も可愛い

海に向かっていくキングペンギンのカップルです

老夫婦のような歩き方です

悠々として優雅な晩年を迎えるのか勝手に想像してしまう

この人って、海まで追いかけていくの毛が綺麗に抜けていない子供がいました。これから成長していく子たち

今まで、観察したイワトビペンギン&マカロニペンギン&マゼランペンギン&ジェンツーペンギンとまったく違いました

オウサマペンギンは、ペンギン目ペンギン科オウサマペンギン属に分類される鳥類

別名キングペンギン。学名の由来は、1788年にJ.F.ミラーが、南米パタゴニアで発見された個体をもとに記載した事から

他にオオサマペンギン、王ペンギン、王ペングインなどの別名があるそうです19世紀まではこの種が最大のペンギンとして知られ、19世紀に南極大陸にさらに大きなコウテイペンギンが発見されました

キングペンギンの繁殖地はケルグレン島、サウスジョージア島、ハード島、クロゼ諸島、フォークランド諸島、プリンス・エドワード諸島など

南大西洋ではフォークランド諸島、サウスジョージア・サウスサンドウィッチ諸島になります

上品な顔ですね

 

井戸端会議をやってるかしら邪魔をしないでね。この人って

意見が不一致だったのか

もっともっと観察したかったけど。寒かったですよ

最後、ジェンツーペンギンのコロニーもありました。あら!見送りに来たの

ホテルに戻る途中に、虹が出ました幸運の印です

 今晩、スタンレーのホテルに1泊し、明日、帰国しますホテルに着いたら、久しぶりに「大都会」に戻ってきた感覚でしたホテルも部屋もよかったです

もともと夕食が付いてなくて、ツアーコンダクターから「私がご馳走します」と言われましたので、3人でチリ産の赤ワインで乾杯しましたシーフード料理が美味しかったです

自宅までまだまだ遠い長旅をしなければならないけど、一応、野生動物の観察は一段落になったということ順調な一日にもなりました感謝
 
 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ペンギンたちの楽園 ⑥ | トップ | ペンギンたちの楽園 ⑧ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL